調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

【 フォトパドック 】 ラジオNIKKEI賞,函館スプリントステークス 

2011/06/27 Mon.

さて,週初め恒例のフォトパドック分析を行っていきます。




6月に入ってフォトパドック分析を始めてから,なかなか予想の精度が上がっているように感じます。競馬ブックさんには頭があがりません!無料でネット掲載頂けて本当にありがとうございます!




自己分析を行った結果,「フォトパドックが良い」+「最終追い切りも良い」馬が「A+評価」となっている傾向にあります。



この方程式が,実に使えているので,あまり得意なシーズンではないのでありますが,今後もこの技を生かしていきたいと思います。




私は,最初,馬も見なかったし,血統も気にしないで競馬予想をしていました。やがて,「血統ビーム」や「Mの法則」の考え方を勉強しているうちに,血統について学ぶようになりました。




血統は,あくまで集合的な統計(傾向)に過ぎなく,その馬そのものを評価するとしたら,もちろん過去の競争内容の分析も大事ですが,




「馬自体をしっかり見て,どのような特徴があるのか,調子は過去と比べて良いのか,現時点ではどこまで好調なのか」など,馬自体に語り掛け,それを読み取ることが大事であると考えました。




そして,現在のスタイルに至っている感じです。




この馬は,あーだこーだと講釈をたれてるほど相馬眼があるわけではなく,なんとなーく(ココ!重要!!),調子がいい!だとかダート向き!だとか,こりゃダメだ!とか感じ取ることができるようになってきました。(まだまだ勉強不足ですが^^;)




この先目指すところは,馬券収入をしっかりプールし,今年は無理でも,来年までにこの「なんとなぁ~く相馬眼(笑)」で一口馬主デビューがしたい!!そう思っているところであります。今はひたすら,馬券スキルを磨くのみ!!このブログは,「私の競馬予想修行の馬」でもあります。




せっかくブログでアウトプットするのだから,興味あるひとには公開しよう!みたいな感じで,ランキングに参加したりして,世論等を調査させて頂いております。




(今月に入って,訪問者数が激増し,しかもクリック頂けてランキングもうなぎ上りです!感謝です!なんか嬉しいですよね?^^;)




前置きが長くなりました^^; それではフォトパドック分析を進めていきます。




◎ ラジオNIKKEI賞フォトパドック
カフナ
馬体的には私の好きなタイプ。あばらが見えそうで見えない感じですっきりと絞れてきている。トモの張りは,皐月賞やプリンシパルSのほうが良いような気がする。(なんとなくの記憶)基本的に皐月賞が目イチだったと思われることから少し楽をさせた結果か。それでも,素質を感じさせる馬体であり,現時点でも調子はさほど悪そうには見えない。



人気ブログランキングの1頭目(45~60位くらい)
初見だが,見てすぐに思いました。「絶好調!!」と。あばらがうっすり浮いてしっかりと無駄肉を絞り切っている。それでいてトモの張りが半端ない。面白い筋肉の付き方です(笑)。この産駒は,キャロットの募集馬とか見ていて感じていましたが,トモの張りの凄さに特徴が出やすいです。これも父が素直に影響したタイプかな。この手の馬って,瞬発力は凄いけど,長くいい脚を繰り出せるイメージがないんですよね。だから距離は2000m以下が必然と適距離になってくると思います。



人気ブログランキングの2頭目(45~60位くらい)
この馬は,あのG1で人気薄にも関わらず,自信のA+評価を行った馬。追っかけるの忘れて,前走買うの忘れてました(涙)。人気薄で調教高評価した馬は,おっかけると良い条件に振れた場合には馬券になりますのでオススメします。
母父の影響よりも,父の影響が強めに出ている印象。毛艶,馬体の張りともに申し分なし。もっとお尻に筋肉ついてきたら完成の域に近づく馬体か。腹袋があってどっしりしてきた感じ。馬体イメージでは,やはり2000mまでが合うのかなぁと思う作り。中山コースも合いそう。



プランスデトワール
前々走で狙った記憶があるなぁ~この馬(笑)。あし毛馬は,余裕残しに見えやすいが,しっかり身体がひきしまっており,トモの張りというかおしりの丸み具合が上々。毛艶も良い。デキとしては良い部類。



フレールジャック
初見です。脚が長いなぁっというのが第一印象。筋肉質になりやすい母父ヌレイエフのイメージがさほど馬体に出ていない。父ディープインパクトのイメージが強く出たのか。馬体的にはまだ良化途上といった感じ。連勝しているがいずれも京都コース。中山の急坂の適性よりは京都適性のほうがありそう。穴人気するようだったら,軽視したいタイプ。



ショウナンパルフェ
一見して,調子は下降線だなと感じさせるのはこの馬。ダービーのときのような馬体にボリューム感がない。張りですね。過去に高評価してきた馬だけに,ここでは評価を落とさざるを得ない。






〇 函館スプリントステークス


カレンチャン
トモの張りがクロフネ産駒らしいもっこりした馬体。とにかく調教は抜群な動きを披露するタイプがゆえに人気先行しやすい馬。毛艶もよく,身体も締まっており,トモの張りは1級品。この馬も状態面はすこぶる良い。



クリアンサス
これまで見てきた2頭と比べて,逆に全然馬体が作れていないと思ってしまうのがこの馬。馬体にボリュームがないというか,つくべきところに筋肉がついていない。本当に1200m走るの?って身体である。スプリントは,筋肉命。マラソンランナーは絞り切ったような体つきをするが,短距離ランナーは結構筋肉隆々なヒト多いでしょ?そんなイメージで馬も見て判断しています。




ケイアイアストン
この馬もしっかり走れる馬体を作っている。無駄肉が絞り切れていてかつ,トモの筋肉具合が素晴らしい。お尻の丸みは凄いね!この馬も好調!



パドトロワ
この馬は過去のフォトパドックで絶賛した馬。皮膚の薄さが感じられ,かつ馬体の張りがしっかりしている。ピーク時のデキのイメージにはまだ遠いものの,それでもデキは良い部類。お尻の円弧の形はいい質の筋肉がついていることが伺える。馬体面のバランスの感じも良く,奥が深そうな馬。



人気ブログランキングの3頭目(40位~60位くらい)
ヴィクトリアマイルのときのパドック気配が目立った一頭。1600mは合わないと分析していたので軽視したがそれでも十分好走した部類。前走時はかなり状態面が良かったと思われる。それと比較して今回のフォトパドックは遜色ないデキにあると判断する。馬体が引き締まっており,トモの筋肉の張りが良い。メリハリのある好馬体。調教も坂路で良く見せるタイプでこれは有力候補である。



ヘニーハウンド
一見して思うのは,「薄い馬体だなぁ」というのが感想。NHKマイルカップ時よりは良くなってきているように見えるものの,まだ完成途上の域は抜けきらない。今回は良いメンバーが揃っている印象なので,横の比較をすると,まだ足りないかなぁと思うところ。



ベイリングボーイ
身体はしっかり絞られている印象。胴のつなぎが長く,短距離馬の印象が持てない。小回りの短距離走向きの馬体には思えないのだがなぁ。過去の馬体と比べていないのでなんとも言えないが,横の比較からは,このメンバーでは足りないかなぁという印象を持つ。



マジカルポケット
馬体のバランスは良い感じ。やっぱり一見して良化途上の感は否めなく,これから成長してくる馬であると思う。横の比較からは,まだ甘いかなぁと思う。今後の成長に期待したい1頭。




PS:今のブログデザインに一目ぼれして,テンプレートを変更しちゃいました(笑)トップ画像を変更したいのですが,詳しい方,変更方法を教えてください!m(_ _)m




FC2 Blog Ranking(35~50位くらい)で「 A+評価候補 」をラジオNIKKEI賞,函館スプリントSともに名前を挙げておきます。あとは調教内容次第でどのように評価するかといったところです。




調教分析の1stSTAGEについては,今夜か明日朝から書き始めて,金曜夜までには仕上げる予定です。ご期待ください(笑)






<< コメント返信 >>


みーさん,お疲れ様です!


宝塚記念でも3連複1点買い!!熱いですね!!私にはそんな度胸がありません^^;


でも,もう2点か3点散らせば,普通に的中していますね!逆に凄い!!獲れるところで獲っておかないと,凄いもったいないですよ!!


又は,3連複ではなく,ワイド1点で十分獲れていますよね。まぁ配当は極端に落ちますが,3連複1点よりは格段に確率が上がります。


ドリームジャーニーについては,狙いはかなりいいと思います!ただし,記事にもあるように「ピンかパー,0か100か,勝つか惨敗か」の馬でした。まぁギャンブル馬ですね。この結果も致し方ないと思います。


パドックについてですが,ブエナビスタは初見のときは自信持って消してました。全然凄みを感じない馬なんですよね。でも数多くみることによって,この馬の特徴がつかめました。ブエナビスタは普通にみたら「元気がない馬」に見えます(笑)そういう馬だと思います。


ラジオNIKKEI杯は,フォトパドックからなかなか期待できる馬を見つけました。調教の感じも良ければ,この馬から稼がせてもらおうと考えています!フォトパドックかなり使えますね!!


また今週末も頑張りましょう!勝って兜の緒を締めよ!です!(偉そうにスイマセン。)


<< コメント返信終わり >>



その他,1週前追い切り参考サイト
馬三郎タイムス





今週も頑張りますので応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/160-ad064f9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-10