調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

鳴尾記念出走馬最終追い切り・調教分析2016 

2016/06/04 Sat.




--------------------------------------------------------------

※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


<< 更新情報 >>

〇 更新完了


◎ 鳴尾記念出走馬最終追い切り・調教分析2016

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


アクションスター音無

栗坂併せ馬終い一杯52.1-38.9-26.1-13.5

いい感じの雰囲気で登板できてくるが,終い弾けきれないで最後脚があがってしまう。平均的に脚を使うタイプにみえてしまう嫌いがある。最後しっかり弾けられるようになるとG1でも戦えそうな心身レベルになる。それができないのが同馬でデキは良くはなってきているが、安定化してしまっているということ。

→ 安定化しているのでOPレベルでも淡々と掲示板近くにはこれる。追い切りを見ると急坂で弾けきれない嫌いがあるので、現状阪神での急坂で重賞だと厳しい。走りとしてはピッチ走法で無駄なくインで立ち回りたいタイプ



アズマシャトル加用

栗坂単走仕掛け54.2-38.9-25.2-12.6

やはりいいものを持っている馬ですね。一度使ってからかなぁと思っていましたが,意外に仕上がりは良いです。四肢でしっかり力強く掻き込んで蹴り返しも強いタイプで阪神外回りや中京コースでタフに追い込んでくることがイメージできるタイプです。逆にグリップが良くパワーもあるので新潟コースだと軽すぎたというのが昨年の新潟大賞典の結果でしょうか。阪神は合いますが、内回りということなのでダイナミックに走る同馬は取りこぼす可能性も考慮しておきたい。

→ 昨年小倉記念を勝っていることから、陣営は鳴尾記念を叩いて小倉記念勝負のローテで来ると思います。今回も意外にしっかり身体も内面も作れているので楽しみはあります。厳しいのはタルい展開になって前が残るバイアスになるなら展開と適性負けしてしまうということ。逆にここで向かないで負けて、次走人気薄でしっかり勝負買いしたいなぁというのが私の本音です(笑)(ここでも走られたら困るのでどうしようか考えますが(笑))




クランモンタナ音無

栗坂併せ馬馬なり52.0-38.8-25.9-13.4

ラスト1Fの時計はかかっていますが、併走馬を突き放して馬なりで流しての走りですので割り引く必要はないと思います。身体の使い方や内面の集中力は良いものを感じさせます・ただし、どうも安定化してしまっている感じが合って突き抜ける強さが出てこないので中心馬としては選出したくないタイプであります。一応の重賞なのでアップ戦にもなる。

→ 筋肉の付き方や走りからも軽さよりもパワーがあるように見えるので阪神は合うはずだと思います。あとはキレ勝負の展開ではなく、持続質で体力勝負になる流れでキレ重視ではなく持続力重視のレースになってほしいところ。そういうバイアスになってほしい馬です。




サトノノブレス池江

栗CW3頭併せ終い一杯99.3-82.3-66.8-52.1-37.8-12.0

3頭併せの真ん中でインからサトノアラジンと併せて一杯に追ってくる。ズブくなってきているので追い切りで一杯に追われるのはいつものことです。今までは格下と併せていましたが、今回は格上のアラジンと併せて遅れます。それでも最後まで食らいつこうという意志を持って走れて最後は詰め寄ろうとできているのでこれはこれでいい刺激をもらったと感じさせます。前走時でもデキは絶好でそれを維持できているかが鍵でしたが、追い切りを見る感じ大丈夫だと思われます。

→ 天皇賞は明らかに距離が長い設定です。今回は得意の2000mでパワーと機動性が生きる阪神2000mと同馬が好走しやすい条件が揃った印象を受けます。相手弱化&距離の適正化でパフォーマンスはしっかり上がってくるタイミングです。



ステファノス藤原英

栗CW併せ馬終い仕掛け83.1-66.4-51.5-37.5-11.9

いいですね~しっかり育成してきて雰囲気良く仕上がってきていますね。馬体に重苦しさがなく、軽快に走れています。しっかり前で掻き込んで後肢と連動して蹴り返せている。フォームも無駄に大きくないので阪神内回りでも戦えそうな器用さも感じさせます。

→ おそらく目標は宝塚記念で阪神内回りの条件に目途をつけるために出走して来ると考えます。次走は距離延長となるのでおそらくここは先行ではなくしっかり溜めて差し込ませる競馬になるはず。次走を意識して課題を与えての出走なので取りこぼす可能性もあることは覚えておきたい。ただし、そういう設定で走りながらも完勝してくるとなると、次走宝塚記念で馬券になる確率は大きく高まる。



トラストワン庄野

栗DP単走終い仕掛け64.0-49.3-36.3-11.7

軽快に走っていますね。安定化している馬で出来も上々です。突き抜けるような心身の強さはなく、基本的に展開の助けとか、適性面で大幅アップ、相手弱化などの第三者的な要素が必要なタイプです。


→ 2走前の追い込んで3着できたという経験値は良いです。前走は前が飛ばす流れで差し込む流れになったものの追い込み切れなかったのは距離の壁です。今回距離短縮はプラス材料、あとは前々走のように体力戦になれば出番はあっても良い。ただ、そういう流れになるかなぁ。

→ 前々走は展開がハイレベルだったのと、思い切った騎乗がハマったというもの。今回も上位に来るにはそういう助けが必要なタイプではある。基本OP狙い馬で重賞だとメンバーレベル高い。



パッションダンス友道

栗CW単走終い一杯82.4-66.7-52.7-38.8-12.2

馬体もしっかろ大きく見せてパワーがある走りを見せてくれている。デキに関しては非常に良いです。内面も安定化しながらも前向きさを持って走れている。ディープなのですが、ジェイドロバリーっぽいパワーと淡白さを持っていそうな感じがあります。新潟巧者ではありますが、ここ新潟の2戦は道悪や雨の影響がある馬場設定でしたので単なる軽さあある新潟適性馬と判断するのは早計です。むしろパワータイプなので阪神はしっかり対応できるはずです。デムーロ配置で前走1着、人気になってしまっている嫌いはありますが・・・・。




フラガラッハ

栗坂単走終い仕掛け51.4-37.8-25.6-13.1

動きは前走同様良く、馬体も良いです。パワフルで阪神も合う。ただ、どうも距離選定で迷走している感じで高齢かつ安定化している面もあり突き抜ける強さを求められない現状ではある。適性が生きる条件設定と展開バイアスを利用したいところ

→ 前走追い切りからは評価は高い馬でしたが、オッズはまったく入っておらずヤリ気配がなかったのが日経賞です。レースも7番手追走で伸び切れないという距離が長過ぎたといった内容でしょうか。そういう意味では今回の距離短縮はプラス材料

→ パワフルタイプなので阪神コースは合う。浜中騎手に乗り替わりということで先入観なく乗って新しい面を引き出してくるようだと面白味はある。




プランスペスカ松永昌

栗坂単走終い強め52.1-38.6-25.8-13.1

安定化していてパワフルに走れているタイプです。ただ、重賞戦となると相手関係が辛い。せめてハンデ戦で。阪神は合う。相手弱化のOPハンデ戦で。



フレージャパン森

栗坂併せ馬一杯49.8-37.8-25.0-12.9

坂路でしっかり負荷をかける追い切りです。パワーがあるので阪神は合いそうなんですが、好走歴はないですね・・・・。相手強化で今回は厳しい。前走3着も6頭立てレースでのもので今回条件大きく変わって「苦」を感じるタイミング、それを乗り越えるほど心身レベルは高くはない安定化してしまった馬



マジェスティハーツ松永昌

栗CW単走馬なり84.7-68.2-52.6-38.7-12.2

馬体の感じは悪くないです。馬も落ち着いて力むことなく走れていて雰囲気は悪くはない。ただし、昔持っていたような突き抜けるような感じはない。前走は砂なので苦→楽ショックがかかり鮮度が高まるタイミングなのでその点は良い材料です。阪神コースも合う。




メイショウナルト武田

栗CW単走馬なり80.6-65.9-52.1-37/.5-11.7

馬なりで楽に動けて終いも11.7秒でまとめてくる。馬体のバランスも良く太くもなく仕上がりは上々、内面も安定しながらも単走でしっかり動ける強さは持てている。

→ 前走比でしっかりオッズが入っているので今回はしっかりインサイドから評価されている。前走は度外視で良さそう。

→ 今回は阪神なので直線の急坂が逃げ切るには邪魔、厳しいレース設定になって急坂で止まるくらいの競馬を経験させてから坂なし替わりで七夕賞激走が個人的には理想です。夏の時期になると調子を上げてくるタイプ



ヤマカツエース

栗CW単走終い強め85.2-68.3-52.9-39.2-11.9

休み明け設定で動けてはいますがやはり動きにまだ重苦しさがある。これでどこまで変わってくるかでしょう。一度ここを使ってからガラっと変わって来そうで今回は様子見したいタイミングです。馬そのものの資質の高さは過去に確認している通りです。福島記念、中山金杯と先勝した時は心身レベルが非常に高い時期ではあった。





☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  サトノノブレス、ステファノス

B+ パッションダンス、アズマシャトル

B  メイショウナルト、マジェスティハーツ

B- フラガラッハ、クランモンタナ、ヤマカツエース

注  なし 


( 補 足 )

 馬場バイアスは今日の開催を見てみての判断になります。各自で確認ですね。

 オッズから

 複勝穴馬 06トラストワン

 上位4頭拮抗 10.12.03.07

 伏兵評価 01.09.04
 
 伏兵評価からは入れる判断ができるなら参加しても面白いレース

 個人的な追い切り判断だと,上位4頭のうち3頭の評価は高い

 3連複配列から中心に買われているのは、03サトノノブレスの評価は高めで外して買わない方が良さそう。(あくまでオッズから見ての経験則)

 
 オッズから穴で狙われている馬は 13クランモンタナ、06トラストワン(あくまで紐候補)

 3連単で人気馬と絡めてしっかり評価されているのは、03メイショウナルト(結構強い)

 ただし、基本的に堅く収まりそうな気配もある配列なので要注意


 個人的に伏兵馬からピックアップするなら、01メイショウナルトと04アズマシャトル

 どちらかが出現して、人気馬と出現というストーリーで3連複で狙ってみるという手もあるでしょうか。



= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています

↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ
関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/1276-076db232
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-06