調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: THINKBACK 【 回 顧 】

AJCC回顧2017 

2017/01/24 Tue.


無題


無題


【AJCC】(中山)~タンタアレグリアが内から抜け出し重賞初制覇

中山11Rのアメリカジョッキークラブカップ(4歳以上GII・芝2200m)は7番人気タンタアレグリア(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分11秒9(良)。半馬身差の2着に1番人気ゼーヴィント、さらに1馬身1/4差の3着に3番人気ミライヘノツバサが入った。

タンタアレグリアは美浦・国枝栄厩舎の5歳牡馬で、父ゼンノロブロイ、母タンタスエルテ(母の父Stuka)。通算成績は14戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 タンタアレグリア(蛯名正義騎手)
「内がずっと空いていたので、こういう形になるといいなあとイメージしていた理想の競馬が出来ました。だいぶ気持ちもついてきて、手応えよく伸びて何とかしのいでくれました。これから賞金を加算して、春と秋に休んだ分を取り戻す競馬が出来れば......と思います。若い者に負けないように頑張ります」

(国枝栄調教師)
「だいぶ休んだので、体も一回り大きくなって力をつけてきました。まだ子供ですが、前に比べると大人になったし、天皇賞での経験が活かされたレースでした。特に問題ないので順調に行ってほしいです。あと1回使って、次の目標は天皇賞ですね」

2着 ゼーヴィント(戸崎圭太騎手)
「馬が良くなって、精神的にも落ち着いていました。今日は負けてしまいましたが、力もつけているので、もっといい走りができると思います」

3着 ミライヘノツバサ(内田博幸騎手)
「ヨーイドンの競馬では厳しいので早めに動いて行きました。よく頑張っています」

4着 ルミナスウォリアー(柴山雄一騎手)
「切れ味勝負では厳しいと思って、動いて行きました」

5着 ワンアンドオンリー(田辺裕信騎手)
「位置を取りたい馬が多くて下げる形になりました。最後は流れ込むような感じでしたが、この馬としては踏ん張っていたと思います。右にもたれるところもありませんでした」

13着 リアファル(V.シュミノー騎手)
「スタートで押したために少し掛かりましたが、あとはリラックスしていました。ところが、4コーナーを回ったところで反応が悪くなってしまいました」


 札幌旅行から早めに帰ってこれたので,パドック観て修正した買った馬券が上記馬券です。

 仕込み買いしておいた馬券は,タンタアレグリア抜けてハズレでした。タンタアレグリアは追い切り時はパッとしなかったですが,あの追い切りのあと当日までにグンと良くなってきたのでしょうかね。

 
タンタアレグリア

ミライヘノツバサの後ろのスリップストリーム位置からの見事なイン突き,エビーナの完璧騎乗,ロブロイ向きの馬場もマッチング

→ 完璧な騎乗による結果な面があるので次走過剰人気するなら避けたいタイミング,次走の馬場もコースが変わるなら評価再考
→ 休ませて再度充実して来る可能性を感じさせたレース内容,阪神大賞典走らせてほしい。


ゼーヴィント

展開向いた,横綱相撲で格持ちの競馬内容,キレが削がれるコース設定や馬場なら大きく崩れない,まとまっている。

→ シルクヤリ週での勝負仕上げ,勝負騎乗依頼設定


ルミナスウォーリアー

柴山騎手の勝負仕掛けだったが,この馬の走りを見ると,キレあるタイプだけにちょっと「強引過ぎた」面があった。逆にエビーナみたいな競馬が出来たら勝ちきれるだけのレース設定だった。非常に残念でした。


ミライヘノツバサ

中山大得意ですね。しかも今の馬場がマッチングできている。逆に東京や京都なら「適性理論として」嫌いたいので覚えておきたい。心身レベルは高い時期にある。


ワンアンドオンリー

田辺は天才,結果を出すためのコース取りをした。近走柴山騎手との騎手力の差を感じさせる。上手くイン突いての5着でそこまでポジティヴチェンジできる内容ではない。


ナスノセイカン

直線仕掛けを熟練してしまったせいか,コーナリングしながらの加速負けしていました。4角でルミナスウォーリアーの進路が前にきたせいで狭くなって減速もしている。あとせめて,直線向いてルミナスウォーリアーくらいは交わさないといけない。左回りに戻るなら再評価はしたい。


シルクドリーマー

パワー馬場は合っていた。展開もマッチそれでもこの位置が重傷では限界



クラリティスカイ

距離延長+前に厳しいペースで先行でスペックダウン,次走距離短縮で。馬場は今の中山馬場が合うので今後馬場設定がコース替わりで変るなら,しっかり確認必要


クリールカイザー

人気は背負っていないのに前に重力がかかる不利な展開でドボン,大外枠で前半脚使ったのも悪さした。高齢化で体力も減退でもうしばらく適レースないかなぁ。


リアファル

厳しい展開で自分でレースを投げ出してしまった。どうも内面は「安定化」してきているようです。これはもう今後は上級戦で評価できない馬という位置付けです。
関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/1356-cfeb4b3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-06