調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。


Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

有馬記念出走馬フォトパドック2019 

2019/12/22 Sun.


 有馬記念は,キレる脚がない馬でも好走できる特殊条件。キレが必要な条件で勝ちきれない馬が穴を開ける設定かなぁと思っています。そう考えると,アーモンドアイが勝ちきれない場合も考えられる。

 アーモンドアイが勝ちきれない条件は,「①外々を回さざるを得ない展開」「②内で脚溜めるも勝負所で蓋されて上がって行けない」の2パターンでしょうか。

 インタビューや追い切りを見ても,デキに関しては申し分ないです。①と②のシナリオにプラスして,距離適性は気品的に「2000m前後」の馬だと思っているので,脚の使いどころをミスると末はタレます。

 ただし、完全にこの馬を知っていて,有馬記念の好走の仕方を知っているルメール騎手が鞍上ですから,ミスる可能性もそこまで高くはないかもしれません。

 基本的に牝馬は牡馬よりスタミナ・体力で劣るので,内枠引いてスムーズに追走するシナリオが必須だと思っています。枠順を考慮すると,

 〇:アーモンドアイ、リスグラシュー ×:アエロリット となります。


アーモンドアイ ⤴⤴⤴
天皇賞秋と比較して確実に上昇。過去と比較して一番のデキといっても過言ではない。


アエロリット ⤴
同馬も前走と比較しても確実に上昇しています。内枠が欲しかったですね。あとこのメンバーレベルを考慮すると距離も課題です。

アルアイン ⤴
今秋では一番のデキにある馬体です。人気はないですがフォトパドックは明らかにデキが上向いていることがわかる。パワーと体力もあるので条件は合う。

ヴェロックス ⤴⤴
前走も良かったですが今回もきっちり仕上げてきました。力強い立ち姿は前走以上と評価します。現状勝ちきれない部分からもキレ負けしているということであれば、今回は距離も条件も合いそうです。chance有り。


エタリオウ ⤴
こちらもフォトパドックでは上昇気配を感じさせます。JCでは末脚が足りませんでしたが,今回も展開一つで能力を出し切ればハマる可能性も期待したい。


キセキ →
良くも悪くも平行線でしょうか。。悪くはないが,もう一段上の造りができる印象です。馬が小さく見える。


クロコスミア →
冬毛が出てきて毛艶一息。馬体は悪くはないが。めんばー大幅強化。


サートゥルナーリア ⤴
立ち姿は相変わらず素晴らしい。前走も悪くないと判断したが,巷のうわさ通りならデキはイマイチだったのか。今回は尾離れ良くオーラもある。神戸新聞杯同様のシルエット。距離は若干長い印象はある。脚溜めればこなせるか。


シュヴァルグラン →
良くも悪くも前走並み。スタミナ勝負になるなら条件は合う。


スカーレットカラー →
毛艶がイマイチ。デキはいい意味で平行線。内枠で上手く脚を溜めれてスロペになるなら。


スティッフェリオ ⤴
天皇賞秋はまったく好印象はなかったが、今回しっかり膨らんで来たのは良い。

スワーヴリチャード ⤴⤴
印象としては絶好調のフォトパシルエットになった。


フィエールマン →
天皇賞春と比較すると一枚落ちるが,デキは8~9分作れて来ている印象。


リスグラシュー ⤴
宝塚記念と同じくらいの仕上がり。順調。

レイデオロ → 
前走のほうが評価で来た。


ワールドプレミア ⤴
菊花賞より場体はパワーアアップ。成長著しい。








関連記事

edit

CM: 1
TB: 0

page top

コメント

来年もまた見させてもらいます

1年間ありがとうございました。
毎回楽しみに見させてもらっています。

有馬記念はリスグラシュー鉄板と考え、
相手候補にスワーヴ、サートゥル、ワールドプレミアの三頭を考えました。

素直に三頭で流せばよかったのですが、スワーヴ1点で大量購入しドボンでした…


また来年も更新楽しみにしています。
良いお年をお迎えください。

まちし #- | URL | 2019/12/27 12:03 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/1579-189bd691
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2020-08