調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

七夕賞,プロキオンステークス出走馬フォトパドック診断2014 

2014/07/09 Wed.


 先週の重賞は,事前段階の予測では散々でした。

 CBC賞は結局,パドックと返し馬を見て本命をエピセアロームに変更して無事的中しました。(twitterでこの辺は呟いています)

 ラジオ日経賞は,ワダチで自信あったのですが,パドックと返し馬から「大きく狙うほどのものを感じなかった」というか,これは嗅覚ですね・・・・実馬券はパスしました。結局,距離負けで惨敗,血を超えられると読みましたが,まったく越えられませんでした。この先目指すところは,東京1400mのスペシャリストでしょうか。

 カンプ産駒は硬く出やすくて,距離の融通性や溜めてからのキレというものはないのかもしれません。

 今週もちょっと忙しい感じなので簡単に行きます。


◎ 七夕賞出走馬フォトパドック診断2014

無題

 久しぶりにラジオNIKKEI賞を見て,福島競馬のイメージを取り戻しました。

 本レースは福島競馬の古馬戦でそれなりにレベルの高いレースとなる。特徴は,後半4~5Fのロングスパート戦でキレる脚ではななく,持続的に平均的に使える長い末脚を繰り出せる馬に適性があるレースです。東京コースや京都コースで軽さ勝負で台頭してきた馬は割り引いてよい舞台設定です。


コスモバルバラ

この馬は成績を見ても典型的な「夏馬」なんでしょうね。馬体は絞れて無駄がない,究極的に作れています。今が本当に具合が良い!という感じです。リズムも良く,馬も自分で走れる時期にいます。キレ勝負型ではないのでここの舞台もこのハンデならマッチします。フォトパからは絶好調という評価です。



マイネルラクリマ

宝塚記念は回避して正解でしょう。明らかに馬体が良くなりました。この馬もキレ味特化というタイプではなく,この馬なりにキレているつもりですが,しぶとさが身上の馬です。昔からそうですが,とにかく馬体バランスが良い馬です。フォトパの馬体を見る限り,ここで勝負できる造りです。



ダイワファルコン

近走は不完全燃焼な成績です。陣営としても巻き返したいタイミングで結果を出している福島の舞台を選んで休ませて仕上げてきたタイミングです。馬体を見る限り,しっかり仕上がっています。トモなんかすごいですね。ただ、前走のダビ卿はデキの割には負け過ぎの感もあるので,加齢による衰退はきになるところです。休み明けは変われるタイミングなので,ここで変わってこなかったらもうしばらく馬券にはいらないでしょう。今回はそのくらい意気込みを感じさせる馬の造りです。



ラブリーデイ

前走は目標にされてドボンというちょっと残念な騎馬でした。東京コースのGⅡで人気を背負って好走するにはまだ能力が伴っていなかったという結果です。馬体はどっしりとして古馬の風格が出ています。皮膚も薄く艶やか,身体の張りも良いし顔色も良い。デキに関しては絶好調という判断で良いでしょう。小倉記念の内容から,ここで走れても不思議ではない。東京では勝ちきれない部分がそれを語っています。


ダコール

脚が長くていかにもロングスパートができるであろう良い素材なんですが,牡馬の大型なのに非力に見えてしまう。馬体を見ると「キレ型」に見えてしまうので適性的な不安はあります。背中が柔らかそうなのでこれを生かせる舞台を使って欲しい。出来に関してはどうでしょうか。この馬はフォトパからいつも評価しずらいタイプです。今回は一層背垂れになっておるのでまだ造りが甘いとでも評価しておきます。


アドマイヤブルー

ちょっとこれで出走させるのは酷いです。


≪ 総 評 ≫

◎マイネルラクリマ
〇ラブリーデイ
▲コスモバルバラ
☆ダイワファルコン


 こんな感じでしょうか



◎ プロキオンステークス出走馬フォトパドック診断2014


1_201407090653038d2.jpg

 コースのレイアウトが,「下り坂からの~ → 上り坂!!」というきついレイアウトの短距離戦で,テンは速くなりやすく,そこから消耗戦という様相になるコースです。

 根岸ステークスと比べても,摩擦があるラップになっています。

 ポジション的には,前過ぎず,後ろ過ぎずでしっかり脚を残しながら位置を確保する競馬が出来れば良いでしょう。



 続きは,昼休みに書けたら書きます(笑)


≪ 総 評 ≫





人気ブログランキングへ
(25位~50位)
関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/1011-144901f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-08