調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: THINKBACK 【 回 顧 】

日本ダービー回顧2016 

2016/05/30 Mon.



 昨日は疲れて夜9時には爆睡、、、、さすがに早く寝たおかげで今朝は5時くらいに起きれました(笑)

 
 ダービーはなかなかに熱い戦いでしたね。


 
皐月賞時に書いたサトノダイヤモンドの見立て(各馬コメントより)

----------------------------------------------------------

11サトノダイヤモンド

栗CW併せ馬終い仕掛け84.2-67.5-53.4-39.6-11.9

インからゆったり併せて自分で併走馬を追い抜き、ハミ越しで軽く鞍上の意思を伝えたらしっかり突き放す強さをみせる追い切りをみせてくれています。前足の出し方後躯の踏み込みの深さ、ここから推進力を得るための後ろまでの蹴り返しの一連の動作をみると、やはり直線走力が高いタイプで長く良い脚をフルに出せる優秀な身体、関節の作りを生かした走りができている。やはり中山よりも「東京コース向き」な走りができていて陣営もここステップで「日本ダービー勝負」という気配はあります。もちろんここでも通用する資質もありますが、適性面を考えると東京コース替わりのほうがハイパフォーマンスを発揮できる。ダービーへは更に体調が上がって成長してくると完璧です。

→ 走りは柔らかく力強さもある。これがもっとビュっと弾ける一連の動きができてくると完璧です。この弾けるビュっという動きができているのはマカヒキがそうです。マカヒキは基本はマイラーから2000mまでの馬、サトのダイヤモンドは2400m適性馬でダービーはキレが生きる展開を作ってしまうとマカヒキのほうがビュっと弾ける強さが上なのでキレ負ける可能性も覚えておきたい。理想はある程度流れるペースをつくる役者がいるかどうかでしょう。リオンディーズがそれをやってくれれば面白いでしょうね。


《一週前追い切り》

栗CW併せ馬ルメール終い強め83.2-67.2-52.3-38.8-11.7

関節の可動が素晴らしい馬で非常に直線走力が高い走りができているタイプです。走りのフォームから言うと、いかにも「ダービー向き」だと思っています。併せ馬でインでじっと我慢できていて、ここから仕掛けてしっかり最後まで真面目に伸びきる。柔らかく走れている中でフワっと大きく飛べてしっかり推進力に変える走りが出来ています。馬のスケールは非常に高いものを感じさせる。

→ ローテ理論の観点からも、皐月賞から始動でピークは日本ダービー狙いだと思っています。馬の適性もダービー的性が高いです。皐月賞も能力と資質の高さだけで充分馬券圏内はあると思っています。もちろん、ダービーでは本命最有力候補です。皐月賞のレースぶり(できれば脚を余す追い込みきれない内容が良い、勝つなら圧勝、圧勝だと次走人気しすぎて困るので前者が良い)と順調度(フォトパと追い切り)の確認次第な面はありますが。

----------------------------------------------------------


 基本的に初志貫徹だったダービーの狙い馬です。ただ,落鉄の影響もあったのか,鼻差2着で栄冠はマカヒキに譲るものでした。金子オーナーは本当に運が強い!凄いですね~!運も実力のうちといいますが、万全の対策を打っているからこそ、運もたぐりよせられるものだと思っています。


 逆に,完全に歯車がズレてしまったのは,角居Qのリオンディーズです。


 ダービーで選んだ戦法は「逃げ」ではなく「差し」でしたね。しっかり押さえる競馬をしましたが,馬群の最高方で溜めるのではなく馬群の中の後方で溜める競馬,精神コントロールさせるには、ノリさんがやるいつもの「ポツン競馬」が大事です。結果的に中途半端な競馬になってしまいました。末脚絶対値勝負でははやり分も悪かった。


 ただし!!先のことを考えると、この判断は「英断」です。しっかり溜める競馬を教える序章になったと思われます。あとは本気で馬がそれを覚えてくれるかどうか。ただ、溜めすぎるよりはあるい程度前で折り合って押し切る強さを教えた方が良さそうな馬ではあります。先行策で折り合えるようになるためにも、溜めることを覚えさせていきたい。


 ダービーで逃がしていたら、好き勝手に馬が走れておそらく勝ち負けだった可能性は高いです。ただし、3~5着だったかな。


 逃がして馬がストレスなく走りますが、次走以降馬群に入れると、馬が一層ストレスに感じて再教育が必要になってくる。逃がすことは先のことを考えると「諸刃の剣」だったりします。

 
 朝日杯FSでリオンディーズに完敗だった、エアスピネル


 今回はしっかり先着できました。陣営の育成力の高さを感じさせました。武豊さんも凄いです。この物語もある意味感動しました。


 スマートオーディンは,やはり本質的に距離は長かった印象です。対応はできていますが、適性負けの分敵わなかった内容です。でもこの馬は相当強いので覚えておきたい。パワーある豪脚が生きる設定で圧倒的なパフォーマンスを示します。


 レッドエルディストは、四位イズムな大外一気追い込み狙いで不発、今後良くなってくる可能性は見せてくれています。



 ヴァンキッシュランは弱かったですね(笑) この馬については賭神さんのブログを参照ください。


 ディーマジェスティは強かった。内面が特に優秀で崩れにくいタイプです。ただ、体形的に菊花賞タイプではないので今後どうなるでしょうか。


 距離適性という面では,菊花賞に一番近いタイプは,サトノダイヤモンドだと思っています。


 マカヒキは今春で仕上げ過ぎたので,今後蓄積疲労とストレスがどう影響を与えてくるかでしょう。秋になって更に良くなってきそうなのはサトノダイヤモンドのほうだと思っています。


 安田記念の一週前追い切りについてチェックしてメモはしたのですが,今日はダービー後記ネタのみとして、明日更新しますね(笑)


無題


【東京優駿】(東京)~マカヒキがハナ差の激戦制して世代の頂点に

東京10Rの第83回東京優駿(GI、3歳、芝2400m)は3番人気マカヒキ(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分24秒0(良)。ハナ差2着に2番人気サトノダイヤモンド、さらに1/2馬身差で3着に1番人気ディーマジェスティが入った。

マカヒキは栗東・友道康夫厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母ウィキウィキ(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は5戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 マカヒキ(川田騎手)
「この馬がダービー馬になってくれたことがとても嬉しいです。ゴールに入った瞬間は出ているような感じがありましたが、写真判定の結果が出た時には込み上げてくるものがありました。ゲートを上手に出てくれて、位置もしっかり取れました。直線は狭いところを割って来てくれて、"届いてくれ"という思いで追っていました。ダービーは乗れるだけでも光栄ですし、その中で一番いい結果を出せて何よりです。ダービー馬になってくれて今後も楽しみですし、この先も無事に行って欲しいですね」

2着 サトノダイヤモンド(ルメール騎手)
「完璧でした。リラックスしていい感じでしたし、直線の反応も良かったです。マカヒキとはポテンシャルは同じくらいでしょう。ただ、サトノダイヤモンドはまだ良くなってくると思います」

3着 ディーマジェスティ(蛯名騎手)
「伸びてはいますが、ゴール前で寄られてしまいました。そこで脚が鈍ってしまいました。競馬はいい形で出来ました。運がなかったです」

4着 エアスピネル(武豊騎手)
「いいレースが出来ました。思い通りでした。今日は状態が良かったです。生まれた年が悪かった、というしかありません。一瞬は勝ったと思ったのですが...」

5着 リオンディーズ(M.デムーロ騎手)
「引っ掛かりました。リラックス出来ませんでした。直線はすごく伸びて勝てると思ったのですが、最後は止まってしまいました。前走は出して行きましたし、その分もあったかもしれません」

(角居勝彦調教師)
「チグハグになってしまいましたね。折り合いがつきませんでした」

6着 スマートオーディン(戸崎騎手)
「もっと後ろから行きたかったです。馬はすごく良かったです。返し馬からいい感じでした。もっとリラックスして走らせられれば良かったのですが...力はあります」

7着 マウントロブソン(T.ベリー騎手)
「最後までよく走ってくれましたが、スタートで出負けしたことが痛かったですね。それがなければもっと上へ行けたと思います。2400mの距離は問題ありませんでした」

9着 レッドエルディスト(四位騎手)
「今日は春の大一番で小細工なしでした。前半はあの位置から進めて、最後は来ています。秋はグンと良くなると思います」

12着 アジュールローズ(ボウマン騎手)
「本当にきれいでいい馬です。今日は疲れがあったかもしれません。GI級の馬です。メンタルと肉付きが良くなってくるといいでしょう。今日は馬場が硬すぎました」

14着 アグネスフォルテ(松山騎手)
「1コーナーで不利があり、少し力み気味でした。馬は頑張ってくれました。何とか長浜先生にいいところを見せたかったです。残念でした」

15着 イモータル(石川騎手)
「どこかで内側へ入れられたらと思ったのですが、コーナー、コーナーで外を回らされてしまいました」

16着 マイネルハニー(柴田大騎手)
「納得のレースです。折り合って走っています。最後まで反応していますが、速い脚は使えませんでした。あとは距離が長かったです」
関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 1
TB: 0

page top

コメント

お子様のダービー残念でしたね(笑)
負けた経験が強くさせますからね。

肝心のダービーは本命サトノ✖対抗マカヒキで馬券はガミるという下手くそぶりを発揮してしまいました。買い方って大事ですね。
安田記念楽しみにしてます。

おーの #- | URL | 2016/05/30 11:48 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/1273-071786b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-06