調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

京都金杯出走馬最終追い切り・調教分析2018 

2018/01/06 Sat.


--------------------------------------------------------------
※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫

<< 更新情報 >>

〇 更新完了
 → ここは上手に的中させたいレース設定です。

◎ 京都金杯出走馬最終追い切り・調教分析2018

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。

アメリカズカップ音無
栗坂併せ馬松若終い仕掛け52.2-38.1-25.3-12.9

気持ちはしっかりと前向きさが合って飛びも比較的大きいですね。仕掛けると手前を替えるのに少し時間を要しましたが最後は変わってギュンと伸びていきます。瞬発力型ではないですが,闘争心を持って最後までしっかり伸び切れるタイプです。そういう意味でいうと,他馬のキレが削がれる馬場が理想なのは納得です。デキに関しては非常に良さそうです。同馬も冬に調子が上がってくるタイプでしょうか。


ウインガニオン西園
栗坂単走終い仕掛け強め52.1-37.8-24.8-12.4

馬場が綺麗でコースの外目を単走で駆け上がります。終い仕掛けてしっかり反応し最後まで集中して走ります。悪くはなさそうですが,もっと動きは良くなる余地はありそうです。タイプ的にもステゴ産駒でカチっとした走りができる馬で京都で軽さが求められる展開だとタフに流れてもらうか上手く展開バイアスを理想するかなどの工夫が必要に思えます。



カラクレナイ松下
栗CW単走池添馬なり82.1-65.5-50.7-37.5-12.6

単走追いです。内面は真面目でリズム良く上手に身体を使えて四肢連動した走りができています。馬体もふっくら見せており悪い感じはない。内面的にも崩れている印象もないし,自己条件で自分の能力でも足りる設定と適性条件ならもっと走れても良い印象は受けます。

→ 前走最後伸びよう!という意志を見せていましたが最後は自分で辞めてしまっていましたね。レースに行ってこの内面が改善されれば良い。メンバーレベル弱化&頭数減は条件的には好転する。

→ 前走デムーロ配置はインサイド的にも狙っていたはず。北はされている馬です。


キョヘイ宮本
栗坂単走高倉終い仕掛け見せムチ53.2-38.8-25.2-12.7

この馬なりに動けています。3歳春の時からしっかり坂路でも動けていた早熟馬なので更に成長しているかと言われると微妙なところはありますが,悪くはないと思います。近走の成績を見てもしっかり自分の能力は出しているので真面目で良い馬です。

→ 京都を走らせるなら馬場は渋った方が良いですね。



クルーガー高野
栗坂単走浜中終い仕掛け強め53.3-38.9-24.9-11.7

ゆったり入ってからギアを上げてギュンと弾けさせます。最後集中してしっかり弾けきる走りは非常に良いですね。心身レベルはこの馬的に非常に高い位置で仕上げられている感じがあります。今が生涯ピークにいそうな状態です。個人的な評価は高いですね。


スズカデヴィアス橋田
栗CW単走終い仕掛け強め81.6-66.0-51.7-38.0-12.4

単走でコースの外を終い重点に弾けさせます。追われてからもっとギュンと加速して欲しかったですが,ちょっと終始首が高くてズブい印象を上kました。明け7歳で高齢化の影響が出てきている印象は受けます。追い切りだったら前走のほうが良く見えました。


ストーミーシー斎藤誠
美南W3頭併せ終い仕掛け一杯82.7-68.0-53.5-39.6-13.2

真ん中で併せ馬をします。直線向いて仕掛けますが思ったほど反応がなく結局先着を許します。ブラックバゴと併せていたようですね。追い切りはそんなに動かないタイプなのかもしれません。

→ 常にレースでは上り3F上位の脚を繰り出すので,レースでの集中力は高いと思われます。東京マイルの雨馬場でも追い込んできているので,馬体の印象以上にスタミナはありそうです。戦績を観ると集中力と闘争心がしっかり持てていていい馬ですね。


ダノンメジャー橋口
栗CW3頭併せ馬なり83.8-66.4-51.2-37.5-11.9

非常に質の高い併せ馬を行っています。うちの馬は早々に脱落しましたが,外の馬と終始最後まで併せる形で最後までファイトしながらフィニッシュします。時計面も良いですね。頭数減,メンバーレベル低下でしっかり自分の競馬を作れるなら,この心身状態であればしっかり結果を出せても良い印象は受けます。追い切りの気配は非常に良いですよ。


ブラックムーン西浦
栗CW併せ馬国分優作終い仕掛け一杯83,2-66,6-51.8-38.3-11,9

コースの大外を併せ馬で終い一杯に追ってきます。最近追い切りでは動かなくなってきていますが,今回は過去と比較して動けている方です。抜け出してから気を抜きたがっていましたがしっかり鞍上が促していました。いいと思いますよ。

→ 2走連続上がり3F最速で走れている点は評価高い。京都マイルもマイルチャンピオンシップで追い込んできているものだが,多頭数ガチレースでハイレベル戦が故の内容に見える。低レベル戦になるならしっかりと外差しバイアスとなることが必要です。


マイネルアウラート高橋裕
美南W単走終い仕掛け71.6-55.9-40.4-13.2

脚が長いですが柔軟性がない硬い走りをするタイプです。昔は非常にピリッとした動きで闘争心の強さも見せてくれていたのですが,高齢化の影響でしょうか,集中力がキレてしまった内容になってきている。前走5着と好走していますが,これがキッカケになればよいですが。



マサハヤドリーム今野
栗坂単走岩崎仕掛け強め52.9-38.8-25.8-13.2

単走でsかあ路追いです。終い追われて大きく反応するわけではなくダラっと走り切ってしまっている形になっている。ワンペースっぽい走りになっている印象があり,個人的には重賞では評価しずらい。


ラビットラン角居
栗CW3頭併せ藤岡康終い仕掛け強め86.6-69.0-53.7-38.8-12.1

最初はどうもゆったり走るのが嫌らしく,納得して走っていない素振りをみせていました。そこからギアを上げてゴール板過ぎてからも負荷をかけている印象を受けました。ハイレベル戦で伏兵人気で差し込んでくるタイプでダウン戦で人気を背負うとどうも空回りしそうな雰囲気を持っています。自分の好きな形を持っている馬という印象でそこまで真面目ではない。ただ,持っているもはいいものを持っています。


レッドアンシェル庄野
栗CW併せ馬馬なり87.4-70.5-54.8-39.4-11.4

コースの真ん中を走らせてインから併せます。ほぼ単走状態です。しっかり真面目に上手に身体を使えており,終いもしっかり集中してギアを上げられている。スムーズです。これは高いレベルで心身状態が鍛えられています。評価は高いですね。


☆ 追い切り評価 ☆

A+ レッドアンシェル

A  
    
B++ ブラックムーン

B+ ウインガニオン,アメリカズカップ

B  カラクレナイ,キョウヘイ,スズカデヴィアス

B- なし

注  なし 

( 補 足 )


 時間が限られているので簡単に。

 オッズ的には1番人気レッドアンシェルもそこまで硬い配列ではない。それを追って2~4番人気が高い位置で評価されている。

 3複配列を観ると,上位決着という感じはない。伏兵人気が最低でも1頭出現しやすい配列です。

 例年通り,内馬場有利という想定です。昨年は18頭立てから今年は13頭立てと頭数減となり,昨年のような乱ペースにはならないと想定します。乱ペースにならないなら,馬券になると考える伏兵馬は,【前受け馬】と想定,彼らをしっかり評価します。人気馬は差し馬が多いのも追い風になるはず。

 1000m58~59秒くらいでウインガニオンが逃げてダノンメジャーが楽に追走,そこから内馬場を併せ馬で叩きあうところをレッドアンシェルが器用な位置取りから差し込んでくるレースを想定します。

 ◎07レッドアンシェル
 〇06ダノンメジャー  
 ▲12ウインガニオン
 △追い切り評価しているうまたち


 (おまけ)
 馬連異常 6番ダノンメジャー 相手07レッドアンシェル

関連記事

sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/1473-3e2ede5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2018-06