FC2ブログ

調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

大阪杯出走馬フォトパドック診断2018 

2018/03/30 Fri.


 3月は別れ,4月は新しい出会いの時節ですね!私も5年ぶりに配置替えとなりました。今まで工事部門でしたが,元の古巣の事業計画部門に戻ることになりました。おそらくこれまでよりも夏場は時間を作れるはずなので,競馬とのお付き合いは改善されると期待したいと思っています。(5年前の当時より子供が大きくなってしまっているので、そこが課題ですね。。。。。)

 ただ,異動に際して今持っている仕事や今後始まる工事などの引継ぎ調整があるので当面はバタバタしそうです。飲み会も多くなるし,休日は子供たちとのコミュニケーション活動,短期的にはキツイかな(笑)

 コメント返信遅くなりました。誠にスイマセン。

>ワタナベさん 的中報告ありがとうございます!今後も精進していきます!コメント励みになります!

>アイスクライマーさん 出遅れましたね-^^; すいません。ちょうど尻餅ついているタイミングで開けられてしまったのでこれは運が悪かったですね。後入れ枠に入るなど主催者の最大限の配慮がありながら生かせなかったのは痛恨の極みでした。しがらき放牧時疲労があったようですが,順調に回復して今は帰厩しています。至って順調のようで予定ではフローラステークスに向かうようです。オークス適性は高そうなので是非ともチャレンジして欲しいですね!

>ノアさん お見舞いコメントありがとうございます。いやぁ気持ちばかりは若いのですが,肉体はやはり加齢に勝てませんね。バスケットボールをしていても筋肉の硬さや体力面など,20代の若者には勝てません。あとはもう気力で勝負するしかないです(笑)。競争馬もそうなんでしょうね。質の高い競馬メモを書けるブログにできるよう今後も精進していきます!


 さて、今週は大阪杯だったんですね!ちょっと競馬開催に思考が最近ついていけていません。簡単に過去を振り返ります。

無題

 古馬2000m最上級戦です。基本的には昨年のような持続質なラップになるという考え方で良いでしょう。特に昨年は14頭立て,今年は現時点では17頭登録ですね。ちゃんとマルターズアポジーとヤマカツライデンが出てくればペースメイキングがあるのでダラっとしたスロペ戦にはならないでしょう。

 G1前までは,有力馬がステップレースとして使うことが多いレースでした。今回はG1なのでガチで狙ってくる馬が多くなるのでダラっとはなりずらいとも考えます。


◎ 大阪杯出走馬フォトパドック診断2018

サトノダイヤモンド
一度使って馬体に締まりが出てきました。胴が長めでそこでストライドを稼げてしっかり走れるタイプです。小回り競馬の設定よりは大箱コースもほうが走りやすいタイプです。コース適性的には阪神内回りコースは割引でしょう。前走は最後まで集中して走れた点は復活への機運になりそうです。ただ,まとまっているタイプで今の段階で突き抜けないのでは,今後も人気先行して自分の能力だけは走るというタイプになっていきそうです。そう考えると今回は得意適性ではなさそうなので大きな評価は与えずらいです。馬体は順当に良くなっています。

サトノノブレス
立ち方でギュっとまとまった体型です。馬体的には小回り2000mはバッチリ合います。年齢の割には馬体はまだまだ若く、活力があります。前走は上手くスロペに落として結果を出した内容です。それでも勝ちきれなかった点は割引で更にハイレベルメンバ多頭数レースになるならローテ論的には割引タイミングです。


ペルシアンナイト
一度使って馬体はグンっと良くなってきています。トモお尻の張りはかなり良くなりました。状態面としては明らかにアップということで良さそうです。基本的にマイラーで柔らかく飛べるタイプなので小回り2000mは正直乗り難しさがあります。皐月賞のような乗り方が一番能力を出し切れるでしょう。それか前に完全に重力掛かって外から追い込んでも間に合う展開が欲しいですね。


アルアイン
京都記念を使って馬体がギュっと締まってきました。またトモや肩に力強さが出てきて背中も良くなっています。こちらも明らかに上向いてきていると考えて良さそうです。馬体タイプ的にも小回り2000mタイプでしょうから適性面も合います。陣営的にはG1を獲るなら大阪杯!という意識はあるはずです。(ノーザンF×池江Qならその思考は当然でしょう。)


シュヴァルグラン
胴が長くていかにもストライドタイプの馬です。その馬が小回り2000mG1となると基本的に適性外です。天皇賞春が勝負すべき舞台でここは明らかに「叩く舞台」でしょう。それでも休み明けの割には馬体は作れています。


ダンビュライト
前走時フォトパドックは酷評した馬ですが,それでもパドック当日は非常に良く見せてくれていました。今回のフォトパドックを見ると一言に素晴らしいですね!凄く良かった3歳春のときと同じような馬体を作手ています。デキは間違いないです。また,この春の時期が合うタイプなのかもしれませんね。タイプ的にも小回りは合います。馬の適性面を考慮するとここは勝負競馬をするタイミングです。


スワーヴリチャード
背中が良く柔らかさがありそうな馬体で立ち姿も良い。ただ,距離は2000mではなく,2400m以上が良いタイプに見えます。柔らかさも合う馬体なので,どちらかといえばゆったり走ってからギアを上げるレースが理想です。小回り2000mだとちょっと合わない気がします。ただ、馬自体は非常に良い馬です。


ヤマカツエース
肩が立っていて背中も短め明らかに小回り2000m向きです。昨年より勢いはありませんhが,この春狙うべき舞台は大阪杯でここをピークに仕上げてくるのは明白です。前走時のフォトパは太目感がありましたがその辺が解消されてきました。状態面は叩いて良くなっています。


ウインブライト
中山記念がピーク設定かなと思わせながら今回更にしっかり作り上げてきましたね。肩良し背中良し腰良しお尻良し。馬体の引き締まりも良い。今が確実に生涯充実期にありますね。困難を克服できる時期ですから格上挑戦問題ないでしょう。時計は速すぎない方が良いです。中山記念の持続質な競馬に対応できるので小回り適性もあります。ステゴ産駒で集中力が継続している時期です。


ゴールドアクター
AJCCより馬体はあきらかに良くなってきました。ただAJCCで大きく大敗した後で馬の気持ちが途切れていないか心配な面はあります。小回り中距離タイプという印象もないのでここは順当に次走への布石としたいレース設定の可能性は高そうです。次走は天皇賞春でしょうか。


ミッキースワロー
前走は凄いフォトパドックでした今回もしっかりそれを維持できています。馬体はキレキレで素晴らしく,状態面には不安はありません。これは面白そうですね。
 

トリオンフ
馬体バランス良いですね。背中もある程度ゆとりがあるので2000mから2400m位が良さそうです。このクラスで戦うならもっと筋肉に強さが欲しいかなという印象を受けます。横の比較でみるとですが。この馬なりに造れてはいます。


 小回り2000m戦なので,理想的な体型は,胴や背中が長過ぎず,肩も寝すぎていないである程度ピッチで走れる体型の馬が理想です。ストライドある走りをする場合は,後手後手の競馬ではなく,前でスムーズな競馬をしたいところです。後手後手になるとコーナリングしながらのトップスピードに入れるのが難しいのがストライドある走法馬なので,小回りを利する体型の心身レベルが高い馬をピックアップしたいレースになります。
関連記事

sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/1506-3e4a2ef7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2018-10