FC2ブログ

調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

中山金杯出走馬最終追い切り・調教分析2018 

2018/01/06 Sat.


--------------------------------------------------------------
※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


<< 更新情報 >>

〇 更新完了

 個人的には,京都金杯より中山金杯のほうが興味をそそります。ただし,紛れがある中山内回り2000m戦なので,展開バイアスの事前想定や時間がたったあとの馬場バイアスを当日芝レースでチェックするなどは必要です。特に馬場バイアスの想定が追い切り確認時と当日とズレたら厳しいので,馬券を買う前に各自でしっかりチェックしてほしい事項です。

 フェアリーSステークスやシンザン記念も若駒戦なのでしっかりチェックしたいのですが,週4重賞は厳しいですね。。。。。更新できないか,触れても軽くで終わるかもしれません。ブログに更新がない場合はtwitterで軽く追い切り観た感想を呟いておきます。


◎ 中山金杯出走馬最終追い切り・調教分析2018

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


アウトライアーズ小島茂
美坂3頭併せ終い仕掛け52.8-38.7-25.1-12.3

ちょっと噛むような素振りを見せている点は気になりますが,ある程度のペースで流れるのであれば問題ない。スロペだとしっかり脚が溜まるか怪しい面はありそうです。ヴィクトワールピサ産駒らしい溜めても弾けきる絶対値は高くはないタイプで中山で持続ラップ走れる1800~2000の内回りが適性的には合うはずです。あとは福島とかですね。

→ 前走は適性外レースでしかも最高方からの調教設定も考慮したレース内容である。馬場バイアス次第では好走できたが,外から伸びない設定での負けなので次走評価が高くすべきというのがローテ論からの評価


ウインブライト畠山
美南W単走馬なり松岡84.0-68.6-536-39.5-13.7

併せ馬で外から併せますが,余裕の動きで併走馬を置き去りにします。楽に身体もスムーズに動けていて,特に内面の状態が素晴らしいですね。適度に闘争心のスイッチが入っていながらそれを十分にコントロールできている。身体もしっかりうごくので真面目に走れるという内容です。これはレースに行ってステゴ産駒の持つ集中力の高さを存分に生かしてくれそうですね。

→ スロペになる想定でミラノが途中でペースメイクを実施,ウインブライトに合わせた仕掛けメイクを行ってしっかり勝たせたという印象を受ける福島記念です。

→ スロペ競馬から末脚しっかり集中して走れる馬が2~5着に好走できたレース,早め抜け出しでも残し切った内容は評価しても良いでしょうか。



カデナ中竹
栗坂単走終い仕掛け53.6-38.4-25.1-12.7

仕掛けて手前を替えるまではしっかり走れていましたが,手前を替えるとどうも身体がヨジれて何度も矯正されています。追い切りは動かないtypeではありますが,最後のところをしっかり真っ直ぐ走れないのはちょっと評価しずらいも動きの本質は格段に良くなっている。

→ 天皇賞秋に使ってくるということは,ノースヒルズ的に評価はしている所有馬なはずです。適性やメンバー的に今回は自己条件になるので結果を出すべきタイミングですが,追い切りの最後の仕掛けてモタれなければ完璧だった。

→ 2回目チェックをしてみましたが,仕掛けてからモタれる面はありますが,近走の中では抜群に動きや気配は良くなっている。同馬は冬馬臭いですね。穴でしっかり押さえたいタイプです。


ケントオー西橋
栗坂単走終い仕掛け強め52.5-38.5-25.4-12.7

特に大きな変化はない感じですね。この馬なりという評価が妥当でしょうか。過去のピーク時と比較すると物足りない。


ショウナンマルシェ二ノ宮
美南W3頭併せ終い仕掛け66.8-52,8-39.4-14.3

3頭併せの最内から併せますがどうも馬がズブくて追われても付いていきません。追い切りからは評価しずらいタイプも前走はしっかりパドックで評価はできました。馬体自体はしっかり作れています。


ジョルジュサンク鮫島
栗坂併せ馬終い仕掛け一杯55.3-39.0-25.2-12.6

最初の駆け上がりは良いのですが仕掛けて一杯に追って併走馬に交わされてしまいます。追われてこの馬なりに伸びてはいますが,首が高い走法で末脚値は高くないタイプです。前走を見てもちょっと負け過ぎ感はあるので,上手く先行が生きる凡ペース凡メンバーではないと上のクラスでは厳しいかもしれない。


ストレンジクォーク小島太
美坂単走終い仕掛け強め50.8-38.1-26.0-13.2

L質でしっかりパワーある走りができているタイプです。キレよりもパワーという感じで今の季節の荒れてくる芝が理想でしょう。過去の戦績を見ても冬馬感がある。時計は真ん中の馬場を走っている分時計が速いものではあるが,動きは安定している。

→ 内面はL質っぽいのでしっかり間隔を開けてストレスを抜いてきたローテは合う。

→ 中山中距離は過去の戦績からも狙って走らせている。



セダブリランテス手塚
美南W併せ馬終い仕掛け67.2-51.9-38.6-13,6

併せ馬でしっかり末を伸ばし先着できています。真面目に素直に走れている点は良いです。良くも悪くも自分の能力を真面目に出してくる印象を受けます。

→ アル共は内前有利バイアスでロスなく流れに乗れた点が非常に有利に感じた。最後スパートは緩さがあったのかスムーズにギュンと弾けきれなかったがその辺は「距離」という面がありそうです。軽ハンデだったのも事実で今後も信頼するか,疑うかは賛否が分かれそうです。個人的には,前走恵まれている面があるので人気も先行するなら割り引きたいタイプです。



タイセイサミット矢作
栗坂併せ馬終い一杯53.4-38.9-25.0-12.3

併せ馬で後方からインに出して差し込んできますが,動きがどうもスマートではないですね。馬が指示を受けてもスムーズに加速できないという素直さが足りないというかズブいところがありそうですね。それでも最後はパワフルに伸びてくる面はあるのでノリ難しい馬ですが剛腕系ならしっかり能力は出してこれそうです。

→ 前走は上手くインを突こうとしていましたが,外が延びる馬場バイアスだったのと,じり脚でキレ負けしてしまったのとという面がありそうです。適度に時計がかかってくれて外差しgあ効かない中でスムーズに前を捕える仕掛けが出来れば好走できるタイプです。内面が素直ではないとなると更に乗り難しいタイプでしょう。松岡騎手とか乗せてみたい。


ダイワキャグニー菊沢
美南W併せ馬終い仕掛け強め87.1-70.6-55.0-40.6-13.2

インの馬を待って仕掛けて終いしっかり伸び切ります。素直さがあって操縦性も高いですね。デキに関しても万全に仕上げてきた印象を受けます。力強さも出てしっかりしてきました。

→ 差し込んでくる馬が優勢な中,しっかり人気を背負って横綱相撲で勝ちきった前走内容は評価できる。


デニムアンドルビー角居
栗CW併せ馬終い仕掛け86.8-69.5-53.2-38.3-12.0

ちょっと走らせて硬さがある感じがありますね。歩容が無駄にゴツゴツな点が非常に気になります。終いも弾けて先着することもできなかった。使い続けて好走した反動があるかもしれません。

→ 角居Qなので当日までに改善して来る可能性はあり得ます。



トーセンマタコイヤ加藤征
美南W単走馬なり69.0-53.3-39.3-13.9

馬なりでスムーズに走れています。走っていて柔らかいというか緩い感じがあるのでその部分で中山に変わってどう出るかでしょう。

→ 内面はしっかりスイッチ入っていてしかkり身体を使えています。若干ピッチ気味ですが,四肢の連動性良く推進力に上手に変えられています。基本的にいい馬ですよ。


ブラックバゴ斎藤誠
美南W3頭併せ終い仕掛け一杯81.5-67.2-52.9-39.0-12.6

インから併せますが直線後ろからワンテンポいズラして追います。しっかり追われてなんとか先着はできました。追われてズブいところはありそうでスロペからの瞬発力勝負というよりは持続質なところを粘り強く走って差し込んでくるタイプの様に見えますね。馬場もキレがいきるよりはタフな方が良い。そういう設定でしっかり自分の能力うは出してこれる。冬が合いそうです。


マイネルミラノ相沢
美南W単走馬なり70.3-55.3-40.7-13.0

特に大きな変化はないです。前走なりです。



☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  
    
B+ アウトライアーズ、セダブリランテス

B  タイセイサミット、ストレンジクォーク(時計かかるタフな馬場なら更に上げ)、トーセンマタコイヤ、ブラックバゴ(時計かかるタフな馬場なら更に上げ)

B- ジョルジュサンク(デキは良いが・・・)

注  冬馬→ウインブライト、ストレンジクォーク、ブラックバゴ、カデナ 


( 補 足 )

こちらも時間がないので(本当はもう時間切れなのだが(笑))簡単に。

 オッズから見ると,1番人気セダブリランテスですが,ウインブライトとほぼ2強状態という評価設定です。

 個人的にはダイワキャグニーが1番人気なのかなと思っていたのですが,実績的に3番人気のこの位置が妥当でしょうか。(2頭は重賞勝ち馬ですもんね。) 

 配列的には,人気軸がしっかりしているレースという印象を受けます。

 レース適性面や時計がある程度かかるのでキレ型というよりは持続的な脚を長く使えるタイプを評価する形をとると.個人的には「1番人気セダブリランテスは疑いたい」と思う部分はあります。
 
 
 ◎01ウインブライト
 〇09ダイワキャグニー
 ▲17カデナ
 ☆07ブラックバゴ
 △06セダブロリランテス
 △その他評価した馬たち

 デキも良くいかにも冬場の中山馬場がマッチしそうなウインブライトを評価します。

 前走勝ちきって集中状態に入るステゴ産駒,内枠配置も完璧ですね。展開面はマイネルミラノがラビット役で再度適ペースを演出するイメージで考えています。

 2番手は心身充実してきているダイワキャグニー,左回り専門機の可能性はありますので,大きな信頼は与えずらいですが,消去法でこの位置で評価,天才ノリさんなのでその辺は上手く乗ってくる可能性が高い。菊沢×ノリラインは勝負ラインでもあります。

 断然穴馬として単穴評価したいのは カデナ

 福永騎手もこの馬を選んで中山遠征ですね。オッズからも単勝異常です。勝ち負けできるか,やっぱり全然ダメかの両極端でしょう。

 期待値馬券を組むなら,個人的にこの馬から入りたいと思います。

 ブラックバゴはデキ良く,この条件向きの持続質な脚を使うタイプです。斉藤誠×岩田騎手はヌーヴォレコルトラインで,勝負だからこそ岩田騎手を読んだ匂いがします。
 

(おまけ)
馬連・ワイド異常 01ウインブライト-04アウトライアーズ 




関連記事

sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/1472-2561f8d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2018-12