調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

根岸ステークス出走馬最終追い切り・調教分析2017 

2017/01/29 Sun.



--------------------------------------------------------------

※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


<< 更新情報 >>

〇 更新完了


◎ 根岸ステークス出走馬最終追い切り・調教分析2017

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。




エイシンバッケン中尾

栗坂単走終い仕掛けムチ53.4-38.2-24.7-12.6

余裕の動きですね。硬いのでダートで走るのは納得です。追い切りは手を抜いて走っていますが,それでも走りに芯が通っていてブレはないです。馬体も引き締まっており,連チャンできていることから心身充実期なのは間違いなさそうです。崩れにくいタイミングではあります。良いタイミングでの重賞適条件挑戦です。



カフジテイク湯窪

栗坂併せ馬馬なり53.6-39.1-25.2-12.6

余裕で動けていますね。楽に動けて53秒,追えば弾けます。心と身体が一体になって走れている状態で走ることに迷いがない状態です。充実しています。条件的にも適条件です。ここは結果を出したいタイミングではある。

→ 前走は距離長い分,末脚のキレが鈍った。今度は存分にキレが使えるはずです。前走効果で体力もついていることから,早いタイミングで多少仕掛けても伸び切れるイメージです。

→ 津村騎手降ろされて福永騎手に乗り替わりですか。これも政治力の差でしょうか。



キングズガード寺島

栗CW併せ馬馬なり85.2-67.8-53.1-38.3-12.5

併せ馬で外から併せます。リズムよく走らせてゴール板を過ぎてから仕掛けるとグンと前に出ます。操縦性は高いく,弾ける感じも確認できます。しっかりここ目標に仕上げてくる背景もあるのでその部分と線で繋がります。

→ 武蔵野ステークスは距離延長で好位差しからの4着,この負け方からも距離短縮は理想的な内容です。




グレープブランデー安田隆

栗坂併せ馬馬なり54.8-39.8-25.5-12.4

終始併走馬を煽るというか待ちながら馬なりで駆け上がるといった内容です。動きは余裕の動きで走れています。飛びも大きめでいかにも平坦・ダラ坂向きな面も兼ね備えている。高齢ですが,追い切りの動きや適性面からも侮れない部分はあります。



コーリンベリー小野次郎

美南D併せ馬横山和馬なりから終いムチ66.4-51.0-37.3-12.5

溜めを作ってから終い伸ばすという練習を意識的に行っている感じがあります。ただ,以前の突き抜けるような闘争心は影を潜めるようになってきていて,追い切りを見てのインパクトは低い感じになってきています。個人的には,割り切って1200mダートの覇者として君臨するべくの鍛え方が好ましい。東京よりは,小回りのほうが良いタイプです。



タールタン吉村

栗坂単走終い気合53.5-39.5-25.6-12.5

ガッチリしたいかにもパワー型な砂馬です。走りはしっかり集中できていて最後までブレずに芯が通った走りで駆け上がれています。身体の使い方も良く,真っ直ぐ走れている面も良し。単走で集中できているのも良い。

→ 東京1400~1600mの適性馬で前走は中山D1200mと条件が大きく異なるレース,それでも5着まで追い込んでこれているので,コースと距離伸びて大きくパフォーマンス値が改善されるタイミングです。追い切りも良し。



ニシケンモノノフ庄野

栗坂単走終い強め54.0-39.4-25.4-12.1

前半はゆったり走らせていたら馬が行きたがっている素振りを見せながら走っています。そこから終いギアを上げるとピタっと良い姿勢で走るようになりしっかり終いは伸ばしてきます。行きたがる感じから,東京コースに替わってどうかなぁ?という面はあるが,湿って前が止まりずらい設定になるなら面白さはある。非常に若々しくてエネルギッシュ,良い馬です。



ノボバカラ天間

美坂単走馬なり51.4-37.3-24.9-12.8

坂路を馬場の外を余裕の動きで登板します。デキはしっかり高い位置で安定できている。パワフルさもあるタイプです。

→ カペラステークスは完璧すぎました。完璧すぎるからこそ,近走の走りから東京1400mへの変更は適性値またはパフォーマンス値は落ちそうな感じはあります。距離延長で前走逃した内容も然りです。あとは,心身充実レベルでタイプできるか否か次第



ブライトライン鮫島

栗坂単走終い仕掛け51.8-37.4-25.4-13.4

気の悪さも見せず,余裕の動きで単走ながら楽に51秒で走れています。デキに関しては悪い感じは全くしません。芯が通ったブレが少ない走りができていて,身体の使い方も線で走れている。再度田辺騎手乗ってくれるならこれは面白いかもしれません。

→ 前走は適性外レースでしかも先行早め進出させてペースを緩めない役を演じるアウォーディーの支援機だったので完全「度外視」で良い。むしろチャンピオンステークスの舞台で併せ馬と坂路追い切りを行ったと考えればよいだけで,適性レースのここは馬柱の汚れ具合からも「大穴馬」の資質を持てるタイミングではある。



ブルミラコロ大久保龍

栗坂単走馬なり52.6-38.2-24.6-12.1

パワーが合って大きく走れるタイプです。52.6-12.1と速く見えない走りですが,時計は速いのですね。恐るべしです。これは結構強いかもしれません。坂路で楽にパワフルかつ時計だせちゃうので阪神や中京のほうが生きそうですが,完歩のストライドの大きさからも東京コースは歓迎でしょう。これで先行されたら止まらないのでは。



ベストウォーリアー石坂

栗坂併せ馬終い終い仕掛け52.6-38.0-25.1-12.7

貫禄が合って気負わず無駄な動き市内で真っ直ぐ駆け上がってきます。加齢で安定化してきている気配はありますが,身体の使い方や走りからも能力の高さは感じさせます。

→ ここ1年間勝ちきれない状況が続いていることから,どうも安定化してきている流れを感じさせます。



ベストマッチョ手塚

美南W単走馬なり67.1-52.7-38.7-13.2

併せ馬でインから併せます。直線では終始前に出て後ろから煽られる形も動じず終始前をキープします。無駄な力みもなく,楽に走りながら,捌きはしっかり力強さを感じさせます。内面の状態も良いです。

→ 【4100】成績優秀,東京に特化してローテを組んでいます。過去ローテからの推察的にもまずはここを目標に陣営は仕上げてきたはずで,鞍上もルメール確保,力が入る一戦です。




モンドクラッセ清水英

美南W併せ馬終い仕掛け67.8-52.5-38.7-13.4

追い切りではガツンといかずに我慢させながら走れるようにはなってきています。スピ―ド値はあるので,このくらいの距離で流れに乗って差し込むというのもありでしょうか。ただ,それを考えると追い切りでもっと終いギュンっと斬るような追い切りで鍛えてきてほしかった。闘争心はまだあります。

→ 走りを見ると1800mくらいの小回りで機動性生かすタイプには見えてしまいますが,チャンピオンステークスを逃げて0.6秒差,距離短くなってスピード負けしないなら,この短縮ショックは生きてくるタイミングではあります。



ラストダンサー久保田

美南W3頭併せ終い強め68.6-52.3-38.4-13.0

3頭併せでインの後ろ目から直線仕掛けて突き抜けます。終始併せ馬で動きははっきり確認できませんが,追われてからしっかり脚を使って突き放す点は内面的に充実している証です。

→ 東京に拘って使っています。田辺騎手が乗りだして2連勝、田辺騎手と手が合っていそうです。



ラブバレット水沢

美北C単走山本終い強め79.0-62.4-48.6-36.2-12.6

コロンとした体型で力強く掻き込みますが,東京向きの伸びやかさが足りない感じがあります。理想は小回り設定で適性的に厳しいかなぁ。仕上がりは良く,捌きも力強くて後肢はしっかりと蹴り返せています。



☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A 人気ブログランキングへ(2頭)

B+ カフジテイク

B エイシンバッケン、グレープブランデー、ベストウォーリアー、ニシケンモノノフ、ブライトライン、ブルミラコロ、ラストダンサー、キングズガード

B- なし

注  なし

( 補 足 )

(1)簡単な補足

一長一短もB評価馬は馬券になる可能性があると思っている馬


エイシンバッケン 捌きが硬めで坂路でグイグイ走れるので,阪神とかの方が合いそう。フォームの伸びが必要な東京だと重賞でスペシャリストが揃うここではやや評価は落ちるか


ブルミラコロ

追い切りの動画を見ると後肢が開き気味で蹴るタイプです。平坦推進力勝負(トップスピードの持続力)になるとこういうタイプはちょっと不安,坂路でスイスイ上がれるパワーがあるので直線急坂があるほうがモアベターでしょうか。


カフジテイク

追い込み馬なので,仕掛けるタイミングが重要,乗りなれて結果を出している津村騎手から追い込みタイプではない福永騎手替わりはちょっとどうかな?と思えるタイミング,馬はバイアス次第で好走できるタイミングではあるが。


ニシケンモノノフ

前走ヤリ騎乗でノリさんお見事でした。ただ,今回に生きるレース内容ではないので・・・・・・・どうかなぁという面はある。


ラストダンサー

東京1400mは得意でリズムよく走れるタイプ,田辺騎手に替わって先行するようにさせて最後まで集中して走れるようになった。前走が完ぺきな騎乗での勝利なので更なる伸びしろはどうかなぁという部分はある。


キングズガード

武蔵野ステークスでは最後ヨレてしまってノリさんが全力で追えていない姿が見られた。この辺しっかり矯正できてくれば。


ベストウォーリアー、グレープブランデー

走りを見ると無駄なくまっすぐ走れる東京コース適性タイプ、斤量や安定化を考えると強く推せはしないが。


 今回「狙いのタイミング」なのは,A評価の1頭目に書いた馬だと思っています。

 馬場バイアスを確認してから最終的な本命にするか明日考えます。



(2)オッズ配列チェック


人気グループ --------------------
03カフジテイク 3.6 1.5
05ベストウォーリアー 5.9 2.0
15ベストマッチョ 6.4 2.6
伏兵グループ-------------------- 
14キングズガード 8.2 1.9
13エイシンバッケン 7.4 2.3
04ニシケンモノノフ 16.6 4.4
穴馬グループ-------------------- 
16ノボバカラ 16.4 5.0
02ラストダンサー 16.6 4.4 03からW評高
01ブルミラコロ 16.2 4.1
準穴馬グループ--------------------
11タールタン [27.3] [4.2] 0305からW評高
09コーリンベリー [23.8] 5.1
-------------------- 
07モンドクラッセ [33.1] [3.5] 【基本的に,馬券圏内候補はここまで】

 オッズ配列的には,下位人気が出現しやすい配列でしょうか。

 1番人気と2番人気を比較した場合,1番人気のほうが安定して指示されています。賞金加算がここでの命題であることから,ここで結果が求められるカフジテイクと福永騎手です。


(3)オッズ配列チェック

 久しぶりに気合入れてチェック入れています(笑) ですので結果出したいなぁ・・・・・


◎11タールタン=大穴軸=
〇03カフジテイク
▲15ベストマッチョ
▲13エイシンバッケン
☆05ベストウォーリアー
☆02ラストダンサー
△その他ヒモ馬


 タールタンは,追い切り評価,適性評価,ローテ評価と「3つの視点から大きな評価を与えている馬」です。

 東京適性は周知のとおり【3435】,近1年で見ると.【0221】の成績でうち東京は【0210】という安定感です。東京コースで自分のペースで追走してから相手なりにしぶとく伸びるタイプで1400mが得意,特に「東京1400m」が良い。

 気になるのは「9歳」という年齢ですが,追い切りを見ていても「全然若く,集中力も高い」状態です。むしろ馬柱みて「うは!タールタン、もう9歳かよ!!」とそのギャップにびっくりしたレベルです。追い切りも◎

 前走は重賞戦でメンバーレベル良し,中山D1200mと東京D1400mはまったく求められる条件が違います。ですのでボロ負けで問題ない適性替わりですが,絶妙に「5着だった」という点が素晴らしい。

 明らかに軽すぎる設定で距離負けしたという内容で,馬はしっかり1400m戦のリズムで走れていました。これは次走東京D1400mで結果を出すという面での「調教レース」としての評価は高い。

 あと,陣営は「根岸ステークス」こそ同馬の最大の適性条件であるということを理解しているということです。逆算してこのレースに向けて仕上げてくるはずでそれがしっかりできている追い切り内容とローテ内容だということです。

 オッズ的にも,下位人気が出現したい配列,期待値高く,インサイド側も出現させたい力学が働く位置にいる。

 ここが最大の正念場で,継続騎乗する北村宏司の腕にかかっています。頼みます!


 カフジテイクは,人気の追い込み馬なので嫌いたいところではあるが,ここは凡走させたくない意志があり,追い切りも良し,評価は落とさない位置で評価します。


 ベストマッチョは,成長著しい明け4歳馬で,連戦連勝しているように「闘争心が強い」タイプです。東京コース慣れしているのでこのコースにおいては競争熟練度は古馬に負けないはず。鮮度で戦えるタイミングで闘争心の強さから格上もOKという評価です。


 エイシンバッケンは,走法から割り引きたい面はありますが,溜めて弾けさせられる展開になるなら上位進出もありえると考えました。追い切りからもデキは素晴らしく,集中力も高い位置にいます。岩田騎手も最近干されていて,大きい舞台で結果を出せる馬に乗せてもらえる時は渾身の騎乗をする心身状態にあります。


 以下,☆は東京適性馬

 △は上表の馬をお好みで


 グレープブランデーは,善臣先生なので適当に流して終わりそうな気配がプンプンする・・・・・

 オッズ外で押さえたい紐大穴は,12ブライトライン



= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています

↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

--------------------------------------------------------------
関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/1357-35e9ba1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-05