調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

エリザベス女王杯出走馬最終追い切り・調教分析2014 

2014/11/16 Sun.



※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


 土曜日は前日飲み過ぎて二日酔いでくたばってました(笑)

 そんな上手く集中できないときに競馬はやってもダメですね^^;

 さて、体調も戻りまして、集中モードに入れるようになりました。エリザベス女王杯!当てたいなぁ!!(*´ω`*)

<< 更新情報 >>

〇 更新中


◎ エリザベス女王杯出走馬最終追い切り・調教分析2014

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


アロマティコ佐々木昌
エリザベス :栗坂三浦単走終い一杯53.2-38.4-25.3-12.9
エリ女一週前:

単走で終いしっかり追ってくる追い切りです。脚捌きは非常に力強くコンパクトに真っ直ぐ走れている。最後は脚は一杯気味だったが鞍上の檄に応えている。心身共に充実しているから軽い調整ではなく厳しい終い一杯の調整を実施してそれが馬の実となることを理解して設定している追い切りという判断です。メイチの仕上げでフォトパと繋がる。三浦騎手も追い切りのために栗東入りしている。




ヴィルシーナ友道
エリザベス :栗CW併せ馬竹之下終い一杯86.1-70.3-54.8-40.0-11.7
エリ女一週前:

終い溜めて,ラスト1Fだけ追うという松博流的な追い切り。集中して走って1Fしっかりキレた内容は悪くない。内面の状態と体の使い方も良し。



オメガハートロック堀
エリザベス :美坂単走馬なり56.4-41.1-26.9-13.9
エリ女一週前:

いいものを持っている馬ですが、集中力に欠けているというか物見しながら走っている。G1では極限状態が求められるので圧倒する何かを持ちたいところ。




キャトルフィーユ角居
エリザベス :栗CW3頭併せルメール終い強め81.8-66.1-51.2-38.2-11.9
エリ女一週前:

3頭併せの真ん中追走です。併走馬を馬なりで圧倒できなかったのはちょっと残念でしょうか。併せた相手次第でしょう。時計的にも攻めている時計なのでこれでも良いかもしれない。馬自身は追われていましたが強さを持って走れている。



グレイスフラワー宗像
エリザベス :美民麻衣W併せ馬丸田馬なり68.4-53.7-39.5-13.0
エリ女一週前:美南W併せ馬馬なり69,5-53.9-39.5-13.1

馬が闘争心を強く持って集中して走れているゾーンに入っており,併せ馬でも決してひるむことなく強さをもって走れている。内面の状態は良い。あとは身体能力的にヤレるかどうかだけ。



≪一週前≫

馬なり調教はこの厩舎の特徴でじっくり併せ馬が出来ていればよい指標です。それができている追い切りで馬も内面からジワっと良い感じで走れている。併走馬が目に出て煽ってもそれに負けない挙動を見せる。




コウエイオトメ松元
エリザベス :栗坂単走北村友終い気合52.8-38.2-25.2-12.8
エリ女一週前:

京都コース巧者で有名な馬でキチっと仕上げてこれれば穴馬になれる資質を持つ馬です。身体をコンパクトに使ってしっかり走れています。できれば併せ馬で内面も鍛えてほしかったですが、追い切り走らない時期と比べるとしっかり走れてはいる。

→ 京都大賞典でも追い切りは評価していますが、上手く乗って弾けられなかった内容に少し不安はある。




サングレアル松田博
エリザベス :栗CW併せ馬終い一杯86.2-70.0-54.2-39.0-12.1
エリ女一週前:

併せ馬で直線向いても大きく後方にいる。そこから追って差を詰めてフィニッシュ。追いだしてから首を高くして拒否するような仕草が目立つ。内面という部分で集中できていない不安はある。



サンシャイン藤岡健
エリザベス :栗DP併せ馬藤岡佑終い強め63.1-48.6-35.7-11.3
エリ女一週前:

ポリトラックで後ろからインに合せて終い追う。この馬としては非常に心身レベルが良い追い切りをみせている。






ショウナンパンドラ高野
エリザベス :栗坂単走馬なり53.1-37.7-24.4-12.3
エリ女一週前:栗坂併せ馬終いムチ52.8-38.3-24.8-12.6

馬なりで楽にバネを持って走れている。一週前でしっかり追った効果が今回の動きに表れている。内面も良くストレスは抜けている感じです。とにかくバネが良く弾ける動きは秀逸です。


≪一週前≫

いいバネを持って走れている。併走馬が走り過ぎたせいか併せ馬は遅れてしまった。最後更にギューンっと伸びてこれるようんいなれば本物です。





スマートレイアー大久保龍
エリザベス :栗坂併せ馬馬なり51.2-37.2-24.3-12.1
エリ女一週前:栗CW併せ馬終い仕掛け78.5-64.2-50.3-37.5-12.4

馬場は綺麗です。持ったまんまで楽に走り切ってこの時計,新亜地能力が高く仕上がっている状態です。ここまで身体が仕上がっていると、登坂で外からスルスルっとポジションを上げて仕掛けて行く姿が目に浮かぶ。内面はおっとりさんだが、この馬の新亜地能力を生かす形で嫌気をおこさせないように御せれば圧倒的なパフォーマンスを示せるはず。


≪一週前≫

直線向いてから仕掛けて一瞬にして抜き去る。ギアの深さがある非常に良い追い切りです。時計的にも素晴らしいです。パワーも内包する馬体なのでCWでも余裕で時計が出せるのでしょう。身体能力の高さで勝負するタイプでいかに自分のリズムで走らせるかが鍵になる。能力はしっかり出し切れる素晴らしい仕上がりです。





ディアデラマドレ角居
エリザベス :栗3頭併せ藤岡康馬なり86.1-69.2-54.1-39.5-11.8
エリ女一週前:栗CW3頭併せ藤岡康馬なり→強め84.1-67.9-54.0-40.1-11.9

キャトルと違って時計はゆったり設定です。前受けするタイプと追い込むタイプとで違いますからね。最後までしっかり集中して余裕で併走馬をちぎります。心身レベルの仕上がりに対しては文句はない。しっかり仕上がっています。



≪一週前≫

3頭併せでインから併せる。しっかり内面は集中して走れているのは非常に良い。そこからハードにゴール板過ぎてから追ってくる。一週前はハードな追い切りで最優追い切りは馬なりで馬が自らグっとくる追い切りが出来てくるようであれば完璧です。




ヌーヴォレコルト齊藤誠
エリザベス :美南W単走終いムチ81.5-65.3-50.8-37.4-12.7
エリ女一週前:美南W併せ馬岩田終いムチ86.2-69.5-53.8-39.4-12.5

単走でもしっかり強い闘争心と集中力を持って走れている。今持っている精神的なポテンシャルの高さを見せつけている。この手の強さがあるタイプは身体能力次第で格上でも戦える。あとは秋華賞メイチのあとでどこまでお釣りが残っているかが鍵です。秋華賞は栗東滞在をしてまで獲りたかったタイトル。今回は美浦調整の直前輸送です。

≪一週前≫

大きく後方から追走、インから併せて直線強襲、ギアを一番上まで上げて差し切る。ギアを残して差し切れたら最高でした。岩田騎手が追い切り乗りに来ているのが印象的です。




ブランネージュ藤岡健
エリザベス :栗DP単走終い強め62.8-48.4-35.7-11.3
エリ女一週前:

しっかり走れています。ただ、前走でも十分仕上がっていた馬で更に上積みは?と言われるとどうでしょうか。






フーラブライド木原
エリザベス :栗CW単走終い一杯79.5-64.2-50.5-37.6-12.2
エリ女一週前:栗CW単走終い強め81.2-66.2-52.1-38.7-11.8

時計は速雄ですね。速い時計で走らせて終いも追ってしっかり最後まで伸びているレベルの高い追い切りです。単走でも走れているところが良い。ここメイチで仕上げてきたことがわかる。馬体も良し。後躯の可動域も◎です。


≪一週前≫

馬場の大外走らせる。アリュール産駒ですが牝馬で出ているので柔らかく大きく走れている部分が合ってよい。仕掛けてからもギュンっと反応できている点も良い。




ホエールキャプチャ田中清
エリザベス :美南芝単走蛯名馬なり64.0-49.8-37.1-11.8
エリ女一週前:美坂併せ馬馬なり56.5-40.5-27.1-14.2

芝追い切りですか。。。。。。G1で芝追い切りっというのは評価はしずらい。


≪一週前≫

坂路駆けする馬なのに手応えイマイチで終いも14秒は評価しずらい。





メイショウマンボ飯田
エリザベス :栗坂併せ馬馬なり53.3-38.4-24.6-12.1
エリ女一週前:栗CW3頭併せ終い仕掛け81.5-64.8-50.4-36.8-12.0

この馬としては抑え目な時計です。気持ちはしっかりスイッチは行っている印象です。


≪一週前≫

楽に好時計出せる身体能力の高さを持っている馬なんですが・・・・・フォトパ見るとどうも評価はしずらい馬です。




ラキシス角居
エリザベス :栗CW3頭併せ川田馬なり81.5-65.7-50.8-37.8-11.9
エリ女一週前:栗CW3頭併せ終い強め87.7-69.9-54.4-39.7-12.2

内から合わせる形で真ん中にキャトルフィーユを置いている。終始優勢な手応えで内面に強さを持ちながら走れている。負荷をかけるためゴール板過ぎてから更に気合を入れて時計以上に負荷をかける。ゴール板を過ぎて一杯に追ってきたわけではないので、仕上がっていないサインではなく,単純に負荷を強くした勝負仕上げと判断する。


≪一週前≫

3頭併せでインから追走、ゴール板過ぎてから強め匂って更に長くスパートさせて鍛えるハードな追い切りです。これを消化して最終追い切りがどう変わってくるか楽しみです。




レッドリヴェール須貝
エリザベス :栗坂併せ馬馬なり52.4-38.8-25.9-13.4
エリ女一週前:

楽に走って相手を圧倒する。時計は速いが楽に走って流している。もっと内面にぐっとくるものが出てくれば理想的です。







☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  スマートレイアー、ラキシス、アロマティコ、ヴィルシーナ
    
B+ ディアデラマドレ、フーラブライド、ヌーボレコルト、ショウナンパンドラ 

B  キャトルフィーユ、グレイスフラワー、メイショウマンボ

B- なし

注  なし 


( 補 足 )

 土曜日京都10Rをチェックしましたが,基本的に「イン馬場が生きている状態」でインを捨てて外を回すタイプの馬は「不利な設定」かなぁと感じるところです。

 ですので,そとから差しに動くタイプは割り引きたい条件です。

1_201411110638055d8.jpg

 2200mなので道中の動き方次第でラップは変化しますが,基本的に

 ① 上手く折り合いをつけて

 ② 下り坂を利用してスピードを上げながら

 ③ 最後までスパートできる能力あう馬

 ④ イン馬場を突いてこれる、ポジションを取れる馬

 ⑤ 過去にイン差しで実績ある馬

 こんな感じでしょうかね。
 

 もう一つ,私が非常に考えている要素


 それは「厩舎」です。


 良くブログでも書いていますが,追い切り映像を見ていて非常に素晴らしい厩舎だなぁといつも賞賛しているのは


 角居厩舎 


 です。


 現在の管理馬ラインナップを見ると

無題

 牡馬よりも牝馬にタレントが揃っている ということに気が付きます。


 本来であれば強い牡馬に力を入れたいところですが

 エピファネイアは,ちょっと課題が多く覚醒しきれていない状態

 エアソミュールは,格下であるということを理解して天皇賞に出走させなかった

 と,ちょっと役者がそろっていない。


 そこで,今力を入れているのは「強い牝馬の育成」です。


 そしてエリザベス女王杯は,角居厩舎3頭出し


 ラキシス、ディアデラマドレ、キャトルフィーユ


 追い切りからは, ラキシス>キャトルフィーユ


 相手関係を考えて、夏場に稼ぎたいと使い続けてきたのが キャトルフィーユ 
 (具合も良かったという背景もある)

 秋に備えて休ませて大きいところを獲らせたいと考えている馬は ラキシス


 こう読みます。


 ディアデラマドレは,非常に強くて良い馬です。来年のヴィクトリアマイルで追い込める馬場設定だったら高パフォーマンス見せられると思います。

 追い切りも時計は甘く感じるでしょうが,あれはギアを残した状態で走らせてゴール板過ぎてからギア上げて更に時計出している追い切りです。時計だけでは判断しない方が良いです。それが角居厩舎です。


 マドレは飛びが豪快で,器用にインを突くという器用さは足りない馬です。

 
 能力を出し切らせるには広いところで伸び伸びと走らせる必要がある。そうなると大外捲りが基本的な戦法になる。


 一番最初に書いた馬場設定を考慮すると,マッチしていないので


 ラキシス>ディアデラマドレ という判断になる。


 今年のエリザベス女王杯は,「角居先生を買う!!」という結論でいきたいと思います。


 ◎01ラキシス

 簡単に各馬補足していきます。

 
 フーラブライドは,牝馬限定戦なら基本的に上位の馬だと思っています。ただ,前走が意外と案外だった・・・・・というのが本音ですが,前半折り合いつかないで外目回されてと考えたら,酌量の余地はあるか。一度使ってビッシリ追ってきたので変わり目があれば普通に結果を出しても不思議ではない。好枠


 キャトルフィーユは角居厩舎です。春先は非常に充実していたのでそれに比べると・・・・という部分はある。使い続けた分の蓄積ストレスか、何かはあります。それを跳ね除けれるかが大きなカギです。


 ヌーボレコルトは,とにかく闘争心が強く今は崩れにくい連チャン期に入っている馬です。ただ,走り方を見ると京都より「東京や阪神」のほうが良い。下り坂サポートがあるよりもない条件でタフに伸び切る争いになる展開のほうが良い馬です。生涯充実期にいるという点では切るずらいタイプで一番人気でも3連系は紐で押さえたい。


 メイショウマンボはイマイチわからない馬です。フォトパを見て個人的には消したい方向です。脚は長くて京都も向く,距離もちょうど良い。厩舎がイマイチなので厩舎力で脚を引っ張っている。これが一流厩舎にいたならばまた違ったのでしょうね。

 
 ヴィルシーナは,ヴィクトリアマイルで再度スイッチが入ったようですね。非常に真面目でスイッチがはいいているときは崩れにくい。逆に極めて集中力を持つだけに切れてしまうと、なかなか復活できない。2戦連続好走できているし、追い切りの動きも非常に良い。再度集中状態に入ってきたという馬でここは軽視できない。復帰したばかりの内田騎手,今まで休んでいた分、「飢えて」います。ここは渾身の騎乗を見てみたい。


 追い切りだけみたら、スマートレイアーでいいかな?って思うくらい素晴らしいです。イン馬場有利バイアスということで割り引いただけです。


 アロマティコはこのレースで一番のダークホースだと思っています。大外配置ですが,後方に下げてインに入れ,一か八かのイン追い込みを決行してくると思っています。三浦騎手は最近気合の入った騎乗が目立つ騎手で夏場もこの馬でイン差しに拘って乗ってきた。その成果をここで出したい背景が揃っている。


◎01ラキシス
〇10ヴィルシーナ
▲18アロマティコ
☆02フーラブライド
△15ディアデラマドレ
△16スマートレイアー


 こんな感じでしょうか。 


 角居先生を応援するエリザベス女王杯です!!


 予想のスパイスにオッズから気になる馬もピックアップしてみます。

 大穴で配当爆発の立役者になりそうな馬(3連系の紐で押さえたい馬),穴位置で評価されている馬,一発あるかないかという評価をされている馬の順に書いておきます。
↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ



= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています





↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ
関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/1065-907ba749
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-05