調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

京都金杯フォトパドック2015 

2015/12/29 Tue.


 もうフォトパドックが更新されていますね!年末年始モードに入る前に先にやっつけておきます。とりあえず本日は京都金杯ネタで行きます。


 まずはレース傾向から

無題

 昨年は「完全内馬場ゲーム」でした。

 ちょっと記録していないからわからないのですが,開幕週はAコース使用で開催が進むにつれて,Bコース→Cコースと変更していき,Aコースは養生されてコンディション絶好に回復,そこからの京都金杯はAコース設定でイン馬場が逆に走りやすい設定になっているのかもしれません。(きちんと調べていません。仮説です。)

 まぁとりあえず,昨年はイン馬場有利だったということ,今年もその傾向が出る可能性が高いということは頭に入れておいたほうが良いかもしれませんね。

 あと,変則開催になるので,毎年金杯は追い切り映像が「キャンター」の馬が多いです。私の分析手法からだと材料がひとつ足りない状態で分析しなければならないという状況になります。また,変則開催の影響で馬の仕上げレベルが当初の見立てと違って当日ガラっと変わっていることもありえます。注意したいところです。

 勝負気配が強い厩舎、若しくは厩舎力が高い厩舎(意識レベルが高い)はある意味信用できますのでその辺をしっかり見定めたいですね。


トーセンスターダム

この立ち姿だとどうも前肩が窮屈にみえてしまって京都適性馬体とは言いづらい面はあります。それでも京都実績があるのでなんとも言えませんが。ずんぐりと見せてしまっている馬体は個人的にはこの条件でポジティブさは感じさせません。宝塚記念のときに作ってきた馬体なら文句なしに大きく評価します。そういう意味では仕上げレベルは高くないという設定になりそうです。

→ ローテ的には,ハイレベルG1戦を使って間隔あけて相手弱化戦と悪い臨戦ではない。


エキストラエンド

基本的にG1では足りない馬なのでローテは空き巣重賞狙いで良いと思います。馬体は正直なところもっと張りが欲しいです。毛艶も悪くくすんでみえます。理想の状態にはまだもう一歩という印象を受けます。


マジェスティハーツ

毛艶が悪く冬毛が生えています。夏場の馬体が素晴らし過ぎたのでどうもこれでは評価はできない。


ミッキーラブソング

毛艶はピカピカで状態面は良さそうです。軽いスピードをがありそうな馬体でひと昔の速すぎるくらいの軽い京都馬場だったらドンピシャに合いそうなタイプです。背中・腰・トモ・お尻と充実しており出来は間違いなく良い。

→ 個人的には,馬体タイプとして一本調子な1400mタイプに見えてしまう嫌いがある。前走も1400mで先行させて詰めて2着,ただ前傾ラップでのものというのが距離延長でどうもポジティブに評価しづらい。内枠引いて軽さが生きる馬場なら評価はできる。


オメガヴェンデッタ

毛艶は悪いんですが馬体のアウトラインは悪くない。ただし、まだ上の段階に馬体を持っていけるのも事実である。背中・お尻・トモの力強さは素晴らしい。速い時計にも対応できていますが。パワーもあってオールラウンドに走れそうですね。

→ スワンステークスを追い込んで3着,上Fは33.5と4位ですが,走らせ方としたら,マイルに距離延長しても問題ない走りができている。フィエロも同様の走らせ方でマイルチャンピオンシップ2着である。


= 総 評 =

掲載順位1位,2位の馬はどうもフォトパ段階では万全の仕上げではない。ここから当日までどう変わってくるかでしょうね。

この掲載馬の中では,消去法で考えると オメガヴェンデッタ を推したいところです。



> shibaさん

 shibaさん、初めまして!いつもお世話になっております。

 twitterではいつも変なことばかり呟いてスイマセン^^;

 今自分の中で構築中のローテ理論は,今井雅宏氏の「Mの法則」がベースとなっています。Mの法則は,「馬の精神面」的なブウ部分がメインです。身体的な部分の適性は,馬体を見たり、追い切りで走る姿を見て評価します。あとは,最新の記憶から今回どう変化するか、それがマッチする「ショック」になるのか,レースタイプについては,当時の馬場状態やラップを見てイメージしています。その辺を意識して色々考えながら思ったことを書き綴らせていただいています。

 競馬初心者ということでしたら、Mの法則の概念が理解できるように著者の本を読むことをおすすめします!また,距離、コース、世代ごとにレースの質が違いますので、その辺を理解されると「視野が広くなる」と思います。

 本を書けるくらい自分の中での理論は造れているつもりです。でも面倒くさいからそこまではアウトプットできません(笑)

 競馬には必ず「本質」がある。その本質から分析ポイントを離してはいけない。

 ただ、どんなに自身があっても,レースに行って展開が大きく傾くと,騎手が下手乗りすると,結果には繋がらない。競馬はそういう意味で難しい面はあります。ですので最後に託す・信じるためには、「騎手」というファクターも非常に大事になってきます。

 おっと、ちょっと脱線しすぎましたね(笑)

 激励ありがとうございます。 とりあえず、ブログを続ける決心はつきましたので今後ともよろしくお願いします。

 本年はお世話になりました。shibaさんも良いお年をお迎えください! 
関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/1204-ccc1a3ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-10