調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: THINKBACK 【 回 顧 】

フェアリーステークス回顧2017 

2017/01/09 Mon.


◎フェアリーステークス2017回顧

無題

170108フェアリー馬券2

 ブログ書いた時点では,◎〇▲の,「4頭×4頭×ヒモ馬」の3複フォメで買う予定でしたが,

 パドック観て,オッズ,馬場設定,典ちゃんの今日のやる気(菊澤Qの馬で大舞台の時は本気騎乗する)を考えたら,アエロリットで良いと判断して軸馬設定へ

 そこから,3頭にフォメ組んで,ヒモ選び,買い目減らしたくて,調教映像ないモリトシタユリはいっかぁ!みたいな簡単な帰結で絞ってしまってドボン・・・・・・。

 逆に,追い切りはダメダメでしたが,パドックでしっかり落ち着いていて,パワーがしっかりあり,かつ好枠のジャストザマリンは重ね買い馬に抜擢

 直線向いたとき,ライジングブリーズ来た~!

 あとは,おー!05も06も12も持っている!圧勝キター!(*´ω`*)

 と思ったら,08モリトシラユリにギリ差されて終了。。。。。

 クロフネ産駒軸にするなら,前走圧勝のクロフネ産駒の格上げ戦買わないとダメだよね。昼間っから酒飲んで酔っ払っていたので思考停止してしまった。

 荒れ目当てれそうなレースだなぁ!とブログ更新時に思っていましたが,人生なかなかうまく行かないもので(笑)

 また,今週もコツコツ頑張っていきます。

 とりあえず,ラップ表貼ってみましたが,前半速いですね。展開と馬場でモリトシラユリが間に合ってしまった結果です。

 中山マイルで重馬場設定,今後の重賞戦線に生きるかとどうかは不明ですね。

 前受けして重力背負いながらも2着に残した アエロリットは強い というレースでしょう。

 でも,アエロリットも基本立ち回ってなんぼなので,阪神や東京ではパフォーマンスは落としそうですね。パワーがあるタイプで決め手が必要なクラシック向きではない感じがします。
 
 ライジングリーズンも基本は短距離馬,前走で距離延長から溜める競馬を覚えさせた効果がここに生きた内容,重たい馬場で中山の持続ラップ設定,そして前が速い展開とすべてがハマった印象です。

 闘争心も強いので,距離短縮的なコース替わりもプラスになりました。すべてがハマった結果なので,次もあるか?と言われるとそれはわかりません。でも追い切り観ていても,いい馬でしたよ。パドックもエネルギッシュに歩けていました。


= 次走以降のチェック馬 =


コーラルプリンセス

やはり急かされるレースペースは合わない。次走は距離延長で。中山よりも,馬場が重たい設定の東京若しくは阪神で。L質な面があるのでこの変更はプラスに出るはず。


キャスパリーグ

マイル適性を証明しきれていないので大事に乗りましたが,ちょっと展開と馬場がタフ過ぎた。次走相手弱化で楽なペースで流れる設定で安定して差してこれるはず。ディープらしく飛べる馬なので今日は馬場泣きした面も強い。真面目でまとまっている馬なので次走以降設定替わりで注目


ツヅク

スピード値の高さは見せられた。やはり馬体的にも距離は短い方が良い。自己条件の距離短縮戦で今回のショックを生かしたい。



【フェアリーS】(中山)~10番人気ライジングリーズンが制す

中山11Rの第33回フェアリーステークス(GIII、3歳牝馬、芝1600m)は10番人気ライジングリーズン(丸田恭介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒7(良)。3/4馬身差2着に1番人気アエロリット、さらにクビ差で3着に7番人気モリトシラユリが入った。

ライジングリーズンは美浦・奥村武厩舎の3歳牝馬で、父ブラックタイド、母ジョウノファミリー(母の父キングカメハメハ)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ライジングリーズン(丸田騎手)
「外を回る競馬で強かったと思います。外枠でしたから、自分のリズムでレースを運ぶことが出来ればいいと思っていました。今回はこれまで一番調教を積めて、体調が上がっていました。成長しています。これからは広いコースでも対応出来るようにしたいです。楽しみです」

(奥村武調教師)
「新馬戦の頃は能力だけで走っていて、まだ体調は本物ではなかったのです。この中間、馬が良くなり、あれだけ攻め馬を積んでも体が増えていたので身になってきたのでしょう。桜花賞までどう戦っていくか、状態を見て決めたいと思います」

2着 アエロリット(菊沢隆徳調教師)
「頑張ってくれました。まだ成長途上で、無理を出来ない面もあって余裕残しだった分、ラストで甘くなってしまったのだと思います。レースは道中折り合いもついて、いい内容でした。まだまだこれから良くなってくるでしょう」

3着 モリトシラユリ(吉田豊騎手)
「トビの大きな馬で、いい感じで外へ持ち出して、最後もジワジワ伸びています。もっと距離があっていいタイプでしょう」

4着 ジャストザマリン(北村宏騎手)
「スタート後に前をカットされてしまいました。着差が着差だけに痛かったです。ただ、道中馬込みの中に入っても冷静に走れていました。大型馬でまだ伸びしろも大きいと思いますから、楽しみです」

5着 アルミューテン(勝浦騎手)
「折り合いもつきましたし、終いも伸びています。次につながる競馬が出来たと思います」
関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/1348-b0a8e332
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-03