調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

京都新聞杯出走馬最終追い切り・調教分析2015 

2015/05/09 Sat.


 ジェロニモさん、ありがとうございます!

 お世辞にも追い切りは良いとは言えない状況なので、その辺がどう影響するかなぁといったところです。

 とりあえず、ダートの走りを確認する1戦になると思います。ペルセヴェランテ君を応援ありがとうございます^^



※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫



<< 更新情報 >>

〇 更新完了


◎ 京都新聞杯出走馬最終追い切り・調教分析2015

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


アルバートドック松田博

栗CW単走藤岡康終い強め83.4-68.4-53.5-40.2-13.1

調教は動かないタイプなんでしょうかね~終いキレないですね。ただ、馬体は研ぎ澄まされた造りでいかにも良血ディープ産駒というものを見せてくれている。仕上がりに関しては悪くはないはずなので、単走だと追い切りは動かないタイプという見立てで良いと思います。

→ 戦績や前走レースを見ると、キレる脚よりもスタミナがありそうなディープ産駒で距離延長はプラス材料でしょう。

→ 結果をだしていないG1レーシングの馬で松田博先生に預けるということは、最低でもダービーに出走させたい意志はあるはず。

→ 追い切り観ていても性格的にズブいところがありそうで長距離適性はあるはず。






サトノラーゼン池江

栗CW併せ馬川田終い気合53.5-39.0-12.5

前走はインで溜めて抜け出すという強い内容で,今回もしっかりインで溜めて抜け出す競馬を意識してくるはず。それを連想させる追い切りで終始併せ馬で闘志と溜めを作りながら仕掛けるといった追い切りです。最近はしっかり内で溜める競馬が上手くなってきている川田騎手の継続騎乗という面も評価対象になる。




シュヴァルグラン友道

栗CW併せ馬藤岡康終い強め82.6-67.2-52.6-38.6-12.3

脚が長く追われてもたつくところがあるので距離が長くなるのは悪い材料ではない。基本的に追い切りで抜群な動きを見せるタイプではない。前走は一杯に追い切られていたところもあり休み明けといったレベル、今回は一度叩いて順当に仕上げてこれたと思われる。


→ 前走は直線勝負と割り切った乗り方で「ヤリ」というj背景は感じさせないレース内容,直線に入ってダノンリバティにフタをされて追い出すタイミングが遅れるが、上がり2位34.1で脚を使えているので次走に繋がる良い実践調教になったというもの。

※ 前半無理させないで、後半にかけて集中させてしっかり併せ馬&末脚を使うことで、疲労を最小限としながら次走に向けて集中力が生まれてくるという調教効果が期待できるもの

→ 2000mに拘って使ってきているので、あえてリズムを崩さないで乗ったのが前走、距離が延びてそれが生きてくる。しっかり折り合える。

→ 馬主大魔神+友道+内田騎手と本気で結果を出したい繋がり(ヴィルシーナライン)



注:この馬の弱点は前捌きが硬いということ。こういうタイプは京都コースではどうかなぁ~という部分はある。理想は中京や阪神コース向き。同世代戦なのでポテンシャルでタイプできると判断するかなやましいところ。





スピリットミノル本田優

栗CW単走酒井学終い気合82.3-66.7-52.5-38.9-12.5

出来に関しては非常に良い。馬体はしまっていて無駄がなく研ぎ澄まされており躍動感もある。ただ根本的に芝で走るにはスピード不足なタイプという部分もあるタイプ。ディープスカイ産駒らしい砂で走れる硬さがあるのでそれが京都の軽い馬場にマッチするかという不安はある。

→ デキは良いが根本的な適性面は非常に不安な部分があるというモノ。硬くてピッチ気味に走るので時計がかかる馬場が良い。

→ ローテ論的にはハイレベル皐月賞からのダウン戦かつ距離延長で買いたい材料は揃う。適性論としては雨が降って時計がかかる馬場となれば条件が揃うので馬場が悪化するようなら鉄板軸馬になるという評価。天気次第





スワーヴジョージ庄野

栗CW3頭併せ池添終い一杯81.2-66.8-52.4-38.4-12.2

はーびんじゃーらしいダンチヒ系らしい走りをする。こういうタイプは京都はどうかなぁと思う部分はある。ハービンジャーらしいタイプは理想は阪神や中京、時計の掛かるときの東京といった条件が良い。骨格がしっかりしていてどちらかというとパワーをもって真っ直ぐしっかり走れるタイプが多いのがハービンジャー産駒で軽さ負けする馬が多いのが特徴。

→ デキに関してはしっかり走れていてメンタル面も良い。あとは適性だけです。





ライセイアプローズ宮本

栗坂単走馬なり55.3-40.4-26.2-13.1

馬場の内目を走る。しっかり掻き込んで走力が強いタイプ,この手の走りができるタイプはパワー上がるので阪神とかのほうがベターな部分はある。大きく走れている点は良い。




ダノンリバティ音無

栗坂併せ馬浜中馬なり52.3-38.6-25.5-13.1

仕上がり面に関しては問題なく、あとは良い状態をいかにキープするかというタイミングにみえる。皐月賞のときの追いりきは非常に素晴らしかった。そこから比較すると、上がり目はない。

→ ピークは明らかに前走で騎乗的にもうまくイン強襲狙う「ヤリ」騎乗でもあった。そういう意味では、ローテ論的には割引な部分はある。




トーセンバジル藤原英

栗CW併せ馬終い仕掛け83.7-67.5-52.6-38.7-11.9

併せ馬で仕掛けてしっかり伸びてくる。馬に気持ちも入っており仕上がり面に関しては身体的にもメンタル的にも非常に良い状態にある。

→ ハービンジャーらしさも内包している馬でその辺が気になるが、京都で速い上がりを出せているし、皐月賞ステップとして評価している弥生賞を経験している点は強みになる。





ポルトドートウィユ高野

脚が長いディープ産駒で馬体適性理論的には明らかにこの条件が合うタイプのはずです。阪神コースで後ろから追い込み切れなかった部分は阪神のパワー馬場が合わなかったところと前&イン馬場有利というバイアスが働いてしまったところ。逆にこの証明は,京都コースならドンピシャに合う!ということを逆に示している可能性はある。ここは見直すべきタイミング。

→ デキに関しては安定しているといった感じです。しっかり大きく走れて終いも集中できて走れている。大きく良くなってきたという感じはないが、高い位置で安定している。





リベレーター高橋亮

栗尾CW併せ馬馬なり81.2-65.2-51.0-38.1-12.4


ハービンジャーっぽさが出ている点はきになるが、馬体的にはしっかりしていて仕上がりは良い。1勝馬で休ませてここを使ってくるということは陣営的に期待している馬だということ。




☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  該当なし
    
B+ ポルトドートウィユ(適性値高い)、サトノラーゼン

B  トーセンバジル、アルバートドック(距離延長◎)

B- スワーヴジョージ(出来に関しては良いがハービンジャー色が強め)、スピリッツミノル(出来は半端なく良い、ただ根本的には軽さが求められると不安)、シュヴァルグラン(ローテ的には良いが前の出が硬く適性的には不安な面も)、ダノンリバティ(引き続きデキは良いので評価はしておくが、ピークは明らかに前走)

注  なし 

( 補 足 )


◎02ポルトドートウィユ

 クラブの高額馬でダービー出走は及第点、京都適性値高く最低限の仕事はしなければならない立ち位置を評価


 ここから相手をどう買うか。


 アルバートドック評価したいところですが、外枠は基本的にポジティブにはなれない。

 そうなると、サトノラーゼンを評価しなくてはならなくなる面はある。


〇04サトノラーゼン


 人気も割れているので、その辺を意識しながらパドックを見てワイド2点買いくらいでとりたいところ。





= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています





↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ
関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/1152-7c145d59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-08