調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: THINKBACK 【 回 顧 】

【回顧】ロースステークス、セントライト記念を終えて2014 

2014/09/23 Tue.


 G1シリーズも近づいてきていることなので,時間を許す限り,回顧も行って備えていきましょうか。



(1) ローズステークス回顧

 このレースは,ある特定のバイアスを利用できた馬が結果を出したという偏った中身なので注目してメモしておきたいです。

1_20140923061341ee3.jpg


 レースペースとしては,平均的なローズステークスだったと思われます。

 注目すべき点は,「位置取り」です。

 1、2、3着馬に4角過ぎるタイミングで印をつけてみます。


無題


 (1) 完全に「内馬場有利」
 
 (2) 中盤中たるみする息が入る展開だったということ
   → 前で競馬している馬は楽できるということ

 (3) 内馬場が悪い訳ではないので外から動く馬は「ロス負け」する


 タガノエトワールに関しては,一発を狙った小牧騎手の判断と手腕が生きた形です。一歩間違えばドン詰まって終了な戦法です。

 大外から捲り倒そうとしたサングレアルは,完全に「設定負け」です。こういう馬は,「負け成績度外視」しておくことが大事です。


<POINT!!> 
 外に持ち出して競馬をした馬たちは,バイアス的に勝ち負けはできない条件だったので「度外視」する。

 11サングレアル

 17プリモンディアル

 08レッドオリヴィア

 14レッドリヴェール(春と比べると集中力低下状態で優しい系鞍上福永)
  → 喝を入れてくれる剛腕系騎手に代わる方が良い


<次走人気になりやすいがそこまで評価しなくてよい馬>

 01ヒルノマテーラ
 → 完全にハメれる展開でタガノエトワールに負けた内容はダメダメです。


 オッズを眺めてみると,このレースはレッドリヴェールではなく、ヌーヴォレコルトが鉄板評価だったように思えます。あとはバイアスを読んでうまく紐付けできたかどうかでしょうね。>馬券


 ブランネージュは,完全に取りこぼした形の3着です。剛腕系だったら・・・・・・あの差は詰めて3着で来ていたでしょう。

~レース後のコメント~
1着 ヌーヴォレコルト(岩田騎手)
「オークス馬として恥ずかしくない競馬を、と思っていました。春から(馬体重の)数字はあまり変わっていませんが、中身が詰まって瞬発力も加わって、手応え良く回って来られました。いい位置につけて突き放す強い競馬だったと思います。この走りが出来て、無事にGIを迎えてくれればいい結果が出ると思います」

(斎藤誠調教師)
「秋初戦ということで少し気負っていましたが、能力でカバーしてくれました。馬体重も直前輸送でしたし、許容範囲でした。この後は栗東に滞在するので、本番はオークスくらいの体重で出られるでしょう。馬が大人になって成長した姿を見せられましたし、いい競馬が出来ました」

2着 タガノエトワール(小牧騎手)
「返し馬でいい感触を持ちましたが、レースでも未勝利を勝ったばかりのパワーではありません。このメンバー相手でも道中ついて行けましたし、相当力はあります」

3着 リラヴァティ(松山騎手)
「最後の勢いは4着馬(ブランネージュ)の方が上でしたが、よく盛り返してくれました。ある程度前でと考えていましたし、スムースに運べたのが良かったですね」

4着 ブランネージュ(秋山騎手)
「じりじりと伸びていました。春より馬が良くなっていますし、本番が楽しみになりました」

5着 ヒルノマテーラ(田中勝騎手)
「道中もうまく行きましたし、権利を取れるかと思いましたが...」

6着 レッドリヴェール(福永騎手)
「落ち着いていましたし、道中の感じも悪くなく、あとは追い出すだけという手応えでしたが、伸びが他の馬と一緒になってしまいました。すんなりとした流れが良くなかったのか、もっと窮屈なレースがいいのか、よく分かりません」

7着 レッドオリヴィア(武豊騎手)
「今日は、メンバーも斤量も違いますから。自己条件なら十分通用すると思います」

8着 アドマイヤアロマ(和田騎手)
「ゲートで立ち上がって、スタートで後手を踏んでしまいました。最後に詰め寄っているだけに痛かったです」



(2) セントライト記念回顧


無題
 
 ラップを見ると,6ハロン目からギアが入って持続力勝負になっている印象を受けます。この手の流れになったら,ピッチ走法よりもスムーズに走れているストライド型が向きます。

 イスラボニータのパフォーマンスが生きる舞台設定でうまく蛯名騎手も馬をナビゲートできた結果だったと思われます。

 直線が短くて平坦な設定なのに,後方から脚を溜めて大外一気を図ろうとした(ある意味「測ろう」とした?)馬と騎手がいましたね。

 ワールドインパクト(横山典)とショウナンラグーン(吉田豊)です。

 過去の実績からは,横山騎手はこのレースを「調教設定」にした可能性が高いです。

 クラブ馬なので次走出られるなら「菊花賞」でしょう。

 このレースで何を教えたかというと,「折り合い」です。

 「折り合い」を教えて,直線はスイッチを入れて走らせるというオンオフを効かせた究極の併せ馬調教です。

 菊でこの馬に再度横山騎手が乗ってくる場合,大舞台で一発狙ってくる可能性がある。その時は、追い込みではなく,しっかり前付けして折り合わせてきます。

 今年になってレースで教育して大成させた馬に、デスペラードがいますね。それを思い出します。

 デスペラードも折り合いからオンオフを教え込んで,そのあとしっかり重賞獲ってますよね。

 今後の特注馬として押さえておきたいのは,ワールドインパクト ということになります。


 そのほか,インでごちゃついてパフォーマンスを発揮できなかった馬は


 10ステファノス

 07サトノフェラーリ


 です。三浦騎手、せっかく乗せてもらったのに、ここで結果出せなかったのは痛恨でしょう。やっぱり三浦か・・・・・・と思われないように頑張ってほしいところです。

 
 01ラングレーはオッズから臭いと思っていた馬で,クラブ馬で結果を出したいタイミングで騎手も大舞台で結果を出したい外人騎手ということで狙いましたが。惜しかったですね。パドックも今確認しましたがしっかり仕上げてきていました。


 菊花賞は,イスラボニータが勝つ確率高いでしょうね。やはりあのストライドは大きな武器です。折り合いの練習をしっかい重ねて、力まずあの走法で走れたら、まず鉄板でしょう。


 相手にノリさんのワールドインパクトを選んで、菊は一点勝負で行きたいと思います。(あくまで現時点ではねw)


 余談ですが、10番人気タガノグランパが3着来ているのに、ボニータとのワイド720円ってちょっと納得できない(笑) 

 3単買えばよかったですね・・・・・出先だったもので時間が無くて・・・・・。。。。



~レース後のコメント~
1着 イスラボニータ(蛯名騎手)
「完勝でした。スタートして後ろになりすぎない程度に行きたいと思いましたが、馬場も内は悪いので、内に入ってこなかったので馬自身も我慢してくれて、いい形で運べました。最初はハミを取っていましたが、向正面に入るころには落ち着いて、トゥザワールドの後ろにつけられました。あとは4コーナーだけうまく空いてくれれば脚はあるので、自信を持って乗りました。空いてからは速かったです。この馬の持ち味です。春は悔しい思いをしたので、秋は雪辱したいと思っています」

2着 トゥザワールド(川田騎手)
「強かったです。このくらいの競馬はしてくれると思いましたし、しっかりと走ってくれました。負け方は皐月賞と同じでしたが、秋初戦としてはいい内容でした」

3着 タガノグランパ(菱田騎手)
「追い切りでは乗りやすかったですし、牧場でもうまく仕上げてくれていました。外枠で、壁が作れなかったですが、折り合いがついて、よく頑張ってくれました」

4着 ステファノス(三浦騎手)
「馬場の悪いところに脚を取られた瞬間に隣の馬に寄られて、一気に手応えがなくなってしまいました。進路も探り探りになりました。しかし、相当力があるだけにもったいなかったです」

5着 ラングレー(エスポジート騎手)
「カッカしているところがあると聞いていましたが、落ち着いていい雰囲気でした。ゲートの中で動いたりするという話もありましたが、ゲートに入ってから静かにしていました。スタートもきれいに出ていました。内の馬場が悪いので、外のいいところに出したかったのですが、外枠で出来ませんでした。開き直って内々を通り、直線で外に出せればつかまえられると思いました。4コーナーでイスラボニータの後ろにいて、手応え十分だったので負かせると思いました。しかし、久々の分、あと1ハロンで脚が上がってしまいました。1回使っていればもっと差が詰まっていたかもしれません」
関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/1038-e4f7b834
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-07