調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

ダイヤモンドステークス出走馬最終追い切り・調教分析2017 

2017/02/17 Fri.





--------------------------------------------------------------

※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


<< 更新情報 >>

〇 更新完了
  → ダイヤモンドステークスは更新する予定ではなかったのですが,頑張りました(笑)

◎ ダイヤモンドステークス出走馬最終追い切り・調教分析2017

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。



アルバート堀

美南W3頭併せ馬なり71.1-55.6-40.8-13.0

3頭併せでインから追走、真ん中の馬が仕掛ける動きに合わせて馬自身でしっかりついていって併走し,併入でフィニッシュ,内面にしっかり負荷がかかって,高いメンタルの強さを見せてくれている。堀流としてはしっかり仕上がってきたタイプの追い切りパターンです。

→ 有馬記念後,しっかり疲労とストレスを抜いて隙間重賞を狙ってきた点からも「勝負気配有」,それに合わせてムーア騎手が乗る点も評価高い。

→ 有馬記念はしっかりリズム良く騎乗しての7着,G1では足りませんが,レース内容的には集中力が途切れない次につながる競馬でローテ論的には評価は高い。



カフジプリンス矢作

栗坂併せ馬川田馬なり51.5-37.5-24.8-12.6

併せ馬の馬なりで楽に登板してきます。楽走でこの時計ですから本格化の兆しを感じさせます。前走においてもデキに関しては素晴らしかった印象です。

→ 再三書いていますが,やはり同馬は前の捌きが硬めでフォームが伸びず,高速トップスピードの持続力勝負は「合わない」タイプです。ですので菊花賞、日経新聞杯の京都戦はドボンで仕方がない。今回は東京,東京も今は馬場が軽めでイン前有利若しくは究極のキレが欲しい設定,スローペース過ぎると適性負けする可能性はある。ただし,「長距離戦」ということで「キレ馬が少ない設定」なはずなので,その辺を今の心身レベルとステイヤー能力で圧倒したいところです。



サムゾンズプライド杉浦

美南P併せ馬終い仕掛け55.9-40.6-12.8

外から先行させて直線併走,併走馬が仕掛けるとギュンと伸び、同馬は置いて行かれてしまいました。どうも安定化してきた気配が強いですね。レースを観ていても更に距離が伸びて良さそうな感じはないので,今回の条件は乗りずらそうな感じがあります。



ジャングルクルーズ藤澤和

美南W併せ馬北村宏馬なり70,5-55.4-40.4-13.3

ゆったり走らせて気負うことなくリラックスして走れています。フォームにも伸びがあって蹴り返しも良いです。東京コースはレースがしやすそうなタイプだと思います。あとは長距離適性ですが,札幌の2600mを勝ちきれない,ステイヤーズステークスも追い込んでなんとか掲示板争いまでと,適性的には「微妙」な感じがあります。



ファタモルガーナ荒川

栗坂単走終い一杯53.0-38.7-25.4-12.9

完歩が大きくしっかり柔らかく走れるところがディープ産駒です。ただ,高齢化で追い切りは動かなくなっています。それでも追われて53秒,馬体も非常にキレキレに見えるので,長距離戦をしっかり間隔を開けながらメイチで仕上げてきた背景は感じさせます。

→ アルバートとの叩きあいは見ごたえがあったステイヤーズステークスです。



フェイムゲーム宗像

美南W併せ馬北村宏終い強め70,8-55.3-39.9-13.3

併せ馬でインから併走,馬場は大外を走ります。外の馬が仕掛けるとそれに合わせて仕掛けて追って最終的にま前に出てフィニッシュします。去勢後、どうも追い切りは動かなくなってしまって、これまで馬なり追い切りがほとんどでしたが、しっかり追われる追い切りが基本ベースとなってきています。それでも,アルゼンチン共和国杯で見せた馬体や雰囲気はまだ衰えを感じさせませんでした。追い切りでは判断がわからないタイプのため,当日パドックで同様の気配を感じ取れたら,ここでも走れて不思議ではないと考えています。




プレストウィック武藤

美南W併せ馬西田終い一杯81.1-65.2-51.7-38.9-13.0

ピリっとキレないタイプですが,長くしぶとく伸びてくる体力・スタミナタイプなのでしょうか。それを感じさせたステイヤーズステークスです。今回は馬場的には軽さというかキレる脚が欲しい設定なので,適性的には前走時より合わない。追い切りを見る限りでは,デキは絶好調です。動かないなりにしっかり動けています。



ムスカテール友道

栗坂単走終い仕掛け56.0-39.8-26.1-13.0

走りには重苦しさがなく,軽やかにキレイに飛べている印象を受けます。ここ最近の中では雰囲気は一番良いです。メンバーレベルもここ2戦で走ってきたメンバーより落ちるので,一発大穴ヒモ出現あっても面白いタイミングでしょうか。

→ 根本的にキレタイプではないので,上りがかかる展開になって体力勝負向きになれば面白いか。



ラブラドライト齊藤崇

栗CW単走終い一杯85.9-69.8-54.4-39.9-12.2

単走でコースの大外を走ります。走るフォームは綺麗で仕掛けると弾けるか!と思わせて伸びる挙動をみせつつ,首を上げて嫌がってというズブさをみせる(笑)。ちょっと楽しかったですね(笑)。馬体はシェイプされていて長いところ走れても良い感じです。飛びが綺麗なので,しっかり溜めれるスローな展開で走らせてもらえたら面白いと思います。状態面は良いです。




☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  アルバート

B+ ファタモルガーナ

B  ラブラドライト、カフジプリンス、フェイムゲーム

B- ムスカテール、ジャングルクルーズ

注  なし 

( 補 足 )

 以降の更新はないです(笑)。

 層が薄い長距離重賞ですが,ここを狙って出走してきているのは,A~B評価の馬たちでしょう。


= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています

↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

--------------------------------------------------------------
関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 1
TB: 0

page top

コメント

はじめまして、た~くん75と申します。
もしかしたらコメントするのは初めてではないかもしれません。
いつもブログを楽しく拝見しています。
課金して見るのもいとわない内容で勉強になります。
今週は4重賞とも更新してくださり
あまりの頑張りに嬉しくてコメントせずにはいられなくなりました。
今後もマイペースで頑張ってください。
影ながら応援しています。

た~くん75 #- | URL | 2017/02/17 09:18 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/1370-4acabf08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-02