調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

阪神大賞典出走馬最終追い切り・調教分析2015 

2015/03/21 Sat.



※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫



 子供たちが珍しく昼寝で爆睡しているため、出来るときに追い切りチェックしてブログに書いておきます。

 ギリギリファルコンステークスに間に合って、ブリクストから印3頭にワイドで流しましたが、軸ミスドボン!!(笑)

 アクティブミノルの単複とここからのワイドが正義でした。。。。。忙しい時は無理して競馬に参加しない方が良いですかね^^;

 

<< 更新情報 >>

〇 更新完了


◎ 阪神大賞典出走馬最終追い切り・調教分析2015

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


カレンミロティック平田

栗坂Mデム馬なり52.4-38.2-25.4-12.9

馬なりで真っ直ぐ走る。終いはちょっとかかった感じはありますが、先行馬なので許容範囲です。フォトパどおりの良い出来にある。仕上げに自信あるからミルコを起用する背景はありそう。




ゴールドシップ須貝

栗坂併せ馬岩田終い一杯54.6-39.7-25.5-12.4

相変わらずパワーあふれる走りを見せてくれる。重戦車のような走り。一気に突き抜けるところも内面的にまったく不安はない。あとは、この馬の良さが生きるレース設定になるかどうか。

→ パワー勝負の馬場で軽さが生きない道中スタミナロスが激しい設定が得意の馬です。




サイモントルナーレ田中清隆

美南W併せ馬馬なり12.8

基本的にスケール負けしている条件



スズカデヴィアス橋田

栗坂単走馬なり52.4-38.1-24.7-12.2

走りは綺麗でとてもまとまっており、無駄が無い。上手に身体を使えている。前走もそうだがしっかり真面目に走れていることから引き続きここでも戦える状態にある。

→ 前走時の追い切りより明らかに状態は上です。



スノードン安田隆

栗坂単走馬なり54.5-39.7-25.7-12.7

走りに一本筋が足りないというか、ちょっと緊張感が無い。ピリっとしたところが見たい。




デニムアンドルビー角居

栗CW3頭併せ浜中馬なり81.0-65.9-51.4-38.1-12.0

出来に関しては素晴らしい状態です。真ん中でしっかり負荷をかけられて楽に前に出られる強さは健在です。昨秋は無安打で終わったので巻き返したい意気込みを感じさせます。

→ 牝馬なので、軽さが生きる設定なら、デキの良さでカバリングできる状態です。




フーラブライド木原

栗CW併せ馬終い一杯78.9-63,5-50.2-37.7-12.4

鬼時計を出して体力を鍛えてくる追い切りです。ゴールドシップが圧勝する展開になるとこの手の追い切りは生きてくる。




メイショウカドマツ藤岡

栗CW単走終い一杯82.1-66.4-51.8-37.8-11.8

力強く走り抜けている。パワーが勝っている感じなので馬場は重めの設定が良い。ですので前走なんてぴったりだったんでしょうね。

→ ダイワメジャーらしくない長い距離を走る。脚の長さと後躯の可動域でカバーしている。走りからは一雨欲しいですね。




ラストインパクト松田博

栗CW単走終い強め81.5-66.0-50.9-37.4-11.8


フォトパでも感じたが、走りからもやはりステイヤーではない。完歩が普通で胴も普通の中距離型、上手く脚を溜めればなんとか距離を伸ばせる部分があるが、長い距離で体力戦になると適性差がもろに出てしまう可能性がある。

→ 距離が足りない馬でも、溜めることを教え込んでこなしてくる厩舎なのが松田博流



ラブリーデイ池江

栗坂単走馬なり62.9-39.0-25.1-12.2

追い切り観る限り、絶好調ですね。前走評価を下げたのは私の完全なミスですね。ただし、基本的にステイヤーではない。ゴールドシップと馬券圏内で共存する確率は低いでしょう。ただ、少頭数だからわかりませんか。




☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  該当なし
    
B+ ゴールドシップ、デニムアンドルビー、ラブリーデイ、スズカデヴィアス

B  カレンミロティック、フーラブライド

B- なし

注  なし 

( 補 足 )


無題

 とりあえず土曜日分析から。

 いずれのレースも前でレースをした馬が好走しています。

 レースの上がり3Fは,11Rで36.4,9Rで35.6,いずれも人気馬は外から差し切れなかったという内容です。

 9R 1着 マーベラスサンデー系×ENDSWEEP
    2着 キングカメハメハ×フジキセキ
 
 11R 1着 メイショウサムソン×SS
    2着 エンパイアメーカー×キンググローリアス
 差し遅れ ディープインパクト×クロフネ
        ゼンノロブロイ×シングスピール


 この内容からは,馬場はパワー優勢でロスある競馬をするとその分体力も消耗し、不利になる という感じでしょうか。



無題

 昨年は完全スローペースで,このペースだと楽に先行で来て先行させたゴールドシップでした。完全にバンデマークで潰してその隙をラクティが差してきたというもの。

 レベルが高いレースになるときはスパート区間が早くなる。

 この辺は人間が操作するもので,騎手たちの意識をイメージする必要がありそうです。

 今回は,メイショウカドマツが出走します。京都記念にしても、AJCCにしてもスローペースで前有利な流れで勝利してきた馬ばかりです。

 彼らを惑わせるペースを作り,後方には怪物がにらみをきかせる。

 その間でポジションを取って競馬をする彼らは,後ろにも前にも意識しなきゃいけないという試練が与えられる。

 早めに動きだせば必ず怪物に食われるし、動き出しが遅いと、天才武豊にまんまと逃げきられる。

 メイショウカドマツはパワー型なので,今の馬場も合います。
(ちょっと心配なのは前走でストレス蓄積があって反動がある可能性があるということ。少頭数で前半ゆったりから途中早めにスパートなら誤魔化せるか。)

 この馬場設定なら,パワー勝負で体力戦になったら一番強いこの馬の評価は避けられません。

◎08ゴールドシップ

 
 デキが良いのは,ラブリーデ イ とスズカデヴィアス

 体力の証明ができているのは ステイヤーズステークス4着のスズカデヴィアスのほう

 ラブリーデイは,基本中距離型の体型と走りです。しかも今回がパワ―馬場で難しいポジションを強いられるならこの馬はデキが良くても割り引く。


 〇04スズカデヴィアス

 前有利の展開バイアスが生じたときは

 ▲10メイショウカドマツ
(この馬もそこまでステイヤーではない部分はある。ディスタンスまでの体力消耗戦型)

 体力消耗戦に備えて追い切りをこなしてきた

 ☆09フーラブライド

 の3着狙い騎乗もあり得ると見る。



 こんな感じでどうでしょ?(笑)


 適当に感じたままに書いてみました!フィーリング競馬分析です(笑)


 
= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています





↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ
関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/1134-87aac0b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-06