調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: 一週前追い切り(2012高松宮記念以降)

天皇賞春の陣出走馬一週前追い切り・調教診断2012 ~【予習】~ 

2012/04/24 Tue.


 フォトパドックが更新されていますが,先に一週前追い切り分析を消化しちゃいます!


 長距離馬の見極めって結構難しいんですよね~うまく説明できないですが,あまり調教と結果が直結しずらい。展開の紛れや,調教動いたって距離適性がない場合(気性的に)もある。(阪神大賞典オルフェーヴルや昨年のトゥザグローリー,ローズキングダムなど)

 調教動かない馬のほうが,実は長距離上手だったりするケースもあったりしたり。当レースを読み解くには,騎手の采配力や長丁場で力を出せる適性を持つ馬をまず見つけ出すことが大事で,その馬がデキ自体に問題ないのかチェックするプロセスがベターなのかなぁと思ったりします。


◎ 天皇賞春出走馬一週前追い切り・調教分析2012


ウインバリアシオン
天皇賞春一前:栗CW併せ馬終い一杯85.4-68.5-53.6-39.8-12.6
日経賞   :栗CW3頭併せ終い一杯79.2-64.3-50.6-37.5-13.5
京都記念  :栗CW併せ馬終い一杯85.4-68.9-53.9-39.3-12.5
京都記念一前:栗CW併せ馬終い一杯83.9-68.0-52.7-39.5-11.9
JC    :栗CW併せ馬終い一杯83.2-67.5-53.1-39.2-12.6
JC一週前 :栗CW一杯82.5-66.1-51.6-38.3-11.9
菊花賞   :栗CW併せ馬終い強め80.6-65.8-52.2-39.2-12.9
神戸新聞杯 :栗DP併せ馬馬なり77.3-61.5-48.0-35.5-11.5
ダービー  :栗CW馬なり85.3-68.9-53.4-38.9-13.1

時計を見てもわかるとおり,日経賞は強い負荷をかけたもので,馬も最後までしっかりと頑張っていました。おかげで前走は無事復活!馬に再度スイッチが入ったと考えてい良いと思います。一週前追い切りもいい顔で走れています。最終追い切りは,勝負調教を入れてきたら完璧ですね!仕上がったがゆえの終いの凄いキレを確認したいところです。



オルフェーヴル
天皇賞春一前:栗坂併せ馬馬なり51.7-38.2-25.0-12.4
阪神大賞典 :栗坂併せ馬終い一杯50.7-37.4-25.2-12.9
有馬記念  :栗坂併せ馬終い強め51.7-37.7-24.4-12.3
有馬一週前 :栗坂併せ馬終い強め51.7-38.0-24.9-12.2
菊花賞   :栗坂併せ馬終い強め51.2-37.5-24.7-12.3
菊花賞一週前:栗坂4F52秒2―12秒2(強め)
神戸新聞杯 :栗坂単走終い強め53.1-39.1-25.8-12.8
ダービー  :栗坂併せ馬終い強め52.3-37.7-24.7-12.5

いつも坂路調整なのが同馬の特徴。今回の追い切りでも併せ馬で馬の気持ちが前に出すぎていますね。例の件もあったので,単走追いのほうが良かったような気が・・・・。馬なりで楽に好時計を出す点は身体能力が非常に優れている証拠です。ただ,気持ちが勝ちすぎている。阪神大商店で露呈したとおり,操縦性という面で言うと,長丁場は合わない雰囲気を感じます。



ギュスターヴクライ
天皇賞春一前:栗坂併せ馬終い一杯53.6-39.4-25.6-12.7
阪神大賞典 :栗坂併せ馬終い一杯53.6-39.4-25.6-12.7
ダイヤモンド:栗坂単走馬なり56.3-41.2-27.7-14.0(重)

坂路の駆け上がり方がどことなくお父さんに似ている。いつもどおりの負荷をかけられました。基本的にあまり坂路で動けるタイプではないと思います。最後も脚が上がり気味。それでも調子の良さの片りんは見せてくれました。




ケイアイドウソジン
天皇賞春一前:美南P併せ馬馬なり65.4-49.8-37.5-12.6
日経賞   :美南P併せ馬馬なり66.2-51.5-37.6-13.1
ダイヤモンド:美南W併せ馬馬なり84.0-68.0-53.0-39.1-12.7(稍)

まぁこの馬なりというところでしょうか。ダイヤモンドステークスをどう評価するかでしょうね。私はここに直結するとは考えていません。




ゴールデンハインド
天皇賞春一前:美南W併せ馬馬なり83.7-67.6-52.4-38.3-13.5
ステイヤーズ:美南W併せ馬終い強め68.1-52.1-37.8-13.1

同馬もこの馬なりというところでしょうか。万葉ステークスを逃げ切りましたが,当時は前有利な馬場状態。今週末も同様なら・・・・という見方もあるでしょうが,同型との兼ね合い次第でしょうか。




コスモロビン
天皇賞春一前:天皇賞春一前:美南P併せ馬終い一杯67.0-52.4-37.7-12.5
日経賞   :美南P併せ馬終い強め64.9-49.3-35.7-11.9

一杯に追ってきましたが,正直言って現時点では素軽さは足りないと思います。




ジャガーメイル
天皇賞春一前:美南P併せ馬終い一杯76.8-62.9-49.1-35.4-11.8
阪神大賞典 :美南P単走終い一杯66.2-50.3-36.3-11.7
有馬記念  :美南P併せ馬終い一杯65.2-49.5-35.8-11.2
有馬一週前 :美南P併せ馬終い一杯68.8-53.4-38.0-11.7
JC    :美南P単走終い一杯50.9-36.2-11.5
JC一週前 :美南P単走終い一杯80.4-64.2-49.6-35.6-11.7
天皇賞秋  :美南P単走終い一杯52.7-37.5-11.9
京都大賞典 :美南P単走終い一杯64.0-49.3-35.5-11.8

一週前にビッシリ追って最終追い切りは反応の良さを確認する程度の調整を行うのが同馬の型。それにしても意欲的な追い切りです。併せている馬のほうが前に出て素晴らしかったです。併走馬の名前(私はわかりませんが)は調べて覚えておいたらよいと思います。好調教馬です。中距離戦ではもう勝てない。。。オルフェーヴルの不安のあるこの長丁場で金星を掴む!こんな意図を勝手に想像しています。





トーセンジョーダン
天皇賞春一前:栗CW3頭併せ終い一杯85.4-68.2-52.7-39.2-12.8
大阪杯   :栗CW併せ馬終い一杯97.7-81.1-66.6-51.5-38.1-12.5
大阪杯一週前:栗東CWで6F83秒5―12秒1(一杯)。
有馬記念  :栗CW併せ馬馬なり87.4-71.0-55.0-39.9-12.1
有馬記念一前:栗坂単走馬なり56.2-41.9-27.6-13.8
JC    :栗CW併せ馬終い一杯98.4-82.4-67.5-53.3-39.3-12.6
JC一週前 :栗CW併せ馬馬なり99.7-83.6-68.6-53.6-39.4-12.1
天皇賞秋  :栗CW3頭併せ終い一杯82.4-66.4-51.8-38.0-12.4
AJCC  :栗坂併せ馬終い一杯51.7-???-25.2-12.7
10有馬  :栗坂併せ馬終い一杯52.0-38.1-25.0-12.5(不良)

終い重点の追い切りです。追ってから力強く抜け出して併走馬を突き放しました。併走馬が走れていないという見方もできますが。だた,もう少し時計的にキレが欲しいというのが本音です。このひと追いで変わって素晴らしい最終追い切りをみたいものです。



ナムラクレセント
天皇賞春一前:栗坂単走終い一杯52.3-38.3-25.5-13.0
阪神大賞典 :栗坂単走終い一杯52.7-39.6-26.9-13.8
日経新春杯 :栗坂単走一杯53.1-39.6-26.7-13.6(重)
日経新春一前:栗CW6F78.9-13.6(馬なり)
ステイヤーズ:栗CW単走終い一杯77.9-64.5-52.3-39.9-12.9
11天皇賞春:栗坂単走終い一杯51.1-38.5-26.1-13.4
11阪神大賞典:栗坂単走終い一杯51.2-38.2-25.8-13.2

まだ昨年ほどのデキの良さにはありませんが,大分馬が良くなってきました。最終追い切りで坂路51秒台出せたら無事本番仕様のデキに持ってこれたと判断してよいです。今週の追い切りは前回に比べて本当に良くなってきています。



ヒルノダムール
天皇賞春一前:栗CW併せ馬終い一杯99.8-82.2-66.2-52.0-39.2-13.4
阪神大賞典 :栗CW併せ馬終い一杯81.9-65.7-51.0-38.4-12.2
京都記念  :栗坂併せ馬終い一杯55.3-40.6-26.6-13.0(重)
京都記念一前:栗CW併せ馬終い一杯80.5-64.8-50.9-38.0-12.3
有馬記念  :栗坂併せ馬終い一杯54.7-40.4-26.3-12.2
有馬一週前 :栗CW併せ馬終い一杯80.6-65.3-50.9-37.3-12.1
昨年天皇賞春:栗坂単走終い一杯53.5-38.9-25.6-12.5
昨年大阪杯 :栗坂併せ馬終い一杯52.3-38.0-24.4-12.1
昨年京都記念:栗CW併せ馬終い一杯96.4-80.4-65.7-51.6-38.4-12.0
昨年日経新春:栗CW併せ馬終い一杯80.9-66.0-51.6-38.3-12.2
昨年鳴尾  :栗坂併せ馬終い一杯51.1-37.4-24.5-12.4

逆に首を捻りたいのが同馬。終い追ってからうまく身体を使えていない気がします。真面目に走っていないとも受け取れます。少し不安が残る追い切り気配だったというのが感想です。




フェイトフルウォー
天皇賞春一前:美南W併せ馬終い一杯68.0-52.7-38.7-13.2(重)
日経賞   :美坂併せ馬終い強め51.6-36.9-23.8-11.8
菊花賞   :美坂53.0-37.9-24.8-12.4
菊花賞一週前:柴田善を背に美坂4F53秒7―12秒0
セントライト:美坂併せ馬終い一杯51.9-計不-25.0-12.6

舌を出してベロベーロが印象的(笑)。馬場が合わないのでしょうか,一杯に追うも併走馬に馬なりで前に出られます。好感は持てません。



マイネルキッツ
天皇賞春一前:美南P併せ馬終い一杯65.6-51.1-37.2-12.4
日経賞   :美南W併せ馬終い一杯65.3-51.7-38.0-13.4
ダイヤモンド:美坂3頭併せ終い強め51.8-38.2-25.3-12.8(稍)
ステイヤーズ:美南D併せ馬終い強め80.2-64.4-51.3-38.7-13.0
2011天皇賞春:栗CW3頭併せ終い一杯83.1-67.7-53.0-38.5-12.0(稍)
2011日経賞 :美南D併せ馬馬なり81.6-65.8-51.7-38.2-12.3
2010天皇賞春:栗CW併せ馬終い強め65.9-51.6-37.9-12.3(不良)
2010日経賞 :美南P併せ馬馬なり66.0-51.1-37.3-12.6

調子が良い時は馬なりで楽に併走して内面の負荷をかけるのが同馬の追い切り。今回は遅れて最後は手が動く始末。調子は良いようには見えません。二年連続最終追い切りは栗東で行っています。今年は栗東入りしないようだったら勝負気配はなしで考えてよさそうです。



ローズキングダム
天皇賞春一前:栗坂単走終い強め52.7-38.1-25.5-13.1
大阪杯   :栗坂併せ馬終い強め53.2-39.1-26.2-13.4
大阪杯一週前:栗東坂路で4F53秒3―13秒6(一杯)。
有馬記念  :栗CW併せ馬馬なり79.8-63.5-49.7-37.2-12.5
有馬記念一前:栗坂単走終い一杯52.0-38.1-25.8-13.1
JC    :栗坂併せ馬馬なり54.8-40.7-???-13.1
JC一週前 :栗坂単走見せムチ&気合いつけ52.2-38.2-24.8-12.3
天皇賞秋  :栗坂併せ馬終い一杯51.9-38.3-25.9-13.3
京都大賞  :栗坂併せ馬終い一杯51.1-37.8-25.2-12.8(良)
宝塚記念  :栗坂併せ馬馬なり52.3-38.7-25.5-12.9

同馬は非常に良くなってきていると感じます。復調気配です。追い切りをみていても昨秋の気の悪さはさほど出ておりません。リフレッシュして内面的に立て直せた可能性があります。動きも良いですね。





≪ 総 評 ≫


 能力は断然 オルフェーヴル

 ですが,最終追い切りで今回以上の動きが確認できれば期待したい馬は

 ☆ナムラクレセント

 です。


 無難に結果を残せそうな馬たちは

 〇ウインバリアシオン
 〇ギュスターヴクライ


 
 勝負気配を感じる

 ▲ジャガーメイル

 
 復調気配

 ▲ローズキングダム

 
 こんな感じの見立てでしょうか。

関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 1
TB: 0

page top

コメント

しっちぃ☆さん、おはようございます。ジャガーメイルと併せていた馬はホークウォリアーという馬だったと思います。前走+40Kgで大敗した馬です。ジャガーは確かに併せた馬のほうが良く見えましたね~ ヒルノは明らかに去年のほうが良いですよね。厳しい気がします。ウィンバリアシオンは昨年の神戸新聞杯辺りの迫力が凄まじかったので、個人的にはまだ戻りきってないかな~って感じています。自分は去年はエイシンフラッシュが素晴らしいデキで臨んできて、これだ!!と思ったんですが、今年はやっぱりオルフェがそういうデキに感じます。ただ、しっちぃ☆さんのおっしゃる通り馬がかなりいきたがっているので、潜在的なスピード自体が成長して強化されてきて馬をコントロールするのが更に難しくなってきているように感じます。これは、池添Jは相当なプレッシャーでしょうね~前回みたいなことは、世間的注目度からいってもまず許されないことはわかっていますから、自分なら堪えられません。笑 朝から長文失礼しました。今週も見解楽しみにしています。m(_ _)m

カスケード #- | URL | 2012/04/24 07:48 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/395-161cbde1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-10