調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

朝日杯フューチュリティステークス出走馬最終追い切り・調教分析2013 ~【1stSTAGE】~ 

2013/12/15 Sun.





<追記更新 12/15 9:50>

 今週は体力がしっかり残っているので日頃の感謝を込めて追加更新です。最近当てていませんからお詫びも兼ねて。

 馬観力でパっとした馬が見つからない時は、少しだけオッズ分析に比重を傾けます。

 オッズ配列は、1~8番人気まで(+9、10番人気まで)どの馬が出現してもおかしくない配列で人気馬はオッズほど信頼がおけない配列です。

 追い切りと線で繋がる馬は、アトムしかいないので人気馬ですが、ブログ上の軸馬としましたが、これはこのブログでの結論として致し方ないと考えております。

 では、オッズでは!となると・・・・・

 穴位置でしっかり買われている

 04マイネディアベル
 05サトノロブロイ
 09ツインクルソード
 11ショウナンアチーヴ


 これらの4頭の出現確率は高そうな匂いがします。あくまでオッズの配列チェックでの雰囲気ですのでその点は注意してください。

 特に 09、11は評価高い です。




今日は穴馬2頭を挙げてみます。どちらか1頭は出現してほしいと考えます。



<1頭目>
前走レベルは高く重賞勝ち馬を輩出したレースです。距離適性的に合わない舞台ながら見せ場を作れた内容は復活の兆しを感じさせます。過去にも距離延長ローテで好走実績があるので、今回も同じローテを組んできた印象が強いです。ショックがかかった状態での出走で穴位置にいる馬で今回こそが狙い時です。


<2頭目>
プレイアンドリアル出走の関係で岡田総帥は来場されるはず。ですので基本的にマイネル軍団は熱い設定と読みます。鞍上も強化してきて得意条件に出走します。もう少し内目の枠なら理想的でしたが、その分妙味が出たと
前向きに考えます。昇級戦とハードルは高いですが、前走負かした相手や適性値、鞍上強化などの条件を考えるとここでヤレる背景は持つ。今充実期に入りつつある馬です。

この企画を長続きさせるためにも応援クリックのほどよろしくお願いします。

↓人気ブログランキングで公開します。(50位~70位)
人気ブログランキングへ



 愛知杯は、全体想定は合っていましたが、肝心の馬のピックアップがダメでした。すいません。

 twitterのほうでは、コスモネモシンが大穴馬だということを強く書かせて頂いたのでそれで少しはフォローできていればと思います。

 せめてオールザットジャズがしっかり仕事して欲しかったですね~。


<< 更新情報 >>

〇 更新中
 → 続編は日曜早朝に更新予定


= 序章(追い切りを観る前に) =

【フォトパドック配列】

ツインクルソード
☆ベルカント
ウインフルブルーム
プレイアンドリアル
○ショウナンワダチ
◎ショウナンアチーヴ
アポロスターズ
☆アジアエクスプレス
▲マイネディアベル
エルカミーノレアル
アトム

【レース傾向】

無題


◆水曜栗坂TOP20

水 07:00 ミッキーアイル 牡 2 51.4 37.7 25.1 12.8 音無秀孝
水 06:58 サトノアビリティ 牡 3 51.5 37.7 24.7 12.5 角居勝彦
水 08:22 ベルカント 牝 2 51.5 38.2 25.8 13.4 角田晃一
水 07:03 サトノプリンシパル 牡 3 51.6 38.3 25.2 12.6 矢作芳人
水 09:43 ミッキーマンデー 牡 3 51.7 38.2 26.0 13.5 中村均
水 06:59 ハートビートソング 牡 6 51.8 38.2 25.6 13.0 平田修
水 07:03 タイセイドリーム 牡 3 51.8 38.6 25.7 13.0 矢作芳人
水 06:58 リベルタス 牡 5 51.9 38.0 24.9 12.7 角居勝彦
水 07:00 プリムラブルガリス 牡 3 52.0 38.2 25.2 13.0 庄野靖志
水 08:22 ニホンピロプアラニ 牡 4 52.2 38.5 25.5 13.2 服部利之
水 06:57 アフォード 牡 5 52.3 37.8 24.6 12.4 北出成人
水 07:01 アラタマシャトル 牡 2 52.3 38.7 26.1 13.5 浜田多実
水 07:05 エーシンウェズン 牡 6 52.3 37.9 24.5 12.4 野中賢二
水 06:58 カオスモス 牡 3 52.4 38.1 24.7 12.6 森秀行
水 08:25 コパノリチャード 牡 3 52.5 38.7 25.4 13.0 宮徹
水 08:23 エルカミーノレアル 牡 2 52.6 39.2 26.3 13.8 小崎憲
水 07:24 サンライズマーチ 牡 3 52.7 39.2 26.7 13.9 音無秀孝
水 09:43 アドミラルシップ 牡 2 52.7 39.0 25.7 12.8 平田修
水 06:57 トーセンクラウド 牝 2 52.8 39.0 26.0 13.1 大久保龍
水 06:59 スマートレイアー 牝 3 52.8 38.6 24.8 12.4 大久保龍



◇木曜栗坂TOP20
木 09:39 マジンプロスパー 牡 6 51.9 37.7 24.3 12.3 中尾秀正
木 06:59 サダムパテック 牡 5 52.0 37.9 25.1 12.9 西園正都
木 07:43 アースソニック 牡 4 52.2 37.9 25.2 12.7 中竹和也
木 08:19 エリモタフネス 牡 3 52.3 40.0 27.6 14.8 坂口正則
木 09:59 クラレント 牡 4 52.3 38.5 25.3 12.9 橋口弘次
木 06:59 ミッドナイトクロス 牡 6 52.5 38.7 25.5 12.6 小崎憲
木 08:18 アステュート 牝 3 52.6 40.0 27.6 14.6 河内洋
木 06:59 ニザエモン 牡 5 52.9 38.3 25.2 12.8 佐々木晶
木 09:58 オリービン 牡 4 52.9 38.6 25.3 12.4 橋口弘次
木 07:10 リメインサイレント 牝 3 53.0 38.7 25.8 13.2 田中章博
木 06:59 シゲルミカワ 牡 2 53.2 38.6 25.4 13.2 坂口正則
木 06:57 アグネスドリーム 牡 2 53.4 39.4 26.2 12.6 森秀行
木 06:57 オルフェーヴル 牡 5 53.4 39.3 25.7 12.7 池江泰寿
木 06:58 セセリ 牡 2 53.4 39.1 25.5 12.8 森秀行
木 07:06 ローズミラクル 牡 3 53.4 38.9 25.7 12.8 羽月友彦
木 07:06 サクラシャイニー 牡 7 53.4 39.4 27.1 14.3 羽月友彦
木 06:58 ネロ 牡 2 53.5 38.6 25.4 12.9 森秀行
木 07:07 ワンダーライツ 牝 2 53.5 39.2 26.2 13.2 羽月友彦
木 07:00 ガムザッティ 牝 3 53.7 39.8 26.9 14.2 平田修
木 08:20 アンバルブライベン 牝 4 53.7 39.4 25.6 13.1 福島信晴
木 06:58 モズオーロラ 牡 3 53.8 39.5 25.7 12.9 森秀行
木 06:58 ジョウノムサシ 牡 2 53.8 39.4 25.8 12.8 森秀行
木 06:59 ハノハノ 牡 5 53.8 38.7 25.6 13.1 西園正都
木 07:26 ジャイアントリープ 牡 3 53.8 39.6 25.9 13.2 村山明
木 09:39 ミヤジマルゴ 牝 2 53.8 39.6 25.8 13.2 川村禎彦
木 07:24 ポアゾンブラック 牡 4 53.9 38.9 25.0 12.5 本田優
木 06:57 ダノンウィスラー 牡 5 54.0 39.8 25.8 12.7 池江泰寿



◎ 朝日杯フューチュリティステークス出走馬最終追い切り・調教分析2013

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


アジアエクスプレス
朝日杯FS :美坂3頭併せ終い強め52.3-38.3-25.7-12.9
朝日杯一週前:美南W併せ馬馬なり57.3-41.3-12.6

しっかり大きく走れています。心身レベルは高いようなのであとは適性値を大きく向上させるために雨が欲しいところです。良馬場だとスピード負けする可能性はある。

<一週前>
ダートで実績を出しているだけあって、地に対するグリップが良い。ピッチ良い回転でグリップがある走りなので重馬場になったら明らかに買いでしょう。心身レベルも高い状態です。手塚厩舎は内面を育てるのが上手な厩舎です。



アトム
朝日杯FS :栗CW3頭併せ終い強め83.7-67.7-52.9-39.2-11.7
朝日杯一週前:栗CW3頭併せ終い強め82.9-67.1-52.8-38.5-11.5

前肢の回転が良く後躯は深いのでストライド変換できる・・・ピッチ気味な飛べるタイプで末脚加速力も備えています。追い切りとしてはゆったり行かせて末脚伸ばすというものでこの調教を繰り返すことで最後まで集中して走れる差し馬が完成されてきます。当日の馬場が差しバイアスだとこの馬の出番はありそうです。ただ、登板力というよりは平坦性の能力のほうが高そうです。ただ、終い加速してしまえば坂は一気に登りきれるのでこの差し戦法が合う。


<一週前>
前足がしっかり前に出て後躯は踏み込みが深く、飛べる走りが出来ているハープスターに似たタイプです。終いしっかりキレて集中できている追い切りができているので心身レベルは高い状態です。突き放しても伸びている点は「S」がある証明



アポロスターズ
朝日杯FS :美南W3頭併せ終い強め66.7-51.1-37.7-13.1
朝日杯一週前:美南W併せ馬終いムチ一発69.9-55.0-41.2-12.6

時計的な負荷を高めてきました。一週前と線でつなげて、更によくなってきた!という感じはなさそうです。


<一週前>
この馬は早熟性で勝負していたタイプなので成長しているかがカギになってきます。とりあえず豪快な動きで先着している点は素直に評価はして良さそう。



ウインフルブルーム
朝日杯FS :栗坂単走馬なり55.6-40.2-25.5-12.7
朝日杯一週前:

馬なりにしっかり走れていますが・・・・・調整的な追い切りです。



エルカミーノレアル
朝日杯FS :栗坂併せ馬終い一杯52.6-39.2-26.3-13.8
朝日杯一週前:栗東坂路で4F52秒7-13秒0(一杯)。

大きい馬なのかな?まだ動きにゴツさがあって上手に走り切れていない。もっとスマートに走れるようになってほしい印象を感じさせます、特に中山マイルを走り切るのは。



グリサージュ
朝日杯FS :美坂併せ馬終い気合53.6-38.8-25.0-12.2
朝日杯一週前:

終いしっかり伸ばしてきます。この馬なりには仕上がってきていそうではあります。





サトノロブロイ
朝日杯FS :栗坂併せ馬終い強め54.1-39.3-25.7-12.8
朝日杯一週前:

馬場がボコボコでこれは時計がかかる馬場。それでも馬は最後までしっかり伸び切ってきます。併せて負けん気をだして苦しい設定で最後まで伸び切るといった内容は非常に高い評価をあげられる追い切り内容です。




ショウナンアチーヴ
朝日杯FS :美坂併せ馬52.3-39.4-26.9-14.0
朝日杯一週前:美坂併せ馬終い強め51.6-37.9-25.5-13.1

併せている相手には馬格負けしているので最後のパワー勝負で劣ってしまいます。回転の良いピッチ走法で胴短、正直距離はギリかなぁ~と見つめるところです。しっかり闘志をもって終い一閃の追い切りを見たかった。まぁレースでは終いはしっかりしているので気にし過ぎな部分かもしれませんが、これがどうでるかでしょう。血統的に距離は微妙な可能性があるので調教でしっかり終いまで伸びることを確認した部分がありました。内面は悪くはないです。デビュー戦を1200mで使い出したとおり・・・・厩舎的には基本は短距離でという見立ての馬なのかもしれません。


<一週前>
2走前のくるみ賞では全然仕上げてきていなかったので、その後3戦目となるとピークに作ってこれるタイミングだとみています。販路で元気良く登板してきます。動きに活気があるので最終追い切りをしっかりみつめてみたい。



ショウナンワダチ
朝日杯FS :
朝日杯一週前:美南W単走馬なり69.2-53.3-38.7-13.4


<一週前>
母父黒船ですが、線が細いスマートな体型でいかにもキレ者といった軽快さを感じさせる動きです。アチーヴはパワーなピッチですが、こちらは軽快さとキレを感じさせる。単走でしっかり自分で走れているのでSがしっかりしています。心身レベルは高い。あとは上手く中山マイルを乗りこなせるかが鍵



タガノグランパ(除外)
朝日杯FS :栗CW3頭併せ終い強め84.0-67.4-52.6-38.5-12.0
朝日杯一週前:

いい馬ですよ。もうちょっと首をうまく使って走れればかなり良くなってきます。松博さんが好きな感じの馬ですね!



ツインクルソード
朝日杯FS :栗坂単走馬なり53.4-39.1-25.7-12.9
朝日杯一週前:栗東坂路で4F53秒0-12秒7(一杯)。

走りを見てみると良い馬ですね。しっかり地をグリップして大きく飛べている。この先成長していけばスケールを感じさせる動きです。内面も勝気で自分でしっかり動けている内面は非常に良いです。あとは真っ直ぐ走ってこれれば完ぺきでした。


1朝日杯FS :栗坂併せ馬馬なり51.5-38.3-25.8-13.4
朝日杯一週前:栗坂併せ馬終い一杯50.7-37.2-24.7-12.8

一週前にビッシリやったのでそれが身となって楽な馬なりで攻時計というように仕上がってきました。メイチのヤリ設定で馬自体は仕上げ切りました。あとは、ヤレる「モノ」を持っているか、持っていないかの判断になる。仕上げ切るという一つの課題はクリアして短期的な心身覚醒状態まで持ってきたレベルです。

<一週前>
馬場は綺麗で時計は出ます。ピッチ走法で最後まで踏ん張らせるタフな追い切りです。厩舎的にも本気なんでしょうね。完成度・早熟度で言えば相当高い位置にいるように思えます。前走は京都1400mで前有利馬場・展開、今回は馬場フラット(仮説)で距離延長&最後急坂ありです。スタートから下り坂なのでテン遅い馬でもスピードをあげられるサポートがあるコース設定です。適性値がマッチするかが大きなポイント。




テイエムキュウコー
朝日杯FS :栗CW単走馬なり84.4-68.2-54.0-40.3-14.2
朝日杯一週前:栗東CWで6F83秒4-15秒4(一杯)。

調整的な甘い追い切りです。ここはあくまで参加するだけです。



ニシノデンジャラス
朝日杯FS :栗DP併せ馬終い一杯82.9-66.0-51.1-37.2-11.6
朝日杯一週前:

終い激しく追ってそれに馬がしっかり応えてきていますね。馬の心身レベルは高いものを感じさせます。特に接戦に強そうな顔をしている点が良いです。



ハイアーレート
朝日杯FS :美坂併せ馬終い一杯54.1-37.4-24.8-12.4
朝日杯一週前:

大久保厩舎なので同日坂路3回追いですね。時計は気にしなくてよいです。終いは豪快な動きで伸び切ります。しっかり真っ直ぐ伸びている点も良い。骨がしっかりしていて走りにパワーがある。スピード適性よりもパワー適性を感じる馬。




ピークトラム(除外)
朝日杯FS :栗DP併せ馬馬なり77.5-61.6-48.4-36.3-11.9
朝日杯一週前:

走法的にはピッチですが、カミソリ型のキレるタイプです。中山マイルに使うのではなく、ラジオ日経賞に向かって欲しい仕込み馬です。



プレイアンドリアル
朝日杯FS :川崎D併せ馬終い一杯64.3-50.0-37.2-12.2
朝日杯一週前:

胴長で大きなストライドで走る走法、フォトパの印象とぴったりです。スケールは感じさせる馬ですが、中山マイルでは逃げ意外で器用に立ち回れるタイプの馬体ではない。東京でこそ粘り腰を発揮する馬体構成です。追いkり位は遊びながら走っています。それでも相手を突き放す。



ベルカント
朝日杯FS :栗坂併せ馬馬なり51.5-38.3-25.8-13.4
朝日杯一週前:栗坂併せ馬終い一杯50.7-37.2-24.7-12.8

一週前にビッシリやったのでそれが身となって楽な馬なりで攻時計というように仕上がってきました。メイチのヤリ設定で馬自体は仕上げ切りました。あとは、ヤレる「モノ」を持っているか、持っていないかの判断になる。仕上げ切るという一つの課題はクリアして短期的な心身覚醒状態まで持ってきたレベルです。

<一週前>
馬場は綺麗で時計は出ます。ピッチ走法で最後まで踏ん張らせるタフな追い切りです。厩舎的にも本気なんでしょうね。完成度・早熟度で言えば相当高い位置にいるように思えます。前走は京都1400mで前有利馬場・展開、今回は馬場フラット(仮説)で距離延長&最後急坂ありです。スタートから下り坂なのでテン遅い馬でもスピードをあげられるサポートがあるコース設定です。適性値がマッチするかが大きなポイント。



マイネルディアベル
朝日杯FS :美坂3頭併せ馬なり53.5-39.6-26.2-13.3
朝日杯一週前:美坂併せ馬終い強め53.0-39.1-25.7-12.9

馬なりで余裕の動きです。この馬の場合はこのくらいの時計設定なのでしょうね。前走時もこのくらいの時計設定で仕上げてきていました。早熟性という面では高いものをもっているのであとは能力を出し切れるかどうかでしょう。逃げられなかった場合、これまでのように能力を発揮できない可能性も考えられる。

<一週前>
非常に弾んで動けている。時計は甘いですが、そういう設定で走らせているように見えます。動きはキレがあって良いです。



ミッキーアイル(除外)
朝日杯FS :栗坂単走終い一杯51.4-37.7-25.1-12.8
朝日杯一週前:栗東坂路で4F52秒1-12秒8(一杯)。

荒れた馬場を力強く伸び切ってくる。単走でこれだけ走れればSが強い証明ができています。真っ直ぐ力強く登板する内容はスケール感を感じさせます。




☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  該当なし
    
B+ ベルカント、アトム

B  マイネディアベル、サトノロブロイ

B- ツインクルソード(素質高いが割引要素もある)、ショウナンアチーヴ(フォトパは評価したので)、ショウナンワダチ(同様)

注  アジアエクスプレス(道悪馬場になるなら) 

※ 木曜追い切り馬や出走馬確定後に映像アップしてくる馬もいると思うので暫定版


( 補 足 )

 うーん、困った配列になったというのが正直本音です(笑)

 ベルカントは明らかにヤリ設定の追い切りでここに勝負をかけてきています。あとはそれが成功するかしないか。メンバーレベルは普通のOP級なので・・・・・早熟性と完成度で通用してもなんら不思議ではない。

 アトムは、牡馬版ハープスターという見立て。あとはどこまでスケールがあるか、ないか。常識にはまらない胴短ながらの大きく加速できる終いの脚は、父ディープ譲りのもの。内面はキツさというよりも、マイペースな印象を感じました。


 マイネディアベルは、とにかく仕上げてきている。フォトパみても然りです。


 サトノロブロイも坂路での時計の出し方を評価しています。ロブロイ産駒なのでパワー設定が得意で時計を出せた可能性はありますが素直に評価します。
きではないと評価しましたが、追い切りで見せた真面目さを評価しました。ただ、ヨレたりしているのでやはり割引補正は入ります。

 調教見て、完成度からだと、ベルカント推しになってしまったというのが正直な感想です。
 
 ツインクルソードは、フォトパを見て線の細さからとしなやかさから中山マイル向かないのでは?と想定しています。



★ ブログ上の軸馬

 オッズ配列を精査すると、1番人気~10番人気までは等しく出現する確率が高い配列に見えます。

 個人的には、混戦メンバーと読みます。となると、プラスαの目線が必要になってくるのでシンプルな分析を導入してみます。


馬番、初戦距離、初勝利距離の順で記入していきます。

01 1200(1)
02 1200(3) 1200(1)
03 1600(1)
04 1400(5) 1200(1)
05 1800(4) 1800(1)
06 D1400(1)
07 1600(8) 1200(1)
08 D1200(1)
09 1200(1)
10 1600(1)
11 1200(3) 1200(1)
12 1200(1)
13 D1700(1)
14 1800(1)
15 1800(1)
16 1600(1)


厩舎戦略として、最初の使い始めの距離や舞台設定は、その馬の素質などを加味して決定することが多い。

今回揃ったメンバーは、スプリントの舞台で勝ち上げてきた馬が多いことから、混戦に拍車をかけていると読み取ります。

展開を作るのは、JRAから盛り上げ役として内枠配置をもらえたベルカントです。

デキはとにかく抜群なので、自分のラップペースを無視して追走したら、末脚を失います。そのくらいスピードが卓越しています。

短い距離ばかり経験してマイルのハイラップスタミナ勝負になって脚を失う馬が多くでてくる可能性があると読み取ります。

となると、「必然的に重力は前に働く」とみて、後方から自分のペースを守りながら、末脚ドカン!!という馬の突っ込みを狙うのが穴馬選びの定石です。

大外枠配置で人気も過剰にはならないこの馬を、このレースの穴馬として指定します。


▲18ショウナンワダチ

ただし、これは、極端に前が速い競馬になる!という前提でのものです。武豊さんは最近逃げ馬に乗ったら、後続の脚を失わせるという「逃げ馬の特殊スキル」を発動させる逃げを打つので、今回も期待できると思われます。
(場合によってはまったく見せ場なしもあり得るので要注意です。)

※中山馬場は基本的に逃げ馬有利馬場ではない。いくらか差し込める馬場です。ペースがハイラップに偏り過ぎれば追い込みも届くという見立てです。

素直に考えるなら、人気馬という重力を背負いますが、距離の使われ方やしっかりこのレースに向けて王道ローテで進んできた

◎03アトム

が無難でしょう。今日のひいらぎ賞の勝ち馬 ミッキーアイル を物差しにしてもこの馬の地力の高さが証明されます。


3連系の3頭目までのヒモは手広く10番人気までは入れることをお勧めします。10番人気以降が出現した場合はボーナス配当になります。ペースが乱れるのであれば、想定外の馬の突っ込みも期待できます。


その他オッズからは、11ショウナンアチーヴ、09ツインクルソード は必ず穴役押さえたい。


意図がなければ乗せてこない外国人騎手が乗る 04マイネディアベルと06アジアエクスプレスも押さえたい。




(追い切り評価の定義)
*********************************

A+評価  : 勝負気配も感じ,調教内容,気配ともに絶好の馬 

A評価   : しっかり調教できていて,調教内容や気配が良い馬

B+評価  : A評価までではないが,調教からは注目する馬

B評価   : 切るに切れない評価の馬の上位

C評価   : あまり評価するポイントがない馬

D評価   : 消し

*********************************


= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています

関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/898-a2934e69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-06