調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

弥生賞フォトパドック2016 

2016/03/02 Wed.


 時間が作れたら、チューリップ賞も書きたいと思っています。やはりフォトパドックはみておいたほうがいいですね。データの方は整理し終わっていますので、あとは感じたことを活字化するだけです。

弥生賞フォトパドック

リオンディーズ

朝日杯のときは素質だけで評価して出走した状態だと感じました。今回は馬体がしっかり成長してさらに研ぎ澄まされてきています。馬体バランスと筋肉のつき方も明らかに良くなっている。成長して完成度は高まってきた。


エアスピネル

同馬も馬体はギュっと締まってさらに馬体は良くなってきている。馬体バランスもよく脚も長い。2000mはギリといったところ。ハイラップ戦になると体力を求められて距離適正ギリだとキツイ可能性も。皐月賞は厳しいがトライアルのゆるい流れならこなせる可能性はある。


マカヒキ

カチっと決まった立ち姿で溜めてビュっと弾けるバネと弾力の強さを感じさせる。母父フレンチの牡馬ですが、無駄に筋肉隆々な形で出ていないシルエットでいい意味でディープとフレンチがベストマッチしている感じに見える。ダラダラ先行させるよりはしっかり溜めてギュっと弾けさせたいタイプ。基本的には2000mまで。世代戦なら溜める競馬を覚えさせることで2400mは対応可能でしょうか。


タイセイサミット

上記3頭をみてきたあとにみるとどうも物足りなく映る。馬体もゆるく筋肉にいい意味での緊張感が足りない。


ヴィガーエッジ

馬体は研ぎ澄まされている。背中が長くて平ら、弾力性よりも硬さがありそう。前の発達に対して後ろの発達がいまいちに見えてバランスが悪い。芝ではじけさせるには後ろをもっとボリュームが出てきて欲しいところ。


= 総 評 =

冒頭の3頭がやはりよいですね。

パワーとスピード能力が伴ってダイワメジャーらしさがあるのがエアスピネル

パワー先行ではないが硬さも保有しながらも後躯の搭載エンジンが素晴らしくボディは軽量化されていてスポーツカーのようなのはリオンディーズ

マカヒキは一言で言うと、弾けるバネタイプで貯めないと良さが半減するタイプ


キャラ設定はこんな感じです。


主催者から注目受けているのは、やはり リオンディーズですね。


本ブログの常連様はおなじみですが、その理由は下記のリンク先に書いておきます。
人気ブログランキングへ
関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/1231-460b21e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-04