調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

宝塚記念出走馬最終追い切り・調教分析2015 

2015/06/28 Sun.

 忙しなかった仕事がひと段落ついたので,来週あたりは一息つけそうです。

 この調子で競馬で一儲け!といきたいところですが、勝負事にはセンスが無い私でもあります^^;

 うちは男児2人ですので,アウトドア教育も必要だ!と家族会議で決定しましして、テントやアウトドア用品を昨日見に行きましたが、結構いい値段しますね^^;

 これは、競馬の助けが必要です(笑)

 一昨年に買ったノートパソコン(VAIO PRO13)ですが、ファンが軸ズレするのか、グォー!と異音が出たり、普段のファンの音もカタコトカタコとうるさいです。USBの差すところも、引っ込んで端子が当たらなくなったのか、一個使えない状態で非常に不便です。PCも新調したいし,こちらも競馬で頑張ってみます(笑) 


 余談ですが,うちのペルセヴェランテ君の追い切り映像も確認できたので簡単に書いておきます。


ペルセヴェランテの追い切り映像(一週前)

インパルスヒーローと併せていた映像があったので確認できました。3頭併せで大外を先行,インパルスヒーローはデキがかなろ良くて心身充実している状態で仕掛けて突き抜けるが、外でジッっと馬なりでリラックスさせて走らせる追い切りで真ん中の併走馬には圧倒できていました。短評では併せ馬遅れですが、内容としては全く問題ないものです。十分良い調教です。

→ 少し行きたがっていて鞍上が腰を後ろに力をかけて押さえている姿勢が確認できます。上手く気性コントロールできるよう教育を重ねて行ってもらいたいです。大きなところで脳力を出し切るには「溜め」を作れるようになることが大事です。

→ 馬体は素晴らしくて良い感じです。

→ 来週の7/4(土)福島猪苗代湖特別に出走予定です。


少し平場馬もチェックしてみたので,ちょっと書いておきましょう。



函館〇Rの狙い馬
人気ブログランキングへ

この馬の好走パターンを見ればここで狙うのが必然です。条件はほぼほぼ完ぺきに揃っています。伏兵人気で狙えると思っているので激熱です。明日の種銭をここで稼ぎたいと思っています。


> トクメイさん、ありがとうございます。平場戦まで毎週カバーするとなると、競馬に対して相当時間が必要で正直厳しいです^^; 本業の仕事も忙しく、妻子持ちで休日も家族サービスが基本です。お許しください^^; 

  あと、平場戦は追い切り映像が無いので、いかんせん精度が落ちます。パドック見るまでは事前段階の評価も信用できません(笑)

  ちなみに、先週のローブティサージュは狙うべきタイミングだったのは間違いないです。かなりデキは良かったです。シルク会員なのでレース後コメントなどが確認できましたが、ヤリ設定だったのは間違いないです。ただ、「競馬には絶対はない」ということでしょう。


> チョビ丸さん、すいません、ワンアンドオンリー君、抜けていましたね^^;

> heartsさん、どうもです!私も今年は自分の馬券の調子は悪いです(笑) 勝負は時の運、勝ち負けは紙一重です。なるべく勝てる可能性が高い戦をしかけていくことが大事でしょう。なるべく楽しみながらコンスタントに勝てるように頑張っていきます。お互い頑張りましょう!

> ひろさん、お互いに頑張りましょう!現地観戦うらやますぃー!





※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫



<< 更新情報 >>

〇 更新完了


◎ 宝塚記念出走馬最終追い切り・調教分析2015

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


ショウナンパンドラ高野

栗坂単走馬なり55.4-39.6-25.1-12.3

大きく飛べていて柔らかい。真っ直ぐ走れている点も良い。見た感じはやはり軽さが生きる条件が良く、京都のほうがベターで阪神のパワー質向きかといわれると少し疑問な部分はある。デキ自体は悪くはない。




トーセンスターダム池江

栗CW単走終い強め55.3-41.3-12.6

池江Qとしては珍しい追い切りパターンで、ゴール板過ぎてから追って弾けさせるという内容です。馬体は依然と比較して明らかに良化(成長)しています。

→ ディープらしい柔らかさもありますが、前脚の出し方がしっかり地に脚をつけるタイプなので回転力もって力強くも走れる。阪神実績があることからもこなせるタイプと判断する。

→ 鳴尾記念勝った時よりも断然追い切りの動きは良い。そのくらい成長している。

→ ジっと脚を溜めて、一気に最後抜け出す、、、そういうトレーニングはできている。枠順も恵まれた。




ネオブラックダイヤ鹿戸

美南芝併せ馬馬なり65.8-50.3-36.6-12.0

この馬としてはデキは良いです。ただ、基本的に格下で適性値的にも疑問




アドマイヤスピカ松田博

栗CW併せ馬幸終い一杯86.3-69.3-53.6-12.0

併走馬に突き放されてしまう。基本的に柔軟さが無い走り方でパワータイプ,トップスピードの低さで負けてしまっている追い切りです。個人的には、ダートを試してみたら?と思わせる走りでもある。

→ 阪神替わりはこの手のタイプにはプラス材料です。

→ 松博さんの馬に幸騎手が乗るって珍しい印象です。




カレンミロティック平田修

栗坂単走蛯名終い気合52.0-37.9-25.0-12.8

楽に好時計を出せている。出来に関しては高い位置で安定しています。天皇賞春の京都コースでも結果は出しましたが、走り的にはカチっと走るタイプで基本的には中距離型で阪神が合うタイプだと思っています。阪神コース替わりはプラス材料だと思っています。


→ 前走は完ぺきな騎乗でのパフォーマンスだったので、過剰人気になるなら嫌いたい面はある。





デニムアンドルビー角居

栗CW併せ馬浜中馬なり69.2-53.0-37.9-11.5

ディアデラマドレとの併せ馬です。遅れましたが不安視するレベルではないでしょう。馬体、脚捌きの力強さなどをチェックすればいい仕上がり状態で望めていることがわかる。

→ 牝馬限定戦では阪神で強いタイプでした。ただ、牡馬混合となると,パワーでは劣る部分はある。

→ 軽さが必要な京都よりは阪神で好走している強みがあるタイプです。そういう意味ではここで狙って結果を出したい仕上げであるのは納得できる。





ワンアンドオンリー橋口

栗坂併せ馬Mデム終い仕掛け53.5-39.2-26.3-13.5

もともとズルい面は追い切りでもありましたが、今回も全然本気で走っていない。頭が高くてしっかり体をつかって走ろうとしていない。この気の悪さがレースでどう影響してくるかでしょう。リズムを崩して集中力を失い、休ませて遠征競馬で3着後の休み明け,ここでしっかり走れる追い切りだったら、休ませて良くなってきた!と判断したかったが,どうもこういう追い切りをされると評価しずらい面はある。

→ 追い切りが動かないタイプでレースで本気をだされる可能性はありえる。

→ 基本的に阪神タイプな馬である事実はある。(過去の戦績参照)




ディアデラマドレ角居

栗CW併せ馬終い仕掛け69.4-53.2-38.3-11.5

デニムアンドルビーとの併せ馬で外から併走,牝馬ながらにもパワーも持っているタイプでしっかり力強く走れている。フォトパと線で繋げると非常に良い仕上げレベルで望めると判断する。

→ 角居厩舎3頭出しですべて牝馬というのは面白い。意外と実弾なのはこの馬だという可能性もあり得る。
 (ラキシスは重力を持ってしまうので、後ろからズドンとこの馬が差し込む)




トウシンモンステラ村山

栗坂併せ馬和田終い一杯53.8-39.0-25.1-12.7

追われてからの反応がイマイチな感じで内面の完成度からもどうも格下に見えてしまう。





オーシャンブルー池江

栗CW併せ馬松山終い仕掛け54.2-40.0-12.0

併せ馬の内側なのでいまいち挙動が見えませんが、走りの力強さは意外に合って仕上がり自体はあるい感じはしない。馬体をもっとしっかり観たかったです。




ヌーヴォレコルト齊藤誠

美南W単走馬なり86.0-69.7-54.5-39.7-12.7

フォトパドックで見た印象よりは馬体は良く見えます。無駄はないです。溜めが作れるし、綺麗に走れる。前脚もしっかり前に出せている。闘争心が強く、それをコントロールできる強さもある。基本的に牝馬チャンピオンタイプで強い相手に食らいつけるタイプです。

→ ヴィクトリアマイルはデキとマイル適性負けです。今回も出来さえよければ、内面の強さで上位に入ってきても不思議ではない資質を持つ。ただ牝馬という点でパワーより軽さを持つタイプなのでその部分で牡馬には劣る。




レッドデイヴィス音無

栗坂併せ馬松若終い気合50.5-37.1-24.4-12.3

前走時でもデキ自体は良かったが伸び切れないといった内容でした。今回もデキは変わらず素晴らしい追い切りをみせてくれている。坂路で最後もギュンっと伸びる感じは素晴らしい。

→ 好時計でここまで走れちゃうとなると、阪神マイルくらいのほうが良いのでしょうかね。




ラキシス角居

栗CW併せ馬馬なり仕掛け86.1-68.3-52.4-38.4-11.8

追い切りは動かなくても結果を出しちゃうタイプですが、今回は普通に追い切りで走れています。馬体も研ぎ澄まされていて内面も良し。ここは完ぺきにな仕上がりに近いです。

→ 角居育成は,チャンピオンタイプを育てる下地がありますね。

→ 大阪杯は、追い切り追われて動かずでこれはないだろー!と思っていた中での勝利、追い切り分析者泣かせの馬です。涙。


トーホウジャッカル谷

栗坂単走酒井終い一杯54.8-40.1-25.7-12.4

基本的にはいい馬です。大きなストライドながらも力強く走れるタイプで今後の活躍を期待したい資質の持ち主です。追い切り映像を見てちょっと違和感があったので菊花賞時と見比べてみましたが,終いの動きのシャープさで言えばやはり今回は劣ります。仕上げ順調度という意味では菊花賞比較では落ちると判断し、なんとか間に合わせたというものという見立てです。

→ 基本的に良い馬です。このレベルで結果を出せれば逆に将来は明るいです。基本ステップとしてはここを使って札幌記念辺りで仕上がってきそうです。




ゴールドシップ須貝

栗坂併せ馬横山典馬なり52.9-38.2-24.5-12.2

追い切りで動かないこともあるくらいマイペースな馬ですが,天才ノリさんが鞍上で素直に走らせてあげられている姿が確認できる。化け物には天才が乗ることで脳力が開花できる印象です。

→ 今回はしっかり真面目に走っている。身体もメンタルも非常に良い状態。

→ 陣営は,適性的に「宝塚記念」と「有馬記念」に状態面がピークになるように仕上げてくる計算をする。今回は狙っていたG1戦だということ。




ラブリーデイ池江

栗CW単走終い仕掛け54.2-40.0-12.5

今春は重賞2勝と果実を得た馬でその勢いでG1挑戦という流れです。使い方を見ていると、基本的にG1では足りないからG2、G3を勝ちにいこう!というローテだったと思います。ただ、勢いに乗った流れで結果を出してきた馬に同厩舎馬だったダノンバラードがいる。ダノンバラードは目で見えてデキが絶好調だった印象があります。対して、ラブリーは,この馬もデキ自体は好調です。内面の充実度はダノンのほうが上だったでしょう。そのくらい極まっていた状態でした。

→ 後躯の挙動を見るとキレ味を使えるタイプなので,パワー馬場よりはキレる馬場のほうが良い。前脚の掻き込みである程度カバーはできている走り。


→ ローテ的には、鳴尾記念目標だった感が強い。そういう意味では連軸視向きではない。




☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  該当なし
    
B+ 

B  

B- なし

注  なし 

( 補 足 )

 土曜競馬傾向ですが、明らかに時計がかかってパワー勝負向きの馬場になっています。

 今日は天気良さそうなので、どこまで馬場が回復するかがポイントでしょう。

 それでも基本的に阪神馬場はパワー傾向が強いので,内面がしっかりしている馬(嫌がらない、諦めない)やパワー馬場がマッチしていて気持ちよく走れる馬を選んでいきたい。


 ◎15ゴールドシップ

 条件的には、この馬を中心視せざるを得ないでしょう。ただ、癖馬なだけあって、不可解な負け方はすることはある。鞍上は天才ノリさんなのでヘグったり、馬の能力を出しきらないで終わる確率は少ない。ただ、背中に乗って「今日はダメだな」と思ったら消極騎乗にはなる。G1で条件としても向いているjはずなのでそれはないとは思いますが。馬券はここから買うと妙味がないのでそのへんは考慮しますが、素直に考えると、この馬が最有力という判定です。


 ○13ラキシス

 覚醒してきた女傑,大阪杯でも力強く伸び切れた内容はここでも通用するものでそれを理解して上半期の目標をここと決めて角居厩舎が極め仕上げを施してきた。前走と比較しても追い切りレベルは高く、状態面に関しては文句はない。鞍上もルメールということで不安要素はほぼない。


 ▲08ディアデラマドレ

 この馬は牝馬ながらにして明らかにパワーも内包しているタイプでそれが馬体や走りに現れている。東京マイルで間に合わなかったのは、ナチュラルスピード負け(適正負け)であって能力負けでjはない。中距離替わり、パワー馬場替わりとなれば大きく適性値はアップする。その分相手強化にもなるが,馬体や身体面の充実度も著しく、ここで一発を期待したい部分はある。土曜の馬場をみて外馬場から差せるバイアスも嬉しい条件


△02トーセンスターダム

△06デニムアンドルビー


 上半期の最終章、宝塚記念です。

 ここを目標に極め仕上げできた馬、適性値的にマッチしそうな馬を狙うべき条件です。

 明らかに、ここ目標に極め仕上げで狙ってきた厩舎は,角居厩舎です。

 ここの厩舎は明らかに仕上げ能力が高い。

 ここ目標に極め仕上げできたのは、ラキシス

 使いながらも明らかに極め仕上がったのは ディアデラマドレ

 適性的に厳しくも、この馬も極め仕上がっている デニムアンドルビー

 すべて牝馬ですが、このうちどれかは馬券になるくらい走れる状態に仕上げてきていると考えています。

 今年の宝塚記念の見立ては、


 得意の舞台 ゴールドシップ VS 角居牝馬軍団 と想定します。


 ゴルシとラキシスと堅く決まる配列もありえそうですが、個人的には、漁夫の利を狙った追い込みで3着狙いを想定するディアデラマドレを狙いたいと思っています。

 フォトパを見て「これはありえる!」と思わせた馬で、一週前追い切りも最終追い切りもGOODです。



 土曜日函館最終の狙い馬は、4着でドボンでした。すいません。パドックを見てまだ馬体に余裕があったので、先を見据えてというかんじでいたのでそのうち馬券にはなるはずです。あとは人気との兼ね合いになってしまいますが。


 今日も狙い馬が出ますので書いておきます。出来に関しては万全の出来です。あとは鞍上次第です(笑)

 東京○R 狙い馬
人気ブログランキングへ

 まぁとりあえず、この鞍上との相性はいいですのでそういう意味での再度乗り代わりでしょう。前走で久しぶりに左回りを体感して追い込める競馬ができている。これが良い調教になってここで勝負といった設定です。仕上げレベルの高さは厩舎としても勝負の意識の強さです。


= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています





↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ
関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 2
TB: 0

page top

コメント

いよいよですね。
現地観戦の予定で今からテンション上がってますo(^-^)oワクワク
ディアデラのコメント、非常に気になります💦💦
続きのアップ楽しみにしています(^^)

ひろ #- | URL | 2015/06/26 10:35 - edit

しっちい先生こんにちは!
更新お疲れさまです

ゴルシに逆らいたいので負かすとしたら
どの馬か教えて頂けると幸いです笑

個人的には母親が好きだったので
マドレに負かしてほしいですね!笑

吾輩は猫である #- | URL | 2015/06/27 21:15 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/1164-9ee5b9dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-10