調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: THINKBACK 【 回 顧 】

【簡単回顧】根岸ステークス、シルクロードステークスを終えて2014 

2014/02/03 Mon.

(1)平場分析

後日UP


(2) 根岸ステークス回顧

 週中にtwitterで呟いた通り、今秋の勝負レースはこのレースでした。しっかりと結果を出してくれたシルクフォーチュン、横山騎手に感謝です。

 
 やっぱり勝負勘は大事なので,しっかり平場レース、パドック、返し馬を見つめて臨機応変で対応することは大事です。

 パドックと返し馬でしっかりノーザンリバーを引き上げることができました。


無題

 
 シルクフォーチュン軸は本当に心臓に悪い・・・(笑) そう思わされたレースでした。

 当初の想定通り,重力が前に向いてくれたことで、例年より少しテンが速かったです。そのおかげでラスト1F失速,このポイントにフォーチュンとゴールスキーが差してこれたわけです。

 まぁゴールスキーは,今回よりラップ緩んでいても3着以内には来ていたでしょう。

 フォーチュンは明らかに助けられた。運も大事です。ただ、その辺も読んでの◎評価(ブログ時点)だったという点は良かったです。



 一番注目したいポイントは


 「ドーリームバレンチノ」 について 


 昨日の記事でも触れましたが、今回内田騎手が先行させてしまって完全に馬の記憶に「悪い影響」を残しそうです。


 これまで,「脚を貯めて末脚勝負!」という型を極めていた馬、要するに脚を貯めるという「我慢」ができていた馬ですが,今回で完全に「行かせてしまった」ことで、馬のレースに対するリズムを完全に失ってしまった。


 個人的には高松宮記念も黄色信号だと思います。


 このレースはじっくり脚を貯めて、後方からそれだけの脚を使えるか「試すレース」だけで良かった。しかしながら、内田騎手は攻を焦ってしまった。


 この馬を復活させるシナリオは


 1.ダートレースを捨てる。(続けても良いが・・・もうフェブラリーは無理)

 2.芝レースで溜めて末脚を使うという調教レースを敢行

 3.2のレース内容次第では、間に合うという判定で高松宮記念まで仕上げていく!


 去年、ダート使ってリズム崩したカレンブラックヒルを思い出します。


 前走のダート勝ちがこの馬に悪い影響を連鎖させた。そう感じさせる一幕です。 



 その他馬について



アドマイヤロイヤル

この馬なりに頑張ってはいます。能力も出していますが、ワンパンチ足りなかった。運の部分も影響している。四位騎手だしね。人気と騎手の配置で、私はフォーチュンを上に判定しました。一位騎手に変革希望!(笑)


ブライトライン

思っていたより頑張っていました。ただ、東京コースだと恰好の「目標」となる。前有利の馬場バイアスが必要になる。あと重力を背負わないこと。この2点で好走できる余地はある。基本的に先行力あるので,先行力が生きる舞台がベター。それでも重力を背負って目標にされてここまで走れているんだから評価すべき馬です。



ノーザンリバー

ヤリ馬でした。浅見先生は本当にしたたかです。パドックと返し馬観れば一発です。マイル戦は厳しいことを知っているので、ここを全力に獲りに来た厩舎判断でした。重賞出走でヤリでヤれるんだから、素晴らしい厩舎です。



シルクフォーチュン

パドック観て、この馬もしっかり仕上げてヤリたい背景があると読み取りました。完璧ではないですが一応ペースもマッチしました。能力を出し切っての3着です。フェブラリーSは・・・・今回の走りを見ると距離長そうですね^^;



テスタマッタ

フォーチュンと同じ位置からヨーイドン。それでキレ負けしている内容は、鞍上レベルの差と馬体を研ぎ澄ましきれていないからでしょうか。フェブラリーSに向けて勝負仕上げをしてくるかしっかり観ておきたい。





1着 ゴールスキー(ベリー騎手)
「レース前に池江泰寿調教師から、休み明けなので次に繋がるレースをして欲しい、と言われていました。道中、脚をためて、この馬らしい競馬が出来たらいいと思っていました。スタートしていい位置が取れ、考えていたように追い出しを待って我慢して、最後はいい走りをしてくれました。1回使われて次の方が状態は良くなるでしょうから、今日のようにリラックスして走れたら、1600mでも走れないわけがないと思います」

(池江泰寿調教師)
「かつてはマイルCSでも勝ち負けした馬ですが、ツメに難があり、最近は硬い芝では加減して走るようになったのです。ですからダートの方がいいかと考えましたが、思った以上に走ってくれました。今日はペースに恵まれたところはありましたが、次はもっと良くなるはずです。今日のこの状態で勝てたので、本番は自信を持って臨めます」

2着 ノーザンリバー(蛯名騎手)
「うまく行きましたが、相手が一枚上でした。残念です。ヨシと思いましたが、手応えの割には最後が...。それでも頑張っていました」

3着 シルクフォーチュン(横山典騎手)
「展開も向かないと...。ハマるのを待たなければいけないところがあります」

4着 ブライトライン(戸崎騎手)
「スタートで出負けをして、いい位置につけようと脚を使いました。3~4コーナーで少し行きたがりましたが落ち着きました。それほど負けてはいませんが、脚を使った分が出ました」

5着 アドマイヤロイヤル(四位騎手)
「メンバー的に、内枠に入った時点で窮屈かなと思っていました。もっとうまく捌けたらスッと脚を使えたのですが...。ノーザンリバーの外に出したかったです。今日は久々でしたし、次は予定通りGIへ向かうということです」

6着 ジョーメテオ(坂井騎手)
「前が空きませんでした。まったく追えませんでした。外からどんどん寄られてゴチャついてしまい...。スムースに走れていたら3着はあったと思います」

7着 テスタマッタ(田辺騎手)
「折り合いだけを重視して行きました。うまく運べたのですが、最後はダラダラという感じになりました」

8着 ドリームバレンチノ(内田博騎手)
「本当は4、5番手につけるという気持ちでいました。しかし、ペースが速いわけではなく、前に戸崎騎手の馬がいないので、欲が出て行ってしまいました」

10着 アドマイヤサガス(池添騎手)
「いい形で追走出来ました。4コーナーでもいい感じだったのですが、最後は止まってしまいました。待って追い出すくらいで、もっと反応するかと思いましたが、他の馬の決め手もあって甘くなりました。しかし、着差はそれほどありませんし、あと一歩だと思います」

11着 スノードラゴン(大野騎手)
「いいリズムで運べましたが、ここ2走の手応えがありませんでした」

12着 セイクリムズン(北村宏騎手)
「イメージしていたような競馬で、手応えも悪くなく、直線でこれならと思いましたが、思いのほか、ジリジリと下がってしまいました」

14着 エーシントップ(酒井騎手)
「ゲートは出たなりで、押しも引っ張りもせずというのが理想でした。馬の雰囲気は悪くなく、折り合いもつきました。しかし、一気にこのメンバーで58キロを背負っているのもあると思います。仕切り直しですね」

16着 スリーボストン(北村友騎手)
「パサパサの東京ダート1400mはきついです。脚抜きのいい馬場の方が向いていると思います」




(3) シルクロードステークス回顧


無題



 一言に、 レースの質が軽すぎる


 そんな印象を受けたシルクロードステークスです。


 昨年より前半は流れていますが、やはり短距離戦と言えば前半33秒前半で流れないと摩擦が出てきません。


 しかも、京都は下り坂スパートサポートの直線平坦とくればなおさら。


 完全に「軽快なスピードがある馬有利」という見方が正解となる。


 それに、「内枠」という目線をプラスするだけの捻りようがないレースでした。
(リトルゲルダが来ているので捻りようはありますか・・・・すいません^^;)


 人気決着が濃厚だったので、実馬券は手を出さなくて正解です。


 ガチガチ馬券で勝負する人は手を出すレースでした。


 競馬は毎週あります。自分の「勝てる確率が高い」と思えるレースだけ参加していけばよいです。


 数打つと、的中機会も増えますが、不的中回数も増えるはず。


 いかに、的中率と回収率のバランスを取るかが、我々プレイヤーには求められます。


 不的中回数が増えても、的中時に一撃回収で狙える技術があれば問題ないのでしょうね。

 
 スタイルには個人差があります。得意な券種も人それぞれです。


 その辺の「勝負勘」をしっかり養っていきましょう。


 このレースの注目すべきポイントは最初に書きましたが、「レース質が軽すぎた」ということ。


 仕込むべきポイントは、「軽さ負けした馬の舞台替わり」です。




 筆頭で評価すべき馬は

 

 マジンプロスパー でしょうね。


 レオンビスティーも完全に軽さ負けです。追い切りは大きく評価しましたが、適性値に疑問視して勝負レースにしなかった判断は正しかったです。


 
 私が一番注目する馬は 人気ブログランキングへ
(25位~50位)


 理由は大体わかるでしょうね(笑)。各自で映像を見て、仕込みポイントを確認してみてください。



 ちなみに、レディオブオペラの敗因は「仕上がり過ぎ」でしょうね。レース当日には心身レベルが下降線に入っていた可能性が高い。



 一度充電させて秋に備えた方が良いです。連チャン期もこれで終えました。心身レベルが低い時に無理使いすると、内面が硬くなるのでやめた方が良いです。厩舎サイドの英断に期待したいです。



 ストレートガールは、秋に無理させなかったのが良い充電になりました。無理使いしないで成長に合わせてレースを選択、中京も経験させるというレースステップも良い判断に繋がっています。藤原英厩舎はやはり一流ですね。


 新たな主役候補を見つけた形となった主催者、今後はストレイトガール推しで高松宮記念を盛り上げていくでしょう。


 結果的に収穫があった主催者判断です。(興行的な目線で)





1着 ストレイトガール(岩田騎手)
「ウォーミングアップの時から落ち着いていて、好位置でいいレースが出来たと思います。函館で勝ち上がってきて、(スプリンターとして)本当に力をつけてきていると思います。GIレースに向けていいレースが出来ました」

(藤原英昭調教師)
「スピードはあるし、レディオブオペラがどれだけ強いのか、マークしながらもリズム良く走っていたと思います。そういう意味では枠順も良かったし、運もあったと思います」

2着 レディオブオペラ(藤田騎手)
「体重でしょうか。今日もいつもの時計では走っていますし...。ただ、今日はグッと引き離すところがなかったですね。55キロを背負って頑張っているし、見えない疲れもあったかもしれません」

(白井寿昭調教師)
「追い切った後も食欲はありましたが、昨日の食いが悪かったようです。その分のマイナス体重です。いい経験になりました。今度はキッチリと仕上げたいです」

3着 リトルゲルダ(菱田騎手)
「他の馬はあまり気にせず、自分の競馬を心がけて乗りました。勝ち馬の後ろの位置からよく伸びて2着かと思ったんですが...。でも今日の強いメンバーを相手によく頑張っています」

4着 マジンプロスパー(C・デムーロ騎手)
「直線に向いても手応えがあったのですが、前の馬に並んだり、もうひと伸びする感じがありませんでした。斤量のせいなのか、馬場が合わなかったのか、よく分かりません」

5着 ワキノブレイブ(吉田隼騎手)
「前回のレースは先行馬が多くてうまく差し切ることが出来ましたが、今日はオープン相手に流れが落ち着いた中でよく伸びて来ています。この相手でもある程度やれる馬だと思います」

6着 プレイズエターナル(浜中騎手)
「まだ周りを気にして走っています。重賞でもある程度結果は出していますが、もう少し慣れが必要かもしれません」

7着 サイレントソニック(武豊騎手)
「状態は良かったと思いますが、前残りの競馬になってしまいました。この馬としては今日の流れの中でよく伸びていると思います」

10着 スギノエンデバー(川須騎手)
「スローの外枠で、ずっと外を走らされてしまった。展開が向きませんでした」

12着 シュプリームギフト(秋山騎手)
「今日は馬場が悪かったので前へ行けませんでした。もう少し前で、いい位置でレースがしたかったです」

16着 テイエムオオタカ(和田騎手)
「枠が外でしたし、終始外を回らされる形でレースに参加させてもらえませんでした」


関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 1
TB: 0

page top

コメント

的中おめでとうございます。

今回は自分も満足いく予想ができました。

バレンチノについては同意で内田騎手は昨年の京都大賞典時ゴールドシップの反省を全く生かせないことにちょっと失望ですね。

グランドしっちぃ☆
シルクフォーチュン

◎が2週連続被って嬉しいですo(^o^)o

これからも追切、ツイートでのパドック診断期待しています♪

mussyu #- | URL | 2014/02/03 07:24 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/934-d3425b07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-06