調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: TAKE A BREAK 【 雑談 】

【雑談】個人的なパドックの見方 

2012/08/21 Tue.


 フォトパドックが更新されていないので分析作業が中断中(この隙に過去の傾向等を調べてラップ分析等すればいいんですよね(笑))

 Qmayさんからせっかくコメント頂いたので簡単に(多分わかりずらいと思いますが)、私のパドックの見方を書いてみます。

 我流の部分が多くあるので、プロの馬の仕事をしている方からは「何言ってるの?」という点が多々あると思います。その場合は逆に、教えて頂けたら非常に私の後学になりますのでご教授頂けると大変嬉しいです。


 まず、ひとつ声を大にして言いたいことは、


 上級戦(G1や他重賞)と下級戦(未勝利,500万下)とでは、見るべきポイントは大きく違います

 前者の場合は,特にG1の場合は、ほとんどの馬が仕上がっている状態で出走してきます。

 私の場合は前段に最終追い切り映像を観ますので「ほとんどの馬が仕上げているな」ということは想定できます。

 ですので、馬体からデキの良し悪しについては、ほとんど評価できないに等しいです。


 この場合、何処に重きを置いて観るかというと


 大舞台において、馬が自分の持てる能力を出し切れる精神状態にあるかどうか


 に注目します。


 ダービーのパドックでもツイートしましたが、「 顔 = 表情・眼 」を観ます。


 そして、どんな精神状態なのだろうかなぁと想像します。


 短距離戦の場合は「闘争心」というポイントに重きを置きます。落ち着きすぎている馬=ボケ~っと気合が足りない馬は、評価を落とします。(いつもこの精神状態で好結果を残している場合は別です。)


 長距離戦の場合(2000m以上),落ち着きながらもジワっと溢れ出る気合いが感じられる馬を評価します。闘争心が強すぎて、度を越えてイレ込みっぽくなっている馬は、操縦性が低い状態の可能性が高いので、中心視しません。

 
 1600m戦は、速いラップを刻みながらも最後まで末脚が要求される極限の距離だと思っています。(特に東京マイル戦の安田記念)

 
 この場合は、闘争心も強く、折り合えるハートが欲しいですね。


 
 まとめると、G1戦のような最上級戦(G2やG3でも発生する場合がある。)は


 馬の精神状態に注目してみます。


 精神状態を見る前に、個々の絶対能力や適性値を把握しておいたほうが、より効果的となります。ある程度事前に選別しておいた中で、その中から更に差をつけるという作業になります。




 下級戦の場合は、「朝一のパドック」のブログで週間プロセスにおいて、注目したポイントが書かれているのでそちらのほうを参考にされたら良いと思います。



 下級条件では、単純に「ピークの仕上げに来たか、まだ良化途上か、又は明らかにこのクラスにいる馬体ではない」かを見極めます。
 


 下級条件では、血統も良く将来重賞を狙える器で通過地点である馬は、大体人気で馬体も抜けて良く見えますよね。


 そうではない馬は 「とりあえず使っているのか」「今、本当に具合が良いのか」を見極めます。



 多分、多くの方はこの手の見極め方を知りたいのだと思います。


 馬の観るべきポイントは、市販されている馬体の見方のような本で大体網羅されていると思いますので、そちらを参照頂けたらと思います。


 あとは、多く馬を観続けるしかないと思います。数をこなして、サンプリングを多くとり、しっかり自分の中でロジック化する作業です。


 重賞戦だけでもいいので、とにかく見続けて下さい。そして馬の「縦の比較」をしてみてください。


 私がフォトパドック記事で書いているように、縦の比較は非常に大事です。


 すると「この感じのときは、非常に良い状態のときだな!」と良いサンプリングがとれます。



 ここまで語るとバレると思いますが、私のパドック眼は、多く見てきたがゆえの経験則に基づく、イメージングによる評価です。(恥ずかしいんですが(笑))



 晩酌して少し酔ってます(笑)。その勢いで、語るかのように書きまくっています(笑)


 構成等は完全無視しています(笑)。



 あと、芝レースと、ダートレースとで少し見方が違います。



 芝レースの場合は特に、「推進力ある歩き」ができている馬は、評価する傾向にあります。


 ダートレースの場合は、力を要しますので、推進力はあまり気にしないです。あるに越したことはないですが。



 最近特に気を付けて観ているポイントです。



 少しマニアックなパドック論です。普段からパドック観ている人向けの内容な感じですね。



 初心者の方は、「こんな目線もあるのだなぁ」という感じで受けておいてくれたら、幸いです。



 恥ずかしい持論を語り過ぎました。酒の勢いは怖い(笑)

関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 2
TB: 0

page top

コメント

しっちぃさん。はじめまして、いつも拝見しています。しっちぃさんのブログでいつも勉強させて頂きありがとうございます。私は最初オッズ分析にハマり、オッズだけを見て馬券を買っていたのですが不安になり、次に阪木秀雄さんの本で調教分析にハマり時計だけ見て馬券を買っていたのですがしっちぃさんのブログに出会い馬を見る事の大切さが分かりました。本当に感謝しています。また、これからもよろしくお願いします。
それから、競馬ブックのフォトパドックですが私も更新されていないな~と思いなにげに北九州記念のエピセアロームをクリックするとあら不思議なんとグランプリエンゼルになりまして更新されました。是非試してみてください。

tentou #- | URL | 2012/08/22 01:24 - edit

はじめまして。

初めてコメントさせていただきます。
貴ブログの調教パドック分析、毎週密かに参考にさせていただいております。
ツイッターでの呟きも競馬その他において楽しませていただいております。ありがとうございます。

管理人様も仰っているように馬見は経験かと思います。
私も貴ブログの影響を受けフォトパドックから追い切り映像、当日パドックの気配と日々勉強中です。
しかし管理人様の様にはいかず、相当に難しい作業である事を思い知らされております。
貴重な経験を出し惜しみなく無料で公開していただき馬券を抜いても勉強になり、毎週本当に感謝しております。
子育て等、家族サービスもお忙しいとは思いますが毎週楽しみにしているので是非マイペースで続けていただけたら、と思い思わずコメントさせていただきました。

最後に「ヤリ馬」評価!一番好きな評価基準なので今後も宜しくお願い致します。

長文、駄文失礼致しました。

yasu #- | URL | 2012/08/22 02:07 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/476-47e97f4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-08