調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

日本ダービー出走馬フォトパドック診断2016 

2016/05/27 Fri.


 コメントもらっているのにブログ上でレスできずすいません。 PCと向き合える時間が限られているので余裕がありません^^;

 日本ダービーのフォトパデータも作りましたが,オークスのフォトパデータは2拍手のみと思ったよりニーズはなさそうなので,貼るか貼らないか迷い中です(笑)

 とりあえず,更新を進めていきます。(ってもう7時ですね・・・・・・時間が足りない・・・・苦笑)

 まずはレース傾向から

無題

無題

 2012年は特殊なレースペースでしたが,基本的には折り合い区間があってしっかり最後まで伸び切れる、東京の直線とバイアスを生かし切れる馬が有利です。オークスと似ている感じですね。

 若駒戦でキャリアが浅い馬が多いのと,距離適性から距離が長い馬が多かったりすると「折り合い」を重点に乗る傾向がある。上級戦になれば,段々とハイレベル戦にはなりますが,ダービーはやはり3歳春段階の世代戦という部分もあって傾向は出ている面はある。

 ステップレースとしても、基本はハイレベル馬が揃う皐月賞が基本で、他では青葉賞若しくは京都新聞杯が基本ですね。

 時間がとれたら、馬体的な視点からも書いていきたいと思います。ダービーウィークなのでしっかり更新はしていきたい気持ちはあります。ご期待ください^^;



穴馬・伏兵で結果を出した馬の確認(過去3年)

2015年2着サトノラーゼン(ディープインパクト産駒)

胴が標準も足が長く肩も寝気味、馬体バランスよく充実度もあった。京都新聞杯を勝って心身充実した状態で仕上げててきた池江Qの手腕と岩田騎手のインに拘った経済コースの攻め方があいまって2着確保


2014年3着マイネルフロスト(ブラックタイド産駒)

肩が立ち気味で根本的に距離は長いと判断していたがしっかりインの経済コースを利して対応してきた馬です。胴も標準ですが脚が長く馬体バランスよく状態面は充実していた。インバイアスを利用して穴をあけきった印象を受けた。馬の資質の高さがあったからバイアスを利用して結果をだせたというもの。

青葉賞2枠3番3番人気6.5倍で6着のあとの臨戦でダービ3着、青葉賞は勝ち馬に0.2秒差


2013年3着アポロソニック(bigboron バウンダリー ダンチヒ)

胴が長めで筋肉がしっかりしているパワーももっているスタミナタイプな馬体です。馬体バランスも良く完成度も高い馬体を見せてくれている。距離適性的にはドンピシャな馬体でした。

青葉賞9番人気逃げて頭差2着、ダービーはキズナが追い込み位置で重力背負い、逃げる同馬は自分のペースで行けた重力解放的な展開でバイアスが向いた点もある。


過去3年であぶりだしてみると

インバイアスを利用しきって結果を出した馬と逃げて重力が後方にあり自分のペースで競馬できた2400m適性馬体の充実度が高い逃げ馬という感じですね。

3頭とも,京都新聞杯と青葉賞ステップで、マイネルフロストは青葉賞で0,2差、アポロソニックは逃げて頭差負けでした。


今回のダービーの設定を再度確認して同じようなタイプから穴があけられそうなら穴馬狙い馬を炙り出してみたいですね。


と結局今日もフォトパコメントまで行きつけなかった・・・・・orz


っと拍手多くリクエストと判断して、馬体データ貼っておきますね(笑)


>>> 日本ダービーフォトパドックデータ https://drive.google.com/file/d/0B6AjId0hqQ0FWFYtd0pWSERzazA/view?usp=sharing

>>> 日本ダービー過去好走馬体 https://drive.google.com/file/d/0B6AjId0hqQ0FeEMwQ3dSaklKM1k/view?usp=sharing


◎ 日本ダービー出走馬フォトパドック診断2016



ディーマジェスティ

皐月賞時と比較して一層「パワータイプになってきた」という印象を受けます。腹袋もしっかりして筋肉も充実しています。いかにもブライアンズタイムの影響が出ている馬体ですが、ディープの良いところも受け継いでいるでしょう。G1でしっかり結果を出せるチャンピオンタイプの精神構造を持っていそうな感じですね。力強く伸び切る条件では適性値高いが,高速馬場でトップスピード勝負になるとタイプ的にちょっとズレる。リズムよく充実していて内面完成度高いので勝ちきれなくても上位に顔を出している可能性は高いタイプです。

→ 皐月賞はリオンディーズが暴走しつつ重力を引っ張ったので枠順の不利を跳ね除けて展開バイアスを利して差し込んできた。馬場設定も合っていた。今回は同じことができるかと考えると、それは難しいという判断になる。リオンディーズはおそらく前受けになるが、今回はそこまで重力を持つ存在になるかどうか。



マウントロブソン

馬体的な迫力は足りないが,地味に頑張った皐月賞です。馬体は研ぎ澄まされた状態をキープできています。立ち姿のバランスも良く、顔つきも◎です。状態面は良い。

→ 皐月賞はリオンディーズの流れを前受けして重力に巻き込まれたタイプです。位置取りショックで今回は差し位置から競馬できれば距離延長も対応しながらも鮮度は高まる。あとは末脚絶対値勝負で戦えるか次第です。トップスピード勝負より、持続的な流れで捲りこんで体力勝負のほうが得意に見えるタイプだと思っています。ディープの血である程度対応できる面は持っていると思いますが。



マカヒキ

撮影したタイミングでしょうか色あせて見える感じですが、肩・お尻・トモの筋肉レベルは過去最高に作られてきています。基本的にマイラータイプですが、バネが素晴らしいという追い込み一閃の武器で世代戦の距離を克服できている現状です。しっかり脚を溜められるタイプなのでイン前有利バイアスにならなければ持ち前の武器でしっかり結果を残せるだけの状態レベルにある。内面も真面目でリズムよく,この強い世代でも戦いなれているのであとは走りやすい条件に替わって更にパフォーマンス値を上げたい。道中小脚を使うと最後のバネの弾け度が落ちるのでゆっくり走らせて溜めさせることが必須です。



エアスピネル

脚が長く,メジャーエンブレムよりも力強さがありそうな上体ながらも無駄にガチムチに作らないで距離に対応できる質の馬体造りをしてきている印象を受けます。皐月賞より馬体はは更に研ぎ澄まされて馬体バランスは抜群です。この馬体なら乗り方次第でダービーに対応できるのでは?という期待感を持ってしまいます。東京コースを生かすには最後まで伸び切る精神力と直線を生かせるトップスピードの持続脳力です。どちらかというとスピードとパワーを持つタイプなので若干適性的にはズレがあるでしょうか。

✳︎キングカメハメハ産駒ですが、私として本馬をダイワメジャー産駒と勘違いして記述しております。ご指摘ありがとうございます。謹んでお詫び申し上げます。馬のタイプとしてはキングカメハメハ産駒ではありますが、非常にダイワメジャー産駒に近いタイプだと個人的には思っての記述を行っています。m(__)m



サトノダイヤモンド

馬体的にはまだまだ完成は先に感じさせますが,現状としてはしっかり作ってこれています。皐月賞と比較して馬体は更に良くなっています。同馬については,皐月賞で散々書いたので,皐月賞記事(課金設定ですが)を参照ください。



プロフェット

胴が短くて肩が立っている。脚の長さで距離克服できてきましたが、さすがにローテ的にも2400mの距離延長は克服は困難なタイミングでしょう。



ロードクエスト

さすがに厳しいローテーションんで馬体が緩くなってきている。距離的にも長いのでどうでしょうか。



リオンディーズ

馬体は良い意味で変わりはないです。脚も長く腰高なのでまだこれから更に成長してきそうな雰囲気はあります。単なるパワーではなく、ぐろっぷよく力強く走りながらもスピード値も高い素晴らしいタイプです。ただ、前受け競馬からの臨戦なのでここでいきなり脚競馬にさせて一発クリアできるのか、これまでの癖で先行させてしまうのか、内面的にガっとキツイ面を持っているので、そういう面を考慮すると距離延長は割引材料です。位置取りショックで追い込み競馬で精神コントロールをしっかりできたら面白いかもしれません。潜在能力の高さはピカイチです。



スマートオーディン

いかにもガチムチで脚も長いわけではなくて標準的、タイプ的には阪神ん1800m戦なんかめちゃくちゃ強いタイプだと思います。馬体もしっかり作りこんでデキ自体は素晴らしいです。マラソンランナータイプではなく、排気量が凄いアメ車的なパワーとスピードが自慢な馬体という印象です。ただし、前走で京都新聞杯を圧勝とポテンシャルの高さは見せてくれている。理想はパワーが生きる設定ですが,軽い京都+距離延長でしっかり溜めて差し込んで勝っち切った内容(ガチムチマイラーが苦手な条件&インバイアスを跳ね除けて大外追い込みで勝ちきったということの意義)からはこの条件も対応できる可能性を感じさせる。



アジュールローズ

パっと見た感じはマイルから2000mタイプで脚の長さで2000mまでいけそうな体型です。無駄がなくしっかり研ぎ澄ませて作れているので現時点での同馬の能力は出し切れるはず。



レッドエルティスト

ショウダウンからやっと大物が出てきたか?と個人的に嬉しいですね。立ち姿はいいですね。脚も長く、胴もスラっとしていて2400m適性はある。ただ、ロブロイなのでちょっとパワー寄りな印象を受ける。もっとスラっと見せるくらいのほうが個人的に好きですが、これはこれでしっかり対応できるタイプです。



ヴァンキッシュラン

胴の感じからは距離は長くない方が良い感じですが、脚が長くレースセンスが良いので距離をうまく走れている印象です。陣営もダービーを意識したローテとレースでの練習をさせており、かつ青葉賞を勝ちきった内容からもここでは評価をするべきタイミングと考えるのがローテ理論と角居Q的思考からの判断になる。馬体も充実できており,厩舎的にはここで結果を出すべくこれまで鍛えてきたタイミングです。距離をこなせる証明は馬体からというより実績から評価できる。




≪ 総 評 ≫


 ちょっと時間をオーバーして書いていますので、省略します。すいません。各馬コメントから各自で想像してみてください(笑)

関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 1
TB: 0

page top

コメント

フォトパ

しっちぃさん、おはようございます^_^

毎回、フォトパを楽しみにしています。
(拍手してないけど)
私も自分でevernoteに作成していますが…眺めるだけ(^^;;
最近はこの距離でも、ムキ馬体が好走している印象がありますが。
前走よりディーマジェ、マカヒキがムキ馬体になっていますが…
しっちぃさんのご意見を伺いたいです(-_^)

チョビ丸 #- | URL | 2016/05/25 07:53 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/1271-3cfe0edc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-07