調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

【フォトパドック】スプリンターズステークス出走馬フォトパドック診断2013  

2013/09/26 Thu.

 現状に満足したら今がまさしく過渡期である。

 苦労すべきその時々で試練を乗り越えていかなければならない。

 その積み重ねがあなたを見知らぬ境地へと導いてくれるだろう。


 もう既に木曜日なんですね(笑)

 先週の平場戦の再チェック作業ができていない・・・・もう今週は無理だな(笑)

 捨てます(笑)


◎ スプリンターズステークス出走馬フォトパドック診断2013

 

ロードカナロア

馬体的な境地から読み解くと,明らかに昨年のスプリンターズSが研ぎ澄まされた馬体です。ただそれでもここまで宮杯,安田記念と結果は出してきている。これは「馬自らが走ることに対して覚醒している状態」であって,自分で最低限身体を作り,そして能力を発揮しようとする能動的な意思が普段からあるからだと分析している。要するに昨秋からは「馬が自分で走っている,そして身体能力も高いので結果も伴っている」状態である。セントウルSを一度叩いて,馬体は大幅に良化してきました。昨年のスプリンターほどのの研ぎ澄ましではないが,安田記念と同じデキにはある身体を作っている。前走は究極状態のハクサンムーンには負けました。ただ,カナロアが自分で走ることに対して手を抜いたのではなく,まだ身体が伴っていなかっただけという判断になります。今回,更に身体が走れる状態となり,心もそれにリンクし,心身リンク率が高まるのであれば,これまで同様のパフォーマンスは示すことができるタイミングとなる。ここを落としたら,この先に設定している目標なんて無意味と化しますからね。あとは,休みを入れて馬が走ることに対しての意欲を本当に失っていたら,減退していたら,ここでの心身リンク率の高まりは期待できない。その辺を調教・パドックから読み取るのが「馬観力が問われる」というものだと考えています。




ハクサンムーン

前走時もフォトパはイマイチとジャッジしましたが,追い切りからは「覚醒状態」と評した馬。なのでフォトパで決めつけるのは非常にリスキーなのが現状です。馬体は前走時と変わらない感じです。ただ,明らかに「前走ピーク」設定だった馬で,ここまでお釣りがあるかどうかということをしっかり見極める必要はある。馬自身今春~夏で大きく成長した馬で精神的には非常に充実している状態にはある。あとは身体もついてくるかふがキーポイントである。個人的には,不安視すべき馬という位置にいる。(あとは調教次第)



グランプリボス

とりあえず仕上がって入るが,やはり昨年のマイルチャンピオンのような凄さは戻ってこない。昨秋が生涯ピークだった可能性も否定できない。ただ,馬体は安田記念のときよりは明らかに良い形ではある。マイラーズカップを勝ったときのデキにはあるという判断です。



マジンプロスパー

トライアルを使わず,いきなりここにぶつけてきました。何度もカナロアに返り討ちにあっている馬なので,先先のGⅡを目標としたローテの可能性が高い。最近は馬体は悪くても走っているので評価が難しい馬ではある。調教次第です。



スギノエンデバー

使いながらピークに仕上げてきたな・・・・・そう感じさせる凄さはフォトパから感じさせる馬です。差し馬なので不利はつきものでそれで多く泣いている馬という印象です。これまではとりあえずレースを使ってきたという内容でここは目標にしっかり仕上げてきたと感じることができる。本当は北九州記念で結果を出してここに向かいたかったという意図は馬体からも感じます。



ドリームバレンチノ

馬体はきっちり引き締まった。ただ,前走の内容がちょっと悪い。昨秋のフォトパの方が充実した立ち姿を見せてくれているので今年は不安視したくなる馬です。



パドトロワ

完全に加齢でマイペース馬になりました。自分が好きな条件・タイミングで激走し,厳しい条件ではレースを投げ出す,レースに対する姿勢はこんな感じです。となると極限戦では投げ出すのでここは狙うタイミングではない。馬体も可もなく不可もなく。



シルクフォーチュン

基本的にダート馬なので,ここは調教効果を狙ったレース設定です。目標はもちろんフェブラリーです。馬体は宮杯でも出走してきたときと比べると今年の方が明らかに良いです。良い滑り出しという評価になります。



フォエバーマーク

基本G1では足りない馬でそれは陣営も理解し,夏場のローカル線をピーク設定に使ってきた馬。馬体も崩れてきたように一度体調は下降線に入るローテ



サンカルロ

この馬も基本的に高齢馬なので生命力が衰えてきた印象を受けます。阪神カップをピークに狙った設定馬ですが,うまくいけば・・・・という意図もあってキーンランドを叩いてここに出走してきた背景は感じさせます。



サクラゴスペル

いかにもダークホースでしょうね。馬体を観る限り,体調はすこぶる良いし充実している。一度叩いたローテで別路線組,評価しずらい位置にいて一発狙ってくる意志を根治させる馬体です。



≪ 総 評 ≫



◎ロードカナロア
〇スギノエンデバー
▲サクラゴスペル
☆グランプリボス


 書きたいことは各馬コメで全部書いたので補足は必要なしです。


↓馬体データベースのPASSを期間限定で人気ブログランキングで公開中(50位~80位)【終了】
関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/829-08c5bed4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-09