調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

小倉大賞典出走馬最終追い切り・調教分析2017 

2017/02/19 Sun.



 さぁ!しっちぃファンの皆様、更新待っていましたか?

 残念ながら,小倉大賞典に力を入れ過ぎて,フェブラリーステークスの最終追い切りはチェックできていません(笑)

 うーん、フェブラリーステークスは更新しません(笑)

 個人的に,ダートより芝レース分析派なのですいません。
 
 そのくらい、小倉大賞典は「当てたい設定」になっております。


--------------------------------------------------------------

※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


<< 更新情報 >>

〇 更新完了
 

◎ 小倉大賞典出走馬最終追い切り・調教分析2017

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。



クラリティスカイ齊藤誠

小倉ダート併せ馬終い仕掛けムチ強め82.7-66.9-52.6-39.2-12.2

骨太で筋肉も強靭,スピードタイプというよりは体力豊富な中速馬という感じです。そういう意味では,適度に時計のかかる設定で長く脚を使う体力勝負になりやすい小倉大賞典は条件が合いそうです。時計が速すぎる馬場だと追走だけで脚をなくしてしまうのでアウトです。馬場設定は要確認です。心身面は淡白な感じになってきています。



クランモンタナ音無

栗坂併せ馬松若終い一杯51.7-38.3-25.1-12.5

時計は出せているのですが,どうも動きがピリっとしない。追われてズブいのはいつものことですが。冬より夏場のほうがデキが良くなる馬なのかもしれません。



ケイティ―プライド角田

栗坂単走終い仕掛け54.3-39.3-25.3-12.3

単走で駆け上がります。走り方を理解しているようで、自分でジワジワとギアを上げて行って終いまでしっかり伸ばしてきます。心身レベルは7歳ながら高い位置で充実しています。動きも良しです。

第67回チャレンジカップ(G3)
阪神芝右 外1800m / 天候 : 晴 / 芝 : 稍重
12.3 - 11.1 - 11.9 - 11.7 - 11.8 - 11.6 - 11.3 - 11.8 - 13.0
12.3 - 23.4 - 35.3 - 47.0 - 58.8 - 70.4 - 81.7 - 93.5 - 106.5
(35.3-36.1)
7-7-3着【35.2:5位】-0.5差

地味にハイレベル戦だったのがチャレンジカップです。5着馬のブラックスピネルはこのあと距離短縮で京都金杯2着、東京新聞杯1着,ここでのレース経験が生きている。同じく前目でレースを走ったケイティ―プライドもここでの更なる活躍を期待したいタイミング,本レースで活性化されていれば楽しみはある。



ストロングタイタン池江

栗坂併せ馬北村宏馬なり51.9-37.7-24.1-11.9

馬なりで楽に動けています。併せ馬で併走馬は追っていましたが,こちらは馬なりで走って楽に先着できています。前走の負け方は不可解ですが,デキに関してはむしろ前走以上で実績かる小倉遠征で再度見直したいタイミングではある。

→ 前走敗因は,早めにマイネルフロストが外から捲り上げてきてそれにつられる形となり道中リズムを崩した。また、直線向いて差し込み馬に外から被されて狭いインを窮屈に走らされる形になってここでもリズムを崩した。アウェイ一番人気の洗礼を受けた形でした。

→ 坂路でしっかり時計出せるので,急坂設定適性はあると思ったのですがね。

→ 前脚はしっかり前に出せているので,小倉で走れるタイプなのでしょうか。

→ うちのブライトクォーツ君もこのくらい楽に時計出せるように心身が成長してほしいところ。どうも追い切りもレースでも動きませんね。鈍足です。京都のD1800mばかり使っていますが,1800mでも距離は「短い」です。もっと距離延長したい。このままだと1勝は危ういですね。(私事でスイマセン(笑))


第66回日刊スポ賞中山金杯(G3)
中山芝右2000m / 天候 : 晴 / 芝 : 良
12.4 - 11.0 - 12.7 - 11.8 - 12.5 - 12.0 - 11.5 - 12.0 - 12.3 - 12.4
12.4 - 23.4 - 36.1 - 47.9 - 60.4 - 72.4 - 83.9 - 95.9 - 108.2 - 120.6
(36.1-36.7)
5-5-5-5-9着【37.1:9位】-1.5差

修学院ステークス
京都芝右2000m / 天候 : 晴 / 芝 : 良
12.3 - 11.3 - 11.8 - 11.6 - 11.8 - 12.0 - 11.6 - 11.6 - 12.3 - 12.3
12.3 - 23.6 - 35.4 - 47.0 - 58.8 - 70.8 - 82.4 - 94.0 - 106.3 - 118.6
(35.4-36.2)
7-7-7-6-1着【34.9:3位】-0.4差

修学院ステークスにおいて平坦向きのロングスパート適性はしっかり証明できている。小倉競馬も3戦3勝,慣れた舞台で,前走の中山では揉まれ弱さか,中山馬場が合わないのか,全力出せず,今回は「苦→楽」の適性替わりになる。デキに関しても,中山金杯より上がってきている気配なので,ここは改めて見直すべきタイミング

→ 池江軍団の2軍として,小倉重賞ヤリ設定馬に今後なる可能性がある馬



スピリッツミノル本田

栗CW3頭併せ終い一杯81.4-65.1-50.6-37.5-12.3

3頭併せで直線外の後方から仕掛けてしっかり追われ、前に出てフィニッシュ,追われてしっかり真面目に走れる素直さを確認できた。ただし,スピード性能には限界があるタイプでゆったり流れる長距離戦から上りがかかる展開だと対応できるが,1800mくらいの一定程度のスピード値とスピードの持続力が求められる設定は,本質的に同馬の適性外である。今回は,雨降って渋るなど,そういった設定がないのであれば,軽視で問題ない。



ダコール中竹

栗坂単走終い仕掛け53.4-39.1-25.3-12.7

鞍上の方が終始、後肢のの使い方を気にしているような乗り方をしていました。動きは蹴っぱりの強さは昨年の小倉大賞典時の最終追い切りのほうが良いです。前走は負け過ぎでちょっとどこか不安要素がありそうな気配があります。

→ 一応適性レース設定ではありますが,ちょっと前走の大敗後からの臨戦は昨年比較でも不安有



ダノンメジャー橋口

栗CW併せ馬終い見せムチ83.9-67.9-53.2-38.9-12.7

脚が長めでダイワメジャー産駒の掻き込んで蹴り返す力強さとと飛びの一定程度大きさを持てているタイプでこのぐらいの距離もこなせそうな操縦性もも持っています。見せムチでサインを出すとしっかり反応して終いを伸ばしてきます。もっとキレてくれると理想ですが,12.7という数字よりは動きの印象は良いです。

第66回日刊スポ賞中山金杯(G3)
中山芝右2000m / 天候 : 晴 / 芝 : 良
12.4 - 11.0 - 12.7 - 11.8 - 12.5 - 12.0 - 11.5 - 12.0 - 12.3 - 12.4
12.4 - 23.4 - 36.1 - 47.9 - 60.4 - 72.4 - 83.9 - 95.9 - 108.2 - 120.6
(36.1-36.7)
1-1-1-1-7着【37.4:11位】-1.8差

早い段階でマイネルフロストが外からポジションを押し上げてきた関係で前が厳しい展開になり,教科書通りの5ハロンスパート戦,中山馬場も前受けで押し切るのが厳しい設定でした。レース映像を見ると,直線の急坂で止まってしまい,最後も惰性で頑張ろうとしましたが7着,しっかり体力がつくレース内容となっているので,今回,平坦設定となって前受けで少しでも楽で来たら,馬券圏内に絡んできてもおかしくはない。多少タルいレースではありますが,京都1800mで逃げて勝ちきってきた準OP走破歴有,その後のチャレンジカップでも良い負荷がかかって距離短縮でパフォーマンス上げる段階で距離延長を選ぶというミステイクローテでした。距離短縮&やや平坦化でパフォーマンス上げたいタイミング



パドルウィール中尾

栗CW単走終い仕掛け83.5-67.7-52.7-39.0-11.6

単走でコースの大外を走ります。直線向いてギアを上げるとしっかり脚を前に出して掻き込み後肢でしっかり蹴り返す連動ができている。首の使い方も良く上手に身体も使えている。キレる脚はないですが,大きく飛んで長く良い脚を使えるフォームが出来ている。地味に今回も好走できる条件は揃っている。あとは軽すぎる馬場設定にならないでほしいところ。先週くらいの小倉馬場なら理想的です。状態面も充実できています。


第52回金鯱賞(G2)
中京芝左2000m / 天候 : 晴 / 芝 : 良
12.6 - 11.0 - 12.7 - 12.7 - 12.5 - 12.6 - 11.6 - 11.3 - 11.2 - 11.5
12.6 - 23.6 - 36.3 - 49.0 - 61.5 - 74.1 - 85.7 - 97.0 - 108.2 - 119.7
(36.3-34.0)
2-2-2-2-2着【33.7:10位】-0.9差

スローペースからの瞬発力戦でポジション利があったという有利なバイアスがかかったのは否めない。ただ,能力がないと前受けでも上3F33.7でまとめることはできない。理想はタフで直線坂がある方が理想ではある。



ヒストリカル音無

栗坂併せ馬終い仕掛け51.3-38.0-24.8-12.2

クランモンタナとの併せ馬でしょうか,楽に併走して終い仕掛けるとギュンと伸びます。デキに関しては文句なく良さそうです。フォームに伸びがあるタイプではなく,かといって溜めても上がり性能には限界がある。理想は馬場が渋ってスピード値が削られる場面での末脚勝負です。毎日王冠で3着できていることから,このような側面を引き出せるなら面白さはある。

→ 騎手は高倉騎手ですか。天才ノリさんと比較するとやはり荷は重い。



フルーキー角居

栗CW3頭併せ浜中終い仕掛け強め87.3-69.7-53.8-39.3-12.2

併せ馬でインから追走,ほか2頭がレベル高いのか,遅れ気味になって終いしっかり追われてしまう角居流では珍しい光景です。フルーキーなりには動けています。硬いタイプで可動域に限界があり,ロングスパート戦になりやすい小倉競馬タイプには正直見えない印象はあります。



ベルーフ池江

栗CW併せ馬フォーリ終い仕掛け一杯81.8-66.3-51.9-37.9-12.3

インから併せて直線半ばから仕掛けて一杯に追います。以前から追い切りはズブくなってきていて,今回もズブいです。でも今のベルーフはこのくらいで問題ないのでしょうね。馬体の感じも良いと思います。

→ 前走はシュミノー騎手の4角から直線の捌きが素晴らしかったので2着,大外ぶん回していたら,2着はなかったでしょうね。そういう意味では割り引きたいタイミングではありますが,小倉重賞実績馬でG1挑戦タイプではなく,G3、G2のローカル狙い設定馬だと陣営も戦略を持っているはずで,基本的にここは「勝負設定」だと感じています。



レッドソロモン庄野

栗坂併せ馬終い強め53.3-37.7-24.3-12.2

終いしっかり追われて登板してきますが,12.2秒でもちょっと最後は苦しそうでした。メイショウサムソン産駒ですが,軽快な脚捌きで軽さがありそうなタイプに見えます。とりあえず間に合わせてきたかな?という感じで今回はどうかなぁという面はありますが,基本的にいい馬です。ここをステップに今後しっかり監視していきたい馬ではあります。今後のさらなる成長を期待したい。


ロードヴァンドール昆

栗坂単走太宰馬なり54.9-38.9-25.2-12.6

大きく飛べてパワーも持っているタイプです。重賞初挑戦ということで今回は経験する舞台設定です。

→ ララさんの出資馬ですね!遂に重賞挑戦!私も自分の出資馬をブログで評価する舞台まで上り詰めてほしい(笑泣)。私は失敗をしてきたわけではない。今後の大成功を収めるため,大成しないで終わる馬に出資し、見続けてきてしっかり分析してきたのであーる!(笑)


≪追い切り映像のない馬の補足≫


マルターズアポジー

有馬記念時の追い切りを見る限り,充実期に入ってきている雰囲気があった。ただ,基本的にはマイル~1800mの馬なので,今回距離短縮で改めて期待するべきタイミングです。追い切り映像がないので,生の情報は確認できません。

→ スパっとキレがあるタイプではないので,小倉のロングスパート戦はどちらかというと合うタイプのはず。

第52回福島記念(G3)
芝右2000m / 天候 : 晴 / 芝 : 良
12.3 - 11.3 - 12.0 - 12.8 - 12.6 - 12.1 - 11.8 - 11.6 - 11.5 - 12.8
12.3 - 23.6 - 35.6 - 48.4 - 61.0 - 73.1 - 84.9 - 96.5 - 108.0 - 120.8
(35.6-35.9)
1-1-1-1-1着【35.9:5位】-1.0差

人気薄ということもあって距離延長も楽逃げ楽走,道中12.8-12.6と大きく息が入ったのは大きい。後方から差し込んでこれないバイアスになった。


秋風ステークス
中山芝右 外1600m / 天候 : 曇 / 芝 : 良
12.3 - 11.5 - 11.9 - 11.5 - 11.5 - 11.3 - 11.6 - 12.0
12.3 - 23.8 - 35.7 - 47.2 - 58.7 - 70.0 - 81.6 - 93.6
(35.7-34.9)
1-1-1-1着【34.9:6位】-1.0差

上位入選馬は逃げ先行馬だらけで,唯一追い込んできて2着だったグランシルクの優秀さが際立つレース結果,そういった意味では,前受け有利バイアスが働いていた結果でもあるが逃げて勝ちきる内容は評価できる。


マイネルハニー


第55回スポニチ賞京都金杯(G3)
京都芝右 外1600m / 天候 : 晴 / 芝 : 良
12.2 - 10.6 - 11.1 - 12.0 - 11.7 - 11.9 - 11.5 - 11.8
12.2 - 22.8 - 33.9 - 45.9 - 57.6 - 69.5 - 81.0 - 92.8
(33.9-35.2)
2-2-5着【35.5:13位】-1.5差

ハイペで軽い馬場設定の京都で2番手追走で頑張る内容,時計がかかるタフな設定のほうが良かったが,今の心身レベルの高さを証明する好内容,次走レース設定が替われば前進可能


第67回チャレンジカップ(G3)
阪神芝右 外1800m / 天候 : 晴 / 芝 : 稍重
12.3 - 11.1 - 11.9 - 11.7 - 11.8 - 11.6 - 11.3 - 11.8 - 13.0
12.3 - 23.4 - 35.3 - 47.0 - 58.8 - 70.4 - 81.7 - 93.5 - 106.5
(35.3-36.1)
3-2-1着【35.9:16位】-1.2差




☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  ベルーフ、ケイティーズプライド

B+ ストロングタイタン、パドルウィール、ヒストリカル

B  フルーキー

B- なし

注  マイネルハニー 

( 補 足 )

 マイネルハニー,マルターズアポジーの追い切り映像がありませんね。これは追い切り映像を配信する主催者側としては大問題だと思います。苦笑。


(1)馬場・展開想定

 日曜天気 → http://www.tenki.jp/leisure/horse/9/43/32009-1hour.html

 日曜は天気問題なさそうで,土曜と同じ傾向ということで良さそう。

 マルターズアポジー,ダノンメジャー、マイネルハニーと前で主張したいメンバーが揃っており,重賞戦でもあるので,道中は大きく緩まないという想定,例年通り(昨年や3年前)のラップ想定です。

 馬場は綺麗でインが死んでいない状態の絶好馬場

 インから外7頭分くらいはしっかり踏み固められて伸びてくる馬場という想定で良い。

 展開面を考慮すると,道中淀みない流れでも脚が溜められてしっかり前を観て弾けてこられるだろうという心身充実している馬や適性馬を狙いたい。


 昨年の小倉大賞典ですが,1着アルバートドック,4着ケイティ―ズプライドは上手く4角立ち回ってイン突きが成功した馬です。過去小倉大賞典4着があるからということでケイティ―ズプライドを大きく評価するのは少々リスキーでしょうか。


無題


無題



(2)オッズチェック

【実質1番人気不在の大混戦なカオスオッズ配列】

 上位人気不安(混戦)で下位人気馬も出現確率が高い設定

 こうなると,なるべく材料のある下位人気馬を期待値込みでピックアップしたいところです。

02 6,4 2.4
08 6.6 1.6
06 6,7 2,4

09 10.1 3.6
12 10.8 2.0
11 11.6 4.1

10 18.3 3.3
07 7,3 3.1
14 9.0 3.6
03 15.0 4.3

01 25.5 5.6
16 29.4 6.8



(3)最終的な落とし込み

 個人的にハイレベル戦ローテ馬を狙いたい。

 ハイレベル戦は「チャレンジカップ組」です。

無題

マイネルハニー 小倉【0000】
ベルーフ 小倉【0201】2015、2016小倉記念2着
ケイティープライド 小倉【1102】2016小倉大賞典4着
 →※注:2016年斤量52k【0112】すべて掲示板以上,うち3回鮫島騎手騎乗
フルーキー 小倉【1000】2013年1000万以下特別戦1着
ヒストリカル 小倉【0000】
ダノンメジャー 小倉【1000】2014年新馬戦1着
クランモンタナ 小倉【1001】2016小倉記念1着(状態面は夏場のほうが良い感じ) 


◎08ベルーフ
〇10ケイティ―プライド =出現率高い穴馬設定=
▲06マイネルハニー
☆パドルウィール
☆02ストロングタイタン
△12フルーキー
△14ヒストリカル



 あとは買い方次第で,上記印馬だけで当たると思うんだけどなぁ。。。。どうだろう?(笑)


 ベルーフは,昨年ローテは,日経新春杯ステップで2400mからの距離短縮でペースに戸惑ってしまった分の負け,今回はしっかりチェレンジカップで負荷がかかった設定でレースペース的には戸惑わない。あとは展開的に前が速くなると考えるので,差して前を捕える設定と考えます。


 印位置は,ケイティープライドと迷いましたが,小倉適性という意味では,同馬が上で,池江厩舎のローカル重賞狙い「ヤリ設定」と判断し,この評価にしました。


 期待値重視であれば,◎と○を入れ替えて評価すべきでしょう。


 ケイティ―プライドは,斤量も合うのでしょうが,ここにきてグングン実力をつけている印象を受けます。チャレンジカップ3着のレース内容は優秀で,これを受けて大きく評価しています。3着なのに人気にならないですね。こういう馬を狙うのは大事です。心身レベルは高い位置です。


 マイネルハニーは,前受け馬で生き残る馬,展開次第によっては勝ちきりまでも視野に入れての評価です。京都金杯で速いペースを2番手で走っているので,今回は楽に先手を奪える「苦→楽」設定です。チャレンジカップ好走組で今集中できている連チャン期でもあるので良い条件替わりでもあることから軽視はできない。(何故追い切り映像がないのか信じられない。)


 心身充実,溜めないと弾けられないので,3着狙いの騎乗で馬券圏内もあり得るという見方です。心身レベルは充実しており,キレ勝負にならない設定合う。ただ,速めの競馬をすると,ナチュラルスピードが高いタイプではないため,持ち味の末脚がなくなる。その辺は考えて松山騎手に騎乗してもらう必要がある。好走には条件がつくのでこの位置


 ストロングタイタンは,連チャンで来て挫折,ここで立ち直れなかったらスランプ突入設定です。デキ自体は問題ないので,あとは適性舞台で能力を出し切るだけです。まだ見捨てないですが,重賞レベルでリズムを崩した恐れがあるので重い印も打たない。(無駄に人気しているし)


 フルーキーは基本的に小倉typeではない。同馬も溜めないと終いなくなる,性格はまとまっていて真面目、能力分は安定してだしてくる。チャレンジカップ組なので適性疑問も押さえ


 ヒストリカルは,デキが抜群に良いです。でも基本的に適性合わないはずと思っていたんですけど、毎日王冠で3着走れてしまっているので,困りました。ただ,適性合わない。鞍上も高倉と勝負条件ではないのでデキの良さという点だけで一応印は押さえ,個人的には適性理論的に切りたいくらい。



= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています

↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/1372-a2a42d05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-03