調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: THINKBACK 【 回 顧 】

秋華賞を終えて2014 

2014/10/21 Tue.


 時間が無いので下書きしたものをひたすら張っていきます(笑)


(1) 秋華賞回顧

無題



 馬場は差し馬も台頭できるフラットな馬場,その状況で5F58秒はちょっと暴走気味なペースだたっと言えよう。単騎逃げ馬がこのペースで他の馬たちは離れた2番手集団にいるなら「良い形」でしたが、このペースについていく馬が多すぎた結果,良いペースメーカーになって終わってしまったというのが実のところでしょう。

 

 パドック見て非常に仕上げてきているなぁと思った馬は

 01ブランネージュ
 04ヌーヴォレコルト
 05マーブルカテドラル(イライラして集中力は欠けていたが馬体は◎)
 06ショウナンパンドラ(一番よく見えた。特に後肢の力強さに差し力を感じさせた)
 08レッドリヴェール
 10マイネグレヴィル(出来は良かった。適性でないだろうという判断)
 11ペイシャフェリス(出来は良かった。硬い馬なので適性なしと判断)
 12タガノエトワール
 14サングレアル
 17リラヴァティ
 18セウアズール


 
 差せるバイアスでハイラップ戦,脚を溜めて勝負所で動いていける充実した馬たちが上位を独占したレースでした。


 もし馬場が先行有利馬場で常識的なペースだったら・・・・・・


 01ブランネージュ
 03バウンスシャッセ

 この2頭が器用に立ち回って結果を出していた可能性がある。オッズからこの2頭はしっかり伏兵位置で評価されている。



 4角の見どころは,意欲的に大外から動いていく小牧騎手(タガノエトワール)とインに拘って動いていく浜中騎手(ショウナンパンドラ)の判断の差です。


 
 それが見事に結果として現れた。G1を獲れる騎手と超一流になりきれない騎手の差を感じさせる一幕でした。


 
 遅れて岩田騎手が追って猛追する。最後に姿勢を低くしてしっかり追える姿は、「やっぱり岩田騎手は追えるなぁ!」と再度感心しました。



 この差は、浜中騎手のインに拘って見事捌いた判断と技が導いた差です。



 ブランネージュはデキに関しては間違いなく良く,伏兵馬として大きく評価されていた馬で注目すべきでしたが、前走で追って甘いところを見せていた馬で追える騎手ではない秋山騎手,シンクリ産駒で量型,マッチする条件はL質が生きる舞台という判断で,際どいラインで切った馬です。


 条件さえ揃えば強い競馬を見せてくれるので適性値が合うところで大きく狙いたい馬です。




≪次走に向けてその他注目馬≫

 
 バウンスシャッセ

 オッズから穴馬という判定だった馬で期待値はあったが,前受けしたことで激流に飲まれてしまった。このレースでも評価されていた馬なので今後も注目です。



 マーブルカテドラル

 オッズからこの馬もバウンスシャッセ同様評価されていた穴馬です。パドック見て、集中力を欠いていたのが印象的で、陣営的にうまく内面を仕上げられなかった「失敗仕上げ」と読むのが妥当でした。ヤリたかったがヤレなかった。次走自己条件で距離も短縮させて狙いたい。内面改善も欲しい。リフレッシュさせても良い。



 マイネグレヴィル、ペイシャフェリス

 馬自身は充実している。適条件さえ揃え結果は出せる。キレが生きない特殊条件をパワーで押し切りたい。オッズは特に平凡でした。



 サングレアル

 前走の大敗で人気ガタ落ち,ローズS回顧でも触れていたように穴で今回買うべきだった馬です。ただ、位置的に勝ち負けではなく、漁夫の利を得たいという位置にいたので末脚足りずに終わった。穴としての買い時は終わったかもしれない。次走も普通に注目する。能力の片りんはしっかり見せた内容です。




 セウアズール

 大穴馬評価だった馬です。この馬も非常に良い資質を持っていて、経験負けした部分も大きい。ここで得た経験を糧に飛躍できるチャンスはある。次走自己条件で注目する。ディープ産駒の牝馬の松田博厩舎、大成させてきますよ☆



~レース後のコメント~
1着 ショウナンパンドラ(浜中騎手)
「最後は外からヌーヴォレコルトが来ているのが見えたので、何とかと思いながら追っていました。スタートもスムースで理想的なポジションでしたし、内をロスなく立ち回れました。元々期待されていた馬が、夏を越してパワーアップしていましたし、調教から強くなっていると感じていました。GI馬になれましたし、これからもっと活躍してくれると思います」

(高野友和調教師)
「最高の結果を出すことが出来、皆さんに感謝します。春シーズンの後半、カイ食いが良くなってきたところで夏を休ませ、グッと身が入ってきました。前走後は、幸い疲れもすぐ抜け、調整がしやすかったです。この秋は一つも不安なく来られました。レースではスタートも良く、ハイペースの中でいい位置取り、これで負けたら仕方ないと向正面で思いました。直線では後ろからオークス馬も来ていて、ゴールするまでヒヤヒヤで、ゴールしてからも確信が持てないほどでした。表彰式でオーナーが喜んでくれたのを見て、いい仕事が出来たと思いました。このまま無事に行ってくれたら、これからが楽しみです」

2着 ヌーヴォレコルト(岩田騎手)
「展開的には、前が速くなって乗りやすかったです。ただ、最後は内と外の差が出たのか...。チャンスをものに出来ず申し訳ないです」

(斎藤誠調教師)
「道中はいい感じだと思いましたが、勝った馬は空いた内へすんなり行っていましたし、3~4コーナーで外へ出した分の差かなという気がします。プラス10キロも問題なく、馬は良かったです。これが競馬なのかなとも思いますし、今日は運が味方してくれませんでした。この後は火曜日に(一緒に栗東に来ていたこの馬の2歳の)妹と一緒に美浦へ戻して、次は様子を見て決めたいと思います」

3着 タガノエトワール(小牧騎手)
「悔しいです。勝った馬は内にいてこの馬は外でしたが、もう少し後ろで構えていた方が最後に伸びたかもしれません。絶好の位置でしたし、(自分の)気が早かったかも...。前走はあれだけ辛抱していたから最後に脚を使っていた訳ですから...」

4着 ブランネージュ(秋山騎手)
「道中は思い通りでしたが、4コーナーで一瞬ゴチャついた分でしょうか。着差を考えると悔しいです」

5着 サングレアル(戸崎騎手)
「返し馬からいい感じでしたし、終いもいい脚を使っていました。これからも楽しみです」

6着 レッドリヴェール(福永騎手)
「少し立ち遅れましたが、速い流れの中で1、2着馬を見ながら運びました。直線もいい感じで外に出したのですが、追い出してから離されてしまいました」

7着 バウンスシャッセ(北村宏騎手)
「好スタートからスムースに流れに乗って、折り合いも良く、集中して走れていました。これならと思ったのですが...。馬は一生懸命頑張ってくれました」

9着 ディルガ(武豊騎手)
「まったくロスのない競馬でした。力は出せたと思います」

10着 セウアズール(北村友騎手)
「大外枠で前に壁を作れず、テンに余計に力んでしまいました。それでも根性のある馬で、最後までよく伸びてくれました」


↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ
関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/1051-8b28197e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-07