調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

マイルチャンピオンシップ出走馬最終追い切り・調教分析2016 

2016/11/20 Sun.





--------------------------------------------------------------

※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


<< 更新情報 >>

〇 更新完了


◎ マイルチャンピオンシップ出走馬最終追い切り・調教分析2016

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。



イスラボニータ栗田

美南W単走馬なり71.3-56.1-41.3-12.9
前走:美南W単走68.1-52.5-38.0-12.8

基本的にいい馬です。いつも書いていることですが,飛びが大きく平坦適性高い馬で京都コース自体は合う。ただ,京都マイルという条件はある程度スピード力も必要なので京都マイルよりはじっくり乗れる東京マイルの方が合う。むしろ飛びが大きいので1800mくらいのほうがアドバンテージは生きそう。追い切り的には昨年度と比較すると今年は明らかに物足りない。これはフォトパドックとも線で繋がるのでG1という舞台を考えると不安材料を持つ馬という評価



ガリバルディ藤原英
栗坂単走福永終い仕掛け51.7-38.0-25.0-12.8
前走:栗坂単走福永終い仕掛け52.2-38.4-25.2-12.9

前走パドックを観ても馬体バランス良くガチムチ過ぎずに後肢や筋肉感も良し、若干硬さはあるもののこれが力強さになってしっかり蹴り返せている。足先に関してはディープらしい柔らかさがある。脚も長めでいい馬になってきましたよね。追い切りに関しては前走同様という感じです。大きく飛べて長く良い脚を使うという走りに見えます。そうい面から考えると,東京→京都替わりのマイル戦はちょっと忙しいイメージが湧く。

→ 福永騎手は馬のペースを優先して折り合い重視で運ぶタイプです。道中はやはり後方にならざるを得ない。展開・馬場バイアスで外差し有利になれば。




クラレント橋口

栗坂併せ馬岩田馬なり51.9-38.2-25.4-13.2
前走:栗坂併せ馬終い強め54.1-39.5-25.5-12.7

前走は助手,今回は岩田騎手と鞍上の違いはあるが、明らかに今回のほうが走りが素晴らしいです。体幹がしっかりしていてブレずに真っ直ぐ走ります。デキに関しては明らかに前走以上です。

→ ローテ理論的にここで生かすには,天皇賞は果敢に前受けしてほしかった。どうも中途半端な乗り方に終始してしまった印象を受ける。走りが硬いタイプで京都マイルだとキレ負けしてしまうタイプです。マイラーズカップで走れていますが、外枠でG1メンバーだとね・・・・・。



サトノアラジン

栗CW併せ馬川田終い仕掛け83.6-67.5-52.8-39.0-11.6
前走:栗CW終い一杯84.9-69.4-53.8-29.6-11.5

前走時は終いしっかり追って負荷をかけていたように最終追い切りを終えてやっと仕上がってきたという段階だったと思われる。追い切り段階の映像でも馬体も太目感を感じさせた。今回の最終追いきりは鞍上補正があったとしても時計は速くなっていて動きも楽に動けています。馬体もスッキリしている。馬体の確認はフォトパでも確認できており線で繋がります。デキに関しては明らかに前走以上と言えます。

→ 稍重の馬場は対応できるでしょうが,馬場が重くなるとトップスピード値が落ちてしまうので前が止まる展開ではないと追い込み切れなくて終わるという可能性はある。京都の下り坂スパートから平坦フィニッシュは明らかに前が止まりずらいコース設定なので尚更ですね。そういう意味での不利はある。内枠配置なので恐らく後方に下げて脚を溜めて外から捲り追い込みという戦法を取ると思っています。

→ 当日の芝状態、馬場バイアスを確認してですね。

→ 川田騎手、G1.追い込み馬、内枠配置,1番人気,買いずらいですねぇ。川田騎手はなんか騎手面々から嫌われていそうなイメージがある(私の偏見ですが(笑))で大舞台では前をあけてくれない可能性がある。ノーザン産・池江Q・里見さんの馬なのでその辺はみんな空気を読めるでしょうか。騎乗馬干されたら嫌ですもんねぇ。



サトノルパン

栗CW単走デムーロ馬なり49.1-37.6-13.0
前走:栗CW併せ馬馬なり51.8-38.2-12.3

ディープインパクトらしくないというかS(闘争心)が強いですねぇ。前走でも距離延長で終始噛んで鞍上と喧嘩しながら道中はしっても最後伸びて2着という、重賞で道中体力消耗しても2着来ちゃうの?というビックリしたというのが本音のレースでした。今回更に距離伸ばしてマイル戦(約1年半ぶり)というちょっと心配な面があります。追い切りは前走同様しっかり動けています。

→ ミッキーアイルが出走するので、ミッキーアイルが早いペースを作ってそれでも残り切るような展開だったら同馬も出現していても良さそうな感じはある。まぁ個人的にはミッキーアイルは来ないと思っているので・・・・苦笑。



サンライズメジャー

栗坂単走馬なり55.6-39.5-25.4-12.4
前走:栗坂単走馬なり56.2-41.0-26.5-12.9

前走から大きく変わってきた感じはない。むしろ前走でも動きは非常に良かったくらいです。京都マイルだと軽すぎる印象でG1フルゲート大外枠になるとなおさら厳しいか。相手弱化+京都なら少頭数くらいが良い。



スノードラゴン

美坂単走大野馬なり51.1-37.6-25.1-12.6
前走:美坂単走大野終い仕掛け51.1-37.5-25.0-12.6

前走でも追い切り評価していますが,今回も同様に動きは素晴らしいですね。楽に時計も出せています。ただ,基本的にダートでも走れてしまう筋肉隆々なスプリンターなので京都マイルという条件においてのスパート戦はタイプ的に合わない。自分でダッシュして坂もタフに登りきれる四輪駆動のスプリンターは基本的に京都マイルは合わないはず。



ダノンシャーク大久保龍

栗坂併せ馬終い仕掛け気合51.5-37.8-24.8-12.6
前走:栗坂併せ馬馬なり53.0-39.3-25.3-12.7

好時計で走れていますが、余裕はなさそうです。高齢化でどうも活力がなくなってきている印象を受けます。G1だともう厳しいでしょう。




ディサイファ小島

美坂単走終い強め53.4-38.6-25.5-12.8
前走:美坂単走終い一杯53.2-38.1-25.0-12.5

坂路の大外を活気良くしっかり動けています。キレるというタイプのディープ産駒ではないですがパワフルにしっかり伸び切るタイプの産駒です。天皇賞に見向きもせずにここに照準を定めて仕上げてきた感じがあるので、そういう意味では評価は高い。デキに関しても前走以上という評価になる。

→ 毎日王冠ローテ組です。世代メンバーレベルを考えると,スワンS組<毎日王冠組(天皇賞組)である。マイルチャンピオンシップの前半5Fは58秒~59秒辺りになりやすい。そう考えるとステップ的に微妙だが,一気に距離短縮の安田記念で前半5F59.1に対応して2着馬と0.1秒差の6着できている。

→ 毎日王冠も不利さえなければ4着はあった。馬場が渋って時計が掛かってくるのも歓迎です。当日の馬場バイアス次第では面白い存在になりえる。



ネオリアリズム堀

美南W併せ馬ムーア終い仕掛け71.7-56.0-40.9-12.7
前走:函館芝3頭併せ馬なり62.2-47.8-34.4-11.7

逃がしてしまったあとなので馬の後ろから追い切りをかけるとどうも噛んでしまう側面をみせている。マイルチャンピオンで結果をだすための臨戦は組めていないのでそういう意味では強く推す材料はない。追い切りは悪くはない。



フィエロ藤原英

栗坂鮫島終い仕掛け53.9-38.9-24.7-12.2
前走:栗坂戸崎併せ馬馬なり52.3-37.5-24.4-12.5

スワンステークスはレースに行ってしっかり折り合えなかったので,最終追い切りは前半からしっかり手綱を絞って折り合わせる練習をしているように見える。前走時よりしっかり溜めて弾けるということを意識して動けています。そういう点からも今回は変わってくる可能性はある。もともと前哨戦はほどほど仕上げで叩き2戦目でしっかり仕上げてくるのが藤原英厩舎なので,当日のパドックで太くないなら馬券的にも狙っても良い期待値を持つ馬です。

→ 前走は戸崎騎手が追い切りに乗っていて,それがいつもの稽古パターンと違い,リズムを狂わせた可能性があるのが前走です。それを修正してきた可能性があるのが今回、ただ、フォトパは馬体が太く見えたのでその辺は要チェック



マジックタイム中川

美南W単走馬なり69.6-53.1-39.7-13.1
前走:美南W併せ馬馬なり68.5-51.9-38.7-13.1

しっかり内面が作れていて闘争心と集中力が上手くマッチできている。身体も体幹の良さを感じさせており,しっかり四肢で蹴って走れている。フォトパの印象よりも追い切りの印象は良い。思っていたよりも仕上がってきてはいる。



ミッキーアイル

栗坂併せ馬浜中終い一杯51.7-37.3-24.2-12.4
前走:栗坂併せ馬松山終い矯正50.0-37.7-25.6-13.3

坂路の入りは馬の後ろにおいてそこからインに出して併走終い一杯に追って併入です。スポーツカーみたいなタイプでスピード値は素晴らしい。ただ、もう馬がスプリント仕様になってしまっているので折り合えるかどうかとペースを落として良さが出るか、追ってそこまで味がないなど大幅な距離延長はプラスに感じさせない。スプリント戦スピード勝負向きの身体能力の高さは素晴らしいものを持っています。



ヤングマンパワー手塚

美坂3頭併せ馬なり53.2-39.5-26.0-12.5
前走:美坂併せ馬馬なり53.0-38,6-25.2-12.2

併せ馬でしっかり内面に負荷をかけられ,馬自身もしっかり集中力を持って走れています。集中力で言えば前走追い切り以上です。雰囲気は良い。

→ デインヒル系で新潟東京重賞連勝ですね。まぁデインヒル系特有のゴツ過ぎる感はないので京都でも対応できる感じはあります。集中できているので内枠はプラスです。



ロードクエスト小島茂

栗CW併せ馬池添馬なり80.6-65.1-50.5-37.2-12.7
前走:美南W3頭併せ調教師馬なり52.7-38.8-12.4

前走はちょっとちぐはぐな追い切りでしたが、今回はしっかりとこの馬のリズムで走らせてラスト流して終了です。追えばギュンっと弾けていたでしょう。体幹良くブレない走りが出来ていて蹴り返しも良い。前走以上の出来です。



 疲れたので・・・・(笑),他馬は省略します^^;



☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  サトノアラジン

B+  ヤングマンパワー、ロードクエスト、ディサイファ

B   フィエロ、マジックタイム

B- クラレント(デキは素晴らしい)、ミッキーアイル(能力値・デキは高いが・・・)、スノードラゴン(デキは◎)、サトノルパン(デキ良いも・・・・)、ガリバルディ(いいものはあるが京都マイルタイプにはみえない)

注  なし 

( 補 足 )

 馬そのものを評価すると サトノアラジン がやはり上位評価になる。

 その他有力馬を,B+とBで評価

 デキや能力値は高くても,適性面やローテでどうかなぁという馬をB-評価にしています。

 この辺は私独自の偏見が入っているので各自で上げ下げ補正してください。



(1)一週前追い切り映像ある馬



イスラボニータ 
スノードラゴン B-
ディサイファ B+
ネオリアリズム 
マジックタイム B
ミッキーアイル 
ヤングマンパワー B+
ロードクエスト B+



(2)オッズ配列チェック


1番人気02サトノアラジン 単複4.2 1.7 馬連2-8 11.3 3複2-5-8 21.7
単複→不安定
馬連→不安定
3複→不安定

 オッズ配列からは,サトノアラジンは絶対的な1番人気ではなく、押し出される形の1番人気という評価になる。ほぼ同列にイスラボニータ、ヤングマンパワー、ミッキーアイルがいると考えて良い。

 配列的には,下位人気馬も出現しやすい配列で11番人気サトノルパンまで出現しやすい。ヒモ穴レンジは13番人気ウインプリメーラまで

 配列異常 馬連 8-15 8-9
      馬単 8→15 8→9


人気グループ --------------------

02サトノアラジン 4.2 1.7 池江Q N D 
08イスラボニータ 5.6 1.8 ルメール
05ヤングマンパワー 6.7 2.4 N バルザロ
16ミッキーアイル 6.8 2.5 D 

伏兵グループ-------------------- 断層有

07フィエロ 12.5 2.6 藤原英Q D 戸崎継続

04ロードクエスト 11.4 3.6 栗東先入れ 池添継続
10マジックタイム 13.0 3.1 N シュタル

穴馬グループ-------------------- ここに断層小さい

15ネオリアリズム 11.8 4.0 単勝異常 N ムーア×堀
17ガリバルディ 18.2 4.1 藤原英 N D 
09サトノルパン 24.0 5.4 デムーロ

準穴馬グループ-------------------- ここに断層小さい

01ディサイファ 23.0 5.0 D 武豊(京都得意)

-------------------- 以下略


 オッズ的には サトノアラジン不安 , 馬見的には,サトノアラジンはここピークの仕上がりで生涯充実期

 私的には「買いずらいG1設定」になります。

 エリ女パターンではないですが,心身充実している馬を素直に選ぶと

 02サトノアラジン
 05ヤングマンパワー
 04ロードクエスト
(前走はバイアス負けで今回極め仕上がってきた)

 この3頭の評価は必然と高くなる。


 下手に捻らないで,落とし込むと


 ◎02サトノアラジン
 〇05ヤングマンパワー
 ▲伏兵04ロードクエスト
 ☆伏兵07フイエロ
 ☆準穴01ディサイファ
 △追い切り評価した馬たち+オッズ異常ネオリアリズム



 配当を高める役者は

 ▲伏兵04ロードクエスト
 ☆伏兵07フイエロ
 ☆準穴01ディサイファ


 3頭を指名,この3頭をどう絡めて買うか,むしろ軸で買うか,その辺をじっくり悩みたい。馬券への落とし込みは一生の命題です。

 パドック観て、フィエロが激仕上げだったら,ここから入るのも期待値が高いので良いでしょうか。

 馬場が渋るなら,体力勝負になる設定で毎日王冠ローテのディサイファを狙いたい。

 期待値勝負なら,人気落としているロードクエストから入るのも良し。


 不利さえなければ,個人的な絶対軸(馬を見る限り)はサトノアラジン


 パドックまで悩んでみたいと思います。



= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています

↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

--------------------------------------------------------------
関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 1
TB: 0

page top

コメント

いつも拝見させていただいています。今回は少し後味の悪い結果になりましたね。これだけ他馬に迷惑をかけて被害馬と馬券購入者だけが損をするのはどうかと。勝ちはないとの判断でしょうが、馬券内は充分あり得たのでは。デサイファの下で10着、三方が損するのが妥当と思います。

S #aEmTB4nk | URL | 2016/11/21 10:58 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/1331-ccc78181
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-04