調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

【フォトパドック】共同通信杯,京都記念出走馬フォトパドック診断2014 

2014/02/11 Tue.

 コメレス 


>マロンさん

 マロンさん、こんにちわ(笑) マロンさんって繊細ですね(笑)

 競馬繋がりの方々には関係ない話なのでお気になさらずに(笑)

 無心で「感じていること」を何も考えないで書いていますので、あまり深く考えないでスルーしてください(笑)

 ツールとはうまく利用してこそその価値が生きるものであり、過剰に依存してはダメなのでしょうね☆


 「観察力」は私の自負するところでして・・・・最近の家族の心身パターンは大体読めるようになってきました(笑)

 長男坊も知恵がついて、「ズルく」なってきたので。それは知恵がついてきたと良い方向に解釈しながらも、ズルさが面に立って出てこないよう適度に調整させています(笑)

 最近「オナラ」にハマっているようで、ふざけて「オナラ~!」っと叫んでいます。(笑)

 保育園で覚えてきたようです(笑) 悪い顔しながら笑顔でふざけていてとってもかわいいです(笑)

 競馬は「記憶のスポーツ」、歳を経ても若い人に負けないためにも(笑)、「脳の活性化」し続けられるゲームですね!

 ずっとこんな生活していれば絶対ボケないな!と最近しみじみ思います(笑)

 自分の「勝ちパターン」これをしっかり作ることが大事です。

 
 本命党でしたら、ぶっこむ条件とタイミング


 私は伏兵党なので、自分の狙いたい条件が揃ったときに狙います。


 大穴等の方々も、それぞれ狙い方があるでしょう。


 狙うとき、自分の残弾を確認して、撃ち方をを決めていきましょう!
  




>ましんさん


 お久しぶりです!報告ありがとうございます!ほんとですね~!リンクを張ってくれていますね!


 私自身がブログを始めるきっかけをくれたブログでもあるので、個人的にリスペクトしています。ちょっと感激ですね!


 大雪、大変そうですね!寒いでしょうから、お身体に気を付けてください!こっちも寒いですが、もう慣れたもんです(笑)


 でも、暖房費が高いのはほんと泣きそうです。給料は全然上がらないが、電気代値上げでほんと泣きそうです。 







 発した言葉は「言霊」となって相手の脳裏に残ります。


 受け手がその文章を受信して受け手なりに解釈します。


 発信者の意図と受信者の解釈が往々にしてズレることもあるでしょうね。


 文字コミュニケーションの難しさってところでしょうか。 




◎ 共同通信杯出走馬フォトパドック診断2014


 若駒戦だけあって,適性値にマッチしきっていない馬体でも走れてしまえるのがこのタイミングでの3歳戦です。馬体適性理論だけでは落とし穴があるので気を付けたいところです。


 
 基本的に東京コースで強い体型は


 ① 馬体バランスが良い(基本中の基本)


 ② ストライドが大きくなりやすい胴長体型


 ③ 肩は柔らかくて前脚はしっかり前に出るタイプが良い


 ④ 走法で言えば,後足の踏み込みが深くて推進力ある走りが出来ていると非常に良い(追い切りで確認できる)


 ⑤ あとは「順調度」


 っといったところでしょうかね。


 若駒戦なので,スペシャリストでなくても、心身完成度の高さで好走できてしまうのでメンバーレベルにしっかり注目したいです。


 改めてディープブリランテの馬体を見ましたが、個人的にはダービーを勝つとは思えない馬体なんですよね~。それだけ「仕上げ」と「騎乗」がうまく行ってカバリングできたという判定になる。




ピオネロ

この馬は典型的な「東京コース巧者」の馬体でしょうね。ただ,前走厳しい競馬をさせた反動が出ている可能性がある。ちょっと注意したい。結果的に前走を使わない方が良かった・・・というローテになるのかもしれない。適性値は高いが前走のほうが写真は良く見えるという判断です。



サトノアラジン

いかにも良血で気品を感じさせるバランス良い馬体です。とにかく馬体バランスが良い。前走は阪神内回りコースなので走りをみても基本的に適性外の小回りレース。今回は大幅に適性値アップです。デキに関しても非常に良いです。ここで賞金をしっかり加算しておきたいという意思が見え隠れする。



ガルバルディ

この馬は前肩が強いので,軽い条件ではなく,パワー質な条件のほうがマッチする。前走の京都コースでの惨敗はちょっと軽すぎた条件が悪いでしょうね。無理させないでレースさせていた部分もあって勝ち負けにこだわっていなかったこともある。勝ち負けにこだわらないで乗っても強ければきさらぎ賞のトーセンスターダムのような競馬もできますからね。完成度は非常に高いですので、ここで賞金を加算したい意志は感じさせます。肩は窮屈ですが胴に伸びがあってその辺をカバーできている馬体。万能型といっても良さそうなので、レースの経験のさせ方次第では皐月賞で面白いかもしれません。



イスラボニータ

この馬に関しては過去に多く触れていますね。大きなストライドで走るいかにも「東京向き」の馬。これまでは立ち回りの上手さでもカバーして結果を出してきています。一度間隔を取って再度戦線復帰です。馬がボケないように仕上げてこれたか、育成牧場と厩舎の手腕が試されるタイミングです。馬体は休み明けレベルでまだもっさりしています。太目残りといったところ。



ショウナンワダチ

東京マイルで強さを示してきた馬で中山マイルでは大外から追い込み遅れての競馬,一番経験値が高い経験を積んできているのはフォトパドックの中ではこの馬でしょう。馬体は基本的に「芝1400m」がベストに見えます。マイルも可といったところ。道中緩んで長い距離を走るよりは,ハイラップでガァーっと走って末脚を発揮するタイプに見えます。その特徴は胴の長さと背中のラインに表れています。馬体はちょっと余裕残しといった感じです。



マイネルフロスト

線が細く牝馬のようなライン。この体型では札幌2歳Sのような超重馬場では能力は発揮できません。キレが生きる馬場でこそ能力は発揮できる。そう考えると,東京競馬場替わりというのは大きな加点材料になります。大幅に適性値アップです。冬毛は目立っていますが,お尻,腰,トモはしっかり鍛えられています。あとは相手関係を見てどこまで評価するかですね。



≪ 総 評 ≫


◎サトノアラジン
○ガルバルディ


 この2頭は基本的に狙ったローテでしょう。賞金を加算したいための仕上げで出てくるイメージです。


▲マイネルフロスト

 若駒を成長させてくれる騎手が乗ってくれていればもっと楽しみがあったのですが、目先の利益を追求するマイネル軍団で適性値大幅改善ということで「良馬場」という条件で狙いたいタイプ(滑る馬場もこなせる)


あとは馬体適性値高い

△ピオネロ

までマークします。


 イスラボニータは現時点では仕上げが甘そうで、賞金も十分あるのでここは評価を落とします。


 ワダチは馬体が研ぎ澄ましていれば評価しましたが、太いこと、適性値がズレていることから評価は落とします。







◎ 京都記念出走馬フォトパドック診断2014


 レースの特徴としては,有力馬の復帰戦となりやすい傾向で,ゆったり流れてからのロングスパート戦になる傾向にある。京都特有のスパート戦なので適性値高い馬が有利。



トーセンラー

京都巧者なのは明白な馬。距離延長適性も天皇賞春で見せており,マイルチャンピオンも出して先行させていった訳ではないから、この距離に戻っても大きな影響はないと考える。馬体は休み明けでも比較的仕上げており,少し余裕あるかなってくらいです。次は天皇賞春狙いなので、ここはもちろんステップですが陣営としては無様な競馬はしたくないです。



ジェンティルドンナ

3歳秋が生涯ピークだった可能性が高い馬です。基本的に能力値は高いので昨年もジャパンカップを連覇はできていますが・・・・・心身レベルで古馬になってもっと良くなってきたと感じる気配はないです。この馬は走りが非常に推進力高い走りをするのでスペックが高い、その部分の能力で今後も前線はできますが、勝ちきれるまでの貪欲さ、集中力が復活してくるかは現時点では疑問。馬体に実が入らない部分にその一端を連想させる。



ラキシス

この馬も基本的に「京都専用機」んぼ可能性が高い。後足が長くてロングスパートに適した体系である。足元の硬さは相当ネックでエリ女ではその部分を割り引いたが、スケールと重たい馬場でこなしてきた。京都コース以外では大きく割り引きたい馬です。



ヒットザターゲット

一線級と揉まれて慣れてきたタイミングです。自分なりに走りながらしぶとさが身上です。仕上がりは休み明けにしては上々です。



アンコイルド

この馬は、京都だと軽さ負けしそうなパワータイプ。ですのでせめて重馬場サポートは欲しいところ。馬体も太目に映りますが体系的なものでしょうか。



デスペラード

ノリさんが乗り続けることで馬がレースでの走り方を覚えてきた。もう一段成長してきた馬です。馬体は意外に緩んだ形跡がなく好調をキープしています。基本的に硬いパワー型とみていましたが,ノリさんが乗り続けることで良い効果が出てきている印象でここでもやれても不思議ではない。






≪ 総 評 ≫


◎トーセンラー


 京都コースではとにかく補正評価が必要な馬です。


○デスペラード

 有馬記念で得た経験値を生かしてほしい。いや、生かせるタイミングでこの馬自身もノリさんと出会って成長しているタイミング・



 こんな感じで良いでしょうか。





人気ブログランキングへ
(25位~50位)
関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/938-072d2e50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-08