調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

マイルチャンピオンシップフォトパドック2016 

2016/11/16 Wed.


 エリザベス女王杯は完敗です。自分の分析では,” 展開 ” というファクターは,「G1戦はそれなりに流れる」と設定していたので,ここまでスローになるとは思いませんでした。

 結果,格の無い馬でも走れてしまうレースになってしまい,あわやシングウィズジョイが優勝するところでした。

 心身レベルでかなり充実できていたクイーンズリングを素直に推すべきでしたね。

 シングウィズジョイは追い切りの感じがゴリゴリ系から柔らか系に替わってきていたので、お!?とは思いましたが,ここまで展開バイアスが向くとは思いませんでした^^;

 中距離戦以上(特に牝馬限定戦)は,しっかりレースペースを想定しないといけませんね。

 後段の記事で,フォトパドックデータをアップしておきました。PASSはいつものとおり,人気ブログランキングに掲載しておきましたので,そちらで確認ください。

 

◎ マイルチャンピオンシップ出走馬フォトパドック診断2016


サトノアラジン

安田記念時もしっかり評価して,モーリスとワイド一点大人買いして爆死した辛い記憶を持つ馬です(笑)
今回のフォトパドックは,過去に類を見ないほど研ぎ澄ましてきています。皮膚が薄く,無駄肉を排除,筋肉の隆起はすさまじいレベルです。超1流アスリートとも思える様です。このような馬体に作りこめる今のタイミングは間違いなく「生涯充実期」でしょう。この馬を覚醒させたチーム池江Qも素晴らしいです。

→ 馬体もしっかりマイラー色が強くなっているのも良い。フォトパだけで判断するなら間違いなく本命馬です。


フィエロ

安田記念と比較してもちょっと重たいシルエットに感じますが,その辺は藤原英師が当日までにしっかり調整してくるでしょうか。ただしやはり2年前の馬体と比較すると加齢の影響は出てきているだろうなぁという雰囲気はある。昨年のマイルチャンピオンと比較してもやはり太目です。



ミッキーアイル

スピード色が強いスポーツカーのような馬体です。無駄が排除されていて筋肉の付き方が素晴らしい。スプリンターズステークスよりカチっと決まっているのでこの状態でスプリンターズステークスに出ていたらもっとパフォーマンスを出せていたのでは?と思ってしまいます。デキは素晴らしい、あとはあのスプリンターズSのれーう内容からの400m距離延長でもパフォーマンスを下げない対応ができるかどうか。



ロードクエスト

厚ぼったさは抜けてきた印象を受けます。肩回りがすっきりした印象です。胴・背中が短くマイルがやはり良い。作りこみに関しては悪くない。


ダノンシャーク

8歳ですが馬体は若々しいですね。ですが成績が示す通り高齢の影響を感じさせます。若いうちは闘争心・集中力が高い時は鮮度も相まってハイパフォーマンスを出しますが、良くも悪くも「慣れ」てきてしまうと「妥協」するようになり、「安定化」するようになってしまう。馬体も理想はもうひとしぼりほしいところ。



ヤングマンパワー

4歳で重賞連勝,今集中状態にあって心身共に生涯ピークを迎えている可能性が高い馬です。馬体も無駄がなくスッキリ仕上がっておりスピードの持続力勝負で強さを発揮しそうです。



ウインプリメーラ

冬毛が出ているのでしょうか、毛艶が冴えず見栄えしませんね。馬体バランスや筋肉の感じは悪くないです。ただ、G1仕上げかというといつもどおりのレベルに見えます。前走牡馬混合栓で0.3秒差の圧勝というパフォーマンスは評価高いです。


ディサイファ

ディサイファがマイル路線に出てくるのですか・・・・・。馬体に関しては大きく悪いという感じはありません。マイルG1向きのナチュラルスピードがあるかといわれると正直微妙で追ってギュンと弾け捲るタイプでもないので正直どうなのでしょうか。



スノードラゴン

前走時よりちょっとお腹がボテっとしている感じには見えますが安定しています。もうちょっとしっかり絞ってきてほしいのが理想です。


イスラボニータ

昨年ははち切れそうなくらいの素晴らしいボディを見せてくれていましたが,今年はしぼんでしまったかのようなボディです。軽量化してスピード値上げてきたとみるのか,仕上がりレベルが低いとみるのかどちらでしょうか。お尻、トモの張りが明らかに落ちているので個人的には今年は評価したくない馬です。



ネオリアリズム

前の造りに対して後ろが貧弱でマイル向きのスピードを発揮できるかが正直不安です。マイル戦で追ってギュンと弾けるようなタイプにも見えないのでどうでしょうか。


マジックタイム

どうでしょうかね。毛艶が冴えず、馬体の絞り込みも足りない。明らかにヴィクトリアマイルのほうが出来は上でそれと比較すると強気の評価はできない。



≪ 総 評 ≫

 フォトパドックだけで判断するなら、迷いは全くない

 ◎サトノアラジン です。


 深く考えず,デキの良さで考えるなら

 〇ミッキーアイル
 ▲ヤングマンパワー
 ☆ロードクエスト

 という感じでしょうか。
関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/1328-c58489a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-05