調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。


Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

【フォトパドック】シルクロードステークス,根岸ステークス出走馬フォトパドック診断2014 

2014/01/29 Wed.



 コメ返信、いつも遅くてすいません。記事作成のほうを優先しています^^;


>マロンさん

 新しい生命の誕生、感動しますね~!赤ちゃんだったころの動画や写真を見て、今の成長した姿と見比べて・・・・自分たちが育成に携わってここまできたことに本当に誇りに思ったりします。

 うちの奥さんは、「褒めるよりも叱ることが先行」しているので、彼女が冷静なタイミングでたしなめています。
(育児で疲れているのか、適性もないのでしょう、ヒステリックになって四六時中怒っていることがある。長男は「あ、また怒ってるね」とか言って怒られ慣れてきている・・・・これを見て「あ、マズイな」と思いました。)

 基本的に「褒めること」を多く伝えてあげなきゃいけないと思っています。

 ただ、時には「強く怒ること」も大事になってくる。間違っていることに対してしっかりと怒ることも愛情ですよね。

 「きちんと約束をしっかり守っていれば、たくさん褒めてあげるよ!でも約束守らなかったら、わかってるよね?おとーさん、怒ったら怖いの知ってるしょ?」

 
 ただ、悪気のない「個性が勝っている」ときもあるので、それは許容して、しっかり個性は伸ばしてあげなきゃならないと自分に言い聞かせています。(仕事でクタクタに疲れているといつもじゃ怒らないのに、怒ってしまう嫌な時もあります・・・。) 


 長男坊には、何回か悪さをしたときにガッツリ叱りつけているので、その姿を記憶させております(笑)

 私の前では大分、いい子になってきましたが、母親に対しては、まだちょっと舐めているようです・・・(笑)


 彼らが、今後どんな大人に成長していくかほんと楽しみです。私と妻の「人生卒業制作」とでも言いましょうか(笑)

 
 集大成として、しっかりこのイベントを楽しんでいきたいと思っています!色々と人生の先輩として助言頂ければ嬉しいです。


 重攻会ですが、まぁほぼ役割は終えてきたと判断して良いでしょう。重攻会を巣立ってブログを持たれている方が多数うおります。応援してあげてください^^ 





> ニノマエさん

 度々、コメ頂いているのにすいません^^;

 ウリウリは完ぺきでしたが、ドナウブルーも完ぺきでしたね(笑)

 パドック見て・・・「あ。これはヤヴァイな。ワイドなら来ても獲れるからいいか」と割り切って買いましたが、点数絞り過ぎてヒモにノーブルを消してしまいました(笑)

 
 AJCCよりも、実は東海Sのほうが自信あったんです。勝負はそちらでした。


 AJCCも自信ないわけではなかったですが(笑)


 ただ、パドック見て、オーチャードよりもヴェルデグリーン、フェイムゲームが良く見えたので少し迷いましたが、なんとかワイドだけは的中できました。3複は最後のサクラを消してしまいました(笑)

 押さえなきゃダメですよね~。悔しいです。

 
 今週末もお互いに頑張りましょう☆





【今日の仕込み馬】

レースで良い記憶と経験を作り、得意の左回り条件を狙って次走ローテを組んでくると踏む馬を紹介します。この馬も一口馬主で余り物の中で注目していた馬で、カズヤさんにもお話させてもらったことがある馬です。パドック見ていても良い資質を持っている馬で基本的に準OP若しくはOPまではいける器とみています。牝馬重賞の出走までは行けるはず!
人気ブログランキングへ
(25位~50位)





◎ シルクロードステークス出走馬フォトパドック診断2014


 まず、レースイメージ作りから。


 先週時点の京都は、軽さとキレが生きる設定で内馬場も伸びる。


 無題

 
 同じ前哨戦ですが、京都と中山で設定が違うシルクロードSとオーシャンS

 シルクロードはスタートして2F目に坂登りにはいるので、力学的にはブレーキがかかる。その流れで前半ゆったりと走っているのが近年の傾向。ロングスパート戦になって、京都ロングスパートが得意な馬が有利となる。京都実績のある馬は押さえたい。逆にこの流れに逆らって一人競馬で京都1200mを勝っている馬は、傾向を壊す可能性があるので、ヒモ荒れを演出可能性がある。基本的に前が止まらないレイアウトなので行ききれば、粘れる可能性もある。(重力の関係とかね)

 オーシャンステークスは逆に下り坂スタートで力学的にスピードに乗せることをサポートするレイアウト。必然的に前掛かり状態になり最後は「凌ぐ」といった競馬ができる馬が有利となる。


 同じ芝1200mでも、求められる「質」が違うということに注意したい。

 
 馬体的に注目する点は

 ① バランスが良いこと(基本中の基本)

 ② ロングスパートなので短距離ながらもストライドを持ちたい(後足が長いこと)

 ③ 短距離はピッチ気味な加速も求められるので前肩は窮屈な方が良い

 こんなイメージでしょうか




レディオブオペラ

馬体自体は充実しています。お尻が強くて後ろ脚が長い。京都が合うのはこの部分でしょうか。もう一段ギアを上げられる秘訣です。短距離特有の「闘争心の強さ」も持っており、今はなかなか崩れにくいゾーンに入っている精神状態でもあります。研ぎ澄まされている馬体からも注目度ナンバー1でしょう。基本的に「パワー」を感じさせるので、これで軽さを求められるこのシルクロードを圧勝することがあったら、「スケールが相当凄い」という判定になる。個人的には中山のほうが走れそうな馬体に見えるということです。



マジンプロスパー

ガチムチだった馬体が安定して柔らかみをみせる馬体になって安定した馬体をみせるようになっています。重心の低さや脚の長さからは基本的に阪神や中京のほうが合います。馬体の仕上がり自体は順調とみてよい。いい意味で柔らかさがある。




アフォード

レディオブオペラと体型的に似ていますよね。馬体的にはフォトパ登場時から評価している馬なんですが、なかなか私の期待に応えてくれない馬で評価が難しい馬という位置にいます。基本的には京都より中山なんでしょうか。それでも後足は長いので京都を走れても不思議ではない。仕上がり具合は良い。去年は最高に良く見せたんですけどね



ストレイトガール

キーンランド時と比べると健康的で馬体の張りも上々です。牝馬なのでもう少し細く見せた方が◎でしょう。その点ではまだ余裕残しという判断でしょうか。表情は良く、今年は飛躍を期待したい一頭です。



スギノエンデバー

安定差し馬・・・大きく崩れずに自分の能力は出す。ただ不利が合ったら別ですが(笑)みたいなキャラが定着してきました。デキは高い位置で安定しています。表情がおっとりしているように、安定の域に入っている心身レベルです。



プリンセスメモリー

冬毛が出ていて毛艶悪し。馬体的にもまだ研ぎ澄まし切れていない。評価しずらいですね・・・・。





≪ 総 評 ≫


◎レディオブオペラ

 
 基本的に一択です。その他の馬は追い切りをじっくりみて取捨したい。そのくらいフォトパ時点では拮抗しているという判断です。






◎ 根岸ステークス出走馬フォトパドック診断2014


(参考)根岸S過去の好走馬
http://www.evernote.com/shard/s310/sh/ff71be10-3260-427c-9cac-3b3e24a22bb9/0a514ac9729f20557eafd9c477b95e08


 過去の好走馬の馬体を見てみると,「東京適性値を感じさせる馬体」の馬が多く好走しているイメージですね。


 直線が長いので,直線推進力が得られて持続できる「胴が詰まり過ぎていない」ことが望ましいですね。


 やや胴詰まり気味のガンジスやトウショウカズンも好走できているので一概にダメとは言えませんが,イマイチデキが戻り切っていない場合は割り引ける要素であるということでつかえそうです。


 トウショウカズン → 準OP、OPと連勝で心身充実タイミングでの2着

 ガンジス → 準OP、OP連勝、心身充実ぶりで武蔵野S2着、その心身充実ぶりを根岸ステークスまで持続、さすがにフェブラリーでは跳ね返される。ここで糸が切れる



ブライトライン

一言に「適性値高い馬体」です。ただ、先行させているので、位置取りショックで末脚を出せるかがポイント。馬がムラっ気を出さなければ。一応JCD仕込み馬。心身レベルは生涯充実期に入っているはず。馬体からデキに関しては良い状態です。



セイクリムズン

過去にも実績がある通り馬体からも「適性値高い馬体」です。老いても馬体は非常に実が伴っている。絶好調といっても良い馬体です。フェブラリーよりも「ここで実を獲りに来たかの可能性が高い」と判断できそう。今後じっくり裏を獲りに行きます。



ドリームバレンチノ

これも「適性値高い馬体」です。砂が走るかがポイントでしたが、十分実績を積んでいるので問題ないでしょう。ここも好勝負です。デキに関しても文句ない。



スノードラゴン

この馬は逆にコロンとしていて実績からも中山適性値が高い。コロンとしているのはパワーとコーナリング加速適性値を高める。ただ、心身レベルは生涯充実期にあるので勢いからこなしてきても不思議ではない。殻を破れるか試金石である
デキに関しては申し分ない。



シルクフォーチュン

過去の好走経験ありで「適性値を持つ馬」です。馬体からも頷けます。デキに関しては上々です。仕上げてきたスプリンターズSに劣らないしなやかさと無駄のない馬体を見せてくれています。好調です・




テスタマッタ

この馬の基準馬体は、フェブラリーステークスを制した2012年の馬体です。昨年はシルエット的に太かった。今年も・・・・ちょっと太いですね。昨年よりもまだマシですが、太目残り。今年も本番までに研ぎ澄ませた馬体を作りこんでくれるかが大きなポイントになりそうです。筋肉の付き方については申し分ない。こんな体型に替わってしまったのかもしれませんね。



≪ 総 評 ≫

◎セイクリムズン
○ドリームバレンチノ
▲シルクフォーチュン
☆ブライトライン
☆スノードラゴン


 基本的にこのレースは、フォトパ掲載馬に良い馬がそろっているので、この中の馬で決定する確率は高いかもしれません。

 ◎○▲はほぼ同列で、好み次第でいくらでも入れ替えて良いでしょうね。

 パっとみて、一番ここでヤル気を感じさせる馬体は、セイクリムズンだったのでこの馬を評価しています。ただ、鞍上は「柔の北村宏」より「剛の岩田」のほうがマッチするでしょうね。その点だけです。


 ブライトラインは悪くはないのですが、立ち姿が間延びしすぎている点をピックアップして3馬より割り引きました。距離はもう少しあった方が良いという判断です。あと近走先行して結果を出しているので、最後まで集中して走れるかがポイントになる点も考慮しました。



 スノードラゴンは適性体型ではない部分を割引。ただ、心身充実期に入ってきているので、困難を乗り越えて来ても不思議ではありません。
関連記事

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/931-6e9d0bad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2020-08