調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: THINKBACK 【 回 顧 】

【回顧】優駿牝馬(オークス)を終えて2013 

2013/05/19 Sun.


 最近まともに更新できていないことに申し訳ないので,回顧記事を掲載します。G1レースのみ今後記載したいと思います。

 自分のEXCELファイルに書いたことを一部抜粋しています。コピペなので文字装飾とかなく読みずらい点は御了承願います。


無題


1.結果として重力は「前」に傾いてしまったオークス

悪さをしたのは,ウイリアムズ騎手騎乗の「トーセンソレイユ」

トーセンソレイユは前を意識するレースで,レース序盤から黒船マーク,完全に4角クロフネサプライズを射程に入れる騎乗をしている。
これは役割分担をしていた可能性が高い。

【 トーセンソレイユの役目 】
① 前をマークして,最低でも黒船サプライズには勝つこと(黒船有利のレースになった場合)
② 最低でも黒船をロックオンしてレースを動かし,潰すこと
 → そのことを知ってフロアクラフトも前でトーセンソレイユに併せて競馬し,ソレイユが馬券圏内に入るときにともにセットで入る騎乗をしている。

 ソレイユが動き,周りの馬を引き連れ重力を前にかける結果となった。
 → ソレイユは穴人気だが,ウイリアムズ騎手というだけで「重力を持つ馬」となっていた。
 → ソレイユの動きはきっかけであって,それでも「黒船は楽に行かすな」という意識が各馬に働いていた
 

2.『結果的に「重力を持つ存在だった・・・・・黒船サプライズ」』
 
 それでも,馬に長距離適性がなかった部分も否めない。「息を入れなかった」という部分。
 → 鞍上の判断か,馬の特性か・・・・・・
 → 消耗ラップで強さを見せつけた阪神JF。桜花賞も負けてなお強し。適距離はやはり一息で行ける距離だった。
 → 飛びは大きく飛べている。個人的には経験(マイル以下ばかり走らせてきた)や気持ち(気性)の問題ではないかと思う。

 ラップ表を見ると,加速しなくて良い場所で加速している。
 → オークスというレース質を無視して「暴走」したポイント。過去に前で競馬して結果を出した馬はこのポイントをクリアしている。

 逆に言うと
 オークスに適性ある走りをしなかった → この距離ではないほうが走れる。
 楽に走って1000m 59.6
 → やはりマイルくらいが合う馬!距離短縮で見直す!!



3.距離延長に対応できるかのポイント

 気性に注目!!

 Mの法則では,L系,C系,S系など分類がある。それと同じように,各馬の本質を理解すれば,距離延長が対応できるタイプか一定の判断が可能
 黒船サプライズは,冷静に判断すれば,Sが強く,距離延長が難しいタイプではあった。
  → パドックツイートでコメントした通り,「デキ」に関しては文句なく「上積み大」な状態であった。これについては間違いない。

 状態面がピークにあっても,本質(レース適性)が合わないと好走できないという良い一例。



4.パドックを見て一目瞭然,心身状態が完ぺきだった「エバーブロッサム」

 久しぶりにパドックを見て「ときめいた」馬がエバーブロッサム。過去の自分の感覚から,同馬が「ヤリ設定」で激仕上げに応えた心身にあると判断できた。
 堀~戸崎ラインで堀先生がしっかり仕上げて戸崎が東京得意な騎乗をする。
 迷いに迷って,黒船を軸にしてしまい,外したが,同馬を軸にすれば,的中できた舞台である。複勝配当も美味しい。


(参考)
オークスパドック
◎13エバーブロッサム
○16黒船サプライズ
▲18トーセンソレイユ
☆04アユサン
☆05デニムアンドルビー
☆09ローブティサージュ

デニムアンドルビーは前走のほうがよくみえるなぁ

激仕上げで良く見せる馬は迷わずエバーブロッサム

調教、パドック、オッズと線でリンクしないので難しいなぁ。
準リンク馬は黒船サプライズ

予習しないでパドックだけ観てかうなら軸はエバーブロッサムか黒船サプライズ

黒船サプライズは、チャカついていると指摘あるが、逃げたら落ちつくタイプ。番手だと逆にダメ。すべてはその辺のことです。イレ込んでるレベルではない。

エバーブロッサムかなり良いね(返し馬)

 → ブログでは,あくまで事前見解。その事前見解と馬の状態がリンクするか,「パドック」及び「返し馬」でしっかり確認するのが私の究極理論。これで一致すれば,勝負投資☆

 「 フォトパドック → 調教 → オッズ → 当日パドック 」

 このラインを究めたいと思っています。この理論はあくまで「重賞レース攻略用」の理論です




5.デニムアンドルビーはパドックを観て評価を下げた

 デニムアンドルビーは明らかにフローラSのときのほうが良く見えた。各自で見直してみてください。
 → ハードトレの影響が出た可能性がある。小柄牝馬には厳しかったか。
 → それでも3着を確保してきたのだから,地力はある証拠





6.オッズからは激プッシュ「アユサン」

 個人的なオッズの見方は本ブログでは書く気ありませんので留意願います。(まだ研究途上)
 気になる存在がアユサンでした。馬体も良し。歩様は少し硬く映りました。4着。惜しかったですね。

 【一鞍代打騎乗のあと,ダメージが残った可能性がある】
 → 次走は乗れないとわかっている。次につながる騎乗はしない。今さえ結果を出せれば良い。そんな想いで桜花賞を乗った?
 → 調教からは心身が硬くなり始めている兆候を感じた。抜け出すと「手を抜く」という点。桜花賞の単走追いではそんな仕草はまったく見せなかった。





7.まとめ

 レース展開でちょうど良い位置でレースできた馬は,トーセンソレイユとサクラプレジールの一列後ろにいたフロアクラフト,ティアーモあたりが「最適前衛位置」だった。
  → パドックツイートでは省略したが,フロアクラフト,ティアーモともに自身の状態としては非常に良かった。
 この後ろでレースを進めた,エバーブロッサム,メイショウマンボが結果的に「WINNING ZONE」であったということ。
  → レースペースを読み,うまくナビゲーションした鞍上の好判断



 ☆次走狙うべき馬の見極め☆
 
  ここは非公開(笑)



 ギャンブラー若しくは競馬投資家ではなく,評論家(マスターベーション専門家)の道を歩みつつある昨今です^^;


 しばらく,仕事は忙しくて残業続きます。それでもダービーは頑張りたいと思います。御支援よろしくお願いします☆



 草さん,どーもです☆

 最近は絶不調です!運が本当に無い状態にあります。。。(私が・・・涙) 

 競馬投資以外は好調なので,運を別の大事なところで使っていると判断します(笑)

 ですので,騙されないように気を付けてください!

 あくまで自己満足的な競馬メモ帳ブログです☆
関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 3
TB: 0

page top

コメント

これはもう、評論家の域やね。

ひでちゃん #- | URL | 2013/05/20 08:07 - edit

たしかに笑

あ #- | URL | 2013/05/20 10:15 - edit

ほんとだよね~

もう回顧記事を濃く書くのやめときます(笑)

いらんところにエネルギー使ってますよね~最近(笑)

しっちぃ☆ #- | URL | 2013/05/20 12:27 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/723-3817ff8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-10