調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

ローズステークス、セントライトキネンフォトパドック観察2016 

2016/09/15 Thu.



 今週中に最後まで書けるかは不安ですが記事をエントリーしてみます。(書けました(笑))



ローズステークスフォトパドック観察


シンハライト

もともとボリューミーな馬体ではなく見栄えはしなく,それでもしっかり追い切りでは凄い動きを見せてきたのがシンハライトの特徴です。今回もフォトパドックでは見栄えはしない。皮膚の薄さは感じさせるがどうも張りや肌艶の良さがないのがオークスと比較しての評価になる。馬体の線形自体は過去と比較して悪くない。むしろバランスは崩れていない。

→ フォトパよりも追い切りでしっかりジャッジしたいタイプです。



アットザシーサイド

いい意味でオークスと変わらない立ち姿を見せてくれている。馬体の締まりはオークス時より良く見える。根本的なところは,マイル以上でしっかり能力を出せるか?という点になってくる。阪神コースはカッチリした馬体と走りなので合う。最高方で脚を溜めるくらいでこの距離に目途をたたせる競馬をするのが今回の課題となるはず。先行させてしまうとどうかなぁ。。。



デンコウアンジュ

昨春は馬体をしっかり作りこんでこれていて評価が高かった馬です。東京替わりのオークスで穴馬という評価をしましたが、0.4秒差の9着、それにしても上位入選馬は能力適性力高かった内容になる。全体に対して脚が長く見える背中も良く前も後ろも弾力性ありそうな筋肉がついていて評価は高い。ただ、これまでずっと見てきた中で考えると,阪神はいまいちで、やはり平坦性のある条件のほうが良いという判定になる。飛びがしっかりいていてコース追い切り主流馬



ジュエラー

桜花賞時でも素晴らしい馬体を見せてくれました。今回はまだ研ぎ澄ます余地は残すものの,バランスよくしっかり馬体と筋肉を作れています。下半身にしっかり力が入る立ち姿は表亜は高い。キ甲が抜けてきて前が一生強くなってきたように感じさせっ舛。4輪駆動で力強く走る姿が想像できそう。


レッドアヴァンセ

皮膚が薄く、しかもふっくらと作れていて具合の良さは確認できる。背も伸びたようで成長も感じさせます。春より具合が良さそうなのでここは楽しみな一戦です。追い切りでは坂路ですが,どうも阪神よりも京都という感じがあるので阪神をしっかり走り切るパワーもついてきているかが課題です。


フロムマイハート

毛色から見ると、ハーツクライというよりアグネスデジタルという印象も背中や脚をみるとハーツっぽさも感じさせます。バランス良く背中・胴の感じからも中距離は合う体型です。太目感もなく筋肉も付けれていて下半身に力入る立ち姿、休み明けもキッチリ仕上がっています。


≪ピックアップ≫

出来の良さ、適性力評価を与えるとやはり阪神は得意な4輪駆動で末脚絶対値高い

 人気ブログランキングへ




セントライト記念フォトパドック観察



ディーマジェスティ

はち切れんばかりのボリュームある馬体を見せてきた日本ダービー、それと比較するとどうもこじんまりと映ってしまう嫌いがあるのが今回のフォトパドック写真です。ただ、ダービーのときよりは馬体バランスが良くなった印象は受けます。菊花賞を意識するならもう少しシェイプしてほしい感じはある。見た印象からは,基本2400mまでの体型です。菊花賞は世代限定戦なので誤魔化せる面はありますが。


マウントロブソン

私が見てきた中ではどうもディープインパクトっぽくないタイプの馬体です。ゴツゴツしたところがありそうな馬体、立ち写真でどうも硬さがありそうな感じです。こういうタイプはトップスピード勝負向きではないので中山コースなどの持続ラップを刻むレースの方が合うはずです。馬体バランスは良く、前も後ろも筋肉量が増えてパワーアップしていますね。若干お腹は緩く太目残り。


プロフェット

休み明けでも馬体はしっかり作れています。本番は菊花賞ではなくここだと言わんばかりの仕上げレベルです。ハービンジャーらしい重苦しさはないです。休ませてストレスと疲労が無い状態で中山トライアル設定、好走させて穴をあけてほしい希望はありますがどうでしょうか。脚の感じはハービンジャーっぽさがあります。トップスピード勝負では分が悪いタイプで時計掛かる設定のほうが良い。


ゼーヴィント

ゼーヴィント、遂にクラシック戦線に乗ったのか・・・・・シルクの追っかけ馬なので嬉しく思います^^
ディープ産駒らしい柔らかそうな筋肉に覆われていますがその中でも硬さも内包していそうな感じがある馬です。その辺は母父ブライアンズタイムの影響でしょうか。馬体はどっしりしていて雰囲気は良いです。ただ、若干太目残りな印象はあります。トップスピード勝負は脚や筋肉の感じを見ると分が悪そうな面はあるので、菊花賞ではなくまずここで結果を出しておきたいタイプです。



アルカサル

回避でしょうか。出走予定に入っていませんねカチっとした後躯を見せてくれているのが印象的な馬体です。背中は適度にゆとりあるので中距離までならOKです。脚は長くはないのでトップスピードの持続力勝負向きではないですが、瞬間的に加速する能力値は高そうな印象を受けます。



プロディカルサン

なんか直飛気味なディープ産駒が多いですね(笑)だからこそこの舞台を選んでくるのでしょうか。皮膚感薄く後躯はしっかり作りこめて馬体バランスが良い。しっかり仕上げてきた印象を受ける。背中の感じからも中距離はOKです。しっかり立て直して来たなら馬券的に面白いタイミングです。


カルヴァリオ

間延びして直飛気味な馬体です。登録から外れていますね。まだちょっと格下感はあります。


≪ピックアップ≫

 ディーマジェスティを不安視するなら,穴っぽい馬が台頭するタイミングです。
 
 個人的に一発が合って欲しいと思う馬は

 人気ブログランキングへ


 クラシック戦線が近づいてくると、やはり気分も高まってきますね。夏競馬は配当的には面白いですが、この秋のシリーズも競馬観戦的には面白い時期です。
関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/1305-00cd5ba0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-06