調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

【フォトパドック】弥生賞,チューリップ賞出走馬フォトパドック診断2013 

2013/02/27 Wed.


 簡単に補足説明

 ◎〇▲は,有力視1番手,2番手,3番手

 ☆は,有力視までしないが,面白い存在

 △は,切るに切れないし,むしろ押さえるかなという馬

 今後,「×:いらないんでないか」も書きたいと思います。


◎ 弥生賞出走馬フォトパドック診断2013

 ※ フォトパドックについては,こちら を参照のこと。



コディーノ

 同馬は縦の比較ができるのでチェックすると,走れない訳ではないですが,まだ余裕を残した造りでしょうね。本番に向けた叩き台レース設定です。まぁほとんどの馬がそうでしょうけど(笑)
 


カミノタサハラ

 ボレアス,マウントシャスタの下なんですね。身体はボレアスっぽいですが,いい意味で薄さも感じさせますね。ただ将来的にはボレアスに近づく馬体イメージでしょうか。この時期なりに馬体はしっかり作れていると思います。


ダービーフィズ

 これもこの馬なりにしっかり作れているでしょうね。母父にマンカフェですか。なるほど。ジャンポケの血が前面に出すぎていない点も良いですね。



キズナ

 一言でいうと,典型的なディープ産駒の走る馬の形だと思います。ただ,走るといってもこの形で出ると「京都コース巧者」という意味です。飛びが大きければ,ポスト「トーセンラー」という位置にいる馬だと思います。左回りをスムーズに走れるなら東京コースもOKだと思います。馬体は非常に研ぎ澄まされています。良い仕上がりです。背中がもっと強くなって来れば最高です。

 

ヘミングウェイ

 同馬も半端なく研ぎ澄まされていますね。さすが藤原先生です。馬体から将来的には東京・京都マイル辺りで活躍しそう。クラシック戦線には乗れる馬でしょうね。良い顔と身体です。同馬も背中が強くなって来れば最高です!



エピファネイア

 本当にアルフそっくりの馬体ですね!ただ,馬体だけだったらそこまでスケールは感じさせない。脚の出方もアルフより硬そうな感じですね。今は闘争心の強さと素直さで勝負できている。今後はこの身体差がどうでてくるか見物だと思っています。ダービーは勝てない可能性が高いような匂いがします。順調にいってもダービーの壁がポイントになるでしょうね。(キレ負けする馬体だと思っています。)



サトノネプチューン

 シンボリクリスエスにエンドスウィープの肌,異色な配合だなぁ(笑)個人的にはクリスエスらしさもエンドらしさも見えてこないなぁ。胴が長くのびやかな馬体なので小回り競馬はマッチしずらいように見えますね。後躯はしっかりつくれていて良いと思います。牡馬なので腹がどっしりしてきてほしい。牝馬みたいなラインです。 




≪ 総 評 ≫

 現状の仕上がり具合の完成度から評価すると

◎ヘミングウェイ
〇キズナ


 です。ただ,中山内回りが得意な馬体に見えないので,死角はあります。昨年のフェノーメノのように大外まわされる展開になったらダメでしょうね。飛びが大きい馬はコーナリングしながら加速ができないのと短い直線で急坂がまた邪魔をする。走りに器用さが求められる舞台です。


 じゃどの馬が適性あるの?と言われたら,1頭挙げるとしたら

▲エピファネイア

 走りの力ベクトルが下に向きそうな馬体でパワー馬場が行けるクチ,最後の急坂もしっかり走れそうなイメージです。内枠に入れば闘争心をうまくおさえつけて最後爆発させるという流れで心身ともに生かした競馬ができそうです。


 あと,BIの法則にも合致しそうで,しっかり後躯が作れている

☆カミノタサハラ

 まで挙げさせてもらいます。




◎ チューリップ賞出走馬フォトパドック診断2013

 
クロフネサプライズ
 
 まず,顔が良い(笑)。いい眼をしていますね~!クロフネの子は牝馬で出たほうがちょうどよい形ででてきますね。芝でも動ける「キレ」がでてくるというか。牡馬だとパワーにシフトしてしまって芝では大成できない印象です。馬体からはすこぶる順調です。


アユサン

 アユサンの良いポイントは,「 背中 → お尻 → 脚 」までのラインがしっかり鍛えられて筋肉が付いている点です。馬体構造とこの筋肉からはやはり「東京や中京」で走らせたいタイプでしょう。身がギュっと詰まってきて成長を感じさせる馬体です。


プリンセスジャック

 距離を長くしても走れる融通性が出るような馬体バランスに変わってきたあぁというのが印象的です。阪神JFガチガチに筋肉で固めていましたが,バランスよい馬体になってきました。これでそういう走りをするかしっかりみてみたいですね。


ローブディサージュ

 大きく変わってきた印象はありません。前走はすべてがハマった内容だったので過度の人気になるなら思い切って割り引いて良い馬だと思います。あくまで「叩き台設定」です。



レッドオヴァール

 馬体だけ見たら「買えない」です。毛艶が悪くてまだまだ仕上がり途上。ただ,前走パフォーマンスが凄いんですよね。当時のパドック映像等しっかり見てみます。この手の馬体は「京都が得意」なディープ産駒です。



ウインプリメーラ

 この子もまだ毛艶が悪いですね。小柄なりにもしっかり筋肉はつけています。


 

≪ 総 評 ≫


 左回りのほうが得意な馬で乗り超える課題は多い馬ですが,将来の期待を込めて

◎アユサン

 オークスはこの馬が勝つと思います。そのくらい馬体適性値が東京コース向きだと思っています。


 
 あと,順調度から

〇クロフネサプライズ


 馬体の変化から本気度を感じさせる

☆プリンセスジャック


 まで挙げときます。
関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/656-2ab63af6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-08