調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。


Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

【フォトパドック】菊花賞出走馬フォトパドック診断 

2011/10/17 Mon.



回顧記事で少しふれた,私の馬券プロセスの方程式。



簡単に書くと



① 仕込む(回顧)

 → 次,この条件で是非とも買いたい!と思わせる馬を事前に見つけておく。


② 仕上げレベルの確認(フォトパドック,追い切り分析)

 → レースに臨むにあたって,結果を出せるレベルにあるか把握する。


③ BUY?

 → 一般票以外の玄人票が入っているか把握する。


④ 直前気配確認

 → パドック,返し馬からデキ,気配を把握する。


⑤ アクション!

 → レースの質を判断し,最適な買い方を選出,馬券を購入する。




こんな感じです。皆さんはどういうプロセスで購買決定をなされているのでしょうか?



私の後学のためにも,コメント頂けたら幸いです。



私もまだまだ成長途上!日々勉強です!競馬を楽しみながら,同時に結果もついてくるよう頑張る次第です!



またまた,前置きが長くなりました。すいません。脳内で書きたいことが溜まると,このように一気に放出します(笑)



そして,書くことで,脳内を整理し,自分に対しても筋道が立つ。変な人種ですいません^^;




◎ 菊花賞出走馬フォトパドック診断


ウインバリアシオン

馬体は前走時でも十分仕上がっていた。今回も十分な仕上げでパッと見た感じデキをキープといったところ。身体的にはわからないが,ひとたたきして気持ちが乗ってくれば良いだろう。辛口的に悪く言えば,馬体的な上積みは感じないといったところか。



オルフェーヴル

この馬も同じく,前走時で十分に仕上がっていた。身体的には「維持」といったところか。光の関係で,今回のほうが「良く」は見えない。立ち姿で脚が流れているせいや光が当たっていないことから,良く見えずらい写真になっている。



サダムパテック

わかりずらいが,この馬は叩かれて上向いてきた感じ。馬体を大きく見せるようになった。ただ,本質は長距離には向かないだろう。私の中のイメージは,1600~2000mがいい。2200mでも走れたが,G1になると厳しいのでは?スローでうまく折り合い,実質1600~2000mのレースになれば別。




ショウナンマイティ

前走でも素晴らしい馬体だったが,更に上昇してきた感じ。ふっくら見せながら,胸前も後躯もパワーアップしたように見える。前走の負け方は気に入らないが,距離が伸びて良さが出るかもしれない。馬体的には最上位評価。



ダノンマックイン

初見!パッ見た感じはステイヤーという感じはしない。きちんと前駆,後躯と筋肉がしっかりついており,胴も長くはなくギュッと詰まった体型。無駄肉はなく,皮膚は薄く,デキ自体は良さそう。追い切り姿を見てみたい。



トーセンラー

この馬も前走の時点でしっかり仕上がっていたので,良い意味でデキは平行線。馬体もステイヤー体型ではないが,飛びが大きい馬なので,前半は死んだふりをして,後半猛スパートで差し切るイメージの競馬が合う。ちなみに,私が菊花賞で一番狙いたいと思っていた馬。(仕込み馬)



フェイトフルウォー

前走フォトパドックでデキを絶賛した馬。今回は毛艶がイマイチ,馬体も小さく見える。仕上げ過ぎて激走の反動の懸念が残る。




フレールジャック

この馬も前走時は十分に仕上がっていたのでいい意味で平行線。出走を迷っていたようなので,本質は菊花賞向きではないのだろう。




ベルシャザール

相変わらず黒光りする素晴らしい馬体。松国流英才教育を受けたバランスのよく,しかも筋肉もしっかり!ただし,適性を考慮すると,パワーにシフトした馬体なので,阪神,中山向きなところは割引き要素。




ユニバーサルバンク

薄っぺらい感じの馬体は,パワーを感じさせないので,中山より京都替りのほうが吉にでる可能性が高い。前走のフォトパドックでもしっかり仕上がっている感じが見受けられたので,前走の負け方は若干気になるところ。




<< 総 評 >>


 馬体を見る限りでは,オルフェーヴルの絶対性は感じ取れない。


 でも,追い切りが凄い馬なので,デキ落ちがないかしっかりチェックをする。


 全体的にデキが良い馬ばかりで特に強弱は付けられない。


 明らかに素晴らしい馬体だ!と言えるのは,「ショウナンマイティ」


 不安要素が高い馬体は,「フェイトフルウォー」,前走頑張り過ぎた反動が見られる。



 フォトパドック的には,「上位拮抗」いう評価をさせていただく。


 こーゆーデキで差をつけられないレースの場合は,「データ分析」こそが生きてくる!


 データ分析が得意な方,よろしく!(笑)



いつも応援くりっくありがとうございます!励みになります!

今週も頑張りますので応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
関連記事

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/245-531d243f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2020-08