調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。


Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

AJCC2020 

2020/01/26 Sun.



登録馬は12頭、少ないですね。


(1)フォトパドック

サトノクロニクル

1年6か月ぶりの出走ですが、皮膚感薄く毛艶良く状態は良さそうです。筋肉の張りはもっと作ってこれる余地はありますが、いきなり能力は出せる形で作ってこられた印象は受けます。バランスよくフレームも良くて脚も長過ぎないタイプなので中山2200mは合うタイプの馬体。



ステッフェリオ

使い込んでいるのでいきなり一変は厳しいというのが本音です。馬体も近走と比較して可もなく不可もなくです。メンバー弱化+少頭数で楽逃げさせてもらえる可能性はあるので、苦→楽ショックはかかるタイミングではある。



ニシノデイジー

母父アグネスタキオンで馬体を見ても前の肩が立っているタイプ。馬体適性理論的には菊花賞の様に距離が延びると危険なタイプで想定通り人気で消えてしまった。肩は立っているが脚は長めでここでストライドは多少カバーできる。それを考慮すると2200mはなんとか射程圏内か。馬体はフレームがしっかりしているタイプで硬さもありそうで中山コース自体は合うタイプに見受けられる。状態面も評価して良い。



ブラストワンピース

とりあえず能力は出せるデキに仕上げてきた印象は受けます。太目感もない。8~9分仕上げでしょうか。フレームがしっかりしているので冬場の中山馬場は合うタイプ。



ミッキースワロー

オールカマー時と比較して馬体は明らかに良くなっている。オールカマーの時はどうもガレてみえる感じ。それでも2着は素晴らしかった。今回は適度にふっくらみせて立ち姿も力強い。好調です。フレームしっかりしていて中山は合う。



ラストドラフト

肩は立ち気味で直飛。中山中距離が合うタイプでしょうね。古馬のフォトパに出てくる馬たちはやはり適性意識してレース選択できている馬が多い印象を受けます。馬体の仕上がりは及第点です。もっと皮膚を薄くみせてくるろ完璧です。



ピックアップ馬


デキ素晴らしく総合的にもここでも上位 ミッキースワロー

適性条件までしっかり待って仕上げてきた ニシノデイジー

 人気馬なら前者,穴馬になりそうな馬からのピックアップは後者を意識して挙げてみました。



(2)追い切り映像確認

 簡易的でスイマセン。


 サトノクロニクル(B+),ミッキースワロー(A)の追い切りが素晴らしいです。

 続いて,ステイフーリッシュ,ニシノデイジー,ラストドラフトを評価します。Bです。

 ニシノデイジーは,走りのイメージだと大外ぶん回しではなく上手くイン突けると穴で出現しそうなイメージです。重たい馬場もこなせる走法に見えました。

 ラストドラフトはあまり馬場が渋らない方が良い印象を受けました。

 ◎03ミッキースワロー
関連記事

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/1582-1129fcfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2020-06