調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

富士ステークス出走馬最終追い切り・調教分析2014 

2014/10/24 Fri.


※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


金曜日は会社の親睦会イベントで温泉旅行に行ってきます。ですので、おそらく飲み過ぎます(笑)

 とりあえずなんとか富士Sをチェックしておきましたので、掲載しておきます。菊花賞分の追い切り映像は見ていません。日曜日までぎりぎりの戦いになりそう(笑)


<< 更新情報 >>

〇 更新完了


無題

 東京マイルって感じですね。安田記念の形とはまた違いますが。

 体力と量が豊富なタイプが好走しそうなイメージです。東京マイルの適性がある馬をピックアップしたいですね!


◎ 富士ステークス出走馬最終追い切り・調教分析2014

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


インパルスヒーロー国枝
富士S   :美南W3頭併せ終い一杯68.3-54.3-40.1-13.4
富士S一週前:

併せ馬でイン追走、必死に追って最後前に出て突き放す。仕上がり途上だからこんな追い切りをするという判断で個人的には割引評価です。良くてギリで間に合わせる追い切り,内面がしっかりしていればここまで追われなくて突き放せる。




エキストラエンド角居
富士S   :栗坂併せ馬終い仕掛け53.3-39,4-26.2-13.6
富士S一週前:栗東CWで5F71秒3-11秒8(馬なり)。

馬場はいかにも重そう。でも良発表。馬場は重たいですがこの馬なりに体力をもって走れている。角居先生も最近は坂路を使うようになってきました。エアソミュールも坂路追いで仕上げて毎日王冠を勝たせています。エキストラエンドはおそらくこの馬のことを考えてローカル線の夏競馬に使っているはず。ただ、結果としては休ませてあげればよかったようです。リズムを崩してしまったローテで馬場が変わってどこまで巻き返せるかがポイント。追い切り観る限りは馬のデキは良い。そうなると馬場替わりでパフォあっぷする余地はあるかもしれない。



キングズオブザサン荒川
富士S   :栗DP併せ馬蛯名馬なり66.4-50.9-37.4-11.7
富士S一週前:栗東坂路で4F54秒3-12秒9(一杯)。

顔つきをみると今非常に充実している時期をむかえていることがわかる。走ることに対して真面目で前向きです。あとは適性なんですが,東京コースはG1実績あるし、新潟マイルも走れているから適性値は非常に高い!と思うでしょうが、春先の馬体を見ると基本的に東京コース適性値はそこまで高くない。NHKマイルは低レベル戦でインバイアスの恩恵があったこと、京成杯AHは馬場が荒れていてこなせる馬が上位にきたレースだということ。今回差しも効く東京馬場に代わってここが本当の試金石になります。ただ,デキに関しては非常に良いのでこの部分でどこまでカバーできるかがポイントになってくると思います。個人的には明らかに中山向きで荒れた馬場向き。そうなると中山記念とかで狙ってみたいんですよね。それまでに器用さを得られる訓練を積んで行ってもらいたい馬です。




クラリティシチー上原
富士S   :美南W併せ馬北村宏馬なり67.2-52.7-39.5-12.9
富士S一週前:

この馬も前の出が硬いタイプなのでその部分を古馬東京マイル戦でどうカバーするかがポイントになってきそう。同世代戦ならうまくごまかせていた部分ではありますが、古馬混合重賞になるとスペシャリスト戦になるので硬さはウィークポイントになる。セントライト記念は、基本距離負けでしょう。前が硬いのでストライドできずスタミナ負けになった。距離短縮は歓迎,あとは集中力さえ切れていなければOKで併せ馬を消化し内面のっ強さは確認できた。条件替わりで好走したい




コスモソーンパーク池上
富士S   :美南W併せ馬松岡馬なり85.1-68.7-53.7-39.9-12.9
富士S一週前:

OP級の馬で適性も持続力勝負向きなので中山や福島が良いタイプ。馬の状態としては高い位置で安定できている馬で良い馬ではある。ただ、適性と相手関係を考えると不利な部分が多い。デキに関してはこの馬のレベルで非常に良し。



シェルビー笹田
富士S   :栗坂単走終い強め53.6-39.,1-25.4-12.3
富士S一週前:

馬場は綺麗です。飛びが大きく持続的な脚を継続させるのが得意なタイプに見える。溜めてからの瞬発力勝負ではなく、脚が溜まらない流れからの持続勝負が◎なイメージと思ったらバクシンオー産駒でしたね、納得です。東京マイルを走りきれる体力の豊富さを証明している点は非常に良い。前走は1400mを差している点も良い。ここで先行ではなく差して勝っていて体力の証明があるなら面白いタイプ。デキに関してはしっかり走れていて良い。笹田先生は馬の内面を大事にして使ってくるタイプで無駄に使って馬を消耗させない伊藤雄二師の跡継ぎ。




シャイニープリンス栗田
富士S   :美南W3頭併せ柴田大馬なり84.1--68.0-53.1-38.9-13.2
富士S一週前:美浦南Wで5F66秒5-12秒7(馬なり)。

ちょっと集中力というか闘志がかけている時期です。一頃と比べるとバリっとしてこない。不満です。




ステファノス藤原英
富士S   :栗坂併せ馬鮫島終い一杯54.1-38.3-24.5-12.2
富士S一週前:栗東CWで5F66秒0-12秒2(馬なり)。

ガンガン追われて併走馬に先着,スマートな追い切りを見せてくる厩舎ですが、今回はしっかり追ってのもの。馬の反応的にはちょっと頼りない部分がありどうでしょうか。ただ追われてからの映像しかないので、映像が始まったあたりから終い一杯追いだったらまだ納得です。前走の内容は◎で今回に生きてくる部分はある。あとはマイルに対応できる資質があるかどうか。溜めさせる競馬を教えてからのマイルの臨戦ですが、その辺は理解しての調教でしょうか。その辺はトーセンラーで考えてこなしてきた藤原英師ではある。




ダノンシャーク大久保龍
富士S   :栗坂併せ馬終い気合53.7-38.5-24.9-12.3
富士S一週前:栗東坂路で4F52秒1-13秒0(一杯)。

馬場は綺麗です。内面は相当タフな馬でしょうね。強い馬です。しっかり走れています。内田騎手から福永騎手への手替わり,剛の騎手から柔の騎手への替わりです。自分で走れるタイプだから良いでしょうが、基本的にはパフォダウンの乗り替わりラインです。ソフトに疲労が残らない形で最後まで集中させて走らせる調教的なレースが出来れば次走に向けてはベターなステップになる。




ダノンヨーヨー音無
富士S   :栗坂併せ馬終い一杯54.2-40.1-26.4-13.5
富士S一週前:

頭が高くて全然自分で走らないズブさ満点な追い切りです。前走見てもわかるとおり、身体が作れていない。もう走る気がなくなって身体も作らなくなってきた状態です。一度叩きましたが内面がやはりダメです。



トーセンレーヴ池江
富士S   :栗CW併せ馬終い強め84.8-69.4-54.6-39.5-11.9
富士S一週前:栗東坂路で4F56秒2-13秒3(馬なり)。

サトノアラジンの調教パートナー的な追いkり位です。基本硬いタイプで生涯充実期も終えてしまって精神的には安定した中で走らせているので大きなパフォーマンスは見せられないのが近走だと思います。真面目さがある良い馬ですが,馬体的なスケールが足りないタイプ。ブエナビスタに追いつけなかったディープ牡馬のビワハイジっ子。




ブレイズアトレイル藤岡
富士S   :栗CW単走藤岡康気合84.6-67.8-52.9-39.3-12.4
富士S一週前:栗東坂路で4F53秒0-12秒7(一杯)。

高い位置で安定はしている。ただ、夏場の時期からデキは良かった馬なので普通に考えてこれ以上の上積みは見込めない。前走は馬場も味方した馬です。




ミトラ萩原
富士S   :美坂併せ馬馬なり52.6-39.2-26.6-13.7
富士S一週前:

いかにもシンクリ産駒らしい馬体を持つ馬です。ある程度パワーが生きる条件だと合う。量もある。キレよりも体力と量で推せる条件で。デキに関しては高い位置で安定できている。




レッドアリオン橋口
富士S   :栗坂併せ馬終い気合54.9-39.8-25.9-13.0
富士S一週前:栗東坂路で4F55秒4-12秒9(馬なり)。

馬場は荒れ気味です。タキオンらしい硬さがある。これが生きる馬場ならgoodですが、この手の馬は冬の時期に走りそうですね。下に対するグリップ力が◎な馬です。というと逆に考えると,普通の条件では能力負け(キレ負け)するタイプです。あとは持っているポテンシャル次第です。内面はいい意味で若さ、生命力が合ってくたびれていない感じは◎です。

→ 出資しているペルセヴェランテ、ボーダー的な目標はレッドアリオンだったりします。最低限このくらいの馬になってほしいなぁと思っています。




ロサギガンティア藤澤和
富士S   :首坂3頭併せ柴田善馬なり55.4-40.9-25.6-13.5
富士S一週前:

いつもの追い切りです。前走はうまくイン突いているのに7着と振るわず。下手競馬ではなく上手く乗った競馬で能力差を感じた競馬でした。ゆとり追い切り厩舎なので叩いて上昇してくる部分はあると思います。ただ、内面的な強さを感じさせなかった前走で成長力は実は思っていたよりないかもしれない。



☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  該当なし
    
B+ ダノンシャーク、キングズオブザサン、ミトラ、シェルビー、ステファノス

B  クラリティシチー、エキストラエンド、レッドアリオン

B- なし

注  なし 

( 補 足 )

 時間が無いので省略します。

 各馬コメをしっかり書いたつもりなのでその辺を参照ください。

 






= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています





↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ
関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/1053-abcdd85a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-05