調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。


Category: RAP ANALYSIS ~ ラップ分析

セントライト記念,ローズステークス 過去レースラップ分析2012 

2012/09/12 Wed.

〇 セントライト記念 過去レースラップ分析2012

無題


 ラップ分析をするようになってまだ一年経っていませんが、個人的に思うのは、マイル以下は総じてパターン化しやすいですが、中距離以上になると、「騎手・馬の意志」でラップが大きく動くように思います。


 メンバー構成から展開(想定ラップ)を読まなければいけませんね。


 大きく分類すると、2パターンに分けられる位でしょうか


 1.自分から攻めるラップを作りにいったレース

  2011年,2010年(2011年は,自滅ラップですが)



 2.道中ラップを緩ませて息を入れさせるレース

  2007年,2008年,2009年

  うち,2009年は早めに仕掛けてロングスパート戦になっているのでこれはこれでレベルが高い。

  一方で2007年は道中緩み過ぎでレベル低い



 今年のレースは,どちらの展開になるか,がまずキーポイントでしょうね。


 自分で持続質ラップを刻んで勝ちに行ける逃げ,先行馬がいれば,レースメイキングする馬として注目すべきでしょうね。



 先週の中山競馬の傾向は


 (1)時計が速い

 (2)時計が速いので、前残りを意識する

 (3)結果,前がつぶれて,前を意識して脚を溜めれた馬が差しきる 



 以上から総合すると,

  道中は前を意識できるポジションを獲りながらしっかりと折り合い,最後までしっかり弾けきれる馬が高パフォーマンスを示す。


 私のラップ予習では、こんな感じでイメージングしました。どうでしょ?(笑)

 



〇 ローズステークス 過去レースラップ分析2012

無題


 ラップを見る限り,2009年のブロードストリートとレッドディザイアのレースは非常にレベル高いですね。

 秋華賞で2頭が1着,3着なのは必然だったのでしょうか。

 例年レベルであれば,4~6ハロンが緩み,ラスト3Fの瞬発力戦になりますね。

 しっかりと折り合って道中は力を抜いて,最後に力を出し切る,道中折り合えるポジションはなるべく前に越したことはないですね。(スローになるので)

 また,馬場は良いので内枠、内差し有利でしょうか。

 そのような適性馬をうまく導き出せれば良いでしょうか。

 ざっくりとラップからの予習はこんな感じですね。
関連記事

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/502-5769c746
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2020-07