調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: RAP ANALYSIS ~ ラップ分析

ヴィクトリアマイルレース傾向 

2016/05/09 Mon.


無題

東京11Rのヴィクトリアマイル(4歳以上GI・牝馬・芝1600m)は5番人気ストレイトガール(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分31秒9(良)。アタマ差の2着に12番人気ケイアイエレガント、さらに1馬身3/4差の3着に18番人気ミナレットが入った。

ストレイトガールは栗東・藤原英昭厩舎の6歳牝馬で、父フジキセキ、母ネヴァーピリオド(母の父タイキシャトル)。通算成績は26戦9勝。

~レース後のコメント~
1着 ストレイトガール(戸崎圭太騎手)
「ここまで多くのGIに乗せてもらって、結果を出せていなかったので、今日は本当によかったです。ゲートの出はいちばんかなというぐらい、いい出方をしてくれました。ペースは少し流れるかと思いましたが、いい位置で我慢してくれて、これでしっかりと伸びるだろうと思いました。前が結構しぶとく粘っていましたが、いい切れ味で馬に助けられました。センスのある馬で乗りやすく、強い競馬をしてくれました。距離も問題なくこなしています。(私も)ようやくGIを勝てました。ファンの皆さんのおかげです。馬も今後が楽しみです」

2着 ケイアイエレガント(吉田豊騎手)
「行ければ逃げようと思っていましたが、向こうが思ったよりも離していってくれたので、逃げているような感じになりました。この馬は脚をためてヨーイドンの競馬よりも自分のペースで後ろが構えるような形がいいので、この馬にとってはいい形になりました。4コーナーを回って追い出し始めて、いけるかなと思いましたが、残り100mぐらいで左手前に替えたときに脚が上がってしまいました。しのげるかなと思いましたが、交わされてしまいました。残念ですが、自分の競馬はできました」

3着 ミナレット(江田照男騎手)
「自分のレースでよくがんばってくれました。タメても仕方ありませんし、行こうとは決めていました。今日はノーマークで行けたのが大きかったです」

4着 レッドリヴェール(C.ルメール騎手)
「今日は状態が完璧でした。いいスタートを切って、ペースもよく、馬はリラックスしていました。強い馬との対戦でいいレースをしてくれました。これからもっとよくなりそうです」

5着 カフェブリリアント(福永祐一騎手)
「枠なりで流れに乗れました。直線でも勝ち馬のそばにいて、同じように伸びてくれたらと思っていました。伸びてはくれましたが、速い流れで縦長の展開だったので、きついレースになりました。徐々に力をつけてきた馬で、GIの厳しい流れのなかでよくがんばってくれました。これからの馬ですし、GIでもやれる力を見せてくれました」

6着 ヌーヴォレコルト(岩田康誠騎手)
「結果的には3番手に行っていればよかったかもしれません。勝ち馬の後ろでしたが、反応がありませんでした。元気があって、雰囲気もよかったのですが......」

(斎藤誠調教師)
「1600mでなし崩しに脚を使ってしまいました。道中は手綱を持つところがなく、脚がたまっているように見えて、たまっていませんでした。そのぶん弾けなかったのだと思います。このクラスになると、距離適性が出ますね」

7着 ディアデラマドレ(藤岡康太騎手)
「中間にゲート練習をして、駐立はよかったです。ただ、少し遅れ気味に出て、進路がありませんでした。最後はいい脚でしたが、流れが前の馬に向いていました。能力のある馬で結果を出せずに申し訳ないです」

8着 ショウナンパンドラ(浜中俊騎手)
「縦長の流れで、展開が向きませんでした。外枠もよくなかったです。スタートは出てくれましたが、二の脚がつきませんでした」

10着 スマートレイアー(武豊騎手)
「折り合いはついていましたが、それほど伸びませんでした」

11着 リトルゲルダ(M.デムーロ騎手)
「楽に運べましたが、距離が長かったです」

12着 スイートサルサ(田中勝春騎手)
「さすがに厳しかったです。最後は伸び負けしました」

13着 バウンスシャッセ(北村宏司騎手)
「いつも通りの雰囲気で、スタートはスムーズに切れました。終いを引き出すために前半はリズム重視で、ポジションをとりにいきませんでした。こちらが思っているより不発でした。久々のマイルが原因かはわかりません。馬のコンディションはよかったと思うのですが......」

15着 アルマディヴァン(勝浦正樹騎手)
「位置をとりにいった後、どの馬も控えてしまいました。前が止まらないのは見えていたのですが、自分のとりたい位置をとれませんでした。また力をつけて、来年もがんばってほしいです」


 ラップ表を見てもわかるとおり,1200~1400m戦のようなラップを刻んで残してしまった3着ミナレット

 この速いラップで刻んでも残せてしまう馬場とメンバー設定だったということなのでしょう。(溜めがなくてもある程度逃げ馬が残せるという馬場が軽すぎる設定だったということ)

 決着時計も,1.31.9と速め決着でこの時計で走れるスピード値があってマイルに対応できる馬が走れる展開だった。

 4着レッドりヴェールは最高の展開も、グリップの強さがあるタイプで最後は適性差でしょうか。もう少し摩擦がある馬場だと完璧マッチだった。

 7着ディアデラマドレ(馬券はこの馬から買った)は,中距離でパワーももって走れるタイプで設定が軽すぎたのと時計も速すぎての負けでした。

 NHKマイルカップを見ても、東京マイルG1は,ペースが流れると、中距離でも走れる資質を持つタイプはスピード値負けする可能性があるということは,今後のためにもしっかり覚えておきたい。

 NHKマイルカップを見る限り,馬場は軽すぎるという感じではないと思っています。

 メジャーエンブレムは強く、彼女を目標に追いかけた馬はオーバーペースで終いの脚を失ってドボン、重力に縛られずしっかり追い込んできた馬が2・3・5・6着にくる展開でした。

 NHKマイルカップは、メジャーエンブレムが勝つ展開なら、前衛総崩れと読むのが正解でした。逆にスローペースで逃げ残すタイプだと、前衛連れてくる可能性は高い。

 NHKマイルカップは素直にメジャーエンブレムを評価できなかった時点でドボンでした・・・・・涙。
 
 
関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/1263-4c58ca34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-05