調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: THINKBACK 【 回 顧 】

【回顧】ヴィクトリアマイルを終えて2013 

2013/05/13 Mon.


 今週は事前分析を更新できませんでした。その分twitterでフォローアップしたつもりです。

 今週もお詫びを兼ねて,自分の事前分析思考を事後検証結果を合わせた結果を書き綴っておきます^^;


無題

注目したい点はやはり「適性力」です。

基本的に各馬良い仕上がり状態でした。ここまで来ると力で明らかに抜けていないと重い◎は付けられない。

他に注目すべき点は「当日の馬場適性力」と「ペース適性力」と考えます。

東京9Rが終わった段階で,それなりの速いラップで逃げて逃げ馬が残っていたように,「軽いスピードが生きる馬場」と判断できます。

ナチュラルスピードがあり,キレを持つ馬が有利という設定です。同様の舞台で結果を出したことがある馬が有利となる適性です。

昨年も軽いスピード馬場でしたので,昨年の上位馬

08ホエールキャプチャ
01マイネイサベル
06ドナウブルー

の3頭については,適性力という点では,クリアと簡単に判断できる。

あとは状態面。リズムが狂っているホエールとドナウを外すと,必然的に

◎01マイネイサベルが本命となるということです。

ただ,同馬は基本的に差し馬で,内に配置されることで「不利」が考えられる。スピードをMAXに上げられないで終わる可能性も否定はできませんでした。この点のリスクを許容できれば軸馬で自信を持って買える馬でした。
仕込み→フォトパドック→調教→パドックと線で繋げて評価できた馬です。


勝ったヴィルシーナは,ポンっと出て楽に前につけた時点で「好走できるな」と思いました。なんだかんだ言ってディープの血を受け継いでいるだけはあります。
能力的にも牝馬以上牡馬未満といったところで,牝馬限定戦では格が違うことを改めて証明しました。

ホエールキャプチャーは休み明けでも走れる気が良いタイプで初戦でも仕上がって出てこれる馬
阪神牝馬で負けてもうこの馬終わったかと思わせておいて,ここでの激走は困りますね^^;
昨秋の内容から,馬に闘志がなくなったと横山騎手に言わせた馬で,休ませて馬が変わってきましたが,阪神牝馬の凡走をうまくフェイクにしてきたイメージです。
状態さえ戻っていれば,「巻き返せるタイプ+適正力ある舞台」というオプションで好走できる資質を持っている馬という位置付けでした。でも正直買いずらいです。

適正力負けした馬

09アイムユアーズ 基本走りが硬いので,重い特殊馬場向き。時計のかかる馬場でこそ生きるタイプ
13レインボーダリア 重馬場で走っているようにここでの軽いスピード勝負は向かなかった
18エーシンメンフィス CWで楽に鬼時計を出すようにこの馬もパワーがある馬。極端なキレ馬場はまだ信用できないタイプ
02オールザットジャズ 東京マイルは明らかに適正外。馬自体は良い状態だった。1800m以上で小回りコースならなおよい
10イチオクノホシ キレ負けか距離負けか。伸びてきそうで伸びてこない。デキは非常に良かった
17サウンドオブハート 基本足元が硬いタイプで東京マイルは大きくキレ味を出しながら走れるタイプが強い舞台。同馬は少し硬い馬で適性ズレはあった&大外枠
14アロマティコ 大外に出して伸びきれず。ここを捨てて次走に照準を合わせた調教とした可能性大。マイル適性もなかった模様。

最後に04ハナズゴール

 キレ味型なのに完敗。本当だったらラスト1Fでも前が空けば突き抜けるイメージだったが最後は足色一杯
 ここはこの馬を覚醒しきれなかった厩舎力の差でしょうか。非常にもったいない素材。


復活の兆し ジョワドヴィーヴル

 川田騎手の檄に応えてしっかり伸びてきました。パドックを見ても少し強くなってきたな~と思ってみてましたが,復活の兆しを見せてくれました。
 ノーザンもこの血の馬は大成させないといけないという使命感を持っているはずで,ここにきて実を結び始めています。
 次走以降から目覚めるような走りを見せてくれる可能性が高いです。
 川田騎手の継続騎乗もこの馬にとって良い状況を作り出しています。


 ここは,適性力で差が出た舞台。負けた馬が自分の得意の適性の舞台へ帰って行くとき,穴馬となります。
 だから,しっかりこのような状況等を自分の頭の中にメモしておくことが先先に生きていきます。
関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 1
TB: 0

page top

コメント

いつも参考にさせていただいてます。
よろしければTwitterのアカウント名を教えていただけないでしょうか?

競馬好き #- | URL | 2013/05/14 12:18 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/718-14635924
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-06