調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

秋華賞出走馬最終追い切り・調教分析2013 ~【1stSTAGE】~ 

2013/10/11 Fri.

<< 更新情報 >>

〇 更新完了(10/13 5:30)


= 序章(追い切りを観る前に) =

【フォトパドック配列】

△デニムアンドルビー
メイショウマンボ
☆スマートレイアー
〇ローブティサージュ
エバーブロッサム
◎ウリウリ
△ティアーモ
リボントリコロール
シャトーブランシュ
▲セキショウ
サクラプレジール


【レース傾向】

無題


京都内回り2000mという「コーナリングしながら走る区間が多いコース」,「ラスト4Fは下りからの最後の直線は平坦で惰性で走り切れてしまうコースレイアウト」,しかも先週を見る限りでは「高速馬場仕様で前が残りやすい傾向」とレース適性値として普通に求められる能力は自ずと見えてきます。

あとは各馬の配置と重力がかかる位置の見極めで補正すればOKだと思います。



◆水曜栗坂TOP20
水 09:00 フォーチュンスター セ 4 50.6 37.3 24.8 12.7 鈴木孝志
水 08:43 タガノギャラクシー 牡 3 51.0 37.7 25.1 13.1 庄野靖志
水 05:56 セイクリムズン 牡 7 51.4 37.1 24.5 12.3 服部利之
水 06:22 メイショウデイム 牝 6 51.4 37.7 25.4 13.2 佐山優
水 07:51 テイエムクロジシ 牡 3 51.4 38.2 25.6 13.2 鹿戸明
水 08:46 オールブラックス 牡 4 51.4 37.8 25.2 13.1 中尾秀正
水 05:58 スマートレイアー 牝 3 51.5 37.3 24.3 12.1 大久保龍
水 07:22 フレイムコード 牝 4 51.5 38.6 26.4 14.0 谷潔
水 07:21 エイシンオルドス 牝 2 51.6 38.2 25.2 12.8 坂口正則
水 06:12 デンコウスカイ 牝 3 51.7 39.2 26.9 14.2 武田博
水 08:45 アンジュエ 牝 3 51.8 37.9 25.3 13.0 橋口弘次
水 06:02 テンペル 牡 5 51.9 37.6 24.8 12.9 松永幹夫
水 05:59 ワンダーアシャード 牡 4 52.0 37.9 25.0 12.9 笹田和秀
水 08:40 アリュージョン 牝 2 52.0 37.7 24.7 12.6 白井寿昭
水 08:40 スザク 牡 2 52.0 38.0 25.0 13.0 白井寿昭
水 08:44 リッシンロケット 牡 3 52.0 38.6 26.1 13.4 作田誠二
水 05:58 ツルオカハチマン 牡 4 52.1 37.8 24.5 12.2 大久保龍
水 05:58 ハイランドジャガー 牡 4 52.1 38.5 25.7 13.3 平田修
水 06:02 ディープサウス 牝 3 52.1 37.7 24.3 12.3 松永幹夫
水 06:12 ハネムーンゴシップ 牝 5 52.1 38.3 25.6 13.4 高橋義忠
水 06:14 セブンフォース 牡 3 52.1 38.0 25.3 12.9 高野友和
水 05:59 エアジェルブロワ 牝 4 52.2 38.3 24.9 12.3 笹田和秀
水 06:00 メイショウユメゴゼ 牝 4 52.2 37.3 24.3 12.2 沖芳夫

◇木曜栗坂TOP20
木 08:38 リアリーサムシング 牡 5 51.4 38.4 25.9 13.5 坪憲章
木 08:45 グレイスフルリープ 牡 3 51.6 38.6 25.4 12.8 橋口弘次
木 08:45 キラウエア 牡 6 51.7 38.6 25.6 12.8 橋口弘次
木 06:06 シルクドリーマー 牡 4 52.0 38.6 25.7 13.3 音無秀孝
木 06:06 ダノンヨーヨー 牡 7 52.1 38.7 25.9 13.5 音無秀孝
木 05:58 ミラクルベリー 牝 5 52.3 37.4 24.5 12.4 池添兼雄
木 06:00 ジェネシスロック 牡 3 52.5 37.9 24.7 12.5 安田隆行
木 06:54 ノボリフジ 牡 2 52.5 39.2 26.5 14.1 松永昌博
木 07:20 ノボリレジェンド 牝 2 52.5 38.7 25.7 13.3 河内洋
木 06:54 アピロボーイ 牡 2 52.6 39.5 26.6 14.3 松永昌博
木 08:44 アロマティコ 牝 4 52.6 38.0 24.7 12.7 佐々木晶
木 05:59 サンレーン 牝 3 52.7 38.4 25.1 12.7 西園正都
木 08:10 プルーフポジティブ 牡 4 52.7 38.8 26.1 13.6 松永昌博
木 08:01 テイエムシナモン 牝 2 52.8 38.9 25.9 13.2 鹿戸明
木 08:51 ベルライン 牝 3 52.8 39.1 26.0 13.4 羽月友彦
木 08:59 ツィンクルソード 牡 2 52.8 38.7 25.4 13.0 松永昌博
木 06:00 ジェンティルドンナ 牝 4 52.9 38.5 25.2 12.8 石坂正
木 06:00 ドナウブルー 牝 5 52.9 38.4 25.1 12.8 石坂正
木 08:38 タイキマーシャ 牝 3 52.9 38.2 25.5 13.1 西園正都
木 08:43 ツルマルナルト 牡 4 52.9 38.9 26.1 13.3 橋口弘次



◎ 秋華賞出走馬最終追い切り・調教分析2013

最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


☆ 秋華賞一週前追い切り映像がある馬

ウリウリ
サクラプレジール
セキショウ
デニムアンドルビー
メイショウマンボ
リボントリコロール


ウリウリ
秋華賞 :栗坂単走馬なり56.3-40.3-25.4-12.3
秋華賞一週前:栗坂単走馬なり53.6-38.8-24.9-12.4


馬場は良い。この馬はバネが効いた走りをしてピッチ走法気味でもあるため,小回りコースでの加速もできるタイプだと思います。バネを生かすには先行させるのはダメでやはりエネルギーは差し脚変換で強さを発揮させるタイプです。馬の精神状態も今は充実している段階です。あとは上手く乗れるか,乗れないか。トリッキーなコースで前が残りやすい馬場だと思われるのでその一点です。状態面は前走時の良さをキープできています。


≪一週前≫
リラックスしてバネの効いた動きを見せてくれている。内面も良い状態で高い位置で安定している状態。適性が相当向かない限り,基本的には崩れにくい位置にいる。



エバーブロッサム
秋華賞   :美南W併せ馬馬なり67.2-51.6-37.5-13.1
秋華賞一週前:

サトノネプチューンとの併せ馬。前走同様,調教では内面の強さがしっかり出ていて良い状態に見えます。



コレクターアイテム
秋華賞   :栗併せ馬馬なり53.5-38.3-25.1-12.8
秋華賞一週前:栗東坂路で4F53秒6-12秒9(G強め)。

昨秋からは成長力負けしている部分がある馬。でも馬体を見る限り,成長はしているんです。それを競馬で発揮できる「内面の強さ・充実さ」が足りない状態です。言ってみればマイペース的な部分を多く持つ。器用なタイプでもないので,自身がマッチする適正力ある舞台で好走チャンスがあるタイプと思います。上級戦では少し足りない存在という位置になってしまった。非常に残念な素材です。



サクラプレジール
秋華賞   :美南W単走馬なり68.6-53.3-39.3-13.1
秋華賞一週前:美南W併せ馬終い強め83.2-67.0-52.2-38.0-13.0(重)

コースで単走追い,動きにキレがあり,自身の能力はしっかり出せる状態です。単走で集中して走れていて操縦性も良い状態です。



≪一週前≫
楽な動きで大きく動けて豪快に抜け出す姿は相当身体が充実している証拠です。南Wでこれだけ動けるということは重たい馬場コンディションでも能力出せるタイプ(滑る馬場と重たい馬場って意味は違います。)です。推進力もあるし,馬の気持ちも充実している素振りを見せている。



シャトーブランシュ
秋華賞   :栗坂単走馬なり55.1-40.3-26.2-12.9
秋華賞一週前:栗坂単走馬なり55.6-40.7-26.7-13.4

二週連続馬なり調整ですか。上り目はなさそうですね。3走前でも非常に仕上がっていたことを確認できているので下降線に入っても不思議ではない。


≪一週前≫
馬場が荒れている状態での追い切りで馬なり調整。良い意味での平行線


スマートレイアー
秋華賞   :栗坂単走馬なり51.5-37.3-24.3-12.1
秋華賞一週前:栗東CWで6F81秒2-12秒6(一杯)。


良い馬場。前評判通りこの馬はすごいですね。大きく体を使って楽に駆け抜けて好時計です。前走の阪神1800mという舞台はベストマッチでしたね。新潟で取りこぼしているとおり,内馬場先行有利の時計の速い馬場には適性的に不安はあります。ただ,身体能力はこの世代でもトップクラスでしょう。速い時計よりもパワー質な条件や差し馬場のほうがベターな馬です。内面は充実してきたタイミングでいい時期に入っています。



セキショウ
秋華賞   :美南P単走馬なり66.9-51.8-38.2-12.4
秋華賞一週前:美南P併せ馬馬なり64.1-50.6-38.1-13.5

単走でポリ追い。スムーズにギアを上げる。逃げ馬ですがリラックスして走れている。状態に関しては心身充実してきた段階。


≪一週前≫
併せ馬で内面に負荷をかけながらリラックスさせて調整しています。良い意味で緊張感とリラックスがマジ合っている。馬はリラックスしながらもしっかり余裕の動きを見せているので状態面は良いレベル。



セレブリティモデル
秋華賞   :栗坂併せ馬終い強め55.6-39.5-25.7-12.4
秋華賞一週前:栗東CWで6F83秒7-13秒0(一杯)。

馬場は良い。時計的には調整的な追い切り。動きはまずまず動けてはいる。真っ直ぐ走れている。



ティアーモ
秋華賞   :栗DP併せ馬終い強め63.3-49.7-37.0-12.0
秋華賞一週前:栗東坂路で4F53秒0-12秒6(一杯)。

走りが首が高い。短距離戦なら妥協しても良いポイントですが,2000mでしたら最後グイっと伸びきれるフォームで走れないと詰めの甘さを露呈する。調教では追って味がなさそうな走りをしている点が気になります。ズブいだけなら良いんですが。




デニムアンドルビー
秋華賞  :栗CW3頭併せ馬なり86.0-68.9-53.4-39.1-11.8
秋華賞一週前:栗CW3頭併せ馬なり84.5-68.3-53.5-39.4-12.3

フルーキーとの併せ馬ですか。条件が秋華賞でなければ,一番評価したい馬は同馬です。格上の古馬と再三併せて,それに食らいつくファイティングスピリットを見せてくれている。スポーツで言えば,成年男子バスケ部に混ざって日頃から練習している高校生女子バスケ選手といった位置にいます。同世代に入ると,心身の強さが自ずと抜けたレベルに育つという調教を課しているのがこの角居流調教の極意です。そしてしっかりその調教に応えている姿を見せてくれている。心身充実度では抜けた位置にいる状態ですが,自身が持つ適性値と真逆な舞台がこの秋華賞。どのように騎乗してくるか楽しみです。内田騎手はG1は結構事前に考えて乗ってきますからね。昨年のヴィルシーナの秋華賞もそうでした。あと皐月賞のゴールドシップ。ただ,重力を背負うので・・・・難しい位置にいるのは確かです。ものの考え方では,先週奇策に出て金船を沈没させているので,奇策はうってこなうとは思えるタイミングです。

≪一週前≫
オールザットジャズとエキストラエンドという古馬タレントとの併せ馬,真ん中に入れられてしっかりと内面に負荷がかけられている。これに応えれる素振もみせており,格上戦における勝負根性が鍛えられる調教内容です。調教課題,レベルとしては相当高い部類。これが角居流。



トーセンソレイユ
秋華賞   :栗CW併せ馬終い強め84.9-69.0-54.9-40.4-12.2
秋華賞一週前:栗東CWで6F82秒6-12秒3(強め)。

この馬はチャンピオンになれる資質を持っていると個人的には思っているのですが,いかんせん結果が出てこない。非常にもったいない素材だと思っています。闘争心もあるし,キレる動きもさすがです。前走は重馬場で適性負けした部分もあるでしょうが,心身が充実していたらもっと踏ん張れていますからね。まだ成長待ちといった段階の馬です。角居厩舎にいたら絶対素質は開花していたでしょうね。所属する厩舎力って非常に馬にとっては大事なんです。ただ,スペックは高いのでハマれば一発が合っても驚きはありません。




ノボリディアーナ
秋華賞   :栗坂単走終い強め53.3-38.0-25.0-12.9
秋華賞一週前:栗東坂路で4F51秒8-13秒1(馬なり)。

馬場は荒れで時計は出ずらい馬場。馬場が荒れているのですげぇ!という感じの走りには見えませんが,こんなもので十分です。走法を見ているとしっかり掻き込むタイプなのでスローペースからギアアップして逃げ込む戦法が得意なタイプに見えます。生粋の逃げ馬という感じには見えない。将来的には番手でインポケットにつけて抜け出してくる競馬を教え込みたい。キレるタイプだと思います。




ビーナストリック
秋華賞   :美坂3頭併せ馬なり50.5-38.1-25.8-13.4
秋華賞一週前:美浦坂路で4F54秒0-13秒2

馬なりでしっかり駆け上がりますがどうでしょうね。




マコトプリジャール
秋華賞   :栗坂併せ馬終い強め54.8-39.6-25.4-12.6
秋華賞一週前:栗東坂路で4F55秒5-12秒9(一杯)。

まぁ可もなく不可もなく。



メイショウマンボ
秋華賞   :栗坂併せ馬馬なり52.3-37.9-24.3-12.4
秋華賞一週前:栗CW併せ馬終い強め79.3-63.9-50.3-37.5-12.0

二週連続好調教です。ローズステークスを叩いてここに来て明らかに急上昇してきた馬。坂路での動きも楽に動いて推進力に変えられている。これは身体が相当充実してきている証拠です。時計も楽に好時計,内面はマイペース的な部分がありますが,それをカバーする身体能力を備えてきた馬です。ロングスパート戦は得意な条件です。


≪一週前≫
調教内容やフォトパを見て思うのは,長く持続的な良い脚を使える馬に育てようとしているのかなと思われます。馬体もどちらかというとそんな造りです。オークスの勝ち方を見ると,「ハメる」というオプションが欲しいので,人気サイドではなく伏兵サイドで走りたいタイプです。人気サイドで走る(自分でレースを作らなければいけない位置)とローズSのように取りこぼす可能性がある馬です。一週前追い切りは楽に好時計,ロングスパート戦に耐えられる馬造りが成されています。馬自身も能力を出し切れる状態に仕上がってきました。




リボントリコロール
秋華賞   :美南W併せ馬馬なり71.3-55.9-40.9-13.9
秋華賞一週前:美南W3頭併せ馬なり68.9-53.7-39.4-13.1(重)

調整的な追い切りですが,併せ馬でしっかり内面に負荷はかかっています。動きにも躍動感が合って良い状態です。馬自身充実してきたタイミングでの出走です。トレーナー次第ですが,しっかり育成して最適の条件に使って来れば先先重賞は獲れる馬だと思っています。


≪一週前≫
いい顔で走れていますね。勝負根性が強そうです。しっかり併せて内面に負荷をかけながら,ギアを溜める練習ができている。ここにきて成長してきている馬です。先先楽しみな馬です。



リラコサージュ
秋華賞   :栗CW併せ馬強め99.0-82.3-66.6-52.1-38.7-12.6
秋華賞一週前:

フォトパでは一度も良いと思ったことがない馬です。ここでどれだけ成長させてきたでしょうか。走りは前の出が硬い割には後躯の可動域が深いタイプでアンバランスな走りです。芝に向いている走法とは正直思えない部分があります。将来的にはダートがベターでしょう。




ローブティサージュ
秋華賞   :栗坂併せ馬終い強め52.3-37.9-24.9-12.6
秋華賞一週前:栗東坂路で4F51秒9-12秒1(馬なり)。

馬場は荒れ気味,しっかり時計を出す追い切りで馬もしっかりたずなを緩ませた状態だけで駆け上がってきます。気持ちが非常に強いタイプというよりは淡々と自分の能力を出すタイプに見えるので,上級戦よりは相手関係ダウン戦のほうが合いそうなタイプに見えます。




☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  デニムアンドルビー,

B+ メイショウマンボ,ウリウリ,スマートレイアー

B   セキショウ,トーセンソレイユ,ローブディサージュ

B- リボントリコロール,サクラプレジール

注   トーセンソレイユ

( 補 足 )

 追い切りを見る限り,明らかに心身面が強化されてきたのはデニムアンドルビー

 舞台設定等を何も考慮しないで,馬のみをみつめて評価するなら断トツ評価になります。

 ですが,適性値負けする確率が高いので,一段下げてA評価として敬意を表します。

 B+評価馬もレベルが高いレベルのデキにある設定です。

 馬券有力圏内は,B評価までという見方です。

 B-評価は,うまくハマるなら・・・・といった感じです。

 サクラプレジールは短い距離のほうが良いはずです。

 リボントリコロールは逆にゆったり走れるレースが良い。小回りでせかされる競馬は相当巧く乗らないと厳しい。

 それでも調教からは良さが伝わってくる2頭です。



【分析メモ】

(1)重力位置

1番人気 14デニムアンドルビー 追い込み外捲り
2番人気 01スマートレイアー イン溜め(中団)
3番人気 16メイショウマンボ 追い込み外捲り

 重心は後ろにある状態だが,京都内回りなので騎手心理的に早めの動き出し意識する傾向もある。



(2)秋華賞の特徴

無題

基本ラップは 58.5(-1.5)~49.0(+1.0)~59.9(-0.1)

前傾で向こう正面の登りで息が入り


① 下りで一気に動くのか


② 徐々に溜めながら動くのか


がポイントになる。


昨年は,三冠リーチだった非常に大きな重力を持つジェンティルドンナがいたため,超スローの後傾ラップとなったため,規格外レース。


今回も後ろにポジを取る馬が重力を持つが,昨年のような展開にはならないと読む。



ただし,標準ラップよりも前半ラップは遅くなる可能性はある。



(3)ローズステークスをどう評価するか?

無題


≪レースの特徴≫

 重馬場設定にも関わらず,過去にない「ハイラップ戦」で後半消耗戦になったレース
  → 良馬場標準ラップは,「60.1-59.7-58.4」と後傾ラップ
  → 明らかに追い込み馬に有利な設定だった

 
【評価ポイント】

 重馬場差し馬場から京都良馬場に替わってパフォーマンスが変わるであろう馬をピックアップすべき 


 ここからは,いかにも調教から馬の心身状態が良くても,人気被り過ぎの傾向にあるデニムアンドルビーは,大きな割引対象馬になる。



(4)政治的な動き

① ディープインパクトの価値を上げたいため,ディープ産駒に勝たせたい

01スマートレイアー
06ウリウリ
12エバーブロッサム
14デニムアンドルビー
(07トーセンソレイユ ディープインパクトの半妹)


② 社台系列生産馬

02シャトーブランシュ 今売り出し中のシルクのクラブ馬
04コレクターアイテム
06ウリウリ
07トーセンソレイユ ディープインパクトの半妹
09ノボリディアーナ
11リボントリコロール
12エバーブロッサム
14デニムアンドルビー
17ローブティサ-ジュ
18セレブリティモデル


(5)馬場と展開

 京都馬場は,土曜のレースを観る限り,ワンペース逃げ馬有利な馬場ではなく,最後もう一段ギアある馬が有利な馬場と見る。
(土曜日実際に騎乗して体感できた騎手有利)

 
 メンバー的に逃げ・先手を主張す馬は

03ティアーモ
05セキショウ
08マコトプリジャール
09ノボリディアーナ
15ビーナストリック

 逃げないと能力出せないと言っているセキショウが最有力か。

 前走逃げられなかった逃げて実績あるノボリディアーナやマコトプリジャールも考えているはず。

 一番のポイントは超人気薄の15ビーナストリック


 ① 人気から解放されて捨て身で自分の型を作りに行き,ペースメイキングして盛り上げるのか

 ② あくまでここは記念出走でただ回ってくる競馬をするのか。

 ①が該当する場合は,何処かの陣営からの依頼があるはず。自身の適性条件に出走しないでここに出てくるということは,①の可能性は高い。

 → 過去にメモリアルイヤーがアヴェンチュラのメイキングをしたことがある。



★ ブログ上の軸馬

 諸々を考慮しながら,結局本命視したいのは,再度になりますが

 06ウリウリ

 です。


 同馬は,よくローズステークス好走したなぁというくらい心身面が「非常にタフ」に成長を遂げて,まさに精神面は充実している時期にある。


 本質的に,タフな設定のコース(坂があって馬場が重い)はそこまで得意ではないと思っていましたが,それを見事にクリアしてきたのは前走です。


 心身充実している状態 = 自身の適性レースからズレていれも,好走する可能性を秘めた状態


 基本的には, 「良馬場で切れ味勝負」向きの馬 という見立てです。


走法はピッチ気味で非常にバネがあり,いかにも「キレる!!」というタイプ。


 ですので,インでしっかり脚を溜めて抜け出してくる競馬はできるはずです。


 個人的には,金子陣営の本命馬はこちらではないか?とも思っています。



 鞍上も浜中騎手で継続騎乗,土曜日も調子よ良しです。



 枠順も良い位置を与えられたので,JRAからの後押しがある馬という読みもできます。



 ローズステークスでもパフォーマンスを見せたが,



 今回は前走比で更に適性値がアップする舞台設定と枠順



 という評価です。



 調教からも,最低でも前走の状態はキープできていると判断できます。



 リスクは,

 
 前が詰まって追いだせなくなること(ドボンケース)


 イン差しできる隙間が無いと判断して急遽後手に出て大外回す(パフォーマンスダウン)



 
 勝ち負けではなく,3着狙いであれば・・・・・


 
 スマートレイアーの進路を利用してこの馬を目標に仕掛ければ,高い複勝確率は見込めそう。



 こればかりは ,浜中騎手の判断になります。




(追い切り評価の定義)
*********************************

A+評価 : 勝負気配も感じ,調教内容,気配ともに絶好の馬

A評価 : しっかり調教できていて,調教内容や気配が良い馬

B+評価 : A評価までではないが,調教からは注目する馬

B評価 : 切るに切れない評価の馬の上位

C評価 : あまり評価するポイントがない馬

D評価 : 消し

*********************************


= 当記事内容の取扱いについて =

あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています


関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/843-9186f593
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-09