調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

【フォトパドック】皐月賞出走馬フォトパドック診断2014 

2014/04/15 Tue.






◎コメレス

>ニノマエさん

 どーもです!ウインフェニックスはすいません^^;ただあの大外枠を上手くこなしてきたベルルミエールには脱帽です(笑)

 せめて中枠だったら勝負する決心がついたんだけどなぁ~(笑)

 イダスはなんで人気なのか個人的にはわかりませんでした。ドボンでしたね(笑)  

 桜花賞は下手な買い方すると負けるレースでしたね・・・・・

 もう私は黙ってハープとレッドのワイド・馬連一点しか買いませんでした。だってどう考えたって他馬と比較して抜けているですもん。パドック見ても。返し馬観ても(笑)

 皐月賞は難しい様相ですね~ どこを重視するかで割り切るしかなさそうです。

 
 基本的には「デキ」は最重要項目だと思っています。



> しゅんさん

 どーもです!桜花賞は誰でも予想できる順当なレースでしたからね^^;


 個人的に短距離戦は苦手なんです。しかも天気がわからない・・・・となるとやる気が出ない・・・と感じられたかもしれません(笑)


 重攻会は一人ひとりが歯車になって存在するものです。参加者が減れば,自ずと盛り上がりが欠け,存在自体がなくなるでしょう。


 逆に参加者が増えれば,好意が相乗効果となって大きな「何か」を作り出すと思われます。


 私は「重攻会参加者」に対して「背中」を見せてあげて「刺激」を与え続ける立場として,頑張ってみます(笑)


 「乗っかる」という選択も一つの選択です。ただ,乗っかって外してその知恵を借りた人を批判だけはしないようにしてくださいね^^;
 (私も毎週ブログで恥を晒し続けている身ですので・・・・・・^^;)






 さて,桜花賞の後は,牡馬クラシック「皐月賞」です!!

 
 無題
 

 コースレイアウトは,金杯と同じ設定です。


 スタートしてすぐ急坂があり,テンから飛ばしずらい(勢いをつけさせない)形態です。


 ですが,それに反して出していく馬がいるとテンは速くなる。


 コースレイアウトに沿って自然に走らせるとすれば,4F目からの下り坂を利用して徐々にギアを上げて4~5Fのロングスパート戦に持っていくのが定石です。


 あとは,イン馬場有利か,捲れる馬場なのか,その辺の「具合」をチェックして理想なポジションを取れて力を出し切れる馬に女神は微笑みます。


 向こう正面から動くのが王道の戦術なので,コーナリングしながらもスピードを維持できる「コーナリング加速適性」を求められるコースです。


 その辺は過去のレースぶりや馬体・飛びから読み取っていきたいですね。


 あと、一番大事なのは,この大一番に「しっかりピークに仕上げてきたか」これが非常に大事です。



 さて,先週日曜日の裏メインレース「春雷ステークス」ですが,こっそり人気ブログランキングでローテ論から「買い」ということで「スギノエンデバー」を推奨しておきました。見事複勝圏内は確保しましたが,肝心の穴紐の02ハノハノと15ワキノブレイブは惜しくも4着,5着。悔しいですね~(笑)


1_20140415195034b46.jpg


 ハイラップで2番手からの競馬のハノハノが4着に粘れたように,中山馬場は速い時計が出る傾向になってきています。スプリングステークスや弥生賞の時の馬場設定と変わってきているということはしっかり頭に入れておきたい事項です。



◎ 皐月賞出走馬フォトパドック診断2014


アジアエクスプレス

ズブさがあるのでこれが良い意味で距離の融通性を持たせている。馬体は胴はシャープだが,お尻のボリュームが凄い!という究極な造りを見せてくれています。現時点でのこの馬の感性形でしょう。ただ,基本的にはダート馬だと思っているので,馬場設定が替わって適性値がアップするかは疑問ではある。雨が降って重馬場になるなら有力視してもよい馬ですが、良馬場だと先週の馬場設定と同じだとドボンがあっても不思議ではない。



イスラボニータ

馬体に迫力を増してきました。首差しも太く腰とお尻がしっかり。明らかに前走以上で良い出来で出走してきます。あとは,この馬の能力を出し切れるように上手く乗れるかどうかがポイント。大きな完歩で非常に良い心身状態という「大きな武器」を持っているので,これを長所として引き出せれば一発が合っても不思議ではない。要するに「乗り難しい設定だけど、上手く乗れればハメれる可能性がある」ということ。



ロサギガンティア

無難に作ってきています。前走比で激的に良くなったとは言い難いですが,順調そのものです。ただ、G1仕上げのメイチ状態かといわれると,どうなんでしょうね。馬体を見た感じ上積みはさほど感じません。



クラリティシチー

首差しが太く脚が長い,胴は詰まって背中がキュっとしているので距離には壁を感じさせる。2000mはギリでしょうか。脚の長さで多少ごまかしている部分がありそうです。馬体はカッチリしており,良い状態には見えます。距離に不安があるのでうまくロスなく乗りたいところです。



バウンスシャッセ

G1に出てくる馬としては「緩さ」を感じさせます。根本的にどうでしょうか。スケールも正直感じさせません。牝馬限定戦でこそでしょう。




トゥザワールド

前走時でもキッチリ仕上がっていたので,大きく変わってきた感じには見えません。良い意味で好調キープしています。馬体は前走比で引き締まった印象です。G1モードに仕上げてきた感じです。



トーセンスターダム

きさらぎ賞のときは「仕上げていない」とコメントしていたので,それと比較すると明らかに仕上げてきています。個人的には「京都コースが合う」タイプに見えます。背中が硬そうに見えますが大きく飛びそうな感じなのでその辺でカバーする走りを見せてくれそうな馬体です。距離は1600m~2000mがベターでしょうが,若駒限定戦なら菊花賞まで対応できます。差し競馬をしっかり覚えさせるなら,古馬になっても距離はこなしてきそうです。個人的には菊花賞で習いたいタイプです。次点でダービーです。皐月賞はどうかなぁ。でも馬体は前走比で大きく良化しています。



ワンアンドオンリー

弥生賞は品のあるいかにも切れそうな馬体を見せていましたが,今回は打って変わってドッシリと四肢に力強さを感じさせるパワーアップした馬体を見せてくれている。遂にG1仕様に仕上げてきたな!と思わせる力強さを感じさせます。脚が長く飛びも大きいので器用さという面ではちょっと不安面はありますが,デキに関しては確実に「仕上げてきている」と感じさせる。



ウインフルブルーム

脚が長くて力強さも兼ね備えるパワータイプです。馬体はしっかり実が入っており良い状態です。ダービーよりは皐月賞でしょう。距離はあまり長くならない方が良い。



≪ 総 評 ≫


 そうですね~ 前走比で大きく上積みがあることを大きく評価して現時点での総評としてみたいと思います。


◎ワンアンドオンリー
〇イスラボニータ
▲トゥザワールド
☆トーセンスターダム
☆アジアエクスプレス






人気ブログランキングへ
(25位~50位)
関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/983-d9ab655e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-04