調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

ダイヤモンドステークス出走馬最終追い切り・調教分析2018 

2018/02/16 Fri.


--------------------------------------------------------------
※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫

<< 更新情報 >>

〇 更新中
 → 特殊な重賞レースです。逆にここを目標に狙ってくる馬もいるレースだと考えています。そういうヤリ馬をしっかり見つけて馬券にしたいですね。


◎ ダイヤモンドステークス出走馬最終追い切り・調教分析2018

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


グランアルマダ西園
栗坂単走終い仕掛け強め53.1-39.0-25.8-12.9

坂路ですが,飛びが非常に大きいです。パワフルで力強い。強いて言えば,フラフラせずに真っ直ぐのびてくるだけの体幹の強さは欲しいところです。大飛びなので,自分でペースを作る方が走りやすそうです。パワー型なので時計のかかるキレが生きない馬場のほうが良い。目標にされる分,格不足なので展開で恵まれないと厳しさはありそう。


ソールインパクト戸田
美南W併せ馬終い仕掛け強め66.8-51.8-38.5-13.2

追い切りは目立った動きをしなくなってきていますが,飛び自体は非常にきれいに走れています。しっかり四肢連動できて後肢の挙動はバネ感充分です。追い切り観てもズブい面が出てきているように距離もこなせるようになってきている感じはあります。それでもしっかり最後は先着できているので心身レベルは高い位置で仕上げてきている印象を受けます。馬体もキレキレです。

→ 東京コースで2戦好走後の京都右回り,どうも左回りのほうが走りやすそうな印象を受けますね。前走で人気を落とすなら今回は面白いタイミングです。陣営もあえて東京重賞に絞って仕上げてきた印象を受けます。

→ 根っからのステイヤーというタイプではない。ただ,現状ステイヤータイプが少ないのが今の馬作りでしょうか。キレがある動きがウリです。


ハッピーモーメント角居
栗CW3頭併せ終い仕掛け65.3-50.7-37.7-11.9

3頭併せの大外を走ります。最後まで意欲的に併せ馬で走り切ります。内面的なものはしっかり仕上がっています。目黒記念時に仕上がりが素晴らしく,そこからも追い切りはしっかり動けていたことから穴馬で推し続けてきた馬ですが,どうも成績が伴いませんでした。現状,左回りの設定が良いようで,ここを目標に再度立て直してきた印象を受けます。ディープ馬ですが,トニービン的なタイプであり,東京の長丁場は意外と合うと考えられます。

→ 休ませて,メンタル面はリフレッシュ,過去の成績から変われるタイミングです。

→ 津村騎手騎乗時【1203】,すべて準OPです。1~3月成績【4014】,5勝中4勝はこの時期にあげている馬で冬は合うタイプです。



フェイムゲーム宗像
美南W併せ馬終い仕掛け強め55.8-40.8-13.4

追い切りでは馬なり併せ馬調整が基本ですが,今回は馬がしっかり気持ちを出しており,最後まで気を持って走り切れています。後肢の蹴り返しも強く,まだまだ現役で走れるぞ!という強い意志を感じさせます。仕上がりに関しては不安はなさそうです。

→ G1では足りないので,割り切って裏路線でしっかり賞金を稼ぐ方針の馬です。斤量が課題ですが,キレ勝負にならなければ能力の高さでカバーできる可能性はある。昨年はキレ勝負になってしまい,軽量な格下馬に遅れてしまったものです。



プレストウィック武藤
美南W併せ馬終い仕掛けムチ一杯83.5-68.3-53.9-40.3-13.4

しっかり仕掛けると強い意志で前に出てきます。ここ目標にしっかり仕上がってきました。ただ,走りが硬いのでキレ勝負になると分が悪い。最後ダラっとなって底力戦になるならしぶとく伸びてきます。若しくは,馬場が悪化して時計がかかるなら大歓迎です。



ホウオウドリーム矢作
栗坂併せ馬終い一杯53.1-37.9-24.6-12.2

初見です。併せ馬でしっかり中盤から最後までビッシリ追ってきました。スパっとキレるという印象ではなくて長く良い脚を使う印象を受けました。それでも実際レースでは末脚に徹して毎回上がり最速を計時していますね。東京コースで好走しているように,現状左回りと終いにしっかり長く脚を使えるので東京コースが合っているのでしょうね。陣営も格上挑戦ですが,色気を持って仕上げてきたい意志を感じさせます。ハンデも軽く,末脚でしっかり長く弾けてくれそうなイメージが湧きます。



ラブラドライト斉藤崇
栗CW単走終い仕掛け82.4-67.4-53.0-39.5-12.4

コースの大外を単走で走らせます。脚が長いキンカメ馬でカチっとしすぎていないである程度ダラっと走れている面が良い。なので現状長距離もこなせるのでしょうね。ただ,高齢で昨年と違ってリズムも悪いです。巻き返すだけの意志の強さがあるかどうか。



リッチーリッチー奥村
美南W併せ馬終い仕掛け強め69.2-53.8-39.2-13.4

追いkり位動きませんね。ズブいです。飛びは大きくてストライドもてており,走法的には平坦コースむ向きです。阪神で結果出してきている点は凄いですね。ただ,どうもこの秋は走る意欲が途切れてしまったようでそのメンタル面を立て直してこれるかが鍵です。追い切りは動かないのでその辺が改善されてきたかどうかはちょっとわからないですね。

→ 馬体は良いですし,長距離は合いそうです。

-- 続きを読む --

sponsor links
 sponsor links
 

= 当記事内容の取扱いについて =  あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています。

sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

フェブラリーステークス出走馬フォトパドック診断2018 

2018/02/14 Wed.



 追い切りチェックは他の芝重賞レースを優先しますが,時間が作れたら軽くチェックしたいと思います。

>アイスクライマーさん ありがとうございます!惜しかったですね!アルーシャもいい馬でしたからね。フィニフティ思ったより人気無くてうれしかったです(笑)


◎ フェブラリーステークス出走馬フォトパドック診断2018

 
ゴールドドリーム
チャンピオンカップと比較するとちょっと厚ぼったい感じはありますが前駆明らかにパワーアップしてきている印象を受けます。背中も良く筋肉の張りも良い。これは心身レベル高充実期に突入してきた可能性があります。



アウォーディー
チャンピオンズカップは素晴らしい馬体でしたが,それと比較するとちょっとバランス崩れたかなという感じがあります。それでも高い位置で安定して作れています。


インカンテーション
昨年のフェブラリーSの馬体も素晴らしかったのですが,結果は出せませんでした。ただし,G1の舞台で逃がすことで内面が活性化したのか,その後復活を遂げました。馬体はできていたのですが,レースに行っての気持ちがスランプ状態であったためでしょう。内面が改善されてきたので今年は面白そうです。東京大賞典の敗因はちょっと見ていないのでわかりませんが,過去に1回の凡走後の巻き返し実績はあるのでおそらく大丈夫でしょう。馬体はキレキレです。


テイエムジンソク
心身高位置充実期で強い相手と戦っても崩れない強さがります。脚が長く馬体バランス素晴らしいです。無駄もない。持続的なスピードを維持するという能力にたけているのは理解できます。前走よりも場体は良くなっています。



サンライズノヴァ
前走時といい意味で変わりません。前走も良い競馬でしっかり追い込んできました。競馬の内容からもここで戦えるだけの能力は見せてくれている馬です。顔つきも良い。



キングズガード
前走時も馬体派良かったですが,今回もしっかり作れています。左回り1400mでヤリ設定が多い馬で前走もヤリだと思いましたが,ヤリきれなかったようですね。ここは距離延長と相手強化上手く立ち回りが必要でしょうか。


ケイティレイヴ
ゴツっとしていかにもパワーがある馬体です。時計のかかるパワフルあ設定が理想でしょう。そう考えると東京マイラータイプの馬体ではない。仕上がり自体は悪くはないです。


ベストウォーリア
昨年のフェブラリーステークスと同じくらいのシルエットで作ってきました。ただ,昨年よりは若干筋肉の緊張感が落ちるでしょうか。雰囲気はそこまで悪いわけではなく,能力は出してこれそうです。顔も良い。


ニシケンモノノフ
馬体バランス良く無駄ない馬体で皮膚も薄い。良いですね。距離は短い方が良さそうでマイルが課題です。


ノンコノユメ
馬体派いい意味で前走時の状態をキープできています。前走はしっかり追われて「ここは久しぶりに勝つ!!」という鞍上の意志を感じさせました。その最後まで頑張らせた分の疲労と見えないストレスが心配になってきますが,馬体は悪くない。これまでも馬体がは悪くはなかったので,ここで「活性化してきた?」と考えると評価はできる。


サウンドトゥルー
皮膚は厚い感じがありますが,締まりは良い。背中も緊張感ありお尻も良し。デキ自体は良さそうです。昨年のフェブラリーより良いですよ。


ロンドンタウン
チャンピオンズカップよりしっかり締まっています。ただここに入るとどうかなぁ。

sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2018-02