調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: THINKBACK 【 回 顧 】

シンザン記念、フェアリーステークスを終えて2015 

2015/01/14 Wed.


 自戒も込めて少しコメントも書いておきます。


(1) シンザン記念回顧2015

無題

【シンザン記念】(京都)~グァンチャーレが重賞初V

京都11Rのシンザン記念(3歳GIII・芝1600m)は、2番人気グァンチャーレ(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒8。アタマ差の2着に9番人気ロードフェリーチェが、ハナ差の3着に3番人気ナヴィオンがそれぞれ入線。

グァンチャーレは栗東・北出成人厩舎の3歳牡馬で、父スクリーンヒーロー、母チュウオーサーヤ(母の父ディアブロ)。通算成績は6戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 グァンチャーレ(武豊騎手)
「思ったよりもゲートを出ましたし、道中もリズムよく運べました。4コーナーの手前で外へ振られましたが、直線でもう一度脚を使ってくれました。前はつかまえられると思いましたが、後ろからも来ていましたし、何とか我慢してくれという気持ちでした」

(北出成人調教師)
「まだ若いところもありますし、このあとは一息入れます。ジョッキーも1800~2000mの方が競馬はしやすいかもしれないと言っていましたし、クラシックも見据えて今後を考えようと思います」

2着 ロードフェリーチェ(四位洋文騎手)
「今日も後ろからのレースでしたが、重賞ですから馬群のすぐ後ろの位置につけました。ただ、向正面で100mぐらいハミを噛んだところがあって、直線で前をつかまえられそうな感じで届かなかったのはその分でしょう。それでも今日はこの相手で十分やれたし、これから楽しみな馬です」

3着 ナヴィオン(福永祐一騎手)
「坂の下りで加速できず、置かれてしまいました。阪神のようなコースの方がこの馬のよさを発揮できるとは思いますが、切れ味がありますし、力のあるところは見せてくれました」

4着 ダッシングブレイズ(C.デムーロ騎手)
「ゲートは普通に出ましたが、馬がいい動きになるまでに時間がかかって後ろからになりました。トップスピードに乗るまでに時間がかかるので、距離は1800mくらいあった方がいいかもしれません。能力を感じる馬です」

5着 レンイングランド(浜中俊騎手)
「今日はマイペースで行けましたし、ゴール手前までよくがんばってくれたと思います」

7着 ヤマニンマンドール(岩田康誠騎手)
「今日は動くのが少し早かったかもしれません。力のある馬ですし、流れが向けばチャンスはあると思います」


 無駄なく上手に脚を使い切った,要するに上手く乗った!という結果だったのが グァンチャーレ

 デキも良くて完成度が高い,前走でじっくり加速する練習を武豊騎手とできていてそれを生かし切れた内容です。

 舞台が京都ではなく,阪神だったら突き抜けていたのは ロードフェリーチェ と ダッシングブレイズ

 京都向きの走りが出来なかった馬だが,前者は結果を出せた。後者は前者の煽りを食らった分の馬券圏外です。

 一言に「これが競馬」だと思います。絶対はない。最後に「運」を生かせる馬が勝てる。結果を出せる。

 一番人気というのは材料的に「不利」でしかない。それは知っておいて損はない。

 予想が全くハマらなかったので,仕込み関係を書いておきましょう(笑)


 ロードフェリーチェ

 相手関係が弱かったので上位に来れたハービンジャー産駒。昨年ののタレントが揃っていたら追い込んで届かずだったでしょう。そのくらい今年はメンバーレベルが低い。ハービンジャー産駒は基本的に京都よりも阪神,東京よりも中山で狙いたいタイプ。骨太で骨格がしっかりしており走りも柔らかい感じはない。究極のキレ勝負になると分が悪くなる。

 同馬はまた,パドックでもやんちゃな素振りを見せていたし,舌も縛るなど矯正を施されていた。要するにまだ「ムラ」っぽい性質を持っているということ。道中も噛んでいた部分もありそれで2着はある意味「能力の証明」ではあるが,その反面能力を出し切らずに「脆さ」を出すケースも今後ありえる。極端な「追い込み」をやったのもコントロールを効かせられた部分でもある。

 POINT!! 馬そのものを観て感じたのは,現時点ではまだムラっぽい危うさを兼ね備えている。人気に支持されるときは疑っても良い。ストレスないタイミングであっと言わせる激走がありそう。


 
↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

 道中行きたがってしまってうまく折り合えなかった。それでも最後まで頑張れているように能力の証明はできた。このペースでは馬にマッチしないのでもう少し早く流れる距離でこそ現時点では能力を出し切れる。

 → 次走同距離を使うなら,折り合えるための教育的騎乗をするべき。ヤリ出走なら,距離短縮で狙って出走させる。


レンイングランド

前走休み明けで激走したストレスを抱え込んでいるはずだったが,ペースが楽で身体面は前走よりも良くなっていたので見せ場は作れた。ただ,本質的には,短距離での消耗戦向きでしょう。


ダッシングブレイズ

まぁ人気馬だし皆さんしっかり観ていると思うので省略します。



↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

 相場もちょっと噛んでしまって道中力みすぎてしまい,最後失速でした。しかkり課題をクリアできていない中での出走で完成度負けしたというもの。今後はしっかりと教え込んだ騎乗をしていきたい。馬体や走りからは京都よりも阪神や中京向きです。

 → 距離短縮で折り合いは楽になれるので,次走距離短縮なら狙いやすい。同距離なら教育的騎乗です。前につけると折り合えなかったので,まずは後方からジワっと上がっていく競馬を教え込みたい。良い馬です。


 最後に確認しておきたいことは,この設定で前受けした馬がまったく出番がなかったということは,「逃げ・先行馬」は「弱過ぎる,若しくは適性が無い馬」ばかりだったということ です。

 ちなみに,メンバーレベルは低すぎです。




(2) フェアリーステークス回顧2015


無題


【フェアリーS(GIII)】(中山)~伏兵ノットフォーマルが逃げ切り、人馬ともに重賞初制覇

中山11Rの第31回フェアリーステークス(GIII、3歳牝馬、芝1600m)は11番人気ノットフォーマル(黛弘人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒2(良)。3/4馬身差2着に8番人気ローデッド、さらに3/4馬身差で3着に3番人気テンダリーヴォイスが入った。

ノットフォーマルは美浦・中野栄治厩舎の3歳牝馬で、父ヴァーミリアン、母リミッターブレイク(母の父マンハッタンカフェ)。通算成績は8戦2勝となった。

~レース後のコメント~
1着 ノットフォーマル(黛騎手)
「2番手か前めでと考えていましたが、行く馬がいないのでハナへ行きました。道中は落ち着いていましたし、最後もとてもしぶとく、持ち味を発揮してくれました。レースが終わってからも疲れた感じもなく、いい雰囲気でした。今後が楽しみです」

(中野栄治調教師)
「パドックの時から落ち着いていて度胸があります。芯の強い馬で、実にしぶといです。距離が延びてもいいと思います。これで堂々と桜花賞へ行けますね。使い減りしませんし、輸送も問題ありませんから、トライアルも含めて次走を考えたいと思います」

2着 ローデッド(戸崎騎手)
「しぶとい馬です。ゲートの中で若さを見せていました。スタミナのある、長くいい脚を使ってくれます。ペースが遅かったので前に行きましたが、外を回った分、相手が楽でした」

3着 テンダリーヴォイス(北村宏騎手)
「スタートはうまく決まりました。もう少しペースが流れてくれれば良かったです。馬はリズム良く走っていて、終いも狭いところを進路が取れました。よく反応してくれたと思います。前が楽だったでしょうか、捉え切るまでにはいきませんでした」

4着 コートシャルマン(C・デムーロ騎手)
「内めの好位でうまいこと競馬が出来ました。仕掛けてから馬場が硬いのを気にしていました。硬い馬場は得意ではないと思います」

5着 メイショウメイゲツ(蛯名騎手)
「前が詰まりました。前にいた馬の動きが悪く、外に切り返すタイミングがありませんでした。広いところに出られませんでした。スムースだったら違ったと思います」

6着 アドマイヤピンク(丸山騎手)
「流れが遅く、ペースが向きませんでした。馬は良かったです」

7着 トーセンラーク(吉田隼騎手)
「枠に泣かされました。ゲートを出たのでスッと内に入れたかったのですが、入れませんでした。それでも内から4頭目を通れたので、この枠にしてはベストの展開だったと思います」

8着 カービングパス(柴山騎手)
「道中は良かったです。しかし、4コーナーで出るところがありませんでした。申し訳ありません」

9着 エヴァンジル(田辺騎手)
「距離が忙しいです。外を回していましたし、力的にも少し足りませんでした」

10着 ギンザヴィクトリア(勝浦騎手)
「4コーナーまで手応えがすごくいいと思いましたが、伸びませんでした」

11着 ハナズプルメリア(三浦騎手)
「いいところでジッとしていました。前が開ければ良かったです。ヨーイドンの競馬にもなってしまいました。ペースが流れればもっと脚を使ってくれたと思います。まだ良くなりそうです」

12着 オーミアリス(北村友騎手)
「楽に自分のポジションを取ることが出来ました。リズム良く走れましたが、追ってからが甘かったです。敗因はつかめません。落ち着いているので距離はこなせると思います」

13着 ナイアガラモンロー(大野騎手)
「楽なペースで行けたのですが、踏ん張れませんでした」

14着 マラケシュ(ブノワ騎手)
「すごく動きのいい馬です。しかし、舌で遊んでいて仕方がありませんでした。舌を縛って、呼吸が楽になればもっとやれると思います」


 とにかくローデッドが強かったですね。 ゴールドシップっぽい競馬でした。ただ,こういう大味の競馬ができるということは,ディープインパクト産駒の牝馬っぽさがないということになる。条件次第ではキレ負けして勝ちきれないというタイプになりそうです。




↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

じっくり乗って馬群の中を差し込むという理想的な調教が出来た。個人的には好きな厩舎ではないが,良血の大物馬主の馬を預かっているということでこの先結果を出すように頑張ってくる可能性はある。



テンダリーボイス

無駄な体力を消費せずにしっかり馬群を縫うという内容です。ストレスは最小限で済んでいるし,春先に向けてじっくり育成していけば楽しみがある馬だと思っています。



オーミアリス

追い込める馬なのに先行させて馬の良さを殺すのは良くない。次に生きる内容でもないので非常に残念なキャリアになってしまった。


↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ
関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/1092-6aa49119
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-07