調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

菊花賞出走馬フォトパドック診断2014 

2014/10/22 Wed.

  とりあえず,過去の菊花賞好走馬体の過去3年分貼っておきます☆

 >>> 菊花賞好走馬体(過去3年分)


無題

 このレースの大きなポイントは,長距離レースが故の「ゆったりと折り合う区間」があるということ。

 【1角から向こう正面に入って坂を登り終わるまで】が溜め区間で,ここで折り合いを欠いて体力をロスしたり、無駄足を使ってスタミナロスをしたらレースリズムを崩し最後の勝ち負け勝負に参加できなくなる。

 馬体的には足が長く,ストライドが効いてスタミナロスを最小限に12秒くらいの時計の時計で走れる馬体の馬が走れる条件です。

 もちろん、気性面でも「折り合える」ことが大事です。

 ですので,過去の好走馬体をしっかりチェックしてフォトパをチェックすることが非常に大事であると考えています。

 
≪しっちぃファンの皆様、長らくお待たせしました・・・・・・平日から飲み過ぎてしまいました(笑)≫

エピファネイア

研ぎ澄まされた馬体でポテンシャル面でも世代リードしていた馬。シンボリクリスエス産駒であってシンクリ産駒らしくない面を多く持っている馬です。馬体は無駄を削ぎ落としマラソンランナーに近い身体を作ってきていた。馬体バランス良く脚も長く胴もゆとりがあり背中も良いタイプ。気性面以外はディスタンスの距離は普通にこなせる馬体です。



サトノノブレス

エピファに比べると胴が詰まっているタイプでその部分では窮屈さがある。前の肩の角度がゆったりで前脚をしっかり前に出して走れる構造なのがプラスに働いている馬体です。ようするに飛びでカバーできる体型だということ。古馬になってからの活躍からもポテンシャルは高かった馬という評価です。



バンデ

肩は若干立ち気味でスタミナ型としてはカッチリしているタイプ。脚が長いのでその部分で補っている。もっと皮膚が薄く造れて無駄を削ぎ落とせたら真のステイヤーになれるタイプ。



ゴールドシップ

レースぶりからも無尽蔵なスタミナを持つ馬だがスピード値が足りないので速い時計で長く走らされるとさすがに最後は甘くなってしまうタイプ。軽さやキレが生きない設定で強さを発揮する。あし毛で膨張色だが筋肉がしっかりついている割にはすっきり見せている。背中もゆったりしており,肩の角度も前脚が前に出る造り。納得の体型です。



スカイディグニティ

肩が立っているタイプでそれを嫌って本番では軽視したような。。。(笑)。 肩が立って背中も窮屈で筋肉質,個人的にはステイヤーとは呼べないタイプ。それでもこなせてしまうのが菊花賞ということでしょうか。ただ大きなポイントは足が長いということ。脚が長いということは基本的に必須条件であるということ。基本的にこの手の体型は,脚を溜めて最後にぶちかますという「距離をごまかす乗り方」が好走するためには大事かなぁと。



ユウキソルジャー

この馬も立ち肩っぽくて胴も短かめ。古馬になってこの距離が適性になるとは思えない感じです。皮膚を薄く造って無駄をそぎ落としている点は良い。あと脚も長い。



ベールドインパクト

パっと見てマイラーっぽさを感じさせるが肩の造りや足の長さ、筋肉の容量、背中などを考えると,京都が得意で無駄肉も削ぎ落としていかにもつくってきた!という馬体に見えます。馬券圏内にこなければいけなかった馬でしょう。これは。




オルフェーヴル

この馬はポテンシャルの高さは言うまでもないでしょう。ピッチ走法で距離延長&横綱相撲で勝ったレース内容は圧巻の一言です。無駄肉を排除した馬体が基本です。



ウインバリアシオン

脚が長くて背中、お尻と連動させて長く良い脚を使うといういかにもといった馬体です。文句なく狙えるタイプです。



トーセンラー

立ち肩で背中も胴も短めにみえてしまうんですが、この馬は走らせてみると大きく飛べるんですよね。肩をみても不思議です。ディープインパクト産駒は京都外回りコースは馬体うんぬん以外でとにかく特注評価で良いでしょう。




◎ 菊花賞出走馬フォトパドック診断2014

ワンアンドオンリー

脚の長さは凄い長いっと言う感じはしない。標準的です。神戸新聞杯に比べて明らかに馬体は引き締まり無駄肉も排除された。柔らかさもあり◎です。肩の造りもストライドが効く造り。これで脚が長ければ完璧の評価でウィークポイントそこだけでしょう。ただこの程度の割引要素で間がもっているポテンシャルと比較すると割引しきれるレベルにあるかどうか。



ワールドインパクト

そうですね~ 一言に言うと「無駄が多い馬体」です。菊花賞という観点から考えるとですけどね。筋肉質でボリュームある体型ということ。この馬のレベルで無駄は大分落としてはいる。脚は長めなのは良い。ストライドも効く。例年よりも差しが効く馬場なのでこの手のタイプでも大丈夫かもしれない。特注血統のディープ産駒。京都長距離はガッチリ筋肉型ではなく、質の良い柔らかい筋肉を持っていてでマッチョではないタイプのほうがベターです。ポテンシャルさえあればゴールドシップのように強かったりしますが・・・・・。ゴールドシップになれるかがポイントな体型です。



ヴォルシェーブ

肩は若干立ち気味,背中も硬そうでお尻も凄い。この手は溜めてぶちかますという競馬をさせてみたい。無駄肉はこの馬のレベルで削ぎ落としてはいるが、パッと見、中距離馬に見えてしまう部分はある。脚の長さは良い。



トゥザワールド

いい意味でまとまっている馬体です。肩は立ち肩で胴も詰まり気味,脚は長いのは良いが,この構造だとやはり下側にグリップが効いてしまうので距離に限界はある。基本中距離まででしょう。破壊力はないが,安定感はあるので真面目さを利用して掲示板争いには参加できる。ストライドが生きる流れになると適性負けで圏外になります。



トーセンスターダム

この馬はなかなか完成してこないなぁというのが個人的な感想です。チャンスとしてはここの舞台だったでしょう。特注血統ディープ産駒でロングスパートさせてみたいタイプでしたが。いかんせん。成長力を感じさせないです。でも適性的には持っていると思うので人気が無ければ紐で押さえたいタイプではあります。



ハギノハイブリッド

神戸新聞杯で狙った軸馬でしたが、完敗といった内容でした。毛艶は更によくなって皮膚も薄く更に馬体は研ぎ澄まされてきている。ちょっと胴が詰まってみえてしまいますが、肩や背中、脚の長さは◎




サウンズオブアース

うまく夏を超えて心身共に成長してきたのだなぁと思わせた前走でした。未勝利戦から応援していた馬でもあります。脚の長さは標準的で正直菊花賞にはどうかなぁと思っていましたが、長距離走らせるための体つくりはしっかりできています。無駄肉はそぎ落とし肩も良い、背中も良し。脚の長さ次第かなぁ。写真ではそこまで長く見えないので当日チェックしてみます。




トーホウジャッカル


前走はちょっとびっくりな内容でした。体型的には細見で距離は伸びて良さそうな体型です。仕上げという面ではもっと研ぎ澄ませたら素敵だと思います。肩。背中、脚の長良。筋肉の質等からは適性馬体と評価して良い。あとはポテンシャルと更なる仕上げ面での強化が当日までにできるかどうか。



タガノグランパ

脚が標準か、短めか、それでいて低重心、直線コースで推進力を出せる体型で淀の長距離が向く体形ではない。肩はがっちりだが背中から後肢にかけて非常良い作りなので今のところ距離はこなせているといったもの。デキに関しては非常に良いです。ただ、更に距離を伸ばしてとなると向く体系ではないということ。超スローペースでストライドではなくても脚が溜められる展開ならこなせても不思議ではないが、その辺は想定次第です。



マイネルフロスト

うーん、なんかギュっと作り過ぎてしまった感がある。いい馬なんですがカチっと中距離設定に仕上がってしまったというか。脚の長さは良い。仕上げも良い。




ゴールドアクター

この馬はいかにも適性ありそうといった感じです。細見で最低限必要な筋肉を備えている。軽量化されたなかでしっかりエンジンを積んでいる状態,肩の感じからもストライドできる。これは侮れません。脚の長さが標準的かちょっと長いか。ここが長ければ最高でした。




ショウナンラグーン

足に長さは良い、ただあまりにもギュっとしてしまった体型で肩がかっちりしすぎているし、硬そうな体型になってしまっている。緩やかさが欲しいのが正直なところ。筋肉で固めてしまえばよいのではない。長距離を走らせるための質の良い筋肉をつくってなおかつ無駄をそぎ落とすことが大事です。中距離馬に見えてしまう。



≪ 総 評 ≫


過去のフォトパ評価から,スカイディグニティを自信もって消している前科もあることから,酷評している馬でも良い部分があれば結果を出せるかも(笑)


 仕上がり状態+適性力という面で評価してみると


◎ゴールドアクター
〇ワンアンドオンリー
☆トーホウジャッカル
☆サウンズオブアース



 こうしてみましょうか。

 ゴールドアクターとワンアンドオンリーは,筋肉量で造るタイプではないので質の良い筋肉で馬体を作れている点を評価しています。ハイレベル戦になればなるほどこの手の馬体の馬が有利に働く。脚が長ければ完璧です。写真のパッと見だけで判断しているのでその辺は当日みて判断したい。


 トーホウジャッカルは、長距離適性馬体だと思います。ただ,他馬に比べると更に研ぎ澄ませてきたという感じはしないので、どこまで作ってくるかがポイントになりそう。

 
 サウンズオブアースは勝ち負けを意識していかにも馬体を作っているという感じです。ただ、脚は長くないタイプだよなぁとずっと思ってみていたので、その辺がどう出るかでしょう。


 ワールドインパクトは大きすぎる点を嫌いました。

 
 もう一頭入れるとしたら、ワールドインパクトにしようか・・・・ハギノハイブリッドにしようか・・・・・迷って両方とも書きませんでした(笑)




人気ブログランキングへ
(25位~50位)
関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/1052-45746331
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-11