調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

東京スポーツ杯2歳ステークス出走馬最終追い切り・調教分析2016 

2016/11/18 Fri.



--------------------------------------------------------------

※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


<< 更新情報 >>

〇 更新完了
 


◎ 東京スポーツ杯2歳ステークス出走馬最終追い切り・調教分析2016

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。





エルデュクラッシュ池添学

栗CW3頭併せ松山馬なり85.0-69.1-53.6-38.8-12.4

クロフネ産駒の牡馬ですか。馬体バランスが良くゴリっとし過ぎておらず柔らかすぎない点も良いですね。おそらく古馬になっていく過程でパワーが強くなっていく遺伝子を持っていそうですが,現状では「ちょうどよい」力量感を感じさせる。クロフネ牡馬がゴリっと出やすいのでそういう意味ではいい形で出ていると思います。脚もしっかり前に出して後躯も後ろまで蹴り返せている。胴もゆとりがあるタイプで距離も中距離以上でも戦えます。内面も真面目そうで完成度も高く,現段階では評価は高い。

→ ギュっと力強さと適度な俊敏さを持って弾けそうな挙動を確認できる。東京コースも合うはず。クラリティスカイを思い出す。でも基本的にクロフネ感はあることは覚えておきたい。



オーバースペック南田

美南W併せ馬岩部終い仕掛け66.8-52.2-38.7-13.4

大きく飛べていて俊敏性が高いです。これはあきらかに直線走力高いタイプの俊敏性タイプですね。併走馬に並びかけて見せムチで仕掛けるとギュンと反応して突き放します。突き放すとフワフワして重心が安定しませんがそれはまだ幼いので致し方ないでしょう。晶かな大箱平坦巧者で今回の条件はダラ坂ですが合いそうです。逆に中山コースだとか使ってきて人気背負うタイミングはガッツリ消したい馬です。

→ プリサイスエンドですが、見る限り砂より芝のほうが良さそうです。



キングズラッシュ久保田

美南W併せ馬田辺馬なり54.0-39.0-13.5

馬場大外を併せ馬でインから併走、終始併せ馬で馬なりで走らせます。(重なっているので動きがしっかり見えない(笑))しっかり脚を出して掻き込むフォーム,ちょっと地面を叩く感があります。内面にしっかり負荷を与えて闘争心を鍛えています。ムキになって走ってもいないので折り合い面は不安無さそうです。

→ 馬体バランスが非常に良く,胴も長めで後肢の使い方も良いほうです。ただ、走らせてみてちょっと前の使い方が東京向きなタイプになりきれていない。こうだと中山コースだとかのほうが将来的にはベストです。まだ若駒戦なので真面目さやリズム重視で適性評価はその次くらいのファクターで良い段階です。



ジュンヴァリアス畠山

美南W併せ馬北村宏馬終い仕掛け70.8-55.2-39.7-13.2

馬場の大外を併せ馬でインから併走、終始併走で内面に負荷を掛けます。デュランダル産駒で骨太めででておりちょっと鈍重さがあるかなぁという印象は受ける。まだ内面も幼いところもありそうでこれから使いながら成長させていくタイミングでしょうか。



ショワドゥロワ鹿戸

美南W併せ馬馬なり67.6-52.0-39.2-13.6

併せ馬でコースの大外を外から併せます。併走馬が遅れそうになるので直線は持ったまま馬なりで流すような形になっています。マンカフェ牡馬は筋肉が強靭でパワーが強いイメージを持っていますが,同馬は軽やかでいかにもスピードがありそうなタイプに見えます。

→ 足が長くてボディもスッキリ、いかにも芝馬タイプで手先の捌きも軽やかです。内面も真面目さと適度な闘争心を持っていそうで一度使ってガラっと良くなってきた可能性がありそうです。機動性があるタイプなので大箱よりは立ち回り優位なコース設定が良いでしょうが、脚が長い点を考慮すると東京もしっかり対応できる。




スワーヴリチャード庄野

栗CW3頭併せ終い仕掛け84.9-68.0-52.3-38.0-11.6

3頭併せで内から併せて終い仕掛けてしっかり反応し,抜け出してフィニッシュです。体高があって大きく見せるタイプですが,仕掛けると身体全体で大きくかつ力強く反応する姿はGOODです。いかにも直線走力がありそうでコースは万能タイプな感じです。牡馬で大きいタイプなので若干パワー型に見える点はありますが,身体の使い方や走法からも東京コースでも十分戦えます。パワーもあるので阪神などのタフなコースでも良い。

→ 前脚、後脚ともに足先までしっかり力強く蹴り返せている。若干首は高めもそこまで気にしなくてよい。平坦適性高すぎると他のコースのときの適性が低くなる。終い11.6秒の時計は評価高い。

→ 今年シルクで募集のあったピラミマ14の兄なんですね。これは活躍してもらわないといけない血統です。

→ 前走パドック観ましたが、ハーツクライらしい脚の長さがありますね。肩は立ち気味なので首が高くなるのは納得,その辺は脚の長さと走法の良さのスケールでしっかりカバーできる。適度に管囲があってパワーも内包,かといってゴツゴツし過ぎていないバランスの良さ,今後の育成力が試される素材です。庄野厩舎にとってはこれはお宝ですよ。大事にしてあげないと!

→ 牡馬でパワーもあるからと言ってパワーばかり強調するような馬タイプに今後成長させていかないように気を付けてもらいたい。ワイドバッハでダート重賞勝ちある厩舎なので、ダート馬作る馬だと思っています。G1で戦える芝馬をしっかり今後作っていけるかが大きな試練



トラスト中村均

栗坂単走一杯52.7-38.8-24.6-12.1

坂路単走で一杯に追って好時計です。馬場は綺麗で時計が出やすい設定ですね。好時計出していますが、走りは適度に柔らかいフットワークで走れている点が良いです。どちらかというと走法はピッチ目なのでポンと出て楽に先手を取るスピード能力はありそうです。やはり,現時点における完成度は高いですが,大箱に替わって良さが生きるタイプかと言えば,条件的には前走のほうが理想でしょう。

→ 勝ちきるには,内前有利バイアスで外馬場はまだ踏み固められていなくて差し込んでこれない設定が良い。心身完成度の高さで勝ちきれなくても,2~3着に残るイメージは高い。溜めてギュンと弾ける印象がないので、切れ味勝負になるスローペースにはあまりしたくないタイプです。乗り方を間違えると,キレ負けして馬券圏外は大ありというタイプです。まぁ大知騎手は理解しているでしょう。そして重賞なので総帥もしっかり指示出しているでしょう。

→ マイネル軍団は基本ノーザンなどに敵わないのでタレントの揃っていない隙間重賞でしっかり狙ってくる戦略を持つ。トラストに関しても同じ設定で良いかな?

→ 前走パドック見ると肩が立ち気味で歩くフォームに伸びがない。まぁ平坦芝巧者というイメージは湧かない。



ブレスジャーニー本間忍

美南P3頭併せ馬なり67.0-52.1-38.5-11.9

3頭併せ内から併せます。直線向いても後方ですが自分でしっかり前に出る意志の強さを見せて先着します。状態は大きく変わってきた感じはないですが、馬の内面のリズムは良さそうで今は乗りに乗っている雰囲気を感じさせます。前走パフォーマンス、真面目に走れて充実しており,脚を溜める経験値もあることからここでも結果を出せる資質は持っています。


→ いやー、バトルプランの子供が芝重賞勝つんですね^^;

→ 前走パドック見ると,馬体は砂馬っぽさは感じさせません。馬体バランス良く胴も適度、脚も長い,後肢の筋肉と脚捌きは適度に柔らかみがあり芝馬っぽさを感じさせますね。遺伝子的に今後成長が進んでどうなっていくかでしょう。ただ、若干前も後ろも稼働の狭さがあります。前肩は立ち気味ですが脚の長さでカバーできる良い面はある。

→ 前走レース見ると追ってしっかりギュンと弾けれていますね。柔らかすぎず適度に力強さが合って走れている点が生きている。



マイネルエパティカ和田雄二

美南W単走松岡馬なり70.1-54.8-40.2-13.3

単走でコースの大外を走らせます。しっかり手綱を持って馬なりで走らせますが、もっとギュンっと弾ける動きがみたかったですね。前脚はしっかり前に出せて掻き込めていますが走法には大きさは感じさせません。でもしっかり蹴りこめています。

→ 前走はここに繋がるような勝ち方ではなかったのでどうでしょうか。



ムーヴザワールド石坂

栗坂併せ馬ルメール馬なり54.8-39.8-25.5-12.5

大きい馬でなかなかに骨太ですね。走る姿はブレずに変な力みもなく真っ直ぐしっかり走れています。多くの馬に囲まれながら追い切ってもリキむところがないのでレースに行っての折り合い難という感じはなさそうです。

→ 前走パドックみるといい馬ですね。骨太目ですが重苦しさがない。馬体バランス良くクラシックタイプです。筋肉もディープ特有の柔らかさも兼ねており後肢の造りも素晴らしいです。これは厩舎的に大事にしっかり育成したい素材ですね。ここも通過地点といった勝ち方が理想です。

→ キレというよりも適度にパワーを兼ねたディープ産駒です。切れ味優先馬場となると差し遅れということもありえます。牡馬らしいいい馬です。



ローズプリンダム畠山吉

美坂単走大野終い一杯51.8-38.4-25.7-12.6

出走しないみたいですね。



☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  ムーヴザワールド、スワーヴリチャード(この2頭は将来性を加味して)

B+ プレスジャーニー

B  トラスト

B- キングズラッシュ、オーバースペック、ショワドゥロワ、エルデュクラージュ

注  なし 


( 補 足 )

 無理のない作業ペースを考えると,週2レースくらいがちょうどよいですね。仕事繁忙期だと更新なしか1レースでしょうか(笑)

 A評価は将来性の高さも加味しての評価です。現時点でも結果を出さなくてはならない馬でもあります。今気づきましたが、2頭ともノーザン生産馬ですね・・・・苦笑。いい馬を造る牧場ですね、本当に。

 B+評価はプレスジャーニー、現時点での完成度、リズムの良さ、ここでの適性力をしっかり評価しています。追い切りからも伝わります。

 B評価はトラスト、完成度の高さは抜き出ています。ただし、「適性力」はこの舞台はベストマッチではない。そういう意味ではパフォーマンスが落ちるコース替わりなのでその分の落ちた評価です。

 B-評価は4頭

 キングズラッシュは良い馬ですが、捌きが硬い。ダートでも良いタイプです。恐らくキレ負けすると思います。母父クリスエスの影響もありそう。

 オーバースペックは適性値高く早熟性もあり、平坦適性も高い。ただどうも腰が緩々でその辺がどうも気になるのと、スケール感に欠けるのでここの評価です。

 ショワドゥロワは,デキの良さやこの馬の闘争心の強さは評価は高い。ただ持っている資質がこのレース向きではないという評価になります。ここで惨敗して次走中山マイルで前受けして圧勝するローテを期待しています。次走以降狙う設定で追いかけたい。

 エルディクラージュは良いものをもっていますが、B評価以上の馬たちと比較してギュンと弾ける能力が落ちるという判定です。でも良いものはあるので乗り方次第でうまく補ってくる可能性はある。鞍上もムーアです。



= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています

↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

--------------------------------------------------------------



関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/1329-9ed749f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-08