調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

秋華賞出走馬最終追い切り・調教分析2014 

2014/10/19 Sun.


 賭神さん、ニノマエさん、だめだねさん、応援コメありがとうございます^^

 まぁ高額馬なのでこのくらい走ってもらえないと困るのですが(笑)、長く競走生活を送れる馬になってもらいたいです。

 パドックを観ましたが、まだ馬体はパンとしきっておらず、現状成長待ちといった感じです。センスで走っている部分が大きいなぁと感じました。ここからより成長してくれば楽しみは増えます。成長曲線が早ければクラシックには期待が膨らみます☆


※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


<< 更新情報 >>

〇 更新完了



≪レース傾向≫

無題

 京都内回り2000mと小回り設定で開幕2週目の馬場とイン馬場が生きている状態です。

 京都大賞典でも検証しましたが,かといって例年通り「逃げ馬有利の馬場」でもないことは要注意です。

 土曜京都10Rで、フェータルローズがかなりセーフティーリードをもって直線向きましたが、差し込み脚に屈しました。

 ラップ的には前ポジションがかなり飛ばしていたわけではない。それでも差されているという点はしっかり意識しておきたい。

 
 いちばん理想は, 「器用さを持ってポジションをとりそこから最後まで伸び切れる強さがある馬」 が有利なコースと馬場状態と考えます。

 直線に坂がないので、相当前に重力がかからないと後方からズドンは難しい。しかもコーナリング加速性能(ストライド×ピッチ◎)も必要になる。

 今年の馬場は、意外と差し込める馬場なので、条件次第では差し込めるフラットな状態だと考えます。
 
 今年の逃げ馬はリラヴァティ

 自分の型にハメればしつこく粘ります。

 ヌーヴォレコルトが必要以上に後ろを意識して脚を溜めれば、前は残れる重力状態になるのでその部分は注意しておきたい。

 前受け馬に岩田騎手なので、仕掛けは早めで残す競馬をすると思っています。王者の競馬ってやつです。


<参考レース>

【回顧】ロースステークス、セントライト記念を終えて2014

1_20141019074719ef1.jpg

 クイーンカップは、オツウのハイラップのグラフになっています。

 コーナリングはぎこちなかったですが、上手くインを突こうとして垂れてきたオツウにドン詰まって終了したマーブルカテドラル

 府中牝馬S上位馬相手に互角のレースができていたのではないかと個人的には思っています。



◎ 秋華賞出走馬最終追い切り・調教分析2014

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


アドマイヤビジン梅田智
秋華賞   :栗坂単走終い仕掛け55.8-39.5-25.2-12.6
秋華賞一週前:栗東坂路で4F53秒2-12秒5(馬なり)。

距離を意識した追い切りで折り合いから終いギアを上げるといった内容です。走りは悪くはないですが,春先の良かったころをしっかり覚えているのでそれと比較すると,物足りない部分はある。距離に適応させるためにいつもお仕上げができていないという内容です。




オメガハートロック堀
秋華賞   :美南W併せ馬ベリー終い強め68.8-53.2-39.4-12.6
秋華賞一週前:美浦南Wで6F84秒8-12秒7(馬なり)。

馬場は荒れ気味、堀きゅう舎にしては最終追い切りでしっかり時計を出している。脚捌きもキビキビです。ただ、この厩舎の仕上がったサインは,馬なりで自分からジワっと前に出る追い切りです。時計は出ていなくても良い。最終追い切りでもしっかり追ってくる馬はまだ現時点で想定通り仕上がっていないというサインです。当日何処まで仕上がってくるかがポイントでしょう。

→ 脚捌き見ると悪くはない。ピッチで切れ味勝負っぽく見えるので距離には限界はある。溜めてぶちかますという乗り方で誤魔化すべし。




サングレアル松田博
秋華賞   :栗CW併せ馬川田馬なり85.1-68.7-53.6-38.9-12.0
秋華賞一週前:栗東CWで6F88秒0-13秒3(馬なり)。

前走末脚勝負で不発だった反省でしょうか、ある程度前につける想定で併せ馬を実施しています。動きも余裕ある動きで「動」をしっかり感じさせる。併せてからも強さがにじみ出ていたので内面もしっかりしています。心身レベルで言うと「過去最高に仕上がっている状態」です。あとはレースにいって通用するかしないか。状態面はさすが松博厩舎!という仕上がり状態です。




ショウナンパンドラ高野
秋華賞   :栗坂単走馬なり54.5-39.6-24.7-12.4
秋華賞一週前:栗東坂路で4F52秒9-11秒8(一杯)。

馬なり調整です。飛びがしっかりしていて大きく坂を登ってもまったく衰えない。脚力と飛びの良さが売りです。走るイメージ的には,大箱で走らせてあげたいイメージです。仕上がりに関しては良いです。




セウアズール松田博
秋華賞   :栗CW単走馬なり87.9-71.7-56.5-41.8-12.8
秋華賞一週前:

単走追いの馬なり調整です。馬体は仕上がっています。脚捌きもキビキビで馬体も良くバランスも良い。いかにも「キレ」を持っていそうな走りで瞬発力勝負になると相当強そうな資質を感じさせます。




タガノエトワール松田博
秋華賞   :栗CW3頭併せ終い仕掛け84.9-69.7-54.6-39.9-11.9
秋華賞一週前:栗東CWで6F89秒3-13秒0(馬なり)。

併せている相手が格下っぽい感じでしたのでどうかなという部分はありますが,仕掛けてからギュイーンっと伸び切る内面の強さがある。身体も良い状態だから伸びるし、それに伴う内面もついてきている。コントロールの効くSの強さが備わっているタイミングです。前走を経て更に成長してきています。

→ 前走はイン突っ込みがハマった部分があるので、割り引く馬と決めていましたが、デキに関しては更に仕上げてきました。ポイントはゴール板過ぎてからも更にギアが上がっていた点です。



ティルガ矢作
秋華賞   :栗坂併せ馬武豊馬なり52.8-38.9-25.7-13.0
秋華賞一週前:栗東坂路で4F53秒5-12秒4(強め)。

馬場は良い。パワー型のワンペースタイプなのかなぁ。前走は追い切りが良くて注目しましたが。集中力が落ちてきそうな臨戦で追い切りも時計は出ていますが横の比較をすると平凡です。



ヌーヴォレコルト齊藤誠
秋華賞   :栗CW3頭併せ馬なり81.8-66.0-50.8-37.5-12.2
秋華賞一週前:栗東CWで6F82秒5-12秒1(馬なり)。

コースで内から併せて馬場の真ん中を走るので時計は出やすい走り方です。美浦馬の栗東先入れです。内面に強さを持って自分で走れている状態です。この状態だとなかなか崩れにく状態であると判断して良い。身体だけではなく、心が強いから結果を出せている状態にある馬です。今秋は注目して良い馬だと思います。四肢が連動してしっかり推進力にも替えられています。




バウンスシャッセ藤澤和
秋華賞   :栗坂併せ馬北村宏馬なり53.7-38.7-25.3-12.9
秋華賞一週前:美浦南芝で4F53秒0-12秒0(馬なり)。

美浦馬の栗東先入れです。北村宏がかけつけて栗坂で馬なりながらしっかり負荷をかけてきた。この一連の行動にはクラブや生産者側の意向が強く反映されているのでしょう。そういう意味で「勝ちが高い」です。美浦でゆとり教育だった馬が栗東坂路でしっかり負荷をかける最終追い切りであるならば。パフォーマンスは上がってきても良いかなと思う部分はあります。併せて遅れていますが、そこは縦の比較でそこまで気にしなくても良いかな。最後詰めていますからね。

→ 個人的にフォトパドック評価がかなり高い馬の一頭です。




パシフィックギャル手塚
秋華賞   :美南D併せ馬嶋田馬なり82.6-66.8-51.7-37.8-12.9
秋華賞一週前:美浦南Dで5F70秒3-13秒0(馬なり)。

G1戦に出走するにあたっての仕上げレベルは低い。休み明けぶっつけでこの程度だと厳しい想定です。



ハピネスダンサー高野
秋華賞   :栗坂単走終い仕掛け54.4-39.2-25.3-12.4
秋華賞一週前:栗東坂路で4F52秒3-13秒0(一杯)。

調教の鞍上がもっと上手に走り方を教えてあげてほしい感じです。なんか走りずらそうな感じを受けます。回転の良いフットワークでグリップ力もある。馬場は重たいと強いタイプに感じます。



ブランネージュ藤岡
秋華賞   :栗DP単走秋山馬なり65.4-49.5-36.4-12.0
秋華賞一週前:栗東坂路で4F53秒2-12秒7(一杯)。

まったくブレずに楽にこの時計を出せている点は非常に良いです。前走叩いて更に上向いてきたと判断できるデキです。




ペイシャフェリス高市
秋華賞   :栗CW単走川島馬なり80.3-65.0-50.5-37.6-11.9
秋華賞一週前:美浦南Wで6F79秒0-13秒0(馬なり)。

高市厩舎的に本気姿勢ですか!美浦馬の栗東先入れです。確かに春先よりデキは良くなっています。柔らかさも出てきた印象です。ただ、やっぱり基本は硬いタイプなので,重たい馬場や冬の枯れた馬場が合うイメージです。出来に関してはこの馬の縦の比較で生涯最高のデキにはあります。



マイネグレヴィル和田正道
秋華賞   :美南W単走柴田大馬なり84.7-68.5-54.5-40.5-13.4
秋華賞一週前:美浦南Wで6F83秒5-13秒0(馬なり)。

この馬も明らかに硬いタイプでトップギア勝負になるとやっぱり分が悪い。それは前走でも証明されている。重たい馬場になるなら。。。馬体を見ると仕上がりは良い。G1用の激仕上げ状態には感じませんが。




マーブルカテドラル上原
秋華賞   :美南W単走田辺馬なり70.3-55.2-40.9-13.5
秋華賞一週前:美浦南Wで5F66秒5-12秒9(馬なり)。

輸送を考慮して直前軽めです。京都向きの後足のストライドは魅力的な感じがあります。




リラヴァティ石坂
秋華賞   :栗坂併せ馬松山終い一杯54.6-40.0-25.8-12.8
秋華賞一週前:栗東坂路で4F57秒0-13秒7(馬なり)。

いつもの感じです。この馬はキレるタイプではないので粘りで勝負するタイプ。あとは重力が前にかかるか。後ろにかかるか次第です。後ろにかかるなら再度好走可能です。おそらく今回はヌーヴォが前なので前にかかるでしょう。




レッドリヴェール須貝
秋華賞   :栗坂併せ馬福永馬なり55.1-39.8-25.5-12.4
秋華賞一週前:栗東坂路で4F54秒6-12秒2(G強め)。

馬体は良いので身体は悪くはないはず。あとは「内面」です。覇気は前走の追い切りのほうがあった印象です。内面がガラっと変わってきたという印象は薄く、再度福永鞍上と個人的には大きく評価はできません。休みでリフレッシュを図ったにもかかわらず、集中力と闘争心が蘇らなかった前走からのステップは短期間では簡単に変わってこれない。




レーヴデトワール松田博
秋華賞   :栗CW単走終い一杯86.3-70.6-55.4-40.4-12.2
秋華賞一週前:栗東CWで6F83秒4-12秒0(G一杯)。

わざと真面目に走っていないのか、追われてからも上体が高く、前捌きが硬い状態で走っている。追い切りを見る限りでは、前走をステップに更に上昇してきた感じ位は見込めない。不真面目に走っているだけであって、レースでは真面目に走るのであればいいのですが、追い切りという部分に注目してみると評価はできない。

→ 前捌きが硬いので前走のような馬場がマッチしたかもしれない。





☆ 追い切り評価 ☆

A+ ヌーヴォレコルト

A  該当なし
    
B++ タガノエトワール、サングレアル、ショウナンパンドラ

B+ ブランネージュ、バウンスシャッセ、マーブルカテドラル、レッドリヴェール

B  セウアズール

B- なし

注  なし 

( 補 足 )

 前走分析も少ししましたが、フォトパから注目していたバウンスシャッセ

 栗東先入れしているので勝負気配もあります。

 ただ、函館記念を期に完全にリズムを崩してしまっている。ゆとり的な追い切りの厩舎なので休みを入れずに内面をガラっと変えてくるのは難しいのでは・・・・・と少し思っています。

 前走の負け方も悪い。

 軸視はできず相手までです。

 追い切りを見て、今本当に自信を持って走れている「王者の走り」ができているのがヌーヴォレコルトです。

 闘争心と集中力両方バランスよく持てている状態で身体面も充実している。

 基本的には逆らえない一番人気馬かなぁというのが感想です。

 ショウナンパンドラは器用さというよりも大箱で追い込む!といった感じです。

 取りこぼしも想定できますが、今の差せるフラット馬場は意外と合う。


 タガノエトワールは前走比で追い切りの動きが格段に良くなっています。

 調教強度を上げても馬がついてきている。馬が目覚めてきたきっかけが前走です。覚醒しつつある。


 サングレアルは前走バイアス負けしただけで人気を落としている。差し込める馬場ならこの馬も大きなチャンスを持つ馬です。デキも前走同様かなり良いです。  
 

 個人的に考えている大穴ヒモ馬は・・・・・


↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

 追い切りみたら本当にキレます。人気がないのでじっくり脚を溜めてイン差しで来そうです。

 無駄なく折り合うのが得意なジョッキーで伏兵穴差し馬に乗せたときはいつも見せてくれる騎手です。

 ヒモで軽く押さえておきたい。


 軸馬の信頼度という意味では明らかにヌーヴォレコルトが上でしょうが

 一発が期待した馬は同馬です。

 前走は不利で馬柱が汚れているだけで、ハメれば一発期待できる。今年大きく飛躍した騎手が乗るのもプラスです。

↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ


= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています





↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ
関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 1
TB: 0

page top

コメント

惜しい…

昨日新馬戦惜しかったですね 次こそですね

だめだね #- | URL | 2014/10/19 06:33 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/1048-10c10fee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-08