調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

【フォトパドック】天皇賞春出走馬フォトパドック診断2013 

2013/04/23 Tue.

◎ 天皇賞春出走馬フォトパドック診断2013

 ※ フォトパドックについては,こちら を参照のこと。


 少し意識してほしいのは,長距離戦は「人間の意志で展開が大きく決まる」ということ。行く!押さえる!マークする!動き出す!・・・・。騎手や陣営の戦略が色濃く反映されてくるのが長距離重賞ならではの現象です。



ゴールドシップ

一度使って馬体に更に実が入ってきました。陣営の計算通り仕上げてこれた内容です。胸前背中お尻脚トモとすべてにおいて素晴らしいシルエットを示しています。



フェノーメノ

研ぎ澄まされた馬体を見せています。無駄肉は徹底排除し,質の良い筋肉をつけている状態,長距離戦を意識したこの馬なりの造りです。馬が変わってきているということは成長している証。フェノーメノも非常に注目すべき一頭です。



ジャガーメイル

シルエットはいつもどおりの良いシルエットです。あとは後躯がもっと力強かったら完ぺきでした。2011年秋シーズンのジャガーメイルは本当に具合がよかったことがわかります。比べてみて下さい。今回は悪いという訳ではないですが,ピーク時期から比較するとそれより落ちるという判断です。



マイネルキッツ

アバラを見せてこれでもか!というくらい無駄肉を排除した馬体,個人的には頑張り過ぎて少しガレて見える雰囲気を感じさせます。もう少し肌艶が良くて張りがあったら最高でした。後躯の筋肉はしっかり作れており,首差しも逞しく,本番に向けてできることはやってきた!ということを感じさせるものはあります。



トウカイトリック

馬体だけ見たら阪神大章典の後躯の強さが落ちたように思えます。更に上昇してきたというイメージは湧きません。馬場悪化というオプションが欲しいところ。



デスペラード

一度使ってシルエットはよくなってきました。基本パワー型追い込み馬でエネルギーを後半に集中して使うタイプです。ゴールドシップには絶対先着できないタイプ。過去にも書きましたが,基本ステイヤーには見えない馬体です。でも走れているのでその辺は気にしなくても良いでしょう。馬場は悪化したほうがよいパワータイプ。



アドマイヤラクティ

うーん,どうなんでしょうかね。昨秋からずっと使い続けてきてダイヤモンドステークスで実を獲ったローテで,ここに向けて上昇してきた雰囲気は馬体からは感じさせません。




ムスカテール

無駄肉を排除して長距離仕様に馬体を作ってきた印象です。本番に向けてしっかり仕上げてきたと観てよさそうです。



トーセンラー

基本的に京都記念で既に仕上がっていた馬で,更なる上積みというものは感じさせない。京都コースは得意で下りを利用してロングスパートをかけるのが得意な馬。小さい馬体なので58Kは酷量で長距離走らされるとパフォーマンスが出せるかがポイントになりそうです。



カポーティスター

いかにも「ステイヤー向き」と思っていた馬です。キレる脚はもっていないがしぶとく伸びるタイプ,器用さもある。馬体も細見で瞬間的なエンジンは持っていないが,燃費良く走り切る能力は高そう。仕上がりも上々です。



メイショウカンパク

馬体はふっくるらさせて良く見せてきています。状態は上向きですが,いきなりここでどうでしょうか。




≪ 総 評 ≫


◎ゴールドシップ
〇フェノーメノ


 まずこの2頭が抜けていると思います。


▲カポーティスター
☆ムスカテール


 この2頭の仕上がりは良いと思います。長距離仕様です。

その他

△ジャガーメイル
△デスペラード
△マイネルキッツ


 まで。

 フォトパドック段階では,こんなイメージです。
関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 1
TB: 0

page top

コメント

いつも参考にさせていただいております。

フェノーメノ、ゴールドシップはさすがG1常連馬という感じですね。

長距離レースではいつも距離適正を重視してるのですが、そのあたりはどうなんでしょう?
ジャガーメイル、マイネルキッツ辺りはいかにもステイヤーで、カポーティスター、アドマイヤラクティのハーツ2頭、ムスカテールもなかなか長距離向きの体をしているよう見えます。

勿論馬の仕上がりや、馬自身の戦績も加味しますが、筋肉質な馬や胴の短い馬はやはり長距離では避けてしまいますね。

吾輩は猫である #mQop/nM. | URL | 2013/04/26 05:29 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/703-b9dfc657
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-11