調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

NHKマイルカップ最終追い切り・調教分析2012 ~【1stSTAGE】~ 

2012/05/05 Sat.

<< 更新情報 >>
   
 〇 今週は,NHKマイルカップをメインで取り上げます。
  → 他レースは状況次第。時間がとれれば簡易版で臨時更新します。

 〇 軽くレスを(追い切り記事を書き始めたら原則,コメント返信はできなくなります。)
  → 松さん,貴重な知見を惜しみなく出していただきありがとうございます!後程ゆっくり返信を。
  → カスケードさん,エキストラエンドまだ軽くしか見てませんが,私的にはA評価以上です。
  → (^O^) さん,時間が取れればUPしたいです。今後の私生活次第です(笑)
   
 〇 京都新聞杯簡単に更新しました。(一部馬のみ)(5/5 6:33)

 〇 京都新聞杯は悶絶しました(笑)。やはり京都外回りコースはディープインパクト産駒は特注血統ですね~時計の出る馬場で重い血統背景の馬(シンボリクリスエス,ハーツクライ,ダイワメジャー)は買ってはいけませんね。


 〇 NHKマイルカップ更新しました(5/6 4:00)
  → 新潟大賞典の更新は時間の関係上と馬場把握しきれていないため,なしとします。すいません。



 一週前追い切り情報は,こちら >>> 馬三郎タイムス (リンク張ってます。)



◎ NHKマイルカップ出走馬最終追い切り・調教分析2012


アルフレード
NHKマイル:美坂併せ馬馬なり51.7-37.3-24.2-11.9
NHK一週前:美南P3頭併せ終い強め65.0-50.4-36.4-12.2
スプリングS:美南W併せ馬終い一杯80.4-65.6-51.6-38.2-12.5
スプリ一週前:松岡を背に美浦南Wで5F69秒0―12秒3(一杯)
朝日杯FS :美坂併せ馬終い強め51.9-37.6-24.3-11.7
朝日杯一週前:美南W併せ馬馬なり67.3-52.4-38.7-12.5(稍重)

一週前の追い切りではしっかり押さえこまれながらも自分から闘志を前に出してあっさりと外から併走馬たちを交わしきりました。交わすときの足の速さは◎でいい顔で走れていました。最終追い切りも静かな表情の中にしっかりと闘志を確認することができる内容で朝日杯FSを制した時と同様に心身ともに良いコンディションにあると断言します。仕上げレベルが全然悪かったスプリングステークスは完全度外視で良いと思います。あとは,能力,適性を測って取捨する感じですね~しっかり考えてみたいと思います。




オリービン
NHKマイル:栗坂単走馬なり54.5-39.5-25.6-12.4(稍)
NHK一週前:栗東坂路で4F50秒3―12秒7(仕掛け)。
NLT   :栗P単走強め78.5-61.7-48.7-36.7-11.9
NLT一週前:栗坂単走馬なり52.8-38.9-26.2-13.1
アーリントン:栗CW併せ馬終い強め86.1-70.0-55.3-40.9-12.5(稍)
アーリン一前:栗DP80.8―11.6(馬なり)
シンザン記念:栗坂単走馬なり55.1-39.5-26.1-12.9
シンザン前走:栗坂単走馬なり53.2-38.5-25.0-12.3

うわぁ。実質的な勝負追い切りだった一週前追い切りの映像がない・・・・ガクッ。真剣にジャッジを下すとしたら一週前の追い切り映像は見たかったですねぇ。先週の馬場で全体の時計が50.3秒,この時計は相当上位のはず。過去の追い切りをサラっと見直しましたが,明らかに仕上げきっていませんね。強い追い切りを課してきたなというのは前走のポリトラック長め追い。そしてレースで大外スタートから外々回されて最後まで伸びきらせる強い調教レースを消化。レースの反動があれば,調教でフォトパドックで楽させていることを調べることができますが,その反動は感じられません、むしろ自己最速の時計で一週前の追い切りを消化しております。最終追い切りは稍重馬場で馬なり(仕掛けてはいます)ですが,楽に54秒台を出しながら余力十分に力強い走りができています。馬も走りに集中できています。本レースに向けて明らかに仕上げてきたそして仕上がってきた馬と見てよさそうです。一言で「ヤリ馬」です。




カレンブラックヒル
NHKマイル:栗CW3頭併せ終い強め81.0-65.7-51.67-38.4-12.5(稍)
NHK一週前:栗坂単走54.2-39.3-26.1-12.9
NLT   :栗CW併せ馬終い一杯68.3-53.4-39.6-13.2
NLT一週前:栗CW併せ馬終い一杯81.0-65.4-52.4-40.1-13.4

この馬の素晴らしいところは「低重心で走れている」こと。長く良い脚を使える秘訣はそこにあると思います。また,血統的にもパワーをイメージさせます。その証拠に重い馬場である栗CWで65.7秒―12.5秒は鬼時計の部類と考えてよいです。最終追い切りは大きく後方から追走してゴーサインを出すとしっかりと反応し,一完歩ずつしっかりと差をつめてゴール板手前でしっかりと差し切るという好内容。馬が走りに集中しているからこそ大きく離れた後ろからさしきれるのであって非常にレベルの高い追い切りです。仕上がり具合については文句はなさそうです。





ガンジス
NHKマイル:栗坂単走馬なり52.3-37.7-24.4-12.3(稍)
NHK一週前:

走りを見る感じでは,母父フレンチディピュティの影響が強そうなイメージですが,適度にネオユニバースが入って芝適性を補っている印象です。単走で楽に52.3秒を叩きだします。馬場は稍重ですが,力のいる馬場に適性がありそうです。速いラップを刻みながら終いに手前を替えてもう一段加速できています。この馬なりに仕上がり具合は非常によさそうです。単走で気分よく前向きに走れている姿を見ると,自分から競馬を作りに行ける自在性がありそうな匂いがします。



クラレント
NHKマイル:栗坂併せ馬終い一杯52.9-38.7-25.8-13.3(稍)
NHK一週前:小牧を背に栗東坂路4F52秒0―13秒5(強め)。
弥生賞   :栗DP3頭併せ馬なり79.4-63.1-49.5-36.8-12.1
弥生賞一週前:栗東CWで6F86秒3―12秒8(馬なり)。
朝日杯FS :栗坂併せ馬終い一杯53.1-39.2-26.6-13.8
朝日杯一週前:栗坂併せ馬終い一杯53.0-38.5-25.4-12.8
東スポ2歳 :栗坂併せ馬終い気合い付けのみ54.0-39.7-26.3-13.3
デイリー2歳:栗坂併せ馬終い一杯53.0-39.5-26.4-13.5

私は,同馬を見続けていますが,今のところの仮説は「京都専用馬」です。調教を見ていても坂路は走れるほうではありません。登りがあまり得意ではない,重い馬場も得意ではない,そんなイメージを持っています。東京コースが高速仕様になるなら,馬場適性は少しマッチしそうですが,基本は京都の下り坂を利用したスパートが同馬に一番合っていそうです。動き自体は前足をしっかり上げて大きな飛びで走れています。この馬なりにデキはよさそうです。弥生賞のポリトラック追いは秀逸でした。やはり坂路は終いが甘くなる・・・坂,馬場に適性はないでしょう。重い馬場では消しの存在です。




サドンストーム
NHKマイル:栗坂単走馬なり52.1-37.5-24.4-12.5(稍)
NHK一週前:勝浦を背に栗東坂路で4F51秒9(1Fエラー、一杯)。
NLT   :栗坂単走終い一杯56.2-40.8-26.6-13.5(不良)
ファルコンS:栗坂単走終い一杯53.1-38.8-25.4-12.8
朝日杯FS :栗坂単走終い一杯52.7-38.4-25.3-12.7
朝日杯一週前:栗坂52.5―13.0(馬なり)
京王杯2歳S:栗坂54.8-39.3-25.4-12.2(馬なり)

状態面は確実に上向いてきていると言ってよい動きです。単走で楽に52.1秒,ブレずに真っ直ぐ伸びきりました。一週前に一杯に負荷をかけられて最終追い切りは馬なりで流す予定が時計もしっかり出ている・・・デキが良い,馬の気持ちも乗っている気配です。明らかにニュージーランドトロフィーのときの仕上がり具合と違うので,過去のパフォーマンスだけで同馬を評価すると・・・ですね。ただ,ピッチ走法気味なので東京コースでの極限で最後のたたき合いになったときは終いが甘くなる可能性はあります。また,坂路で時計が出るのは,重い馬場をこなせるタイプだからという面も持っています。




シゲルスダチ
NHKマイル:栗坂単走終い一杯53.8-39.1-25.3-12.6(稍)
NHK一週前:栗東坂路で4F53秒0―13秒5(強め)。
マーガレット:栗坂単走終い一杯54.4-39.4-26.1-13.6

ムチを入れられて長く終いを伸ばしてきました。末脚重点の追い切りです。闘争心,集中力は非常に高い位置にあり,最後まで集中して真っ直ぐ走れています。仕掛けた時の瞬間の反応も◎,推進力のありそうな走りには非常に好感が持てます。馬場がウッドチップではなく,芝だったら・・・弾けそうな勢いでしたね!馬場適性の問題で坂路ではこの時計が限界でしょう。フォトパドックでは軽視しようと思っていた馬ですが,雰囲気は非常に良いです。ただ,NHKマイルを当初から狙っていたローテには見えませんが・・・・その点が割引材料ですね。




ジャスタウェイ
NHKマイル:栗坂併せ馬終い一杯54.8-40.2-26.3-12.9(稍)
NHK一週前:栗坂併せ馬51.9-38.5-26.1-13.5
アーリントン:栗坂併せ馬終い強め57.1-41.1-26.7-13.2(稍)
ア-リン一前:栗坂4F58.6―13.7(強め)(重)
きさらぎ賞 :栗坂併せ馬終い強め53.0-???-25.6-12.9
きさら一週前:栗CW84.7―13.6(一杯)
東スポ2歳 :栗坂併せ馬終い一杯53.7-38.2-25.2-12.9
東スポ一前 :栗坂4F52秒1―13秒1(一杯)
新潟2歳  :栗坂併せ馬馬なり53.4-38.7-25.4-12.5

一週前追い切りは終い13.5秒で全体が51.9秒,前半飛ばして終いが甘くなる内容です。最終追い切りは前半押さえながら終いに時計を出してくる内容,一週前と一転して動きに力強さと前向きさが出てきました。一週前でハードな追い切りで馬にスイッチを入れて,最終追い切りの気配でうまく馬にスイッチが入ったことが確認できる内容です。当初から同馬は坂路で時計を出すのが苦手なタイプとしてきたので,客観的に見るとイマイチに見えますが,同馬としてはこのくらいの時計でも問題ないと考えます。フォトパドックは4/24撮影,一週前追い切りは4/25,フォトパドックは追い切り前の撮影だったので直前に来てグンっと良くなってきた可能性はあります。




セイクリッドレーヴ
NHKマイル:美坂併せ馬馬なり49.8-37.1-25.4-13.6
NHK一週前:美坂併せ馬終い一杯50.6-36.3-23.8-12.3
NLT   :美坂併せ馬馬なり50.4-37.1-24.9-12.9(稍)

一週前追い切り映像で左がセイクリッドレーヴと表記がありましたが,大きく寄れて走っている右の鹿毛の馬が正解ですね~表記ミスですね。基本的に坂路で猛時計を出すタイプのようですね。前走の追い切りも重い馬場で楽に好時計です。馬なりですが画面から切れるギリギリでムチが入っていました。今回も二週連続に渡って猛時計です。仕上がり具合については引き続きよさそうとジャッジしても良い感じです。ただ,前走は好枠と内でスムーズに流れに乗れてカレンブラックヒルに完敗。当レースに繋がるレースだったかというと疑問符はつきます。



ネオヴァンクル
NHKマイル:栗坂単走終い一杯54.0-40.1-26.2-12.9(稍)
橘S    :栗坂併せ馬終い一杯53.9-40.1-26.0-13.0

首が高くて追われから甘いです。東京で結果を出すタイプではないですね。消し馬でよいです。



ハナズゴール
NHKマイル:美坂単走馬なり51.2-37.9-25.2-13.0
NHK一週前:美南P単走馬なり49.0-36.0-12.4
桜花賞   :栗坂単走馬なり56.9-41.8-27.1-13.5(不)
桜花賞一週前:栗坂併せ馬終い一杯53.8-39.2-25.0-12.2
チューリップ:栗坂単走馬なり62.3-45.2-29.3-14.1(重)

桜花賞から中8週・・・桜花賞では自身の◎を打つつもりでした。そのくらい調整過程及びデキに関してははチューリップ賞とは雲泥の差でした。先ほど競馬新聞を買ってきまして調教欄を見たら26日から時計を出し始めて3本ですか・・・・一週前追い切りからの時計ですね。気になる点は,間が空いているのに馬なり追い切りのみであること,実戦は実質チューリップ賞から遠ざかっているので,レースは約二か月ぶりであること。やはり一度しっかりとレースで心身共に叩かれてかつ次につながるレースができている馬が有利だと思っております。チューリップ賞よりもデキは良いですが,桜花賞と比べると下という位置の評価になります。チューリップ賞であれだけのパフォーマンスを見せられるのだから・・・・それよりも良いなら・・・・という見方もありますが,当時のジョワドヴィーヴルは仕上がり途上,ジェンティルドンナも同様に非常に仕上げが甘い状況でした。相手関係次第では,上位にこれてもおかしくはありませんが,G1仕上げとしては順調な部類ではないと思います。



ブライトライン
NHKマイル:栗CW併せ馬馬なり84.6-67.8-52.5-38.7-13.1(稍)
NHK一週前:栗CW単走終い強め84.5-67.2-52.9-39.5-13.0
NLT   :栗坂単走終い一杯56.7-42.5-29.0-14.7(不良)(腰を落として大柄助手鞍上)
ファルコンS:栗坂単走終い一杯52.7-???-???-13.8
アーリントン:栗CW併せ馬終い一杯84.5-67.9-53.2-39.8-13.4(稍)
アーリン一前:栗CW83.4―13.2(一杯)
京成杯   :栗坂併せ馬終い一杯53.8-39.6-26.8-13.5(重)(腰を落として大柄助手鞍上)
ラジオ日経 :栗CW3頭併せ終い強め79.9-64.2-50.3-37.4-11.8

徐々にギアを上げていく練習をしています。東京コース用にギアをしっかり入れられるように二週連続安藤騎手と息を合わせる練習をしています。昨年はウインバリアシオンに追い切りに跨って教え込んでいたことを思い出すと,安藤騎手は同馬で頑張りたいという強い意志が感じられます。年始は癖のある追い切り姿が多かったですが,今回は最後まで集中して走れています。以前は最後のほうで馬が集中力が切れて首を上げることが多かった馬でその点は成長してきている,安藤騎手がうまく教え込んでいるといえると思います。29日でも坂路で追い切って,最終追い切りでは一週前追い切りより明らかに良い動きを披露しています。仕上げとしても縦の比較からはしっかりと仕上げてこれた,前進していると評価したいです。



マイネルロブスト
NHKマイル:美南W単走馬なり67.9-52.6-38.4-12.8(稍)
NHK一週前:美南W単走馬なり70.0-54.1-39.1-13.0
皐月賞   :美南W単走馬なり67.7-52.5-38.5-12.7
皐月賞一週前:美南W併せ馬65.8-50.3-36.3-12.3(重)
スプリングS:美南W単走馬なり68.8-52.9-38.4-13.0
スプリ一週前:武豊を背に美浦南Wで5F65秒7―12秒4(仕掛)。
京成杯   :美南W単走終い強め67.3-52.5-38.9-12.7
朝日杯   :美南W単走馬なり69.2-53.7-38.8-12.5(稍重)
朝日一週前 :美南W併せ馬終い一杯67.3-51.4-37.1-12.6(稍重)
東スポ杯  :美南W併せ馬終い一杯65.9-51.3-37.5-13.2

いつもの調整過程とは違います。同馬は一週前にビシっと追って最終追い切りは馬なりで良い気配で走りきる調整法で結果を出してきています。(今年は馬場に泣いて結果を出せていませんが)今回は,一週前は軽めで,最終追い切りもいつもどおりの時計で走らせております。当初からNHKマイルカップが目標としていたわけでもないので仕上げ過程としては割り引きたい馬です。気配自体は悪くはありませんが,G1de積極的に狙える背景は感じないのが今回の調整過程です。




マウントシャスタ
NHKマイル:栗坂併せ馬終い一杯53.2-39.1-25.4-12.2(稍)
NHK一週前:栗坂併せ馬終い一杯53.7-39.0-25.7-12.4
毎日杯   :栗坂併せ馬終い一杯52.7-38.8-25.2-12.5
毎日杯一週前:栗坂単走馬なり59.0-43.2-28.3-13.5
アルメリア賞;栗DP併せ馬終い強め80.0-63.6-49.5-36.2-11.8

「追われてからの推進力が凄い!」というのがファーストインプレッションです。母父フレンチデュプティですが,フレンチというよりは,ディープインパクトが絶対強く出ていますね。29日(一週前と最終の間)にも坂路で馬なりでしっかり追われています。最終追い切りは一週前追い切りと比べて明らかに反応が良くなっています。過去の調教履歴と比べても,ここまで強く仕上げてきたことのない馬です。毎日杯であの素晴らしい末脚を繰り出す競馬・・・・更に仕上げてきたということになると・・・・非常に楽しみな馬です。二週連続岩田騎手が調教をつけています。



メジャーアスリート
NHKマイル:美坂併せ馬馬なり53.6-38.7-25.6-13.1
橘S    :美坂併せ馬終い一杯52.3-37.8-24.4-11.8(重)

初見です。中一週なのでこんな感じでしょうか。この馬なりに好調がキープできている動きです。G1で結果を出すとなるともう一段上の強い仕上げが欲しいところです。




モンストール
NHKマイル:美坂併せ馬終い一杯51.5-36.8-23.6-11.9
NHK一週前:美坂併せ馬馬なり54.2-37.9-24.3-12.0
皐月賞   :美南P併せ馬馬なり67.8-51.5-37.8-12.3
皐月賞一週前:美坂併せ馬馬なり54.2-38.4-24.5-11.6(稍)
スプリングS:美南P併せ馬馬なり69.0-52.7-38.4-11.9
京王杯2歳S:美坂併せ馬終い一杯51.8-36.4-23.5-11.5
新潟2歳S :美南P併せ馬終い一杯54.1-38.5-12.2
新潟2歳一前:美浦南Wで6F84秒7―13秒2(強め)
新馬戦   :美坂併せ馬終い一杯(良)50.4-36.5-24.3-12.0

時計を縦に並べて眺めると,新馬戦の調教時計が一番速いなんて(笑)。2歳時から完成度が高かったことが履歴でわかりますね。もともと適性は1200~1600mがレンジの馬です。馬主の意向か経験を積ませるためにスプリングステークス,皐月賞を使いましたが,これはこれでいい競馬ができています。しっかり脚を溜めて終いを集中させて走らせる内容で着順的には能力・適性的にこんなもので休養明け後,初めて自己適性距離に戻ります。東京マイルはタフなコース形態なのでそれを考慮して,長いレンジの距離で修業を積んできたと思っています。成長力,格では足りない部分もありますが,3着穴としては面白い存在だと思います。今回は縦の比較では強い仕上げが施されました。内面も集中して走れています。一応,陣営も勝負の鞍だと考えているはずです。(鞍上からはとても軸にできませんが(笑))




レオアクティブ
NHKマイル:美南P単走馬なり67.0-51.9-37.9-12.8
NHK一週前:美南P単走馬なり63.7-49.9-37.1-12.9
マーガレット:美南P単走馬なり52.0-38.3-13.0
ファルコンS:美南P単走馬なり64.9-50.9-37.4-12.1
朝日杯FS :美南P単走馬なり70.7-54.8-39.3-12.3
朝日杯一週前:美南P併せ馬馬なり63.5-49.6-37.2-12.8
京王杯2歳S:美南P併せ馬馬なり66.0-51.4-37.7-12.2

飛びが大きく直線に向いてからキレるタイプ。前走は阪神内回りでしかもスローペースを外から一頭鬼足で差してきた内容。内容的には,距離延長,コース替りは歓迎とも言えるレースぶり。ずっと横山騎手が乗り続けて馬の成長(脚の溜め方,使い方)を促してきた点は非常に評価が高い。できればこのレースも横山騎手に乗ってもらいたかった。ポリトラックの馬なり調整はいつものこと。レースを使いながら長く良いデキを安定して持続させる感じの調教方法といった感じです。ここで負けても次に繋げるといった見方もできます。最終追い切りからは,明らかに東京向きのフットワークが確認できます。仕上がり具合も良さそうです。いつもの同馬の仕上げ方です。



レオンビスティー
NHKマイル:栗DP併せ馬終い一杯78.5-63.6-50.8-38.1-12.5
NHK一週前:栗坂併せ馬終い一杯51.5-37.5-24.9-12.4
NLT   :栗DP併せ馬終い強め80.4-66.3-52.1-37.7-10.9
ファルコンS:栗DP併せ馬終い一杯77.3-63.1-50.0-37.3-11.7
シンザン記念:栗坂単走馬なり40.6-26.3-12.5

ハードな追い切りを毎回消化してくるのが同馬の特徴。体力戦・消耗戦に強くする追い切り傾向にあると思われます。適性値を考えると本来は1200~1400mでこそ強い馬だと個人的には考えております。大外枠で東京マイル戦はある意味中距離クラスでもこなせる潜在的なスタミナが欲しいところです。追い切り自体は,一週前,最終追い切りと強い追い切りが課せられています。馬もしっかりと課題を乗り越えて強い闘争心を内に秘めています。メイチの仕上げといってもよいでしょう。





☆ 追い切り評価 ☆

A+ 仕上げレベル混戦のため,A+評価なし
  
A  13オリービン,08マウントシャスタ,10ブライトライン

B+ 03レオアクティブ,05カレンブラックヒル,15サドンストーム,17アルフレード,18レオンビスティ

B  04モンストール,06シゲルスダチ,07ハナズゴール,14ジャスタウェイ,16ガンジス


①適性+馬  10ブライトライン,03レオアクティブ,07ハナズゴール

②前走+評価 04モンストール,13オリービン,08マウントシャスタ,03レオアクティブ,07ハナズゴール,14ジャスタウェイ

①:東京コース,左回りが明らかにプラスになると考える馬。(実績や飛びから判断)
②:前走の内容が次走に繋がる,又は意図的に繋げる内容だった馬
 
( 補 足 )


 「仕上げ」という視点からは,各馬レベルの高い仕上げが施されている馬が多いです。さすがG1レースといえるだけの陣営の熱意を感じます!重賞レースはやはり調教は見るべきですよね!ほんとそう思います。
 
 ですので,少し適性値や前走からの繋がりを強く考慮して評価しました。


 カレンブラックヒルは強い馬です。おそらく,瞬発力型ではなく,長く良いスピードを持続させながらもう一段上のギアを繰り出せるタイプです。同馬の強さを120%引き出すには,サイレンススズカのように自分のペースで走らせてあげることが第一です。ただ,過去のレースぶりからは,逃げ馬ではなく,先行馬として育てています。柔軟に展開に応じた脚を使わせようとしており,また,逃げ馬特有の強い闘争心までは持っていないからでしょう。鞍上の秋山騎手も同馬を同馬が得意なペースを自分で作りに行けるか,そんな配慮のあるレースが個人的にはまだできないと考えています。(ビートブラックの石橋騎手のような騎乗です。)

 となると,周りに合わせて走るとすれば,同馬の負け方は,瞬発力のある馬に射程に入れられて差し負けるというパターンです。

 東京コースは,ごまかしのきかないコース。中山コースは逆に小回りで立ち回りの上手な馬が有利です。カレンブラックヒルはこのコース替りは現段階ではプラスにはでないと考えます。

 よって,狙う馬は,ニュージーランドトロフィーでしたらうまく立ち回れなかった,立ち回りずらかった差し馬を評価すべきと考えます。


 左回りで高パフォーマンスを示しているレオアクティブとブライトラインは要注意だと思われます。特にレオアクティブの飛びは,明らかに東京コース向きです。




◎ 簡単な過去のレース分析

 時間の関係上略
 

☆ 想定1番人気馬診断 

 05カレンブラックヒル


★ ブログ上の軸馬

(1) 想定1~3番人気から軸馬を選出する場合

 08マウントシャスタ

 池添厩舎の馬に岩田騎手への乗り替わりは素直に評価して良いと思います。陣営の強い期待が追い切り過程からヒシヒシと伝わってきます。瞬発力勝負になった場合は同馬が一番強いと思います。瞬発力適性値評価からは一歩抜けた存在です。(私のアナログ的な感覚ですが(笑)) 

 馬注からは逃げ馬不在,瞬発力戦になると想定しています。



(2) 想定4番人気以降から軸馬を選出する場合

 03レオアクティブ 

 正直言って13オリービン,10ブライトラインと迷いました。

 決め手は,やはり「東京適性」です。前走の走りを見ても東京替り&距離延長は十分こなせると判断します。横山騎手が騎乗なら完璧でしたが,東京コース得意の蛯名騎手で過去にも跨ったことのある騎手です。テン乗りでも大丈夫と判断しました。

 13オリービンは,ダイワメジャー産駒の差し馬・・・・という点だけです。ダイワメジャー産駒はやはり先行してこそ強い馬が産駒らしい。差し馬となるとどうかな・・・というイメージが捨てきれません。真の切れ味勝負になると遅れるイメージの血統背景です。

 10ブライトラインは,左回りはプラス材料ですが,逃げ馬不在の瞬発戦のペースになると・・・・道中の我慢が効くかどうか不安な点があります。ここがクリアできたら面白い存在です。安藤騎手がしっかりと教え込んでいる馬です。


 07ハナズゴールも瞬発戦適性値高いですが,トラブル明けでの仕上げで不安があるので中心視はできませんが能力は確かなものはあります。要注意です。


 ※ 13オリービンは,A+評価にしようか迷いました。さてこの鞍替えが吉と出るか凶と出るか・・・・
  (小牧 → 川田乗り替わりも個人的にはちょっと・・・小牧はクラレントかぁ。)


(追い切り評価の定義)
*********************************

A+評価  : 勝負気配も感じ,調教内容,気配ともに絶好の馬 

A評価   : しっかり調教できていて,調教内容や気配が良い馬

B+評価  : A評価までではないが,調教からは注目する馬

B評価   : 切るに切れない評価の馬の上位

C評価   : あまり評価するポイントがない馬

D評価   : 消し

*********************************


= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています
関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 13
TB: 0

page top

コメント

続カレンブラックヒルについて

松です。ニュージーランドTの映像が無いとなると、「カレンブラックヒル」の判断が難しくなりそうですね。

ところで、この馬の母の母の出身は欧州なのかわかりません。米国にすでに渡っていたのでは?ミセスペニー(祖祖母)は当然欧州でしょうが、私の血統判断では、「アルフレード」と一緒で「このレースの条件下では弱いかな?」という評価です。

どうやら明日もあまり良い天気ではなさそうですね。東京芝マイル渋り気味馬場で無類の強さを誇る「フレンチデピュティ」が炸裂しそうな予感が・・・。

#- | URL | 2012/05/03 18:32 - edit

続続カレンブラックヒルについて

松です。しっちぃ☆さん、おはようございます。

「カレンブラックヒル」の祖祖母である「MRS.PENNY」ですが、あまりに欧州での成績がすばらしいので、てっきり「欧州産」かとたかをくくっていました。実は「米国産」なのですね。いやぁ、お恥ずかしいかぎりで・・・。でも、これで迷わずこの馬を「切り」判断できます。

調教コメントの続きのアップを楽しみにお待ちしております。

#- | URL | 2012/05/04 11:17 - edit

京都新聞杯のエキストラエンドについて

この馬から勝負しようかと思っているんですが、芝調教を普段あまり見ていないんで、しっちぃ☆さんの見解を伺いたいと思いまして。個人的には良いかなと思ったんですが。m(_ _)m

カスケード #- | URL | 2012/05/04 12:20 - edit

なんとか「オリービン」がらみで

松です。しっちぃ☆さん、こんばんは。
おそらく、しっちぃ☆さんの予想では高い評価になるであろう「オリービン」が、私のデータでは拾えません(ク~)。そこで、私の大好きなこじつけ馬券(実は、2年前の優勝馬ダノンシャンティの時もこの方法で馬券ゲットしました。テーマは「ゲゲゲの女房」でした。)を形成してみると、「オリービン」を拾い上げられましたので、それにて前売り購入しました(通常予想の馬券は日曜日購入します。)。
NHKマイルカップですので、テーマは当然「NHK」(実際、第1回からすべて優勝馬は、パソコンで名前を入力する際、必ず「N」「H」「K」のどれかの文字を打つことになる事実があります。)です。「平清盛」もいいけれど、やっぱり視聴率絶好調の「梅ちゃん先生」でしょう。先日ダイジェスト版を見ていて、やたら頭に残っていた回のテーマが「月と花束」でした。
レース当日も「満月」です。そこで、「月」から、アドマイヤムーン産駒の「レオアクティブ」と「セイクレットレーヴ」を、また「花束」から、ダイワメジャー(その母は「スカーレットブーケ」)産駒の「メジャーアスリート」「カレンブラックヒル」そして件の「オリービン」を選択し、この5頭の馬連・3連複ボックス馬券を購入しました。
しっちぃ☆さんには全く興味のないであろう「こじつけ・ケントク」馬券で「オリービン」を拾い上げさせていただいたことを大変恐縮してます。ですが、この種の馬券が私は実に大好きですので、むりくり「オリービン」から組み立てたわけではないことも話しておきます。今回は先週の「ビートブラック」のおかげ(すなわちしっちぃ☆さんのおかげ)で、心と懐に余裕があるので、この種の馬券を購入する気になっただけです。それより、新参者がこのところちょくちょくコメントさせていただいているほうが、もっと恐縮してる次第です。G1レースの時だけですので、どうかお許しくださいませ。では。

#- | URL | 2012/05/04 21:59 - edit

京都新聞杯について

最終的に5,6,9,10から絞って組もうかと思っているんですが、状態だけで見るとアドマイヤとメイショウは大丈夫かなと思うんですが、ベールドは迷っているので、お時間があればで良いので、しっちぃ☆さんのA~無印評価だけでも参考にしたいんですが。しっちぃ☆さんは青葉賞でも皐月賞経由の人気馬サトノギャラントを完全に無印にしていらしたので、ベールドは走れるレベルなのかなと。

カスケード #- | URL | 2012/05/05 04:05 - edit

ブログランキングUPについて

しっちぃ☆さん書き忘れていましたが、ブログランキング一気に上がってきましたね。しっちぃ☆さんの分析の実力とこのブログの調教診断の素晴らしさからすれば自分は当然だと思いますし、まだ上がり足りないくらいだと思いますが、素直におめでとうございます!では失礼しました。m(_ _)m

カスケード #- | URL | 2012/05/05 04:58 - edit

明日午後は天気が不安定

松です。しっちぃ☆さん、こんにちは。
明日午後、東京の天気はかなり不安定なようです。私の血統データから見ると、3着例外2頭が出た年(雨降りもしくは稍重)と同様になりそうな気配です。どうやら、残念ですが3連系馬券は避けざるを得ない状況です。「マウントシャスタ」と「ブライトライン」の馬単マルチ・ワイド勝負ですね。では。

#- | URL | 2012/05/05 12:24 - edit

NHKマイルカップ最終考察

松です。

私の血統データで残った馬は8頭です。内から、「レオアクティブ」「ハナズゴール」「マウントシャスタ」「ブライトライン」「ジャスタウェイ」「サドンストーム」「ガンジス」「レオンビスティー」です。
ただし、どうしても、しつこいようですが、「カレンブラックヒル」が、祖祖母の「Mrs.Penny」の欧州成績がすばらしく、結局残すことにしました。

ここで、もう一歩深く考察します。過去のNHKマイルカップ全16レースの1~3着馬が「前走どのレースに出走し何着だったか?」を調べました。1着馬は「NZT1・3・7着、毎日杯1着、桜花賞1・10着、マーガレットS1着、スプリングS2着」の合計8通り。同様に2着馬は12通り。3着馬は14通りです。2・3着馬に比べて1着馬の方が、極端にレースとその順位が同じ馬が多くなってます(普通そうなるのかは調べてないのでわかりませんが、私には不思議に感じております。)。

前記9頭の内、過去の1着馬と前走が同じレース・順位の馬は3頭。NZT1着の「カレンブラックヒル」、同3着の「ブライトライン」、同7着の「レオンビスティー」。まだ、しっちぃ☆さんの調教判断で、「カレンブラックヒル」と「レオンビスティー」がわからないので決定ではありませんが、過去の2・3着馬のレース・順位が多様であることと、あすの天候がなんとも不安定ですので、この3頭の単勝を軍資金配分しながら購入となります。遊びで、このレースにめっぽう強い、金子オーナーの「マウントシャスタ」を加えた4頭の3連複ボックスを少額購入する予定です。

#- | URL | 2012/05/05 18:54 - edit

松さん,たくさん知見を分けて頂きありがとうございます!コメント返信できずにすいません。週明けにでも・・・・

しっかりと参考とさせていただきます!

しっちぃ☆ #- | URL | 2012/05/06 04:12 - edit

大幅変更

松です。しっちぃ☆さん、おはようございます。私の血統判断からピックアップした8頭+1頭のどれもが、しっちぃ☆さんの調教判断で切れません(笑)。昨日もう一歩深く考察した内容は、何かむりくり感があるので、あっさりシャッフルとします。

ピンポイント天気予報を見ましたが、どうやら天気はもちそうですね。例外が出にくい環境となりそうです。昨日の東京芝コース、内枠配置(9番以内)の馬のほうが有利でした。東京10Rの、圧倒的能力が違う「ノーステア」ですら、楽勝ではなかったところからもわかります。よって、しっちぃ☆さんの好評価も後押しに、以下の馬券を構築し、購入しました。

<馬連ながし>
3→5・7・8・10・14・15・16・18
5→7・8・10・14・15・16・18
7→8・10・14・15・16・18
8→10・14・15・16・18

<3連複ボックス>
3・5・7・8


「カレンブラックヒル」が、最後の最後まで頭を悩ませる、今年の「NHKマイルカップ」予想でした。普通なら軽く切ってしまうのですが、この馬の走っている時の写真と、昨日テレビで見た調教時の走っている姿から、「カッコイイなあ」と感じ、切るに切れず、「ミセスペニー」を持ち出して、自分を納得させたような次第です。馬券的には「来ないでね」が本音ですが、とりがみで来ても、「ま、こいつなら良しとしよう」ですね。では、しっちぃ☆さんのご健闘を祈っております。(尚、このコメントは携帯から入力しましたので、バランス感がまったくわかりません。見にくい文面でしたらごめんなさい。)。

吾輩は猫である #- | URL | 2012/05/06 09:53 - edit

わぁ、大雨です

松です。
「わぁ、大雨じゃん」例外が出る可能性も・・・。

ちなみにパドックから「ブライトライン」が良く見えました。

<3連複軸一頭ながし>
10→3・5・7・8

追加購入です。

吾輩は猫である #- | URL | 2012/05/06 15:33 - edit

カレンブラックヒルおめでとう

松です。いやぁ、「カレンブラックヒル」強いです。「ミセスペニー」の底力みたりですね。1~3着まで私の血統データから外れた馬ばかり。「雨・雷」でいやな予感はしたのですが、まさに完敗です。やっぱり、「パドック見」下手ですね。というか、何年も競馬をしてますが、ちっともわからないのが正直なところです。でも、先程のコメントに書いたように、「カレンブラックヒル」の走る姿が素晴らしく「カッコイイ」ことぐらいはわかりました(めったにそういうことは思わないのですが・・。)。馬券を取れなかったことは悔しいですが、なんとなく「清々しい」気分ですね。最後になりますが、夏の「アイビスサマーダッシュ」もこの「NHKマイルカップ」と同じ血統データが嵌まりやすいことをお伝えしておきます(今回完敗のデータなので、信用度は低いですが・・笑)。

吾輩は猫である #- | URL | 2012/05/06 16:08 - edit

アルフレードとクラレント

松です。
今、反省の意味を噛みしめながら、「NHKマイルカップ」の蓄積データをまとめていたのですが、アルフレードは、「母の母の父の父」が「テスコボーイ(英)」、クラレントは「母の母の父」が同じく「テスコボーイ(英)」(この馬は血統以外のカット項目にて除いた、血統該当馬で唯一の馬でした。)です。来年からは、「3代内→4代内」に修正した、血統データに変更です。「カレンブラックヒル」はやはり「雨・雷」による例外扱いですね(ただし、今回のように祖祖母が抜群の欧州成績などの馬がいたら、要チェックです。でも、「カレンブラックヒル」のように、父も同コースの安田記念勝利馬のようなプラス材料がなければ、通常カットですね。)。

言い訳ですが、血統データだけでは篩いにかけられなかったので、他のブログから抜粋した変なカットデータを摂りいれてしまいました。反省しきりです。自分の信念を貫いて、それでたまに「穴」がかかって回収率をアップさせることが競馬の神髄だと信じて、来週からも馬選びに励みたいと思います。

#- | URL | 2012/05/06 19:29 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/401-cbc08c17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-10