FC2ブログ

調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

安田記念出走馬最終追い切り・調教分析2018 

2018/06/02 Sat.



--------------------------------------------------------------

※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


<< 更新情報 >>

〇 更新完了
 → 家族会議で急きょ土日はゴールデンウィークに行けなかった私の実家道東へ行くことになりました。今週は競馬参加は厳しそうです。一泊二日の強行軍です・・・・・苦笑。

◎ 安田記念出走馬最終追い切り・調教分析2018

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


アエロリット菊沢
美南W単走調教師馬なり69.0-53.8-39.8-12.9

単走でリラックスしながらも内面に闘志を秘めて走れています。後肢の稼働が大きく使えていてかつ柔らか過ぎずに身体を突開けているのでスピード値の高さも感じさせてくれています。いい感じですよ。

→ ヴィクトリアマイルは稍重でも時計の速い決着,最後のもうひと踏ん張りが効きませんでしたが,これだけ速い馬場だと繋ぎの部分で最後差が出たような気がします。ディープインパクト、ハーツクライ、ディープインパクトの順の産駒が1-2-3着です。


ウインガニオン西園
栗坂単走終い一杯54.2-39.0-25.0-12.2

馬場は綺麗なので時計は出やすい設定での単走追いです。走りに芯が通っておりブレがないですね。いい状態に仕上がってきていると感じさせます。前走も最後までファイトできているし,内面的にもスイッチは入っている状態です。

→ 昨年は4月から連戦連勝にあった集中力体力豊富型ステゴ産駒です。前走は速いラップを前受けして勝ち馬と0.3差の7着なら及第点でしょう。過去のキャリアを見ても春から夏にかけて状態が上がってくる典型的な夏馬です。

→ ステゴ産駒で体力豊富なら内枠でインから攻めていきたいですね。外枠なら割引です。ただ,時計の速い軽い馬場よりは摩擦が合って体力が求められる馬場のほうがステゴ産駒は合うはず。



ウエスタンエクスプレス(外国馬)
東京D単走馬なり54.8-38.2-12.1

ちょっと前の出が硬い面はありますが許容範囲,しっかり前で地面を掴みながっら後ろでも蹴れるタイプで四肢連動性良くいかにも直線走力が高そうです。しかも,溜めてからしっかり末脚を使えそうな走りができています、馬も内面的に集中できており,集中力高い系です。東京マイルなので理想は柔らかくかつもっとギュンと動ければよいが十分楽しみがありそうなタイプに見えます。


キャンベルジュニア堀
美南W併せ馬馬なり52.0-37.6-13.1

併せ馬でしっかり内面に負荷を与える追い切りです。併走馬あうぃてに決して負けません。最終追い切りもサラっと馬なりで併せ馬で内面を刺激する追い切り,フォトパの仕上がった馬体と線で繋げると予定通りに仕上がったと判断して良さそうです。



サトノアレス藤沢和
美南W併せ馬蛯名終い仕掛け69.0-53.1-39.1-12.4

カチっとしたピッチ走法気味で走るフォームです。短距離なら大外ぶん回しでも良さそうですが,マイルだとこの走りなら上手くロスなく立ち回ってイン強襲若しくは馬群を割ってくる競馬をさせたいところです。筋肉も剛性さももっておりスピード値はあるのですが,この硬さと繋ぎの硬さだと時計の速い軽い馬場はプラスメリットには感じさせません。


サングレーザー浅見
栗坂単走福永馬なり57.6-41.6-27.0-13.2

浅見流で水曜日追いは軽く時計を出す程度,本追い切りは27日日曜日に栗坂51.8-37.1-24.2-12.3と時計を出しています。しっかり真っ直ぐ推進力に替えられる走法フォームは好感が持てます。内面も気負い過ぎることなくリラックスして走れています。状態面はしっかり作ってこれていると判断して良さそうです。

→ 2週連続福永騎手のガッツポーズは見れるでしょうか。chanceはありますよ。


スワーヴリチャード庄野
栗CW単走デムーロ馬なり77.2-63.0-50.1-37.2-11.8

しっかり時計を出して体力をつける意欲的な追い切りを消化しています。この時計でラスト1F11.8と鬼ですね。馬体もフォトパで感じていた印象よりも良く感じさせます。ハーツクライ産駒らしくしっかり成長を重ねて3歳時より大分しっかりしてきましたね。ただ,中距離以上となるといい意味で緩さが合って柔らかく走れていると評価できるのですが,マイルのスピード勝負になるとちょっとこの走法は緩すぎる感じがします。左回りは合っているんでしょうけど。逆にこの条件を楽にクリアしてきたら,今年は無敵の馬になれるでしょうね。


ダッシングブレイズ吉村
栗CW単走終い仕掛け85.3-68.6-53.8-39.2-11.7

ちょっと気持ちに前向きさがあり過ぎる感じですね。柔らかく大きく走れている点は良いです。もっと内面に深みというかどっしりとした部分が欲しいです。ここのメンバーに入ると小物に見えてしまう嫌いがある。



ヒーズインラヴ藤岡
栗CW単走藤岡康終い仕掛け一杯83.7-66.3-51.8-38.0-11.8

やはり前がしっかり出なくて硬いので全体的にフォームが小さくなってしまう。かといって凄いスピードがあるという訳でもなく,今回の条件はちょっと合わない印象を受けます。こういうタイプは中京阪神でパワーが必要な条件かグリップがあるので冬場の時計のかかる馬場が良い。ハービンジャーらしく体力豊富そうな感じはあります。


ブラックムーン西浦
栗CW単走幸終い仕掛け84.9-67.4-52.7-38.7-12.4

追い切り動くなってきたんでしょうけど。もっと推進力つく走りが見たいという感じです。しっかりグリップして蹴れているのですが,前に進むというよりはグリップしているという走りになってしまっている。いいところもあるのですが,レースに行ってその部分が出てくれればよいですが。時計の速い軽い馬場もどちらかというと不安です。


ペルシアンナイト池江
栗CW3頭併せ川田終い仕掛け85.0-68.4-52.6-38.7-11.5

併せ馬でインから併せます。直線で軽く仕掛けるとしっかり前を向いて併走馬を突き放します。同馬も柔らかいのですがスワーヴリチャードほど大きく走るフォームではないため,その分ピッチが稼げる。ピッチが稼げる分短い距離に対応できるというタイプで大阪杯好走した2頭ならマイル適性高いのはこちらのほうです。まぁ実績もありますしね。しっかり前と後ろバランスよく使って駆け抜けられています。内面も良くしっかり仕上がってきています。好位から差せる展開が理想です。


モズアスコット矢作
栗坂単走キャンター調整

連闘で出走,キャンター調整です。毎回ファイトする頑張り屋さんなので肉体的疲労により故障しなければよいですが。


リアルスティール矢作
栗坂併せ馬岩田終い仕掛け51.7-37.7-24.4-11.9

リラックスして登板していてそこからムチを持つ挙動をするとしっかり反応してきます。仕掛けたときの反応が良く脚の回転も良い。ペルシアンナイトのように柔らかいという感じはなくいい意味でスピードを持続できる感じです。内面も非常に真面目でフレッシュな感じを受けます。今回はしっかり能力出せるタイミングで仕上げてこれていると感じさせます。


リスグラシュー矢作
栗坂単走馬なり53.6-38.3-24.4-11.9

馬体の造りは良し。しっかり真っ直ぐ集中して余裕の動きで登板できています。デキ落ちはなさそうで良い状態で出走できそうです。雰囲気は良い。しっかり自分の能力は出してこれるでしょう。毎回自分の能力を出してくれる真面目な馬です。



レッドファルクス尾関
美南D併せ馬田辺終い仕掛け67.8-52.0-37.8-12.0

しっかりと前で地面を掴んで柔らかくかつ力強く地面を捕えて蹴り返せています。四肢の使い方のバランスが素晴らしいです。さすがG1馬といったところです。直線向いて手前を替えてギュンと加速する一連の動作も素晴らしいです。そして無駄なく伸び切ります。柔らかいと書きましたが決して柔らか過ぎることはなく,むしろ短距離を走る馬の走法的には柔らかく走れているという意味です。やっぱりいい馬ですよ。内面も真面目です。


レーヌミノル本田
栗CW3頭併せ終い仕掛け82.0-65.3-50.8-37.5-12.2

併せ馬で馬場の大外を後方から仕掛けて堂々と前に出て不フィニッシュします。内面は真面目な優等生だったのですが,ここ最近は壁にぶち当たっています。フォームを見ても伸びがあるタイプではないので東京の時計の速い設定は厳しい感じでしょうか。



☆ 追い切り評価 ☆

A+ サングレーザー

A  ペルシアンナイト、リアルスティール

B++ スワーヴリチャード,リスグラシュー,レッドファルクス
    
B+ アエロリット,ウエスタンエクスプ,キャンベルジュニア

B  ウインガニオン

B- サトノアレス

注  なし 


( 補 足 )

 旅先で時間がとれたら,続きを更新します。

 ウインガニオンは大外枠は痛いですね。 スロペになるとスワーヴリチャードやリアルスティールも走れる圏内に入ります。それを考慮するとしっかり時計の速いハイペ勝負になって欲しいですね。】ウインガニオン、アエロリット辺りがしっかりとレースペースを速い方向で支配して欲しい。(ダービーでの成功例があるので戸崎は先手取ってペース緩めそうな気がしますが。。。。。)

 → スワーヴよりリアルスティールのほうがマイラー寄りタイプ

 サングレーザー的にはスピード競馬になって欲しいところです。穴馬はキャンベルジュニア辺りでしょうか。それか外国馬も面白いかもしれません。
関連記事

sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/1531-f8e0dca5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2018-12