調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: RAP ANALYSIS ~ ラップ分析

高松宮記念レース傾向2017 

2017/03/22 Wed.



◎高松宮記念レース傾向2017

無題

無題

 昨年の高松宮記念は,超高速レース,10秒台のラップで走りながら押し切れるスピード能力とそれを追走しながら加速できるスピード競馬対応力に優れた2頭が圧倒的なパフォーマンスを示したレースです。

 今年はどんな馬場設定で行われるでしょうか。昨年は,開催週になって一気に馬場設定が変わった印象を受けました。


岡崎特別(2016宮記念前日土曜開催)
中京芝左1200m / 天候 : 晴 / 芝 : 良
12.1 - 10.5 - 11.0 - 10.9 - 11.1 - 11.8
12.1 - 22.6 - 33.6 - 44.5 - 55.6 - 67.4
 (33.6-33.8)
02シゲルチャグチャグ 1-1-1着【33.8:13位】0.8差

道中10秒台を2回刻むハイラップ逃げで逃げ切りでした。明らかに時計が速い。このレースを見て,今回の高松宮記念は「馬場が軽い設定」と気付くべき材料のレースでした。


4歳上500万下(2016宮記念当日07R芝1200m戦)
芝左1200m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 13:20
12.0 - 10.5 - 11.1 - 11.1 - 11.0 - 11.6
12.0 - 22.5 - 33.6 - 44.7 - 55.7 - 67.3
 (33.6-33.7)
2-2-1着05ロイヤルストリート 【33.6:7位】0.5差

500万下としてはハイペースでの押し切り競馬で勝ち切ったロイヤルストリート,このレースを見て土曜日と線でつなげると,高速馬場であることを確信したレースである。

今開催も中京12Rに芝1200m岡崎特別(1000万以下特別戦)が組まれています。このレースをしっかりチェックして今年の馬場トレンドを想定したい。

 3/20の時点では,時計が凄くかかる訳でもなく,速すぎる訳でもなくといった感じでしょうか。どちらにせよ、馬場設定にはしっかり注視したいところです。


 ちなみに,2015年は良馬場発表も雨で湿った馬場で,イン馬場を大きく避けるほどで適度に時計のかかる馬場

 2014年は泥んこ馬場の不良設定でダート実績あるスノードラゴンが2着する馬場でした。 


 さて,注目ローテーションですが,基本の王道ローテは,阪急杯です。

 ですが,今年の阪急杯組は正直言って「評価しずらい」というのが本音です。

無題

 フルゲート続きだった本レースですが,今年は12頭立て,時計が適度にかかる設定だったにせよ,時計も甘く,まるで「オープン特別戦」のような1~3着馬で決まっています。

 ある程度人気支持を受けて,圧倒的なパフォーマンスを示すことで高松宮記念有力馬になりえるレース設定ですが,今年に限っては低レベル戦で,特に昨年のような高速馬場設定になるなら,一言に「用無し確定」でしょう。

 シュウジに関しては,ちょっと乗り難しいタイプなのかなぁといったところです。負けるにしても,次走距離短縮して生きる負け方か,調教的に後方から追い込んで心身リズム作る追い込み負けが理想でした。脆い馬だよ!という証明をしただけの負け方で人気では買いたくない馬です。

 差して阪神カップ勝ってしまったので,ガンガン飛ばす競馬は期待できないかなぁ。闘争心強いから,それを生かした体力をしっかり鍛えてポストハクサンムーンになってほしいというのが理想的な形です。
 
 
 一言に,スプリント路線戦国時代!混戦模様ですね。


 (個人的に,短距離重賞、G1戦は,力入っていませんので・・・・・すいません^^;)

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

フラワーカップ2017(ゲリラ更新) 

2017/03/20 Mon.


1.レース傾向

無題

無題

 時間の関係上、簡単に書いていきます。

 基本的に,

 1.スローペースになりやすく,位置取りレースである。

 2.格がない重賞で,未勝利・500万ステップの馬で十分戦える。

 3.土曜レースを観ていると,「外からの捲り差し」がハマっている。


2.追い切り注目馬


デアレガーロ

基本的重賞級の資質を感じさせる追い切りです。パワフルさもあって今の中山も合う。前向きさが良い方向に出ており,戦績的にもリズムが良いタイミングでここはしっかり評価すべきタイミングです。ルメールが乗るということは,サンデー・ノーザンからも評価が高いということ。前走で好位差しを経験できたのもプラスです。

→ 追い切りは余裕の手応えで併走馬を突き放します。心身レベルは短期的に高い位置にある。

→ この手の馬は一度リズム崩すとスランプ期に入るが,リズムに乗っているタイミングの時は崩れにくい。それが今のタイミングであり,適性条件を使ってきている陣営の判断は素晴らしい。重賞であっても格はないレースなので,まずはここを制したいところ。適性条件です。

→ ただし,土曜keibaを見ると、捲り差しがハマってきて、イン立ち回り馬の出番がなくなってきている。勝ちきるには今回のレースでしっかり折り合って差し込みという隙るが更に開眼して来ることが必要か。馬のスケール感で言えば、このメンバーの中でも最上位


ファンディーナ

これは優秀なディープ産駒タイプで非常に柔らかく動けています。前走スローぺペースでしっかり前で折り合えているし,真面目で安定して自分の能力を出せるタイプです。前走も圧勝ですね。キレタイプなので,京都は合う馬です。逆に土曜中山を見ると,上3Fは35秒前半の決め手勝負になっているので,この馬の持ち味であるキレは生きてこない舞台設定です。そういう意味では,適性面での評価でいうと「デアレガーロのほうが上」です。弱メンバー狙いでとりあえずフラワーカップを狙ってきたでしょうが,そういう面での隙はある。もしかしたら能力だけでの圧勝はあるかもしれませんが(笑)



ディーパワンサ

昨秋のときのデキが絶好だっただけに,現時点ではちょっと途上という感じですね。基本的にマイル以下が距離適性で阪神JF時でもインを突いて物足りなかったというもの。次走距離を短くしたタイミングで狙いたい馬


ハナレイムーン

他に追い切りを観て気になったのは同馬です。ディープなのですが,ファンディーナとは違う硬めのディープ馬です。キレ値には限界があり、クイーンカップでは5着が限界でした。この時も良いものを持っていると評価した馬です。キレを補える中山競馬に替わって変ってくるならこのタイミングかな?と思いました。


3.オッズ配列

12 1.4 1.1
05 5.1 1.4
01 8.4 1.7
10 10.2 1.9

04 25.0 2.3

03 41.8 2.8
08 41.5 4.2

06 58.2 4.2
07 47.0 5.0
02 50.6 4.9

出現可能性は,11番人気サクラエクスプレスまで。上位馬の評価高めです。

 上位人気2頭+人気薄馬という組み合わせが来たらいいなぁという感じでしょうか。



4.最終的な落とし込み

 追い切り評価最上位,適性面も良し,陣営的にもこのレースはこの馬で制したいという意思を感じさせるこの馬が本命評価

 人気ブログランキングへ

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-03